スポンサーリンク

雨の日こそ写真撮影に出かけると楽しい!雨の日フォトを魅力的に撮る方法

シェアする

雨の日はなんとなく室内で過ごしていませんか。もしカメラ・写真が趣味ならそれはもったいないです。雨の日はいつもと違った世界が広がっていて魅力的な被写体がたくさんあります。雨の日の写真を上手に撮る方法や気を付けたいポイントをご紹介します!

雨の日の撮影方法

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。梅雨入りしたと聞いて撮影の機会を心待ちにしているAkiです。以前は雨の日はカメラや自分が濡れるのが嫌で家にこもちがちだったのですが、いざ撮影に出かけると楽しくてハマっています。雨の日フォトの魅力に迫りましょう。

スポンサーリンク

雨の日の魅力的な被写体

雨露に濡れる植物

雨の日のトマト

まだ青いトマト

雨は天の恵みとよく言われるように植物の成長に欠かせない存在。雨の日の植物はどこか生き生きとして見えるものです。雨の日はぜひ自然に着目して被写体を探してみてください。特にマクロレンズでの撮影がおすすめです。

雨の日の桜

雨に濡れる桜

雨の日の紫陽花

雨と紫陽花は王道の組み合わせです。こんなに雨がよく似合う花は他にないかもしれません。

梅雨は紫陽花の季節!アジサイの撮影方法・上手な写真を撮るコツ
まもなく紫陽花が見ごろを迎える梅雨の季節です!そこで紫陽花の写真を上手に撮る方法・コツについて考えてみました。非常に魅力的な被写体の紫陽花を...

水滴

たくさんの水滴

雨の日に様々なところに見られる水滴。光が当たるとキラキラして一段ときれいです。絞りを開き気味に(F値を小さくして)撮影すると背景の水滴がきれいな玉ボケになります。

連なる水滴

水滴に映り込み

水滴の映りんだものを写真に撮りたいときは絞り込んでピントを水滴の中に合わせましょう。キラキラした水滴そのものを撮りたいときは水滴の外側にピントを合わせてやると良いです。

水滴を大きく写したい場合はマクロレンズが活躍します。

マクロレンズの選び方とキヤノン一眼レフカメラ用おすすめレンズ紹介
マクロレンズを使ったことがありますか?撮影がとても楽しくなるレンズなのでカメラを始めたら最初に買ってほしいくらいおすすめのレンズです...

できれば三脚があったほうが手振れを抑えられて良いです。手持ちの場合はシャッタースピードを早めに設定しましょう。

三脚を使えば写真がもっと面白くなる!カメラマンに三脚が必要な2つの理由
三脚をつかって撮影をされていますか?カメラ初心者の人はまだ三脚を持っていない・使ったことがない人が多いかもしれません。この記事では三脚を使え...

水たまりの映り込み

水たまりに映りこむ夜のポートタワー

水たまりの映り込みを利用すると面白い写真が撮れることがあります。これは広角レンズでポートタワーと水たまりの映り込みを一枚の写真におさめました。

超広角レンズが楽しい!上手に撮影する方法・コツとおすすめレンズ
カメラ好きの皆さん、超広角レンズを使っていますか?「まだ持っていない」、あるいは「持ってるけど上手く撮れない」という人向けに超広角レンズ...

傘を差して歩く人たち

雨の日の夜桜見物

雨の日といえばよく見られる風景が傘を持った人たちです。上の写真は雨の日の夜桜見物の際に撮影しました。

雨の日だからこそ傘を持ったポートレート撮影も良いですね。交差点を行きかう人をビルなど高めのアングルから撮れると面白いかもしれません。

水滴のついた窓

雨の日の明石海峡大橋を窓越しに望む

窓越しに見る明石海峡大橋

窓についた水滴もどこか美しく見える被写体です。窓そのものを撮っても良いですし上の作例のように窓越しに風景を撮影するのもおすすめ。夜景との相性も良いです。

ちなみにホワイトバランスを蛍光灯など青いものに設定すると、冷たい雨の日の印象や、朝の時間帯のようなイメージになります。

アイデアしだいでもっと面白くなる

水たまりに雨が落ちてできる波紋や、雨に濡れてしっとりと光る路地。カタツムリやカエルなど雨の日が似合う小動物を探してみるのも雨の日の写真撮影の醍醐味です。

もし降る雨を撮りたい場合は暗めの背景を選ぶと写真に見えやすくなります。またシャッタースピードを遅めにすると雨が線になって映ります。シャッタースピードを変更しながら好みの映りを探してみてください。

他にもモノクロにしてみると被写体の形や質感、明暗を強調出来て面白いです。

雨の日のもみじ

雨に濡れる植物

紫陽花 モノクロ

雨の日の撮影で気をつけたいポイント

カメラを守る

カメラは精密機械です。できれば防滴仕様のカメラとレンズを使えると良いですね。しかし、防滴といっても完全防水ではありませんので過信は禁物です。レインカバーをかけるなどして濡れないように注意しましょう。

また、レンズ交換をするとそのときに内部に水が入るおそれがあるので、交換の際は室内の濡れないところで行うか、そもそもレンズ交換をしないくらいの気持ちで臨むと良いです。

カメラを収納するカバンも防水性のものがおすすめです。油断していたらカバンに入れてたカメラが故障してしまったという話をよく聞きます。

私のおすすめのカメラ用レインカバーと、防水カメラバッグは次のもの。

レビューも書いています。

雨・雪・衝撃からカメラを守る「ピークデザインシェル」おすすめカメラ用防水カバー
カメラ用防水カバー「ピークデザインシェル」をご紹介します。シンプルに見えてよくできている多機能なカバーです。雨・雪の日や、水場での撮影が快適...
おすすめカメラバッグ!ピークデザインのエブリデイバックパック長期間使用レビュー
エブリデイバックパック(Everyday Backpack)はピークデザイン(Peak Design)というカメラ用品ブランドが作る...

自分を守る

雨の日の撮影では自分が快適に動ける環境を整えるのも重要です。自分自身があまり濡れないで済むようなレインコート、レインブーツなどがあると楽しくなります。雨に濡れて体温が下がると体調を崩すおそれもあるのでそのあたりも気を配りたいですね。

傘は透明のビニール傘が良いとされています。傘が陰をつくって被写体を意図せず暗くしてしまうことを避けるためです。また傘の色が被写体にのってしまう恐れもあります。私はビニール傘好きじゃないのであんまり気にしないで普通の傘を使っていますが。

お気に入りの雨の日グッズを用意しておくと撮影のモチベーションが上がるのでおすすめです。

まとめ

雨の日はカメラを故障させないよう気配りが必要ですが、だからといって撮影に出かけないのももったいないです。せっかくカメラを持ってるならどんどん撮影しましょう。撮影に行かなければ何も撮れません。運が良ければ雨上がりの虹が写真に撮れるかもしれませんよ。しっかり備えて雨の日の撮影を楽しんでください(^^)

当サイトをご覧いただきありがとうございます!

「神戸ファインダー」は豊富な写真と動画で神戸の魅力を発信するブログ型情報ウェブサイトです。サイト運営者Akiが気になるカメラや関連機材についても国内外から情報を集め記事にしています。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをよろしくお願いします。
FacebookTwitterYouTubeInstagramなどでも情報発信していますのでフォローよろしくお願いいたします。
シェアとフォローは下のボタンからご利用いただけます。

雨の日こそ写真撮影に出かけると楽しい!雨の日フォトを魅力的に撮る方法
この記事をお届けした
Akiの神戸ファインダーの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
関連コンテンツ
スポンサーリンク