スポンサーリンク

一眼カメラを買うとき「絶対に必要なモノ」と「あると便利なモノ」まとめ

シェアする

カメラ関連機材

カメラ初心者の方に向けたカメラ関連道具のご紹介です。とりあえずカメラを買ったらもうあとは撮るだけなんて思っていませんか。カメラを買うとけっこう色々なものが必要になったり欲しくなったりするんです。あとで後悔しないためにすぐに買うべき絶対必要なものと、後々あると便利なものをご紹介します。また、他サイトなどでよくおすすめされていて実際に買う人も多いけれど、個人的に必要ないと考えるものについてもその理由付きでご紹介します。

スポンサーリンク

必要なもの

まずこれだけは最初から絶対にそろえておいたほうが良いと思うもののリストです。

レンズ

予算:1万円~

レンズがないと撮影できません。基本的にはカメラを買うときにセットで買えるキットレンズがあれば問題ないのですが、個人的にはレンズは初めから2種類以上持つことをおすすめします。単焦点レンズや望遠レンズ、マクロレンズなど様々なレンズがあります。安いレンズで構わないので2種類を使ってみてください。レンズ交換式のカメラでどういったことができるのかはレンズを使い分けてみないとわかりません。使ってみると本当にカメラが楽しくなってハマっちゃいますよ。

おすすめのレンズを紹介している記事がありますのでこちらもご覧ください。

値段よりレンズは解像度が大事!という人は次の記事をどうぞ。

高解像度レンズランキングTOP10キヤノン一眼レフカメラ用(フルサイズ対応)

私の大好きなマクロ撮影の世界に興味のある方はこちらへ。

マクロレンズの選び方とキヤノン一眼レフカメラ用おすすめレンズ紹介

風景や建築物の撮影が好きな人には超広角レンズ・魚眼レンズがおすすめです。

超広角レンズが楽しい!上手に撮影する方法・コツとおすすめレンズ

キヤノン用魚眼レンズまとめ【CANON・SIGMA・TOKINA・SAMYANGなど比較】

SDカード

予算:2000円~8000円

これも持っていないと撮影したデータを保存できません。絶対に必要です。

カードの容量は大きい方が何かと便利で安心です。容量が小さいとすぐ容量がいっぱいになってしまい、こまめにデータを整理しなければなりません。撮りたいときに容量が足りないとシャッターチャンスを逃してしまいます。また、あせって写真を消すと誤って消したくないデータまで消すおそれがあります。

おすすめの容量サイズは32GB。また予備に16GB程度のカードをもう1枚買っておくとより便利です。余裕ある容量でたくさん撮影しましょう。写真上達にはまずたくさん撮影するところから始まると思います。

Transcend SDHCカード 32GB Class10 UHS-I対応 (最大転送速度90MB/s)


Amazon
楽天市場
ヤフーショッピング
カメラのキタムラ

もし動画を撮影する予定がある人は64GB以上の容量のSDカードを買ってください。

Transcend SDXCカード 64GB UHS-I U3対応 (最大読込速度95MB/s,最大書込速度60MB/s)


Amazon
楽天市場
ヤフーショッピング
カメラのキタムラ

下手に安いSDカードを買わないようにしてください。SDスピードクラスは10のものを。また連射撮影する場合SDカードの書き込み速度が速くないと記録が追い付かない可能性があります。仮にカメラを買い替えてもSDカードはずっと同じものを使いますからケチケチせずに良いカードを買うことをおすすめします。

最近はWifi機能を備えたSDカードもあります。もしカメラからスマホなどの端末へ気軽に写真データを転送したい場合はこちらのようなSDカードの利用をおすすめします。カメラによってはカメラ本体にWifi機能を備えている場合もあります。

TOSHIBA 無線LAN搭載 FlashAir SDHCカード 32GB Class10 日本製 (国内正規品)

Amazon
楽天市場
ヤフーショッピング
カメラのキタムラ

予備バッテリー

予算:2000円~8000円

これも意外と必要性が高いものです。もちろんカメラを買えばバッテリーは一緒についてきます。しかし1個では絶対に足りません最低でも2つ。特にミラーレスカメラを使われる方はバッテリーの消耗が激しいので注意が必要です。

初心者がやってしまう失敗のひとつにバッテリーの入れ忘れがあります。バッテリーを充電しているときによくこのミスが起こります。バッテリーがふたつあれば、片方を充電している間にもう片方の電池をカメラに使えます。また、長時間の撮影をするときにもやはり予備のバッテリーがあると安心です。

バッテリーご購入の際は型番をよく見てご自身のカメラに対応するものを買ってください。またカメラメーカー以外から非正規の安い互換バッテリーの販売もあります。ここは意見が分かれるところですが安心感を求めるなら正規の純正品をおすすめします。値段の安さを重視するなら多少のリスクを覚悟で非純正の互換商品を探してみてください。

キヤノン Canon バッテリーパック LP-E6N
キヤノン Canon バッテリーパック LP-E12
キヤノン Canon バッテリーパック LP-E17

ブロワー

予算:約1000円

カメラやレンズを掃除する道具も初めに買っておきましょう。まず基本はブロワーです。レンズについたホコリはまずブロワーを使ってシュッシュッと空気で飛ばします。ホコリを飛ばさずいきなり布でこすってしまうと逆にレンズを傷つけてしまうおそれがあります。

ハクバ HAKUBA メンテナンス用品 ハイパワーブロアープロ | Amazon

レンズクリーンペン

予算:約1500円

指紋がレンズについたときにも活躍するのがこのレンズクリーンペンです。驚くほど汚れがよくとれます。レンズクリーニングに必須の道具です。

ハクバ HAKUBA メンテナンス用品 レンズペン | Amazon

クロスとクリーナー

予算:約500円
こちらも基本のお手入れ道具。レンズのクリーニングに用います。

ハクバ HAKUBA レンズクリーナー スーパーマルチクリーナー | Amazon

ドライボックス・防湿庫

ハクバ HAKUBA ドライボックスNEO | Amazon

予算:約2000円

カメラを保管するものです。カメラやレンズは湿度に弱いです。特に日本は湿度が高いので梅雨や夏場のシーズンは注意が必要です。レンズにカビが生えてしまったあとでは手遅れ。大切なカメラ機材をきちんと保存しましょう。機材がたくさんあってよりお金をかけられる人は防湿庫の購入がおすすめ。

アイポー 防湿庫 容量51L | Amazon

あると便利なもの

次にできればあった方が良いというものをリストアップします。

レンズフード

レンズを買ったら付属する場合もあるのですが、意外と別売りのケースが多いレンズフード。余計な光が入り込んでフレアやゴーストといった映像の乱れを防ぐために必要です。またそれだけでなく、うっかりカメラをどこかにぶつけてしまうときにフードがレンズを守ってくれるという効果も期待できます。

さらにレンズフードをつけると見た目のかっこよさが2割増し(当社比)になるという隠れたメリットもあります。意外と普段の撮影に対する意欲に大きな影響がでるのでおすすめです。

レンズフードの形はそのレンズによって異なります。ひとつのレンズに専用のフードがあるので正しいものを購入しましょう。

三脚・雲台

三脚

三脚があると撮影の幅が広がります。三脚選びで主に注目したいスペックが全高縮長質量カーボン製かどうか、そして値段(予算)ですね。数千円から買えますが高いものは10万円を超えます。こだわる人はとてもこだわる分野です。そして三脚沼へ…

三脚は「全高」(三脚を伸ばした時の高さ)が自分の目線くらいになっているものを選びましょう。あまり背の低い三脚は使いにくいです。「縮長」というのは三脚を収納する時の長さです。これがあまり長いとカバンに収まらず持ち歩く気が失せます。また「質量」も同じように携帯するときに重すぎると困るので気を配る必要があります。材質が何かというのも大きなポイントです。基本的に高級で良いものはカーボン製です。軽くて丈夫。かつ振動がすぐにおさまったり、冬でも三脚があまり冷たくならないなどの特性を持っています。カーボン製は値段が高いです。

段数とか足の太さはあんまり気にしなくて大丈夫。今後沼にハマったときにでも考えましょう。三脚があるとスローシャッター、長秒露光の撮影ができてカメラが楽しくなりますよ。ちなみに「一脚」という道具もあります。脚が一本の簡易的な補助道具です。これも頭の片隅に置いておいてください。そのうち欲しくなるかもしれません。

Amazonで三脚を探す

Amazonで一脚を探す

三脚をつかって撮影をされていますか?カメラ初心者の人はまだ三脚を持っていない・使ったことがない人が多いかもしれません。この記事では三脚を使えばどのような写真撮影ができるのか、三脚を使うメリットについて...

雲台

雲台とは三脚の頭のカメラを固定する部分のことです。多くの三脚は雲台と三脚を分解することができるようになっていて、お気に入りの三脚と雲台を組み合わせられるようになっています(安い三脚は雲台と一体型になっている場合が多いです)。

雲台の話になると自由雲台やら、ギア付き雲台、ビデオ雲台など色々な名前が出てきます。その種類については後で覚えるとして最初は自由雲台をひとつ買ってください。雲台の基本は自由雲台です。名前からもわかる通り自由に構図を決められます。しばらく自由雲台を使ってみて自分の雲台に対するニーズが明らかになってきたらほかの種類の雲台を買えば良いと思います。

雲台にカメラを固定する際は、まずカメラの底にカメラプレートを取り付けます。そしてそのカメラがついたプレートを雲台にはめてやることで固定する仕組みです。

雲台は今後複数買うことになるでしょうが、最初に覚えておいてもらいたいのは雲台によって取り付けるカメラプレートの規格が異なるということです。これを理解していないと今後雲台を買い増すときに後悔します。原則プレートのかたちは企業によって異なります。ですがほぼ唯一の例外がアルカスイスです。

アルカスイスの話

アルカスイスとは雲台を作っている会社の名前です。高級な雲台を作っている企業で、アルカスイスの雲台とプレートはその固定力・安定性を世界的に評価されています。しだいに他の会社もこれを真似してアルカスイスと同じような機構の雲台を作るようになり、他社の作った雲台とプレートでもアルカスイス式の機構であれば互換するようになりました。

おすすめはこのアルカスイス互換の雲台です。本家のアルカスイス社をはじめ種類はたくさんあります。そしてその中には優れた製品が数多くあります。後々それらを使いたくなったときに困らないよう最初からアルカスイス互換の雲台購入をおすすめします(例えばシルイハイエンド自由雲台 K-10X)。アルカスイス互換の優れた商品の例としてはリアリーライトスタッフ(RRS)L型プレートや、ピークデザインのキャプチャーなどがあります。

アマゾンでアルカスイス互換の雲台を探す

アルカスイスについてより詳しく知りたい方は次の記事をご覧ください。

写真や動画の撮影でとても役に立つ機材のひとつが三脚です。そしてその三脚の頭部分でカメラを支えるのが雲台。カメラを始めたらぜひ三脚と雲台を手に入れてもらいたいのですが、実際に商品を選ぶ際にぜひ知...

変換ネジ

雲台と三脚を取り付ける部分のネジのサイズは2種類あります。1/4サイズ(小ネジ)と3/8サイズ(大ネジ)です。基本的に日本製の雲台や三脚は1/4サイズで外国製は3/8サイズになっています。サイズの異なる雲台と三脚を組み合わせる場合は次のような変換ネジが必要になります。

ネジザウルス

ネジの話になったのでこいつの存在をお知らせしておきます。カメラマンあるあるですがネジがはまって取れなくなってしまうことがあるんです。一度はまってしまうとなかなか取れなくて絶望を味わいます。そのとき活躍するのがふざけた名前のこいつです。いつか訪れるネジとの闘いの日にどうぞ。

カメラストラップ


付属しているストラップでも困らなければ問題ありません。しかし、カメラの世界にはストラップ沼があります。たくさんの種類がありますが私のおすすめはピークデザインのスライドです。このストラップに付属するカメラプレートはアルカスイス互換です。

カメラを購入したときに付いてくるストラップに不満ありませんか?露骨にメーカーのロゴが入っていたり、一度カメラに取り付けるとなかなか外しづらくて面倒。そんなカメラストラップの弱点を解消する「ピークデザイ...

リストストラップのカフもおすすめ。

カメラストラップにピークデザイン(Peak Design)のカフ(Cuff)を買いました。小型の一眼レフやミラーレスカメラ、コンパクトデジタルカメラにぴったりのリストストラップです。シンプルでありなが...

カメラバッグ


カメラを入れるカバンです。もちろん専用のカバンでなくてもカメラを入れられますが、カメラの機材を整理して安全に持ち運ぶにはカメラバッグの購入をおすすめします。中にはカメラバッグ沼にはまり様々なカバンを購入して試す人がいます。

個人的なおすすめは先ほどから名前が出ているピークデザイン社のカメラバッグです。色々な種類が出ていますが私はバックパックタイプのカバンを愛用しています。ピークデザインのエブリデイバックパックについては次の記事にレビューを書きました。

エブリデイバックパック(Everyday Backpack)はピークデザイン(Peak Design)というカメラ用品ブランドが作るリュック型最新カメラバッグです。このエブリデイバックパックを...

20L チャコール ピークデザイン エブリデイバックパック(PeakDesign Everyday Backpack)
20L アッシュ ピークデザイン エブリデイバックパック(PeakDesign Everyday Backpack)
30L チャコール ピークデザイン エブリデイバックパック(PeakDesign Everyday Backpack)
30L アッシュ ピークデザイン エブリデイバックパック(PeakDesign Everyday Backpack)

ストロボ

写真を意味するphotographの語源はphoto=光、graph=画く、と言われており、光を制する者は写真を制します。ということでストロボもカメラマンが使う定番の道具のひとつです。

安価な中華系メーカーの製品を使うか、値段の高い純正品を使うか。しばしば意見が分かれるところです。カメラには内蔵ストロボも多くあるのでまずはそれを使ってどういう撮影ができるのかを知ってからの購入で良いと思います。必要な人には必要だし全然使わない人もいます。

安いストロボだと次のNEEWERのものが非常に人気があります。

レフ板


とてもシンプルな構造で安く手に入るわりに写真の印象を大きく変える効果があるのがレフ版です。光を制すものは写真を制す。

NDフィルター

レンズにつけるフィルターの一種です。特殊な効果をもたらすものが様々にあるのですがNDフィルターは光の量を制限するためのフィルターです。光を制する者は写真を制す(しつこい)。

ND8とかND1000とかフィルターに数字がついています。数字が大きいほど減光量が大きく暗くなります。明るい日中にスローシャッターを切るためにつかったり、金環日食などで太陽を撮影したいときに用います。

動画撮影なら可変NDフィルターを使います。可変NDフィルターとは先述した光の減光量を調節できるフィルターです。動画の場合シャッタースピードがあまり融通が利かず、絞りを開くとすぐに露出過多になってしまいます。露出の調整に可変NDフィルターを用います。

実はフィルターも奥が深くて沼があります。たくさんの種類がありますし、さきほど紹介した可変NDフィルターはピンキリの世界です。良いものを買うには相応のお金が必要になります。

フィルターのサイズはレンズの径に合わせて選ぶ必要がありますが、複数のレンズの為に一枚一枚専用のフィルターを買うととてもお金がかかります。そんなときに便利なのがステップアップリングステップダウンリングです。これとフィルターを組み合わせることでフィルター径を調節して一枚のフィルターを様々なサイズのレンズに利用することができます。

XCSOURCE ステップアップリング 8個 ステップダウンリング 8個 フィルターアダプター |Amazon

RAW現像ソフトとPC機器

基本的にはカメラを買ったときに付属するソフトで問題ないと思います。しかし無料のソフトは使い勝手が悪いことで有名でこの分野はAdobe Lightroomというソフトが最も人気です。付属ソフトなら無料ですが本格的にRAW現像したい人はAdobe Lightroomの購入をご検討ください。Adobe Photoshopとセットになったプランもあります。

RAW現像ソフトを扱うにはもちろんパソコンが必要になります。私はカメラ用にパソコンを買ったわけではないので細かいスペックについては詳しくないのですが、お持ちのパソコンによってはRAW現像など写真の加工の際にスペックが追い付かないかもしれません。その場合新しくパソコンが必要になるかもしれません。

さらにそれに関連してですが外付けHDDなど写真データを保存するものが必要になってくると思います。パソコンのストレージではすぐに足らなくなります。私はMacユーザーで外付けHDDには次のものを利用しています。Macユーザーにはおすすめです。


BUFFALO Thunderbolt+USB3.0Type-C変換ケーブル付 ポータブルHDD 2TB | Amazon

写真の管理・バックアップについては次の記事もおすすめです。

ネットやパソコン・スマホの普及にともない、最近はクラウドで写真の管理をする人が増えています。様々なオンラインストレージサービスの中から人気のGoogleフォト、Amazonプライムフォト、Drop...

パソコンのモニターはちょっと良いものを買うことをおすすめします。写真のRAW現像・レタッチをするなら「パソコン本体よりもモニターにお金をかけた方が良い」なんてこともよく言われます。モニターについては次の記事に詳しく書きました。

写真のRAW現像やレタッチをするならぜひ気にしてほしいのがパソコンのモニターです。もし安価なノートパソコンのディスプレイを見て漠然とRAW現像・レタッチをしているのであれば要注意。写真の色をきちんと表...
BenQのPC用ディスプレイ「SW2700PT」は、AdobeRGBカバー率99%で、ハードウェアキャリブレーションにも対応。まさにフォトグラファーのニーズに応えたカラーマネジメントモニターです。約一...
写真の現像やレタッチ、動画のカラーコレクション・カラーグレーディングなど、映像作品を仕上げる重要な工程です。なんとなく自己流で取り組んでいる人が多い分野かもしれません。土台となる基礎知識を学びたい人や...

プリンター

せっかくカメラを買ったのなら印刷したほうが良いです。最近は写真の鑑賞の方法もデジタルになってきていますが、印刷した写真を人にプレゼントするととても喜んでもらえますよ。お店プリントでも良いですが、家にちゃんと印刷できるプリンターがあると便利です。私は次のプリンターを使っています。

Canon キヤノン プリンター インクジェット複合機 TS8030 | Amazon

最近のプリンターめっちゃ便利ですね。スマホやパソコンから無線で気軽に印刷できてしかも写真の映りも良いので楽しいです。

家にプリンターがない場合はお店プリントを利用するのも良いですし、最近はネットプリントも盛んなようです。

写真コンクールには印刷した写真の提出を求められることも多いですからそういったことを考えるとプロ用のプリンターを買ってみても良いかもしれません。写真印刷の場合は写真用紙も重要ですのでここぞというときは高い用紙を、それ以外はお手頃な用紙を使うのがおすすめです。

またたくさん写真を撮りためたらフォトブックを作ってみるのも良いですよ。お手軽なソフトカバーのものや、本格的なハードカバーのものまで意外と簡単にしかも安く作れます。フジフィルムのものを実際にいくつか見せてもらいましたがかなり本格的で、レイアウトの自由度も高く素敵なものでした。

フォトブックデザイン簡単作成タイプ<フジフイルムモール>
FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)

要らないもの

よく買う人はいるけれど個人的にこれは要らないと考えるものをご紹介します。意見がわれる分野ですのでほしいと思う人はもちろんとめません。いやむしろ本音を言えば買ってほしいです。うちのアフィリエイトリンクを通じて買ってほしい(本音出すぎ)。

レンズ保護フィルター


レンズを保護する目的のフィルターです。すごく高価なレンズの場合、たしかに不慮の事故から守れるよう保護フィルターがあったほうが安心です。

しかし、私の場合、たいていのレンズはフィルターを付けずに普通に丁寧に使用します。もし事故か何かで壊れてしまったらそういう運命だったと諦めて新しいレンズを買えば良いと考えています。使わないときはレンズキャップをして保存。汚れたら掃除する。これで良いのではないでしょうか。

また保護フィルターを入れると画質が悪くなると考えておられる人もいるようです。個人的にフィルターのせいで画質が劣化したと感じたことがないのでこれについて真偽は分かりません。しかし、レンズの前に余計なものが入るわけですから撮影した映像に何かしら影響を与えても不思議ではないでしょう。

液晶保護フィルム

液晶に傷がついて見にくくなった経験がないので必要性がわかりません。でもYouTubeでカメラの開封動画を見ると高い確率で液晶保護フィルムを貼っています。けっこう需要はあるみたいです。ちなみに私はスマホにもカバーをしないタイプの人です。

バッテリーグリップ

これは必要ないというより、必要性を感じるまで要らないといったところです。あると便利なものに入れるかどうか迷ったのですが、予備バッテリーがあれば必要ないケースの方が多いと思ったのでここに入れました。

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。リストアップしてみたらたくさんあるものですね。必要なものについては予算も併記してみました。必要な物リストにあげたうちレンズをのぞいた合計金額を出すと約2万円です。改めて計算するとけっこうしますね…

全部をいっぺんにそろえようとすると大変なのでちょっとずつ必要だと感じるものからそろえるのをおすすめします。そして記事の中に何度も登場した「沼」という言葉。カメラにはまると関連して色々なものにハマります。こだわりだすと高価なものがどんどん欲しくなります。とても趣味性の高い世界ですね。ようこそこちら側へ(笑)。本記事が参考になりましたら幸いです。

今回は主に写真撮影をする人用に機材をピックアップしてみました。動画撮影される人向けにはもう少し紹介したい機材がありますのでまた別の機会に記事にしたいと思います。ジンバルとかスライダー、動画向けの三脚や一脚とかいろいろあるんです。

電動3軸ジンバルZhiyun Crane Mを買いました。ムービーの撮影では写真とはまた違った映像のブレ対策が必要になります。Zhiyun Crane Mは動画撮影の手振れを大きく軽減してくれる道具で...

動画の編集機材についてはすでに次の記事に書いています。

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。普段からよく一眼レフカメラで動画を撮影、それを編集してYouTubeに投稿しています。この記事では私が一眼ムービーを編集するために使...

当サイトをご覧いただきありがとうございます!

「神戸ファインダー」は豊富な写真と動画で神戸の魅力を発信するブログ型情報ウェブサイトです。サイト運営者Akiが気になるカメラや関連機材についても国内外から情報を集め記事にしています。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをよろしくお願いします。
FacebookTwitterYouTubeInstagramなどでも情報発信していますのでフォローよろしくお願いいたします。シェアとフォローは下のボタンからご利用いただけます。

質問があればお気軽にコメントやSNSでお知らせください^^

コメント

  1. 原 靖子 より:

    はじめまして。
    一眼レフカメラを初めて購入しようとしています。
    これまでコンデジ、最近はスマホで撮影とほんとーに素人です。
    ただ、子どもを撮影をすることが多く、上手く撮れてないなーと不足感。ミラーレスを検討しましたが、店頭で一眼レフの手した時のフィット感がよく、大きさは気になるけど持って楽しい方にしよう!と一眼レフに決めました。
    ただ、家電量販店では店員さんの説明があいまいであまり詳しくない?感じ。では、とカメラのキタムラに行ってみると、違いはネットで調べればでますよ。と言われ(閉店間際だったせいかもしれません。)きちんと説明してくれるところってないのでしょうか。。。どこへ行けばいいのでしょう。
    ちなみに、カメラは EOS Kiss X8iとX9i で迷っています。価格が落ちているので、X8iは手が出しやすいです。でも、購入後、後悔するのも嫌ですし。
    そのような中「神戸ファインダー」とっても参考になってます。
    ありがとうございます。

    • aki より:

      原 靖子様

      コメントありがとうございます。神戸ファインダー管理人のAkiです。

      初めての一眼レフ選びで当サイトを参考にしていただいたとのこと、ありがとうございます。お子さんを撮るのに一眼レフは良いと思いますよ!持ってみてしっくり感じたのであればなおさらです。

      お店屋さんでの対応は残念でしたね。カメラの専門店や大きな家電量販店に詳しい人はいると思いますが、親切に教えてくれる人に出会えるかは運によるかもしれません。
      もし東京や名古屋、大阪といった都市が近ければカメラメーカーのショールームに行くのもひとつの選択肢です。私はキヤノンデジタルハウス大阪によく行きますが、スタッフの方の対応は丁寧で製品についても詳しく教えてくれます。

      参考:
      キヤノン:パーソナル向けショールーム

      ある程度調べたいことがはっきりしているのであればネットで検索するのが手っ取り早くて確実です。私もカメラのこと、特にキヤノンの一眼レフについてはそこらへんの家電量販店のスタッフさんより詳しいはずなので、聞きたいことがあれば気軽にコメントしてください。できる範囲で回答させていただきます。

      X8iとX9iで迷われてるんですね。もし動画も撮るなら絶対X9iの方が良いです。ピントの合う精度が高い、動画用の手振れ補正モードがある、FHD60Pが撮れる、などのメリットがあります。家族の思い出を撮るのであれば、動画も撮影するときっと後で見返すのが楽しいので個人的には動画もおすすめします。

      写真だけ撮るならカメラ選びは少し悩ましいです。たぶんX8iでも撮れるものに不満は特に出ないだろうと予想します。カメラによる画質の差は大きくありません。X8iのほうが安いので、その差額をレンズや三脚の資金にするのも手です。

      あとは、X9iのほうがAF測距点の数が多いこと、Bluetoothが搭載されてスマホとの連携がより便利になっていることなどが、主な違いですね。AFの測距点が多いと、子どもが動きまわるようなシーン、例えば運動会でかけっこを撮りたいときにうまくフォーカスが合ってくれる可能性が高いです。

      また何かご質問などございましたらお気軽にご連絡ください。