スポンサーリンク

有名夜景スポット「神戸大橋」【ライトアップ予定日とおすすめ撮影ポイント】

シェアする

ライトアップされた神戸大橋

神戸の中心部とポートアイランドを結ぶ「神戸大橋」(神戸市・中央区)。赤いアーチ型の造形が印象的です。夜にはライトアップされることもあり、夜景スポットとしてとても人気があります。橋の四隅から空に向けてのびる青い光の柱「上空照射」(レーザービーム・特別演出照明)は必見です。おすすめの撮影スポットやイルミネーション点灯日をお伝えします。

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。神戸大橋が大好きなAki(@Aki_for_fun)です。何度も訪れたくなるこの神戸大橋の魅力をたっぷりご紹介します。

スポンサーリンク

神戸大橋とは

神戸大橋

神戸大橋は新港第四突堤とポートアイランドを結ぶ橋です。自動車だけでなく歩行者用の道もあります。ポートライナーも通っており三宮駅から2駅のポートターミナル駅で降りれば神戸大橋の中腹に出ることができます。

すぐ近くのポートアイランド北公園からこの神戸大橋がよく見えます。車で来る場合もポートアイランド北公園の駐車場が便利です。

Google Map

神戸大橋の魅力

神戸大橋にわたしが何度も足を運びたくなるその魅力についてまとめました。

赤くてかっこいい!

まず単純にこの赤いアーチの見た目がかっこいいです。青空に赤い橋。もうそれだけで有無を言わせない美しさがあります。

portkita-flickr01

船のターミナルが隣接

ポートターミナルが神戸大橋に隣接するようなかたちで位置しているので、そこに停泊する客船と一緒になって景色が映えます。

queen elizabeth02

上の写真は遊覧船に乗って海から撮影しました。豪華客船「クイーンエリザベス」が神戸ポートターミナルに停泊していたときの写真です。

別角度からも見てみましょう。神戸市役所の展望室から撮った写真です。

神戸市役所展望室から見た神戸大橋と客船オイローパ

右側に神戸大橋、左隣に神戸ポートターミナルがあって、そこに客船オイローパが停まっています。

豪華客船と神戸大橋の織りなす景色は美しいです。

costafortuna-flickr03

夜空にのぼる4本のレーザービーム

kobe bridge night02-retouch

神戸大橋の有名な夜景姿。神戸市は夜の景観強化に力を入れていてこの神戸大橋にもライトアップの設備が施されました。

先ほど紹介したように近くには船も停まるので夜は特に豪華な景観になります。

nightscene2
IMG_0208-retouch

曇り空でも惚れ惚れするかっこよさ。

撮影おすすめスポット

神戸大橋の見学におすすめの場所を紹介します。

神戸大橋を撮るならポートアイランド北公園

まずはポートアイランド北公園(Google Map)。ここが最も定番ですぐ近くから神戸大橋を見ることができます。ここまで紹介した神戸大橋の写真のほとんどがここからの撮影です。

橋との距離が近いので4本のレーザービームを画角におさめたい場合は広角レンズが必要。下の写真は焦点距離10mm(35mm判換算16mm)で撮影しています。

kobe bridge night03-retouch

またポートアイランド北公園からは神戸大橋だけでなく神戸の港の景色も見ることができます。

神戸港の夜景

神戸港の夜景

ポートタワーなど神戸メリケンパークや、神戸ハーバーランド方面も見えます。

kobe

ここは釣りの名所でもあり、多くの釣り人の方もいらしています。

mimnato05

夕暮れの神戸大橋もかっこいいです。

夕暮れの神戸大橋と客船オイローパ

portisland kita01

噴水があるのでそれを前景にいれて写真を撮るのもおすすめ。

Kobe Night View 1204-03

春には桜も咲きます。

portisland kita03
sakura kobebridge02

雨が降ったあとは水たまりのリフレクションを狙って撮影するのも楽しいです。

Kobe Night View 1204-04
Kobe Night View 1204-06

海際から撮影すると水面に光が反射した景色をおさめられます。

神戸大橋イルミネーション 超広角レンズで撮影

第一突堤やメリケンパークから見る神戸大橋

もう少し離れた神戸第一突堤やメリケンパークからも神戸大橋は見えます。

こちらは第一突堤(Google Map)からの写真。

kobebridge-night04

次の写真はメリケンパークにある神戸ポートタワーから撮りました。

Kobe Night View05

上の写真は望遠レンズで撮影していますが、実際の見た目だとそこまで大きくは見えません。

ポートタワーから見た神戸大橋の位置

神戸大橋はそこまで大きく見えませんが、ポートタワーは神戸港のすぐそばから景色を一望できて楽しい場所です。

神戸のランドマーク・ポートタワー!神戸観光なら外せない名所です

神戸市役所の展望室から見る神戸大橋

神戸市役所の24階展望室からも神戸大橋が見えます。

queenelizabeth-nightscene06
queenelizabeth-nightscene05

ここは無料で入れて神戸の海側と山側の景色を堪能できるおすすめスポットです。

神戸市役所1号館24階展望ロビー|神戸公式観光サイトFeelKOBE

橋の上からの眺めも良い!

神戸大橋の上からも港の景色は見えます。景色を眺めながら歩くのはとても気持ちが良いのでおすすめです。

mimnato04

夜はロマンチックな夜景が広がるのでデートにもおすすめです。

レーザービーム(特別演出照明)の予定 2018年

ライトアップされた神戸大橋

神戸大橋の4本の青いレーザーの照射は特定日のみ行われます。ご注意ください。

点灯時間(随時更新)

19:00から23:30まで(2018年7月〜9月の場合)

イルミネーション点灯時間は季節によって異なります。

点灯予定日 2018年7〜9月(随時更新)

参考:神戸市:神戸大橋の特別演出照明(平成30年7月~9月予定)

※下記のクルーズ客船の日程については、スケジュールが変更されることがあります。

portkita-flickr04

2018年7月

4日(水曜) クルーズ客船(飛鳥2)入港前夜
5日(木曜) クルーズ客船(飛鳥2)出港/クルーズ客船(飛鳥2)停泊/クルーズ客船(ぱしふぃっくびいなす)入港前夜
9日(月曜) クルーズ客船(クァンタム・オブ・ザ・シーズ)入港前夜
15日(日曜) クルーズ客船(飛鳥2)入港前夜
16日(月曜) 海の日/クルーズ客船(ぱしふぃっくびいなす)入港前夜
19日(木曜) クルーズ客船(飛鳥2)入港前夜

costafortuna06

2018年8月

4日(土曜) 第48回みなとこうべ海上花火大会
7日(火曜) クルーズ客船(ぱしふぃっくびいなす)入港前夜
9日(木曜) クルーズ客船(にっぽん丸)入港前夜
10日(金曜) クルーズ客船(にっぽん丸)出港/クルーズ客船(ぱしふぃっくびいなす)入港前夜
11日(土曜) クルーズ客船(ぱしふぃっくびいなす)出港
13日(月曜) クルーズ客船(スーパースター・ヴァーゴ)入港前夜
14日(火曜) クルーズ客船(スーパースター・ヴァーゴ)出港/クルーズ客船(ボイジャー・オブ・ザ・シーズ)入港前夜
16日(木曜) クルーズ客船(MSCスプレンディダ)入港前夜
18日(土曜) クルーズ客船(クァンタム・オブ・ザ・シーズ)入港前夜
21日(火曜) クルーズ客船(オーシャン・ドリーム)入港前夜
22日(水曜) クルーズ客船(オーシャン・ドリーム)停泊
23日(木曜) クルーズ客船(オーシャン・ドリーム)停泊
24日(金曜) クルーズ客船(オーシャン・ドリーム)出港
31日(金曜) クルーズ客船(コスタ・ネオロマンチカ)入港前夜

kobebridge-flickr

2018年9月

1日(土曜) クルーズ客船(コスタ・ネオロマンチカ)出港/クルーズ客船(オーシャン・ドリーム)入港前夜
2日(日曜) クルーズ客船(オーシャン・ドリーム)出港
6日(木曜) クルーズ客船(コスタ・ネオロマンチカ)入港前夜
7日(金曜) クルーズ客船(コスタ・ネオロマンチカ)出港
10日(月曜) クルーズ客船(ぱしふぃっくびいなす)入港前夜
16日(日曜) クルーズ客船(コスタ・ネオロマンチカ)入港前夜
17日(月曜) クルーズ客船(コスタ・ネオロマンチカ)出港/クルーズ客船(クァンタム・オブ・ザ・シーズ)入港前夜
21日(金曜) クルーズ客船(にっぽん丸)入港前夜/クルーズ客船(ぱしふぃっくびいなす)入港前夜
22日(土曜) クルーズ客船(にっぽん丸)停泊/クルーズ客船(ぱしふぃっくびいなす)出港
23日(日曜) クルーズ客船(コスタ・ネオロマンチカ)入港前夜
24日(月曜) クルーズ客船(コスタ・ネオロマンチカ)出港
25日(火曜) クルーズ客船(にっぽん丸)入港前夜
26日(水曜) クルーズ客船(にっぽん丸)出港
28日(金曜) クルーズ客船(ぱしふぃっくびいなす)入港前夜
29日(土曜) クルーズ客船(ぱしふぃっくびいなす)入港前夜
30日(日曜) クルーズ客船(ぱしふぃっくびいなす)出港/クルーズ客船(コスタ・ネオロマンチカ)入港前夜

まとめ 気をつけるべきポイント

神戸大橋は以上でご紹介したように海の近くで景色がきれいな場所です。しかし風があって寒く感じることもあります。特に夜景撮影の際は冷えるかもしれないので服装に注意してください。また風があると波も大きくなります。海のすぐそばにいると波がかかる可能性もあるのでこちらも充分にご注意ください。

当サイトをご覧いただきありがとうございます!

「神戸ファインダー」は豊富な写真と動画で神戸の魅力を発信するブログ型情報ウェブサイトです。サイト運営者Akiが気になるカメラや関連機材についても国内外から情報を集め記事にしています。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをよろしくお願いします。
FacebookTwitterYouTubeInstagramなどでも情報発信していますのでフォローよろしくお願いいたします。シェアとフォローは下のボタンからご利用いただけます。

質問があればお気軽にコメントやSNSでお知らせください^^