スポンサーリンク

Andoerビデオ雲台レビュー【アマゾンでよく見る激安中華ブランドの実力とは】

シェアする

Andoer パノラマ写真ヘッド アクション 流体抗力 油圧ヘッド 液体ヘッド Canon Nikon Sony DSLRカメラ ビデオカメラ 撮影 用」のレビューです。アマゾンでお安い価格で売られているビデオ雲台ですね。Andoer製品は実際のところちゃんと使えるのでしょうか。

Andoer Video Tripod Head – andoer.com

Andoer ビデオ雲台 – Amazon

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。Aki(@Aki_for_fun)です。Andoer製品を日本で販売している代理店から商品をいただいたのでレビューします。

スポンサーリンク

Andoerとは

AndoerはTOMTOPという中国企業の撮影関連ブランドです。アマゾンでカメラ用品を探していると様々なところでこの名前を見かけます。安い価格帯で多様なカメラ用品を製造・販売しているようです。

ちなみにAndoerの読み方は「アンドアー」だそうです(発音をカタカナで書くとそうなるだけでブランドの名称はAndoer)。

Andoerビデオ雲台外観

まずは外観の特徴を見てみましょう。

Andoer パノラマ写真ヘッド アクション 流体抗力 油圧ヘッド 液体ヘッド Canon Nikon Sony DSLRカメラ ビデオカメラ 撮影 用 外箱

安い中華ブランドの機材のわりにはきちんとした包装になっていました。商品が印刷された箱に入っています。

Andoer パノラマ写真ヘッド アクション 流体抗力 油圧ヘッド 液体ヘッド Canon Nikon Sony DSLRカメラ ビデオカメラ 撮影 用 開封

発泡スチロールにきっちりとおさまっています。いろいろと機材を購入してきた経験から言いますと安いものはパッケージがすっごくシンプルで商品ぽさがないものが多いです。それに対してこのAndoerのビデオ雲台はちゃんと梱包されていると感じました。

Andoer パノラマ写真ヘッド アクション 流体抗力 油圧ヘッド 液体ヘッド Canon Nikon Sony DSLRカメラ ビデオカメラ 撮影 用 パーツ

3つのパーツに分かれています。メインの雲台とプレート、そしてパン棒です。

Andoerビデオ雲台使用イメージ

身に三脚にこの雲台をセットしてみました。うん、けっこう格好良い。

Andoerビデオ雲台 外観

パン棒は左右どちらにも取り付けることができます。左利きの人にも優しい仕様ですね。

Andoerビデオ雲台を使ってみた感想

Andoerビデオ雲台 プレート

プレートはスライドさせる仕組みです。

Andoerビデオ雲台 プレート

スライドさせて入れたら右横のノブを回して固定します。ちなみにノブが緩んでいる状態でもストッパーがあるので、傾いたくらいではプレートは抜けません。プレートを外すときは左側の赤いボタンを押しながらスライドさせます。

Andoerビデオ雲台 プレート

プレートのねじはコインで回してカメラの三脚穴に固定します。

Andoerビデオ雲台 プレート

ねじの位置は変えられないので雲台にセットすると自然とフロントヘビーになります。

Andoerビデオ雲台 カメラをセットした様子

プレートを逆向きにセットすると重心はよいのですが、レンズがプレートにすこし干渉してしまいます。写真のレンズは小型なのでなんとか載せられましたが、大型のレンズだと取り付けられません。

Andoerビデオ雲台 ノブの位置

ちなみにこのプレートを固定するノブですが、下のティルト用のノブの位置と近くて回しづらいです。

Andoerビデオ雲台 パンのねじ

ここのねじはパン(左右にふる動き)を制御するものです。パンの動きはなめらかで使いやすかったです。

Andoerビデオ雲台ティルト

「LOCK」と書かれている大き目のノブがティルト(上下にふる動き)をコントロールするものです。このティルトのつくりがあまり良くなく、あまりスムーズな動きをしません。しかもティルトすると内部で部品が動く音がします。

そして残念なことにティルトのノブをしっかり締めても固定しきれず少し力を入れるだけで動いてしまいます。

まとめ あんまりおすすめできない

無料でもらっておいてこんなこと書くのは恐縮なのですが、この商品はおすすめしません。プレートの固定システムや剛性のある素材で作られているのは良いですが、運用上の設計に難があると感じました。

特にティルトの問題が印象を悪くしています。ティルトの動きはスムーズとは言えず、雑音も少し発生します。なによりノブをしっかり回しても固定しきれない。ほかがいくら良くてもビデオ雲台として重要なポイントが押さえられていないのが残念です。

広告ではなくレビューとしてお引き受けしましたので、こういう結論にいたりました。今回商品を提供してくださったAndoer製品の販売代理店Timetop Limited様からも好きにレビューさせていただくことをご了承いただいております。自由に書かせてもらってありがとうございます。

おすすめのビデオ雲台

安いものだと、昔つかっていたベルボンVelbon)のビデオ雲台のほうがクオリティがよかったです。たしかAndoerより安くて、耐荷重はそんなに大きくなかったものの快適に使えました。その商品はすでに生産終了しているようなので、その後継機種のリンクをはっておきます。

ベルボン FHD-43M ビデオ用雲台
Amazon
楽天市場
Yahooショッピング
カメラのキタムラ

あとはもう少し値段が高くなりますがアルカスイス互換のビデオ雲台もいくつか紹介しておきます。

スリック(SLIK) SVH-500 ビデオ雲台
スリック SVH-500 ビデオ雲台 カメラのキタムラネットショップ
Amazon
楽天市場
Yahooショッピング
カメラのキタムラ
ベンロ(BENRO)S4P ビデオ雲台
わたしが所有しているビデオ雲台です。中国ブランドでもBENROやSIRUIはとてもしっかりとしたモノづくりをするので良い印象があります。
Amazon
楽天市場
Yahooショッピング
神戸ファインダーを運営する私Akiが所有している機材紹介「三脚・一脚編」(2017年〜2018年版)です。どのような三脚や一脚、雲台を持っているのか、それぞれを...
写真や動画の撮影でとても役に立つ機材のひとつが三脚です。そしてその三脚の頭部分でカメラを支えるのが雲台。カメラを始めたらぜひ三脚と雲台を手に入れてもらいたい...

当サイトをご覧いただきありがとうございます!

「神戸ファインダー」は豊富な写真と動画で神戸の魅力を発信するブログ型情報ウェブサイトです。サイト運営者Akiが気になるカメラや関連機材についても国内外から情報を集め記事にしています。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをよろしくお願いします。
FacebookTwitterYouTubeInstagramなどでも情報発信していますのでフォローよろしくお願いいたします。シェアとフォローは下のボタンからご利用いただけます。

質問があればお気軽にコメントやSNSでお知らせください^^

この記事をお届けした
Akiの神戸ファインダーの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
関連コンテンツ
管理人 Aki

記事を書いている人 Aki

about me

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます!管理人のAkiはカメラが大好きな神戸っ子です。

自分で撮影した写真や動画とともに神戸の魅力を発信しています。神戸のレジャー・観光・グルメ情報のほか、私が愛用しているカメラに関する情報もたくさん掲載しています。

写真は神戸のマスコットキャラクター「コーベアー」です。

サイト紹介 プロフィール サイトマップ 使用しているカメラやレンズについて Twitter Flickr Instagram Facebook YouTube
スポンサーリンク