スポンサーリンク

マンフロットのミニ三脚レビュー【PIXI・PIXI EVO比較】

シェアする

ミニ三脚 PIXI 比較レビュー

人気卓上三脚のマンフロット(Manfrotto)PIXIとPIXI EVOを比較レビューします。PIXIはカメラ好きの人なら一度は見たことがあるであろう大ヒット商品です。そしてPIXI EVOはその発展版として新しく発売されました。これら両機種のメリット・デメリットを見ながらどちらがおすすめかをお伝えします。

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。三脚が大好きなAki(@Aki_for_fun)です。三脚は撮影に必要でよく使うのですが荷物になるのがネックなんですよね。なのでできるだけ持ち運びが楽なミニ三脚も愛用しています。

ミニ三脚を色々と試してきたわたしが、今回は特にお気に入りのマンフロットのミニ三脚PIXIシリーズをご紹介します!

スポンサーリンク

ミニ三脚はどういうときに活躍するのか

わたしはミニ三脚も基本的にふつうの三脚と同じようなシーンで使っています。詳しくは「三脚を使えば写真がもっと面白くなる!カメラマンに三脚が必要な2つの理由」で書きましたが、具体的には次のような撮影です。

  • マクロ撮影
  • 長時間露光撮影
  • 夜景撮影
  • タイムラプス
  • 動画撮影

ミニ三脚のメリットは小型・軽量で持ち運びに便利ということでしょう。通常の三脚は重たく、かさばります。ミニ三脚ならビジネスバッグに忍ばせておくことも可能です。とりあえずカバンに入れておけるので、想定外の撮影シーンでも活躍します。

例えば次のタイムラプス動画はたまたま見つけた水たまりのリフレクションがきれいだったので持ち歩いていたミニ三脚PIXI EVOを使って撮影しました。

水たまりに神戸の港の風景が映り込んでいて、しかも雲の流れがあるという場面でした。こんなシーンに遭遇したのはまったくの想定外でしたがミニ三脚を日頃から持ち歩いていたおかげでカメラを水に濡らさずタイムラプス動画を撮ることができました。

iPhone Xで4Kタイムラプス動画を撮る!おすすめのアプリとミニ三脚

マンフロットの大ヒット商品PIXIシリーズ

PIXI

Manfrotto PIXI ミニ三脚

これがPIXI。イタリアのブランド「マンフロット」(Manfrotto)のミニ三脚です。日本のメーカーにはなかなかない魅力的なデザイン。わたしが持っているのはレッドカラーですが、ほかにブラックやホワイト、ピンクなどのカラーバリエーションがあります。

Manfrotto PIXI ミニ三脚 使用イメージ

かわいい見た目でありながら頑丈で耐荷重が1kgもあるので、レンズ交換式のカメラもしっかり支えます。

PIXIとスマホ

スマホホルダーをつければスマホをセットすることもできます。

カメラをセットして脚を広げるだけのシンプルな構造なので使いやすいです。三脚の高さは13.5cmで固定脚をたたんだときの長さは18.5cm重さは190gです。

しかしさすがに大型レンズなど重量機材は支えられません。

Manfrotto PIXI ミニ三脚 重量機材は無理

小さい子に無理をさせてはいけませんね。

PIXI EVO

Manfrotto PIXI EVO ミニ三脚

こちらはPIXI EVO。PIXIの進化版として開発・販売されました。より重たい機材を支え、より多用途に使える三脚です。

耐荷重はメーカー公称値で最大2.5kgです。

Manfrotto PIXI EVO 望遠レンズも使用可能

PIXIでは支えられなかった望遠レンズも余裕です。

1210gのカメラとレンズ

このカメラとレンズの組み合わせで約1.2kg。

さらにストロボも載せてみました。

Manfrotto PIXI EVO 重量機材も使用可能

ばっちり支えますね。かっこいい!

1710gのカメラとレンズとストロボ

この機材の組み合わせで約1.7kgでした。普通に使っているとなかなか2.5kgを超えることはないと思います。

PIXIは三脚の高さが決まっていましたが、PIXI EVOは高さの調節が可能です。

Manfrotto PIXI EVO 通常サイズ

上の写真が通常の状態。高さ15cm

Manfrotto PIXI EVO ビッグサイズ

PIXI EVOは脚が伸びるのでこのようにハイポジションの撮影も可能です。高さ19.5cm。脚の長さはそれぞれ微調整が可能なので多少でこぼこした場所でもセットできます。

さらに脚が開くのでローポジションの撮影もできます。

Manfrotto PIXI EVO 脚を開いた状態

柔軟体操してるみたい。高さは10.5cm

これだけではありません。PIXI EVOは縦構図もいけます。

Manfrotto PIXI EVO 縦構図

Manfrotto PIXI EVO 縦構図

このようにボール雲台に一箇所溝があって縦構図が可能になっています。縦構図の時は脚を伸ばして使ってください。

比較

Manfrotto PIXI ミニ三脚 PIXI EVO 比較

PIXI EVOのほうが大きいです。

このままだと縮尺がわからないのでコーベアーも並んでみました。

ミニ三脚とコーベアー

「コーベアーの身長を知らん」という声が聞こえた気がしたので500mlペットボトルを並べてみました。

ミニ三脚とペットボトル

みっくちゅじゅーちゅ。

基本サイズはPIXI EVOの方が大きいのですが脚を広げることで低い位置からの撮影も可能になります。

PIXI EVO の方が低い

雲台の構造も違います。PIXIは雲台を動かす部分がボタン式ロックです。

PIXIは雲台の固定がボタン式

PIXI の雲台操作方法

独特の構造でおもしろいですね。

PIXI EVOはネジ式で回すようになっているので、こちらのほうが固定力は大きいです。

PIXI EVO は雲台の固定がネジ式

PIXI EVO の雲台操作方法

PIXI EVOはカメラ固定用のネジを回すダイヤルが付いています。

PIXI EVOのダイヤル

PIXI EVO のカメラ固定方法

PIXI EVOはこのダイヤルを回してカメラを固定できます。一方PIXIのほうにはこれがないので固定する時はカメラか三脚全体をくるくる回さないといけません。

PIXIのカメラ固定方法

PIXIとPIXI EVOを並べた様子

脚をたたんだときの長さはPIXIが18.5cm、PIXI EVOが23cmです。

PIXIとPIXI EVOの仕様比較表

PIXI PIXI EVO
全伸高 13.5cm 20cm
最低高 13.5cm 10.5cm
格納高 18.5cm 23cm
質量 190g 250g
最大耐荷重 1kg 2.5kg
縦構図 不可 可能
カラー 黒・白・赤・ピンク 黒・白・赤

どちらがおすすめ?

Manfrotto ミニ三脚 PIXI
シンプルなミニ三脚です。高さの調節や縦構図にすることはできませんが、より小さく軽いので持ち運びに便利です。値段が安いことも魅力。
Amazon
楽天市場
Yahooショッピング
カメラのキタムラ
Manfrotto ミニ三脚 PIXI EVO
ミニ三脚でありながら重量機材にも対応できて多機能です。一眼カメラなど大きめの機材を使う機会があるならこちらの方がおすすめ。
Amazon
楽天市場
Yahooショッピング
カメラのキタムラ

ミニ三脚と一緒に使うと便利なもの

リモコン・レリーズ

PIXIもPIXI EVOも雲台の固定力はあまり強くありません。耐荷重内の機材を支えることができても、重たいカメラのときは構図の微調整がやりにくいです。またマクロ撮影や長時間露光撮影などでわずかな揺れも起こしたくないときはリモコンやレリーズの使用をおすすめします。

わたしの使っているリモコンはこちら。

キヤノン ワイヤレスリモートコントローラー BR-E1
キヤノン ワイヤレスリモートコントローラー BR-E1
Bluetoothで制御するキヤノンの一眼カメラ向けリモートコントローラーです。反応がよくて愛用しています。
Amazon
楽天市場
Yahooショッピング
カメラのキタムラ
ロワジャパン キヤノン用レリーズ RS-60E3
キヤノン公式のレリーズは値段が高めですが、ロワジャパンのレリーズはお手頃価格です。電源ボタンがないのがデメリットですが、インターバル撮影の設定ができます。
Amazon
楽天市場
Yahooショッピング

スマホホルダー

スマホを固定するにはホルダーを取り付ける必要があります。100均でも売ってますね。わたしはアルカスイス互換の金属製スマホホルダーを愛用しています。

Ulanzi ST-03 スマホホルダー
Amazon
楽天市場
Yahooショッピング

まとめ

以上マンフロットのミニ三脚PIXIとPIXI EVOの比較レビューでした。どちらもおしゃれなデザインで、かつ機能的なので便利です。PIXI EVOのほうが値段は高くなりますが、サイズの調整や縦構図が可能なのでおすすめです。

お買い物・価格確認リンク表

製品名/ショッピングサイト Amazon 楽天市場 Yahoo! カメラのキタムラ
Manfrotto ミニ三脚 PIXI 商品リンク 商品リンク 商品リンク 商品リンク
Manfrotto ミニ三脚 PIXI EVO 商品リンク 商品リンク 商品リンク 商品リンク

当記事がお役に立ちましたらご購入の際に当サイトの商品アフィリエイトリンクをご利用いただけますと幸いです(参考:サイト運営ポリシー)。

参考ウェブサイト:

当サイトをご覧いただきありがとうございます!

「神戸ファインダー」は豊富な写真と動画で神戸の魅力を発信するブログ型情報ウェブサイトです。サイト運営者Akiが気になるカメラや関連機材についても国内外から情報を集め記事にしています。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをよろしくお願いします。
FacebookTwitterYouTubeInstagramなどでも情報発信していますのでフォローよろしくお願いいたします。シェアとフォローは下のボタンからご利用いただけます。

質問があればお気軽にコメントやSNSでお知らせください^^

この記事をお届けした
Akiの神戸ファインダーの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
関連コンテンツ
管理人 Aki

記事を書いている人 Aki

about me

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます!管理人のAkiはカメラが大好きな神戸っ子です。

自分で撮影した写真や動画とともに神戸の魅力を発信しています。神戸のレジャー・観光・グルメ情報のほか、私が愛用しているカメラに関する情報もたくさん掲載しています。

写真は神戸のマスコットキャラクター「コーベアー」です。

サイト紹介 プロフィール サイトマップ 使用しているカメラやレンズについて Twitter Flickr Instagram Facebook YouTube
スポンサーリンク