スポンサーリンク

これからカメラを始める初心者の皆さんに伝えたいこと

カメラ初心者の皆さんに伝えたい大事なこと

カメラ初心者の皆さんへ伝えたい大事なポイントをまとめました。とても楽しいカメラの世界。より快適に、より豊かにカメラを楽しんでもらえるよう、この記事を贈ります。

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。Aki(@Aki_for_fun)です。新年度が始まる時節柄、こんな記事を書いてみることにしました。これからカメラを始める皆さんに贈る言葉です。

スポンサーリンク

①カメラははすごく楽しいということ

カメラははすごく楽しいということ

新しい趣味としてカメラを選んだ人。子供が生まれるからカメラを買う人。旅行に行くのでカメラを買う人。様々な動機でカメラを手にとったり、これから買おうとしていると思います。

おめでとうございます。とても素晴らしい判断です。カメラを愛するひとりとして歓迎いたします。これからすこし本格的なカメラを手にすることで、よりいっそう美しく、いっそう魅力的なかたちで日々の生活を記録できるようになります。存分に楽しんでください。

同じカメラでも手にする人によって撮れる映像は様々に異なります。カメラは個性が如実に表れる趣味です。素敵な写真が撮れて嬉しくなることもあれば、うまく撮れないのがくやしくて勉強に励むこともあるかもしれません。とても奥の深い世界です。存分に楽しんでください。

カメラを手にすることであなたの世界がより豊かになるものと信じております。

②メーカーや機種は後から考えて大丈夫ということ

メーカーや機種は後から考えて大丈夫ということ

どのカメラを自分のパートナーとして選ぶか。最初に迫られる大きな決断です。もしかしたらあなたはそんな悩みを抱えながらこの文章を読んでおられるかもしれません。

わたしが初心者の皆さんにできるアドバイスは「予算の範囲で一番高いカメラを買ってください。良いものは長く使えます。メーカーはどこでもかまいません」ということです。

ざっくりとしたアドバイスなので、この回答では不満に感じるかもしれません。ですが、わたしは最も適切な助言だと考えています。カメラは高い買い物なので慎重になる気持ちはよくわかります。しかし、最初から自分にぴったりのカメラを選び出す必要はないのです。

まずはたくさん撮ることが重要です。最近の一眼カメラであれば、どのカメラでもだいたい撮りたいものは撮れるようになっています。せいぜい良いカメラか、すごく良いカメラかの違いです。使い物にもならない悪いカメラはそうそうないので安心してください。

それぞれの細かいニーズもあるとは思いますが、初心者の場合カメラによって何が違うのかもよくわかりません。とりあえずカメラを買ってみて使いながら考えていきましょう。カメラ選びにいつまでも時間をかけるより、まずカメラを手にしてたっぷりの時間を過ごすことのほうが大事です。

またカメラは簡単に売却することができます。しっかりとした中古市場があるので、カメラを買い換えたくなったら手持ちのカメラを売却することで資金を調達できます。カメラ選びに失敗してもやり直せるので安心してください(カメラ・レンズを売るならどこが良い?高値で買取りしてもらうコツとおすすめ店)。

少しでも具体的なおすすめが知りたいのであれば、わたしはキヤノンユーザーなのでキヤノンのカメラをおすすめしています。カメラファンの中にはカメラの基礎や楽しさをキヤノン製品で学んだという人が多いです。初心者にはキヤノンのカメラが特に向いていると思います。

初心者にキヤノンの一眼レフカメラをおすすめする6つの理由と1つの欠点

具体的な機種でいうと今ならEOS Kiss X9やEOS Kiss Mがイチオシです。

③レンズがとても大事ということ

レンズがとても大事ということ

カメラ本体以外にも必要なものがたくさんあります。SDカードがないと写真のデータを残せませんし、電池の入れ忘れがないように予備のバッテリーも買っておくことをおすすめします(一眼カメラを買うとき「絶対に必要なモノ」と「あると便利なモノ」まとめ)。

関連機材のなかでも特に大事なのがレンズです。わたしは交換レンズのおかげでカメラに夢中になりました。レンズを換えることで撮れる写真が変わることを知り、より深く写真の世界にハマりました。自分の目も肥えて少しづつ繊細な映像表現の違いがわかるようになってきています。

初心者の方にはレンズキットのほかに単焦点レンズを最低1本持つことをおすすめします。カメラに詳しくない人でもその違いをはっきりと認識できて楽しくなります。

コンデジやスマホも良いのですが、ぜひ一度はレンズ交換式カメラを手にとってほしいです。一度一眼カメラを通して身につけたノウハウはスマホやコンデジの撮影にも活かせます。まずは一眼レフカメラやミラーレスカメラといったレンズ交換式のカメラを使ってみてください。

④沼があるということ

沼があるということ

レンズを交換することでその世界の奥深さに気づくことでしょう。広角レンズや望遠レンズ、マクロレンズなど様々なものが欲しくなるかもしれません。カメラの違いについてもわかるようになって、フルサイズカメラや高画素機、動画撮影に強いカメラが欲しくなるかもしれません。

このように次から次へと欲しいものが頭に浮かんで、実際に買い換えたり、買い足していく状態のことを「沼にハマる」と俗に表現します。カメラをやっている人が「沼」と言っていたら「なにか欲しいものがある」と解釈していただいてけっこうです。

⑤安心して沼に飛び込んでほしいということ

安心して沼に飛び込んでほしいということ

カメラ沼、レンズ沼など様々な沼があなたを待ち受けています。気負わずどうぞその沼へと足を踏み入れてください。沼地にはたくさんの先輩がいて初心者の皆さんを優しく迎え入れてくれます。

フルサイズもAPS-Cもわからない。F2.8通しもLレンズもわからない。そんな初心者の皆さんが相手でも先輩たちが優しく魅力的な機材についてひくほど詳しく教えてくれます。ときに知人や身内から浪費癖について厳しく指導されることもあるかもしれませんが、人は失敗から多くのことを学びます。決して失敗することを恐れないでください。買わない後悔より、買って後悔する道を歩んでください。

⑥カメラやレンズ以外にも視野を広げてほしいということ

カメラやレンズ以外にも視野を広げてほしいということ

カメラやレンズの話をしましたが、それ以外にもあなたの映像表現をより豊かにしてくれる道具や、より快適に撮影作業へと没頭できるよう手助けしてくれる道具がたくさんあります。

カメラやレンズ買い換えるより三脚やストロボを買って使った方がより良い映像を撮れることがあります。小さなカメラやレンズを買うより、快適に機材を運べるカメラバッグを買った方がより楽に撮影ができるようになるかもしれません。

三脚や、一脚、雲台、ストロボやフィルター、パソコンや編集ソフト、プリンター、様々な機材や道具がカメラに関わってきます。一度に入れる沼は限られていますので、どの沼から入るかはあらかじめよく検討しておきましょう。

→ 三脚を使えば写真がもっと面白くなる!カメラマンに三脚が必要な2つの理由

⑦シャッターチャンスはプライスレスということ

シャッターチャンスはプライスレスということ

「カメラは高いので値下がりを待つ」という人がいます。はたして値下がりを待つのは本当に意味があることでしょうか?

たしかに数ヶ月や数年と時間が経つにつれてカメラは新型にとってかわられ、型落ち機種の値段は下がっていきます。しかし、その値段が下がるのを待っている間に撮れるものがたくさんあるということにお気づきでしょうか。人生はシャッターチャンスの連続です。日々の生活には楽しいことや、貴重な経験が意外とたくさんあるものです。それらのタイミングでカメラがあればよりよい写真が撮れるかもしれないのに、わずかな値段の差のためにカメラを買うのを控えることは正しい行動なのでしょうか?

例えばわたしが今使っているEOS Kiss X9というカメラは2017年7月の発売当初カメラボディ単体だけで6万3千円ほどしました。2018年4月現在はボディ単体で5万5千円ほど、レンズキットの価格がだいたい6万3千円くらいです。さらにキャッシュバックキャンペーンもあるので、今なら7万円もあればボディと標準ズームレンズと望遠ズームレンズを買うことができてしまいます。たしかに値下がりするとお得です。

わたしは発売されてすぐ買ったので、これから買う人と比べれば少なくとも8千円損しているかもしれません。しかしこの約8ヶ月の間に、このカメラで撮影した写真やその経験は何にも代えがたいものがあります。良い写真が撮れたときの幸せは差額の8千円では買えません。

「型落ち製品はお買い得」という言葉は、実際買うときに「値段が下がっててラッキー」と思うくらいがちょうど良いです。カメラがいまほしいと思っているにもかかわらず「まだ値段が下がるから」なんて考えで購入を我慢するのはとてももったいないです。買いたい時が買い時。欲しいと思ったのなら早く買ってそのカメラで素敵な写真を撮るべきです。写真は値段に代えられない価値を持ちます。

どうしても値段が高くて手が出ないなら、まずは手元にあるスマホを使ってみたり、古いカメラが眠っていないか探してみましょう。意外と身内が良いカメラを使わずに持っていることもあります。

撮る手段はいくらでもあるので、必ずしも購入する必要はなく、カメラをレンタルするという方法もあります。特に趣味としてのカメラにはあまり興味がなくて一時的に良いカメラを使いたい人や、より慎重に機材を選びたい人はレンタルサービスを試してみてください。

カメラとレンズのレンタルサービス比較・まとめ

⑧写真の管理はしっかりしたほうが良いということ

写真の管理はしっかりしたほうが良いということ

大切な写真はなくさないようにしっかり管理しましょう。データを保存したと思っていたら間違って消してしまったという話はよくあります。できるだけ二重、三重にバックアップをとっておくことをおすすめします。

現在はグーグルフォトのような無料で写真を保存できるサービスもあります。またアマゾンプライム会員ならプライムフォトという優れた写真保存サービスも利用できます。かけがえのない写真を失わないようにくれぐれもご注意ください。

写真データの管理・バックアップに便利なクラウドサービスの比較【グーグルフォト・アマゾンプライムフォト・ドロップボックス・フリッカー】

ときには写真をプリントしたり、アルバムを作っておくこともおすすめです。鑑賞目的だけでなく見たい写真を管理・保存するという観点からも役立ちます。

⑨マナーを意識して楽しんでほしいということ

マナーを意識して楽しんでほしいということ

カメラが楽しくなって夢中になると視野が狭くなってくることがあります。時には自分の都合のために人に迷惑をかける人もいます。どうか自分勝手にならずに、まわりの人への配慮もしっかり考えながらカメラを楽しんでください。

風景撮影やスナップをするときは他の観光客や一般の通行人もいらっしゃいます。他の方からすればカメラマンは邪魔な存在であることがほとんどです。自分のカメラの都合を優先しすぎて人に迷惑をかけないよう気をつけましょう。

また家族のためにカメラを始めたつもりが、いつのまにか自分のカメラの趣味のために家族に負担をかけていないでしょうか。趣味は夢中になるものですが、ときには冷静になって本当に大切なものはなにか考えてみることをおすすめします。

「お父さんカメラ持ってこないで!」と言われないために…家族にカメラ・写真の趣味を理解してもらう5つの方法!

身勝手な行動でカメラを楽しんでいると様々な規制がかかって自由にカメラを楽しめない社会になっています。自分だけ楽しもうという気持ちでいるとけっきょく自分の首をしめることになりかねません。ぜひカメラの趣味が広く受け入れてもらえるように、ひとりひとりが率先垂範の気持ちで行動してください。

まとめ

カメラが大好きな人から、初心者の方へ向けたメッセージでした。ようこそこちら側の世界へ。カメラの世界に入られた皆さま、まことにおめでとうございます。これでわたくしからの挨拶とさせていただきます。

当サイトをご覧いただきありがとうございます!

「神戸ファインダー」は豊富な写真と動画で神戸の魅力を発信するブログ型情報ウェブサイトです。サイト運営者Akiが気になるカメラや関連機材についても国内外から情報を集め記事にしています。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをよろしくお願いします。
FacebookTwitterYouTubeInstagramなどでも情報発信していますのでフォローよろしくお願いいたします。シェアとフォローは下のボタンからご利用いただけます。

質問があればお気軽にコメントやSNSでお知らせください^^

この記事をお届けした
Akiの神戸ファインダーの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

関連コンテンツ
関連コンテンツ
管理人 Aki

記事を書いている人 Aki

about me

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます!管理人のAkiはカメラが大好きな神戸っ子です。

自分で撮影した写真や動画とともに神戸の魅力を発信しています。神戸のレジャー・観光・グルメ情報のほか、私が愛用しているカメラに関する情報もたくさん掲載しています。

写真は神戸のマスコットキャラクター「コーベアー」です。

サイト紹介 プロフィール サイトマップ 使用しているカメラやレンズについて Twitter Flickr Instagram Facebook YouTube
スポンサーリンク

コメント

  1. チュンスズメ より:

    まさに悪魔のささやきですね。
    こちらのサイトを覗いて中古の活用は参考になりました。ありがとうございます。
    しかし「初心者」も様々です。レンズ交換式に興味がある人対象なら納得です。
    広く写真(カメラではなく)に興味があるならスマホや身近にあるカメラをいろいろ試してみて、何がしたいかよく考えたほうが良いと思います。
    一眼買って半年でホコリを被る… キットレンズは換えたことがない(交換レンズを持っていない)… よくある話ですし、実際そんな人を多数見てきました。
    特に女性は機械に関心が薄い傾向があるので、どんな写真を撮りたいのかがとても重要です。
    高級スマホで事足りる場合もありますし、目的が合致すれば高級コンデジの方が適している場合もあります。想定された範囲を超えない限りより安価で簡単に目的を達成できます。
    写真は裾野が広く目的も様々、全ての人がフルサイズを目指すものではありませんので、ニーズ別にどの様な選択肢があるか紹介されるのも良いのではないかと思いました。

    • aki より:

      チュンスズメ様
      コメントありがとうございます。神戸ファインダーのAkiです。

      まず前提としてご理解いただきたいのは、この記事はわたし個人の意見・考えを書いたものです。すべての人に共感と理解を求めて書いた文章ではありません。いち個人が運営するメディアとしては全方面に配慮した記事よりも、わたしが熱心に詳しく語れることを記事でとりあげていくつもりです。主観が色濃く出るものであり、それでかまわないと考えています。

      わたしの考えはこの記事に書いたように、初心者の方にもできるだけ良いカメラ、つまりレンズ交換式のカメラを一度は手に取ってもらいたいというものです。せっかくカメラを買ったのにレンズを交換しない人や、サイズが大きすぎて使わなくなってしまう人がいることは存じています。しかし、わたしはレンズ交換式カメラが好きで、その表現の豊かさに魅了されています。せっかく写真やカメラに興味を持ってくださった人がいるのであれば、わたしが良いと思っている一眼カメラをおすすめします。

      わたしはフルサイズを目指せとも書いておりませんし、コンデジやスマホを使うなとも書いておりません。予算の範囲内で一番良いカメラを勧めているのは、初心者だからといってあまり妥協してほしくないからです。お金があるのであれば良いカメラやレンズでどういうものが撮れるのかぜひ知ってもらいたいと考えています。より良い機材でどういったことが可能なのか体験・理解すれば、その後にコンデジやスマホで撮るようになったときもノウハウを活かすことができます。

      個別具体的な相談をいただいて特別な事情がないかぎり、わたしは原則として写真やカメラに興味がある人には一眼カメラをおすすめします。それが相手にとってぴったりのカメラにはならない可能性があることはよく分かったうえでこの記事を書いたつもりです。失敗してもいいからまずトライしてほしい、というふうに書きました。高いものにはその良さがあるのです。こればかりは実際に使ってみないと分かりません。

      女性だって機械に関心の強い人もいます。はじめはあまり強い関心がなくてもいざ使ってみることでハマる人もいます。せっかく少しでも写真やカメラに興味をもってくれたのであれば私は絶対に一眼カメラをおすすめします。もちろんお金の問題はひとそれぞれありますので、「予算の範囲内で一番良いカメラ」と書くようにしています。

      スマホでの撮影テクニックや、わたしが気になるコンデジの紹介記事であれば書きます。それはわたしが関心あるからです。しかし、自分がろくに使ってもいないのに、他人にコンデジを積極的におすすめすることはできません。わたし以外に熱心にコンデジを使って撮影されて情報発信をされている方がほかにいらっしゃいます。詳しくもないわたしがわざわざそれと同じような内容を真似て書いてもあまり意味はないと考えております。

      チュンスズメ様のようなお考えを決して否定はしませんが、神戸ファインダーでわたしが伝えたいものとは異なります。どうぞご自身が直接人にその考えを伝えたり、自分のブログやSNSで発信いただけますようお願いいたします。

      この度はご意見ありがとうございました。

  2. こなとも より:

    こんにちは。
    今まさに一眼レフのカメラを買おうと、機種をどれにするかで悩んでいました。
    Akiさんのブログ、とても参考になりました。
    キヤノンEOS Kiss X9、キャッシュバックあるしラッキー☆くらいの気持ちで買ってしまおうと思います。買うと決めたらワクワクして値段のことなんか吹っ飛んでしまうから不思議です。(私が単純なだけか(;’∀’)
    たくさん写真を撮ってカメラと一緒に成長していこうと思います。
    背中を押してくれてありがとうございました!

    • aki より:

      こなとも様

      コメントありがとうございます!神戸ファインダーのAkiです。

      少しでもお役に立てたならとても嬉しいです!
      実際EOS Kiss X9はお買い得だと思いますし、カメラはすごく楽しいのでぜひたくさん写真を撮ってください^^
      使っているうちにカメラや写真のことで何か疑問や困ったことがありましたら、コメントやSNSでお気軽におしらせください。
      いちカメラファン、いちEOS Kiss X9ユーザーとして、できる範囲で力になります。

      こちらこそ嬉しいコメントをいただきありがとうございました。

  3. Shige より:

    Akiさんこんにちは。
    今月からカメラデビューしました。
    相棒はkissM。登山に行くので自分には丁度いいと気に入ってます。
    Akiさんのブログをみて付属品も徐々に揃えています。山歩きでのカメラ携帯方法を模索中です。
    昨日三脚持って夜景初挑戦しましたがダメでしたね。今から練習して花火を撮ることがこの夏の目標です。
    また、KissMの話楽しみにしています。