スポンサーリンク

神戸都心に大型複合施設を建造!水族館やクラシックカーミュージアムなど予定

シェアする

神戸市中央区の新港第一突堤の地区に、大型複合施設が建造予定であることが10月26日に発表されました。シンボルとして円筒形の水族館を建てるほか、住宅ビルやクリエイター向けオフィスビル、商業施設や博物館など6棟の建物が計画されています。神戸の新たな賑わいを生む場所として注目です。
スポンサーリンク

神戸都心の再開発計画

神戸市は新たな魅力と活力ある都心・ウォーターフロントの創出に向けて、神戸港の新港突堤西地区(神戸市中央区)の再開発を計画。開発を担う民間事業者を公募していました。開発を担う事業者の第一候補に「住友不動産株式会社」を代表とする5社合同グループを選ばれたことが発表。あわせて開発計画の内容や完成イメージ図なども公開されました。

神戸に住む人訪れる人両者が集う場所に

開発計画は、住宅ビルやクリエイター向けオフィスビル、商業施設や水族館、博物館など計6棟の建物で構成される複合施設となっています。

中でもシンボルとなるのは円筒形の水族館。アートや植物と融合させ、日本初の360度水槽を配した大人向けアクアリウムになります。

シンボル施設の外観イメージ

シンボル施設の外観イメージ

このほか、BMWのクラシックカーミュージアムやカフェなどの商業施設、カタログ通販大手のフェリシモ本社が入るオフィスビル、クリエイター向けラボ、そして住宅マンションなどが集まります。神戸を観光で訪れる人、神戸で働く人、そして神戸で暮らす人が集い、継続的な賑わいを期待できる点が高く評価されました。

事業予定図

総事業費は約460億円。2021年度中に一部を開業する予定で、初年度は施設全体で約150万人が訪れると見込んでいます。

地図

完成イメージ図

事業区域全体の鳥観図イメージ

事業区域全体の鳥観図イメージ

山側の近景

山側の近景

※本記事の画像は神戸市ウェブサイトより引用しています。

参考:

当サイトをご覧いただきありがとうございます!

「神戸ファインダー」は豊富な写真と動画で神戸の魅力を発信するブログ型情報ウェブサイトです。サイト運営者Akiが気になるカメラや関連機材についても国内外から情報を集め記事にしています。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをよろしくお願いします。
FacebookTwitterYouTubeInstagramなどでも情報発信していますのでフォローよろしくお願いいたします。シェアとフォローは下のボタンからご利用いただけます。

質問があればお気軽にコメントやSNSでお知らせください^^

この記事をお届けした
Akiの神戸ファインダーの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
関連コンテンツ
スポンサーリンク