アルカスイス互換クランプMENGS DC-38Qレビュー!小型で格好良いよ

MENGS DC-38Q アルカスイス互換クランプ

MENGSのDC-38Qというアルカスイス互換のクイックリリースクランプをレビューします。一目見て「あ、これ良いな」と思ってすぐに購入しました。ミニ三脚などクランプのない雲台を使っている人はおすすめです。「アルカスイスって何?」という初心者向けにもわかるように解説します。

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。Aki(@Aki_for_fun)です。三脚や雲台が好きでたくさん持っているのですが、複数の三脚や一脚をつかうときに便利なのがこの「MENGS DC-38Q クイックリリースクランプ」です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

MENGS DC-38Qとは

MENGS DC-38Q アルカスイス互換クランプ レビュー

これが「DC-38Q」。MENGSというメーカーの作るカメラ用のクイックリリースクランプです。

装着方法と使い方

「MENGS DC-38Q」は雲台(三脚の頭)のネジ穴にはめて装着します。

MENGS DC-38Q アルカスイス互換クランプ 使用イメージ

「MENGS DC-38Q」はアルカスイス互換のクランプ。ノブをまわすことでクランプを開け閉めしてプレートを装着したり外したりします。

MENGS DC-38Q プレートの取り付け取り外し

対応したプレートをカメラの底面に取り付けておくことで、簡単にカメラを三脚にセットできるようになります。

MENGS DC-38Q アルカスイス互換クランプ 取り付け

MENGS DC-38Q アルカスイス互換クランプ

ちなみにネジは小ネジ(1/4)でも大ネジ(3/8)でも合うようにネジ穴のサイズ変換アダプタが付属します。

MENGS DC-38Q アルカスイス互換クランプ ネジ変換アダプタ付き

普通はアダプタをつけて小ネジで使うことが多いと思います。

MENGS DC-38Q アルカスイス互換クランプ 基本は小ネジ

雲台のクランプ改造(入れ替え)もできる

先ほどのはクランプがないタイプの三脚に取り付けましたが、既存のクランプを交換することもできます。

まず交換したい雲台のクランプを取り外します。雲台の種類にもよりますがヘックスネジでとめられていることが多いので六角レンチがあれば簡単に外すことができます。

クランプを取り換える アルカスイス互換

クランプを取り換える アルカスイス互換

そして今度は代わりに「MENGS DC-38Q」をねじ止めしてあげればOKです。

クランプを取り換える アルカスイス互換

クランプを取り換える アルカスイス互換

このようにすればベルボンやマンフロットなどの独自規格の三脚をアルカスイス互換に改造することができます。

マンフロットのbefreeの場合は別途アダプターも必要です。↓

※雲台によって構造が異なるのでものによってはクランプの改造ができないこともあります。

あと電動ドライバーがあるとネジを締めたり外したりするのが快適になるのでおすすめです。
わたしの使っている電動ドライバー↓

電動ドライバー用ヘックスビット↓

なぜアルカスイス互換クランプにするのか

このようなクランプを用いたクイックリリースシステムは複数の三脚や一脚を使うときに真価を発揮します。

複数の三脚や一脚を使うときに雲台のクランプを同じ規格のものに統一しておくと、いちいちカメラのプレートをつけたり外したりする必要がなくなります。

文章だけでは分かりにくいと思うのでGIFをご覧ください。

アルカスイス互換システム

カメラにはアルカスイス互換のプレートが装着されています。最初カメラが一脚のビデオ雲台にセットされていて、次にMENGS DC-38Qを装着したミニ三脚へ。そして最後にカバンのベルトに付いているピークデザインのキャプチャーにカメラをセットしています。

これは雲台がアルカスイス互換で統一されているおかげでできることです。もしミニ三脚にMENGS DC-38Qが付いてなければ、ミニ三脚にカメラをセットするときに一度カメラ底面のプレートを外さなければなりません。そしてまた一脚やキャプチャーにカメラをセットするときにはプレートをもう一度装着することになります。

→ アルカスイスってなに?カメラ初心者が三脚・雲台を選ぶときに知っておきたい話




MENGS DC-38Qの特徴

幅広い互換性

MENGS DC-38Qはアルカスイス互換。様々なプレートを取り付けることができます。私の持っているアルカスイス互換のプレートはすべて問題なく装着できました。

様々なアルカスイス互換クランプに対応

愛用しているピークデザインのプレートにも問題なく対応。

MENGS DC-38Q アルカスイス互換クランプ ピークデザインのプレートにも互換

滑落防止の溝あり

MENGS DC-38Q アルカスイス互換クランプ 溝切りあり

MENGS DC-38Qにはプレートの滑り止め防止の突起がかかるような溝が掘られています。

MENGS DC-38Q アルカスイス互換クランプ 滑落防止

この上の写真のようにクランプが締められていなくてもプレート(とそれを装着したカメラ)が滑り落ちなくてすみます。

目盛りあり

クランプには目盛りが刻まれているのでロングプレートの微妙な位置調整にも便利です。

MENGS DC-38Q アルカスイス互換クランプ 目盛りあり

あと実用性とは別に目盛りがあったほうが見た目が格好良いというメリットも。

小型でスタイリッシュなデザイン

わたしがMENGS DC-38Qを買った理由はそのデザインに一目惚れしたからです。

MENGS DC-38Q アルカスイス互換クランプ 小型でスタイリッシュ

わたしはもともとINPONのアルカスイス互換クランプを持っていました(上の写真で右側のもの)。

普通のクランプ

これも普通に使えるのですがいまいちデザインがパッとしないんですよね。

スタイリッシュなクランプ

一方でMENGS DC-38Qはとてもスタイリッシュなデザイン。また小型なクランプなのでマンフロットのPIXIやPIXI EVOといったミニ三脚ともよくマッチします。

→ ミニ三脚レビュー【マンフロットPIXI・PIXI EVO比較】

レバータイプもあるよ

アルカスイス互換は便利だけど取付の際にいちいちノブを締めなければいけないのが面倒と感じる人もいるかもしれません。そんな人にはレバータイプのアルカスイス互換クランプを試してみることをおすすめします。

わたしはこちらも持っていますが、レバーでクランプを閉じるだけなので手軽で便利です。

アルカスイス互換のクランプ MENGS レバータイプ

誤動作防止の構造があるのでうっかりひっかけただけではレバーが動かないのも安心ですね。

まとめ 三脚を便利に使うならアルカスイス互換クランプを使おう

MENGS DC-38Qのご紹介でした。使いやすいアルカスイス互換のクランプです。小型でデザインも優れているのでおすすめ。しかもけっこう安いので気軽に買えます。ミニ三脚などクランプのないタイプの雲台を使っている人はアルカスイス互換のクランプ導入をぜひ検討してみてください。

わたしはAmazonで買いましたが、現在はヤフーショッピングでも取り扱いがあるようです。

LEOFOTO(レオフォト)からも同様の商品が発売されています。こちらはプレート付きのようなので、まだアルカスイス互換プレートを持っていないならこちらが良いかもしれません。

ピークデザインユーザーならスタンダードプレートがおすすめです。わたしはこれを複数持っています。アンカーをつけられるようになっているのでカメラストラップとの相性も良好です。

ピークデザインのスタンダードプレート

ピークデザインのスタンダードプレート

マンフロットのミニ三脚レビュー【PIXI・PIXI EVO比較】
人気卓上三脚のマンフロット(Manfrotto)PIXIとPIXI EVOを比較レビューします。PIXIは大ヒットしたミニ三脚。そしてPIXI EVOはその発展版として新しく発売されました。これら両機種のメリット・デメリットを見ながらどちらがおすすめかをお伝えします。
どこでも撮れる最強三脚ゴリラポッドを購入レビュー【JOBYミニ三脚】
私の使っているおすすめのミニ三脚「JOBY ゴリラポッド」をレビューします!脚を折り曲げられる仕組みでとても便利な小型三脚です。JOBYのゴリラポッドにはたくさん種類があるのでそれぞれのモデルの比較や違いもまとめました。

当サイトをご覧いただきありがとうございます!

「神戸ファインダー」は豊富な写真と動画で神戸の魅力を発信するブログ型情報ウェブサイトです。サイト運営者Akiが気になるカメラや関連機材についても国内外から情報を集め記事にしています。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをよろしくお願いします。
FacebookTwitterYouTubeInstagramLINE@などでも情報発信していますのでフォローよろしくお願いいたします。シェアとフォローは下のボタンからご利用いただけます。

質問があればお気軽にコメントやSNSでお知らせください^^

コメント

  1. jj より:

    初めまして!
    記事とても参考になります。カメラ大好き、ピークデザイン大好き、おしゃれなカメラアクセサリー大好きです^^ ほぼ活用できていません~。
    教えていただけると助かるのですが、このマンフロットのミニ三脚はなんらかの一脚に足として接続はできない構造ですよね?公式HPをはじめ、かなり探したのですが、わかりません。ポール付きのセット商品は目にしたのですが、外して本来の使い方もできるのかどうか記載がありません。いかがでしょうか?

    • aki aki より:

      jj様

      神戸ファインダー管理人のAkiです。
      ご質問ありがとうございます。

      ミニ三脚を一脚と組み合わせることができるかどうかというご質問ですね。
      結論から申し上げますと一脚によります。

      マンフロットのミニ三脚PIXIおよびPIXI EVOは頭の部分に1/4インチサイズのネジがあります。
      このネジとサイズが合うものであればほかの製品と組み合わせられます。
      本記事ですとMENGSのクランプにはネジ穴があるのでこのミニ三脚と組みわせることができるという内容です。
      なので一脚の先端に小ネジのメスがあればこのミニ三脚と組み合わせることができます。
      あるいは3/8インチサイズのネジ穴があれば、アダプターを介すことで組み合わせることができるでしょう。

      ネジの規格については次の記事で解説しています。
      カメラ初心者が知ってると役立つ三脚・雲台の基礎知識!ネジのサイズって知ってる?

      PIXIとPIXI EVOの構造については次の記事で解説しています。
      マンフロットのミニ三脚レビュー【PIXI・PIXI EVO比較】

      jj様は「ポール付きのセット商品は目にした」とのことですが、これはPIXIとポールのセットということでしょうか?

      わたしは見たことがないので参考のURLなどございましたら教えていただけますか?

      わたしが持っているものでミニ三脚と一脚が組み合わせたものですと、SIRUI P-204Sというものがあります。これはミニ三脚と一脚が合体したような製品で、それぞれを分解して個別に使うこともできます。

      SIRUI P-204S – Amazon.co.jp

      SIRUI P-204S 一脚とミニ三脚が合体した製品

      PIXI EVOとの組み合わせで言うとわたしの手元にあまり適当なものがなかったのですが、ジンバルのDJI RONIN Sなら合体できました。

      DJI RONIN-S – Amazon.co.jp

      RONIN Sとマンフロットのミニ三脚 PIXI EVO

      合体できるのはDJI RONIN Sの底面にネジ穴があるからです。

      RONIN Sとマンフロットのミニ三脚 PIXI EVO

      一方でわたしの持っている一脚のVelbon ULTRA STICK SUPER 8だと組み合わせることができません。こちらの一脚は先端の石突が外れないのでなにかほかの製品とネジで止めることができない仕様になっています。

      Velbon 一脚 ULTRA STICK SUPER 8 -Amazon.co.jp

      Velbon 一脚 ULTRA STICK SUPER 8 とマンフロットミニ三脚 PIXI EVO

      以上のように、マンフロットのミニ三脚には1/4インチのネジがついている構造なので、一脚などほかの製品と組み合わせる場合はネジ穴があるかどうかしだいです。

      以上の回答で疑問は解決できたでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました