花の名所一覧

神戸市の花・アジサイの名所まとめ【神戸と近郊エリアで紫陽花が見事な場所】

紫陽花がきれいな場所をまとめました。紫陽花が見ごろを迎えるのは早いもので5月下旬。遅いもので6月下旬ころまで見ごろのものもあります。紫陽花のシーズンになると神戸の街中でも鉢に植えられた紫陽花を見ることができますね。この記事ではたくさんの紫陽花を見られる名所をご紹介します。

藤の花を魅力的に撮りたい!藤の写真の撮影方法とテクニック

淡い紫色が美しい藤の花。新緑の季節5月上旬に見ごろを迎えます。ゴールデンウィークのお休みの時期とも重なるので、お出かけ先で藤の花を撮影する人も多いのではないでしょうか。私Akiも藤の花を撮影してきたので、そこで気づいた藤の花の撮影ポイントについてまとめてみました。藤の花を上手に撮る撮影テクニックのご紹介です!

神戸市立須磨離宮公園 季節の花の名所

神戸市が誇る花の名所です。広大な公園で、バラ、梅、桜、菖蒲、牡丹、紫陽花、紅葉など季節によって様々な美しい植物の姿を見ることができます。また、大きな噴水の広場やとても長い滑り台がある公園があり子ども連れの人にもとてもおすすめです。

「淡路夢舞台ラン展2017」開催!奇跡の星の植物館

兵庫県立淡路夢舞台温室「奇跡の星の植物館」(淡路市)で1月21日から3月5日まで「特別展淡路夢舞台ラン展2017」が開かれます。日本最大級を誇る温室で2000種2万株のランが咲き誇ります。今年のテーマは「驚異のラン展 ランが誘うワンダーランド」。10メートルを超える蘭花樹やライトアップショースペースが注目です。

神戸・岡本の梅の名所四選 2〜3月が見頃でおすすめ

昔から「梅は岡本、桜は吉野」と言われるほど、神戸の岡本は梅の名所として知られています。春が近づく2月から3月にかけてが梅の花の見頃。岡本の梅の名所をご紹介します。 また岡本は石畳の続く非常におしゃれな町です。梅林のピクニックのあとは岡本で買い物やお茶を楽しむのもおすすめですよ。

「六甲高山植物園」珍しい植物を見られる日本有数の植物園

珍しい植物を見られる日本有数の植物園。六甲山の頂上近く海抜865mに位置し日本で最も歴史が長い高山植物園です。世界各国からも寒冷地の植物が集められ、約1,500種類の植物を見ることができます。また気温が北海道南部と同じくらい涼しいので夏の暑いシーズンに楽しめるアウトドアとしてもおすすめの観光スポット。

神戸どうぶつ王国 神戸で1番動物との距離が近いテーマパーク

「神戸どうぶつ王国」は動物や花とのふれあいを楽しめるテーマパークです。王国で暮らす動物はなんと約100種類!ハシビロコウやオニオオハシのような珍しい鳥や、レッサーパンダ、ワオキツネザルなど森で生活する動物たち。ゴマフアザラシ、ペンギンのようなかわいい水辺の生き物。犬や猫、アルパカと触れ合えるスペースもあります。