スポンサーリンク

梅の写真を上手に撮影する方法とコツ

シェアする

梅の撮影 サムネイル

梅の花が美しい季節になりました。インスタグラムやツイッターでもちらほら梅の写真を見かけます。そこで梅の花を上手に撮るためのコツについて考えてみました。このポイントを抑えればみんなからの「いいね!」の数が増えるかもしれません。

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。実は花より団子なAkiですが、この記事はちゃんと花の話をします。まず具体的な撮影方法に入る前に個人的に大事だと考えている基本の話から。

花や周辺をよく観察する

すぐカメラを構えずにしばらく梅やその場所全体の様子を観察することをおすすめします。もちろん人や鳥を撮影する場合はシャッターチャンスがあるのですかさずカメラを構えて撮ることも大事ですが、基本的に花は動きません。被写体として魅力的なキレイに咲いている梅の花をまず探しましょう。キレイだと思ったからといって闇雲にカメラを向けるのではなく、その魅力的な被写体をどう表現したいか考えてみることをおすすめします。

白とびするくらい明るく!

ストロボで明るく撮影

ひとつめのポイントは明るめに撮影して全体的にふんわりとした写真に仕上げること。露出をプラスに補正したり、ストロボを使うことで明るく撮れます。明るい場所では忘れられがちなストロボですが、じつは日差しの強い時こそ便利です。太陽の光が強いと影ができてしまいますがストロボをたくことで嫌な影を飛ばすことができます。

アップで撮る!

マクロ撮影した梅の花

よくある失敗が引きで撮って主題がはっきりしない散漫とした写真になることです。キレイな形の花を見つけたらそれをアップで撮ってみましょう。主役が一目瞭然の写真になります。

南高梅 岡本梅林公園 マクロ撮影

拡大した写真を撮るときに活躍するのがマクロレンズ。個人的にはタムロンのマクロレンズがコストパフォーマンス高くおすすめです。またF値を小さくして望遠レンズで撮るのも背景がよくボケるのでおすすめです。

マクロ撮影した梅

プラスαして撮る!

梅だけを撮ろうとせずにその場にある他のものと合わせて切り取るのもおすすめです。

風景と一緒に撮る

梅林は山や丘の上に広がっていることが多く、景色が良い場所もあります。その場の景観と梅を合わせることで魅力的な写真になります。

岡本梅林公園 okamoto plum park

岡本梅林公園

紅梅と白梅を一緒に撮る!

紅白の梅を対比できるようにフレーミングするのもひとつの手です。余計な枝が入ってしまわないように注意。

紅梅と白梅 岡本梅林公園

縦と横を入れ替えてみるのも良いですね。この写真に関しては縦にした方が奥行きが出て良いと思いますがいかがでしょうか。

紅梅と白梅 縦構図 岡本梅林公園

雪と一緒に撮る

梅の魅力のひとつはまだ寒い時期から花を咲かせることです。雪が降るなかの梅は他の花では見られない味のある写真になります。

雪を撮る写真のコツはこちらで解説しています。

雪が降ったので雪景色の撮影に山道を散歩してきました【簡単にできる雪の撮り方】
神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。最近スナップお散歩によく出かけているAkiです。 珍しく雪が降ったので写真を撮りにお散...

鳥と一緒に撮る

梅に鶯なんて言葉もありますが、梅にとまる鳥の姿は絵になります。梅とメジロの組み合わせも素敵です。撮影には根気がいりますが、狙う価値ありです。私ももっと良い写真を撮れるよう頑張ってみたいです。

(追記2017.2.15:メジロと梅を撮る機会があったので写真の差し替えと追加をしました。メジロはいわゆるウグイス色をしていてよく梅の蜜を吸いにきます。比較的人に怯えずやってくるので初心者でも撮影しやすいと思います。)

梅とメジロ Japanese Plum (Ume) and White-eye 梅とメジロ Japanese Plum (Ume) and White-eye 梅とメジロ Japanese Plum (Ume) and White-eye

人と一緒に撮る

行楽に訪れている人の様子を撮るのもおすすめです。家族の楽しいひとときを写真に収めてみてはいかがでしょうか。他にも真剣に梅の撮影をしている人の様子をあえて撮ってみるのも面白いですよ。

梅を楽しむ親子
食べ物と一緒に撮る

梅を背景にお団子の写真なんていかがですか?ついに撮ったことのない写真まで提案しちゃいました。持参したお弁当のおにぎりと一緒に撮影するのも絵になりそうです。



まとめ

梅の撮影テクニックのご紹介でした。参考になりましたか?私もまだまだカメラ修行中の身ではありますが、試行錯誤が上達への道だと考えています。皆様も色々と考えて試してみながら早春の梅の撮影をお楽しみください。

関連記事

「桜は吉野」という言葉がありますがこの言葉の前には「梅は岡本」というフレーズが入ることをご存知ですか?古来から梅の名所として伝わる神戸市の岡本にある梅林について書きました。

神戸・岡本の梅の名所四選 2〜3月が見頃でおすすめ
古来から岡本は日本を代表する梅の名所 昔から「梅は岡本、桜は吉野」と言われるほど、神戸の岡本は梅の名所として知られています。春が近づく2月...

神戸の梅の撮影スポットをまとめました。神戸や神戸近郊にお住まいの人はぜひご覧ください。

神戸の梅の名所・撮影スポットと梅祭り情報まとめ(2017年)
神戸の梅の名所と、それらの場所で開催されるイベント情報をまとめました。梅の花の最も見頃の時期は2月中旬から3月にかけて約1ヶ月です。...

カメラやレンズの紹介やレビューもしています。

目的・予算別おすすめデジタル一眼レフカメラとレンズ紹介(キヤノン Canon)
カメラを買う目的は人によって様々です。こちらの記事では撮影ジャンルに分けて初心者向けにおすすめの一眼レフカメラと、レンズなどの関連機...
70万円と4万円のカメラの違いは?キヤノンの全一眼レフカメラのスペックを比較・解説!
一眼レフカメラって複雑で違いが分かりにくかったりしますよね。値段が高い方が良いのは間違いないんだろうけど、なにがどう違うか分からない...
キヤノン人気レンズTOP10【KissX7や80DなどCanonのAPS-C一眼レフカメラにおすすめ】
キヤノン(Canon)の一眼レフカメラ用レンズは種類が豊富です。それがキヤノンの魅力のひとつですが、数が多いとどれを選べば良いかわかりません...

当サイトをご覧いただきありがとうございます!

「神戸ファインダー」は豊富な写真と動画で神戸の魅力を発信するブログ型情報ウェブサイトです。サイト運営者Akiが気になるカメラや関連機材についても国内外から情報を集め記事にしています。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをよろしくお願いします。
Facebook、Twitter、YouTube、Instagramなどでも情報発信していますのでフォローよろしくお願いいたします。
シェアとフォローは下のボタンからご利用いただけます。

梅の写真を上手に撮影する方法とコツ
この記事をお届けした
Akiの神戸ファインダーの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
関連コンテンツ
スポンサーリンク