スポンサーリンク

カメラはレンズキットを買うべき?レンズは別で購入するべき?【購入相談への回答】

レンズキットを買うべきか、レンズは別で買うべきか

一眼カメラを初めて買う初心者の方から質問をいただきました。「自分が撮影したいものに向いているレンズがどれか分からない」というお悩み相談です。カメラとセットで買えるキットレンズで良いのか。それともボディ単体で買ってレンズは別で購入するべきなのか。カメラ初心者の方の相談に答えます!

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。Aki(@Aki_for_fun)です。今回はカメラ購入のご相談をいただいたので、そのご質問に答えます。質問者様はもちろん、同じような悩みを抱えているかたの参考になれば幸いです!

スポンサーリンク

質問内容 EOS Kiss X9と一緒に買うレンズは?

ご質問の内容のポイントをまとめると次の通り。

ご質問内容の要約

  • キヤノンEOS Kiss X9を初めての一眼カメラとして購入予定
  • カメラと一緒にどのようなレンズを買えば良いのかわからない
  • レンズキットを買うべきか、ボディ単体と別売りレンズを買うべきか
  • 風景、お花、花火、夜景などをきれいに撮りたい

EOS Kiss X9をレンズキットで買うのか、それともボディだけ買ってほかのレンズを買ったほうが良いのかを迷っていらっしゃるとのことでした。初めてのカメラ選びだとレンズはどれを選べば良いのかわからないですね。悩む気持ちよくわかります。

今回はカメラが決まっているので、あとは撮影目的に応じたレンズや関連機材を選んでみましょう!予算が分かりませんが、初めて一眼カメラを買う初心者さんということなのであまり高級すぎる機材は選択肢に入れないようにしました。

レンズはカメラとセットで買えるキットレンズでOK!

まずEOS Kiss X9の場合、選択肢は3つです。

  1. カメラボディ単体
  2. 標準ズームキット(カメラボディとレンズ1本)
  3. ダブルズームキット(カメラボディとレンズ2本)
1. カメラボディ単体
カメラボディのみです。レンズがないのでこのままだと撮影できません。別売りのレンズを選んで一緒に購入することになります。もしくは過去にEFレンズやEF-Sレンズを購入していればそれを使うことができます。
Amazonで価格をチェック
2. 標準ズームキット
カメラボディと交換レンズ「EF-S18-55mm F4.0-5.6 IS STM」(キヤノン公式ページ)がセットになっています。レンズ単品だとAmazonなどの実売価格がおよそ1万8千円ほど(Amazonリンク)。
Amazonで価格をチェック
3. ダブルズームキット
カメラボディと交換レンズ「EF-S18-55mm F4.0-5.6 IS STM」(キヤノン公式ページ)、そして交換レンズ「EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM」(キヤノン公式ページ)がセットになっています。「EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM」は単品だとAmazonなどの実売価格がおよそ1万6千円ほど(Amazonリンク)。
Amazonで価格をチェック

「カメラと一緒にどのようなレンズを買えば良いのかわからない」というご質問への回答ですが、レンズはキットレンズで大丈夫です!

つまり上の選択肢でいうと2か3がおすすめです。3は、2のカメラとレンズにプラスしてさらに望遠レンズがセットになります。望遠レンズもお花や風景の撮影に便利なので、予算さえ都合がつくのであれば3のダブルズームキットが最もおすすめです。

※EOS Kiss X9はホワイトやシルバーを買う場合ダブルズームキットはありません。その場合、2の標準ズームキットをおすすめします。

そして今回のご質問者様の場合、三脚の購入を強くおすすめします。三脚があると夜景花火をきれいに撮れます。ここ大事です。ぜひ三脚も用意してください。後ほど詳しく説明します。

キットレンズはお得に買えて何かと便利

カメラとセットで買えるキットレンズは別売りで買う場合それぞれ2万円弱します。標準ズームキットやダブルズームキットの価格をご確認いただければわかりますが、カメラとのセットであればとてもお得な値段で買えるようになっています。

さらに最近のキットレンズは性能も良くなってきているので、風景やお花の撮影であればとてもきれいな写真が撮れます。

わたしもよくキットレンズで撮影しています。日中の風景撮影はほとんどキットレンズですね。

キットレンズの作例写真

キットレンズで撮影した花の写真

flickrで写真を見る  Canon EOS Kiss X6i / EF-S18-135mm f/3.5-5.6 IS STM / ƒ/5.6 35mm SS1/1600 ISO400

キットレンズで撮影した花の写真

flickrで写真を見る  Canon EOS KISS M / EF-M15-45mm f/3.5-6.3 IS STM / ƒ/10.0 15mm SS1/80 ISO100

※この2枚の作例写真はEOS Kiss X9ではなく似たような性能のキヤノンのカメラとキットレンズです。キットレンズで撮影できる写真のイメージとして参考にしてください。

キットレンズの「EF-S18-55mm F4.0-5.6 IS STM」はズームができて便利です。レンズの勉強をするうえでも持っておいて損はありません。カメラと一緒なら安く買えるのでぜひ買っておきましょう。

夜景・花火の撮影では三脚が大活躍

一方で、夜景や花火の撮影はすこし条件が変わります。写真は光をとりこんで記録するものなので、暗いところのほうが難しくなります。

まず普通に手持ちで撮影した夜景写真をご覧ください。

EOS Kiss X9で手持ち撮影した夜景写真

flickrで写真を見る  Canon EOS Kiss X9 / EF-S18-135mm f/3.5-5.6 IS STM / ƒ/4.5 35mm SS1/30 ISO6400

スマホなど小さな画面で見るくらいであればきれいに見えるかもしれません。このくらいであればEOS Kiss X9とキットレンズだけで撮れます。しかし、よく見ると画像の鮮明さに欠けます。

もっと夜景や花火をきれいに撮りたい場合は三脚が活躍します(参考:三脚を使えば写真がもっと面白くなる!カメラマンに三脚が必要な2つの理由)。三脚を使って撮影するのであればレンズはあまり特別なものは必要ありません。

下の夜景夜景や花火の写真もキットレンズと三脚を使って撮影しました。

EOS Kiss X9とキットレンズで撮影した神戸の夜景

flickrで写真を見る  Canon EOS Kiss X9 / EF-S18-135mm f/3.5-5.6 IS STM / ƒ/11.0 35mm SS3.2 ISO100

EOS Kiss X9とキットレンズで撮影した花火の写真

flickrで写真を見る  Canon EOS Kiss X9 / EF-S18-135mm f/3.5-5.6 IS STM / ƒ/13 24mm SS11.1 ISO100

具体的な撮影方法については「夜景・イルミネーションの撮影テクニックとアイデア!美しい夜景写真を上手に撮る方法」で書いているのであわせてご覧ください。「三脚撮影の方法と設定」という項目で詳しく説明しています。特に上の花火の写真に関しては三脚がないと撮影不可能です。

三脚も意外と奥が深くて、様々なメーカーや様々な価格帯のものがあります。いきなり高級なものを買うのもためらわれると思いますので、最初は低価格帯の三脚が良いかもしれません。

個人的におすすめの三脚をピックアップすると「Manfrotto COMPACT Light」と「K&F Concept TM2324」です。

Manfrotto COMPACT Light
三脚有名ブランドの「Manfrotto」(マンフロット)の三脚です。この「COMPACT Light」は軽くて気軽に持ち出しやすいので初心者におすすめ。ブラック、ホワイト、レッドとカラーバリエーションがあることや、価格が安めであることも魅力です。
Amazon
楽天市場
Yahooショッピング
カメラのキタムラ
K&F Concept TM2324
最近勢いのある中華メーカー「K&F Concept」のトラベル三脚です。先ほど紹介した三脚より少し背が高くてがっちりした三脚です。アルカスイス互換の雲台であることも魅力(アルカスイスってなに?カメラ初心者が三脚・雲台を選ぶときに知っておきたい話)。このクオリティでこの価格はとてもコスパが良いです。カラーはブラック、シルバー、オレンジの3種類。
わたしはこのメーカーのもう少し大きな三脚をメインで使っています(大きいのにコンパクト!K&F Concept 三脚「TM2834」レビュー【アルカスイス互換の安い三脚】)。
Amazon
楽天市場
Yahooショッピング

初心者の方はとりあえず上で紹介したようなサイズの三脚があると便利です。もしこれらの三脚でも大きすぎると感じるようであれば、ミニ三脚の購入も検討してみてください。

Manfrotto ミニ三脚 PIXI EVO
おすすめのミニ三脚は「Manfrotto」(マンフロット)の「PIXI EVO」。小さい三脚ながら重量機材にも対応できて多機能です。これより小さいもので「PIXI」という三脚もあります。これらのミニ三脚についてはレビューも書きました → ミニ三脚レビュー【マンフロットPIXI・PIXI EVO比較】
Amazon
楽天市場
Yahooショッピング
カメラのキタムラ

わたしの使っている三脚などは「わたしの愛用カメラ機材紹介!【三脚・一脚編】2017〜2018年版」の記事にまとめています。

できればダブルズームキットで望遠レンズも購入

望遠レンズも予算が許せば買っておきましょう。望遠レンズというのは遠くのものを大きく写せるレンズのこと。ダブルズームキットなら安く買うことができるのでおすすめです。

どれくらい遠くのものを大きく撮れるかを示す指標として、焦点距離というものがあります。数字が大きいほど望遠性能を備えたレンズです。キットレンズの標準ズームレンズは焦点距離18mm〜55mmまでしか撮影できませんが、ダブルズームキットの望遠レンズなら最大250mmまで撮影できます。

望遠レンズがあると少し距離のある花を大きく切り取るのに便利です。

望遠レンズがあると撮れる写真の例

桜の写真 焦点距離135mmで撮影

桜 望遠135mmで撮影した写真

flickrで写真を見る Canon EOS Kiss X6i / EF-S18-135mm f/3.5-5.6 IS STM 設定:ƒ/7.1 135mm SS1/60 ISO800

藤の写真 焦点距離70mmで撮影

藤 望遠70mmで撮影した写真

flickrで写真を見る Canon EOS Kiss X6i / EF-S18-135mm f/3.5-5.6 IS STM 設定:ƒ/11.0 71mm  SS15 ISO100

望遠レンズ(ダブルズームキット)を買うかどうか迷ったら次の記事をご覧ください。

望遠レンズで上手に撮影する方法・コツ【おすすめ望遠レンズ紹介】

もしEOS Kiss X9のホワイトやシルバーを買われる場合は、残念ながらダブルズームキットがありませんので普通の標準ズームレンズのセットを買ってください。

ここまでのまとめ

EOS Kiss X9のレンズキットの購入をおすすめします。ダブルズームキットはお得に望遠レンズを買えて、風景や花の写真のバリエーションが増えるのがメリットです。
夜景や花火の撮影では三脚が便利なのでぜひ手頃な価格のものを買って使ってみてください。

製品名/ショッピングサイト Amazon 楽天市場 Yahoo! カメラのキタムラ
EOS Kiss X9 ブラック ボディ 商品リンク 商品リンク 商品リンク 商品リンク
EOS Kiss X9 ブラック レンズキット 商品リンク 商品リンク 商品リンク 商品リンク
EOS Kiss X9 ブラック ダブルズーム 商品リンク 商品リンク 商品リンク 商品リンク
EOS Kiss X9 ホワイト レンズキット 商品リンク 商品リンク 商品リンク 商品リンク
EOS Kiss X9 シルバー レンズキット 商品リンク 商品リンク 商品リンク 商品リンク



今後追加で買いたいレンズ

カメラとキットレンズ、そして三脚があれば質問者様のお望みのものはだいたい撮れます。ここからは、今後よりステップアップしていきたいと思ったときに、どんなレンズがあると便利かを補足します。

三脚を使うのはちょっと…という場合は単焦点レンズ

夜景写真を撮るなら三脚を使ったほうが良いと書きましたが、いつも三脚を使えるとは限りませんよね。もし手持ちできれいに夜景を撮影したいのであれば、単焦点レンズをおすすめします。

単焦点レンズとはズームのできないレンズなのですが、そのかわり暗いところでも明るく撮影することに向いていたり、画質が良い傾向にあります。

単焦点レンズがあると撮れる写真

夜景スナップ

夜に出港する客船を単焦点レンズで撮影

Norwegianjoy – flickr 

背景が大きくボケた写真

単焦点レンズで撮影した藤の花

fuji – flickr

これら夜の船や藤の花は「EF50mm F1.8 STM」という単焦点レンズで撮影しています。これは交換レンズとしては非常に低価格ながら、性能が良くて人気のあるレンズです。

EF50mm F1.8 STMの詳細:キヤノンの大人気単焦点レンズEF50mm F1.8 STMレビュー【売れるレンズには愛される理由がある】

花ならマクロレンズ、風景なら超広角レンズ

風景やお花の撮影はキットレンズできれいに撮影できます。しかし、よりこだわった撮影をしていくとなるとマクロレンズ超広角レンズがあると楽しいです。

マクロレンズの作例写真

マクロレンズで撮影した梅の花の写真

flickr  Canon EOS Kiss X9 / TAMRON SP 90mm F/2.8 Di VC USD MACRO1:1 F004

マクロレンズで撮影した彼岸花の写真

flickr Canon EOS Kiss X9 / TAMRON SP 90mm F/2.8 Di VC USD MACRO1:1 F004

→ マクロレンズの選び方とキヤノン一眼レフカメラ用おすすめレンズ紹介

超広角レンズの作例写真

超広角レンズで撮影した風景写真

flickr Canon EOS Kiss X9 / EF-S10-18mm f/4.5-5.6 IS STM

超広角レンズで撮影した風景写真

flickr Canon EOS Kiss X9 / EF-S10-18mm f/4.5-5.6 IS STM

→ 超広角レンズが楽しい!上手に撮影する方法・コツとおすすめレンズ

まとめ

EOS Kiss X9を購入するならレンズキットを強くおすすめします。レンズキットには2種類ありますが、予算が許せばダブルズームキットをおすすめします。望遠レンズがあるとお花や風景の撮影が一層楽しくなります。

夜景や花火の撮影をする際はぜひ三脚を使ってみてください。手持ちでも撮れないわけではありませんが三脚を使ったほうがずっとキレイに撮ることができます。最初は手頃な価格で持ち運びのしやすい三脚を使ってみることをおすすめします。

しばらくキットレンズを使ってみてから、単焦点レンズやマクロレンズ、超広角レンズの追加購入も検討してみてはいかがでしょうか。

EOS Kiss X9 EF-S18-55 IS STM レンズキット(ブラック)
Amazon
楽天市場
Yahooショッピング
カメラのキタムラ
EOS Kiss X9 EF-S18-55 IS STM レンズキット(ホワイト)
Amazon
楽天市場
Yahooショッピング
カメラのキタムラ
EOS Kiss X9 EF-S18-55 IS STM レンズキット(シルバー)
Amazon
楽天市場
Yahooショッピング
カメラのキタムラ
EOS Kiss X9 ダブルズームキット(ブラック)
Amazon
楽天市場
Yahooショッピング
カメラのキタムラ

以上カメラ購入相談への回答でした!

今回のご質問者様は、わたしがEOS Kiss X9で撮った花や夜景、花火の写真を見てカメラの購入を決めたそうです。写真を撮って情報発信しているわたしとしてはとても嬉しい相談内容でした。ありがとうございます!ぜひ撮影を楽しんでください(^^)

→ 一眼レフカメラ初心者にキヤノンEOS Kiss X9をおすすめする理由【カメラ使用レビュー】

→ 待望のキャッシュバックキャンペーン!キヤノンEOS Kiss X9・ M5・M6・M100を買うなら今

→ レンズキットって何が違うの?キヤノン一眼レフ・ミラーレスカメラを買うときのレンズキットの選び方とおすすめ

当サイトをご覧いただきありがとうございます!

「神戸ファインダー」は豊富な写真と動画で神戸の魅力を発信するブログ型情報ウェブサイトです。サイト運営者Akiが気になるカメラや関連機材についても国内外から情報を集め記事にしています。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをよろしくお願いします。
FacebookTwitterYouTubeInstagramなどでも情報発信していますのでフォローよろしくお願いいたします。シェアとフォローは下のボタンからご利用いただけます。

質問があればお気軽にコメントやSNSでお知らせください^^