スポンサーリンク

ピークデザイン「キャプチャー」のコピー商品を比較検証レビュー【Excellence】

ピークデザイン(Peak Design)の人気商品「キャプチャー」。カメラやレンズをベルトに固定できる便利グッズですが値段が高めです。実はその半額以下で発売されている同様の機能を持つ商品があります。今回は「Excellence カメラ クイックリリース アルミ合金製 一眼 簡単脱着 強力 キャプチャー ホルスター クイック」をレビューします!

商品名長い…

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。Aki(@Aki_for_fun)です。

ついに気になっていた商品を買ってしまいました。わたしはピークデザインのキャプチャーを愛用しているのですが、格安で売られているこのコピー商品の存在も知っていました。ピークデザイン製品の商品レビューをしている身からするととても気になる製品です。

ピークデザインのキャプチャーと格安模造商品を比較します!

スポンサーリンク

Excellence キャプチャー外観

Excellence キャプチャー パッケージ

パッケージはさすがにシンプルです。

Excellence キャプチャー 付属品一覧

商品の内容はこの3つ。カメラのクイックリリースホルダーである「キャプチャー」本体部分と、プレート、そして六角レンチです。

本家のピークデザインは包装や付属品も凝っています。箱にマグネットが入っていたり、小さな巾着袋やステッカーなどが付属します。

本家のそのパッケージが洗練されていると感じる人もいれば、余計なものは省いてコストをおさえてほしいという人もいることでしょう。後者の場合、Exellenceは良い仕事をしていると言えます。

Excellence キャプチャー使い方

Excellence キャプチャー

ホルスターにプレートがはまる仕組みです。実際に使用する際はカメラの底面にこのプレートをとりつけておきます。

Excellence キャプチャー 使用イメージ

ストッパーがかかるのでこれだけで簡単に固定できます。二重にストッパーをかけることもできて、右上のねじをまわすとよりがっちりと固定されます(移動でしばらくカメラを使わないときに便利)。

このホルスターはズボンやカバンのベルトに装着できるようになっています。

使い方はピークデザイン製品と同じなので、より詳しい使い方は「ピークデザインのキャプチャーV3を買ったよ!新旧製品の比較・互換性とプロパッドの必要性について」をご覧いただくか、下のピークデザインの動画を見てください。

ピークデザイン「キャプチャー」との比較・違い

ピークデザイン(Peak Design)とExellenceの商品を比べてみましょう。

Excellence Peakdesign キャプチャー 比較

写真で上にあるのがピークデザインのキャプチャープロ(V2)。このバージョンは旧型なので現在は販売されていませんが、Exellenceはこの古いタイプの製品を模倣して作られています。そっくりな見た目ですね。

Excellence Peakdesign キャプチャー 比較

裏面もそっくりです。三脚穴もあります。

Excellenceキャプチャー プレート

Exellenceのプレートには六角レンチの穴と指で回せるように取っ手がついています。ピークデザインのプレートは様々な種類がありますが現在市販されているものにこういった取っ手はついていません。この取っ手があると道具を使わずに固定できるので便利ですが、やはりレンチを使うのと比べるとねじがゆるみやすいです。

Exellenceは利便性を重視してプレートに取っ手をつけて、ピークデザインは安定性・固定力を重視して六角レンチやコインを必要とする構造にしているのだと思います。

剛性良し・推定耐荷重は90kg?

しばらく使ってみたのですが、正直使い勝手はピークデザインのキャプチャーV2とほとんど同じです。使う前は安物だからどうせ装着しづらいのだろうと思い込んでいたのですが、使い勝手にそん色はありません。

強いて言えばセーフティーロックのねじがExellenceのほうが軽いです。気づいたらいつのまにかねじが回っていて脱着の動きがかたくなっていたのでここは注意したほうが良いかもしれません。

素材の剛性もしっかりしていて丈夫に感じます。ピークデザインのキャプチャーの耐荷重は90kgとなっているので構造・素材がそっくりなExellenceも同じくらいの重たさを支えることができそうです。

プレート互換性あり!

プレートも本家ピークデザインにそっくりです。ExellenceのプレートをピークデザインのキャプチャーV2とV3(現行品)にも使うことができました。

逆にピークデザインのプレートをExellenceのホルスターにはめることもできました(追記:わたしが確認したのはV2のスタンダードプレートとプロプレートです。V3のスタンダードプレートについては未確認ですがおそらく互換しません)。

保証期間の違い

Exellenceの製品は1年間の保証があるそうです。しかし連絡先が書いていないのでどこに連絡したら良いのか、具体的にどういった保証があるのかわかりません。

一方ピークデザイン製品はすべて無期限の製品保証があります。製品に不備があったり、ふつうに使っていて壊れたら新しいものに取り換えてもらえます。ピークデザインはアメリカの企業ですが、日本の販売代理店を銀一株式会社が務めているので問い合わせも比較的楽です。

値段がとにかく安い!

Exellence製品のすごいところはその価格の安さでしょう。

いまいくつかショッピングサイトを調べたなかではアマゾンが一番安かったです。3千円しません。本家ピークデザインのキャプチャーは9千円くらいします。

まとめ キャプチャーはどれを買うべきか

実際にExellenceとピークデザインのキャプチャーを使い比べてみたわたしなりに結論をまとめます。

コピー商品のなかでは最高品質?

Exellenceのキャプチャーは非常によくできています。基本的な構造が本家ピークデザインのキャプチャーV2に酷似していて、素材の剛性がしっかりしていることを考えると、製品の機能的には問題ないと言えそうです。この価格でこの高い品質はすごいですね。

コピー商品は続々と登場してきているのですが、そのなかでExellenceのものが最も高い評価を得ているのもうなずけます。フォトウォークなどでしばらく使ってみた感じでは特に不安はありませんでした。

そのほかのコピー商品↓

Excellence カメラ クイックリリース アルミ合金製 一眼 簡単脱着 強力 キャプチャー ホルスター クイック [1年間の安心保証付き]
ピークデザインファンのわたしでもこの品質の高さは認めざるを得ません。コスパでいえばピークデザインをしのぐかも。

※記事執筆時点では楽天市場での販売はないようです。

Amazon
楽天市場
Yahooショッピング

わたしはピークデザインのキャプチャーV3が好き

しかし、いくらExellenceのキャプチャーが優れていても、わたしはやはりピークデザインのキャプチャーに軍配を上げます。というのもけっきょくExellenceのキャプチャーは一世代前の模倣品に過ぎないからです。

Exellenceをはじめとしたコピー商品はピークデザインのキャプチャーの第二世代である「V2」をベースとしてできています。一方でピークデザインは改良を重ね、現在はより使い勝手の良い「V3」を製造・販売しています。

ピークデザイン Peak Design Exellence キャプチャー比較

写真で一番下にあるのがピークデザインのキャプチャーV3。よりプレートの装着がスムーズになり、さらにサイズがコンパクトになったおかげで邪魔になりません。

キャプチャーV3について詳しくはこちら → ピークデザインのキャプチャーV3を買ったよ!新旧製品の比較・互換性とプロパッドの必要性について

PeakDesign ピークデザイン キャプチャー
最高品質なのはやはりピークデザインのキャプチャーV3。使い勝手も安心感も一番です。高くてもやっぱりこれが良い。
Amazon
楽天市場
Yahooショッピング
カメラのキタムラ

ピークデザインのキャプチャーV3の使い勝手を知っている身からすると、いくら値段差があってもピークデザイン製品を使いたくなります。また製品の無期限保証がついていることも大きな魅力です。自分の大切なカメラやレンズを装着するのであれば安心して使えるピークデザインを選びます。

→ わたしがピークデザイン製品を愛用する理由

愛用しているピークデザイン製品レビュー

当サイトをご覧いただきありがとうございます!

「神戸ファインダー」は豊富な写真と動画で神戸の魅力を発信するブログ型情報ウェブサイトです。サイト運営者Akiが気になるカメラや関連機材についても国内外から情報を集め記事にしています。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをよろしくお願いします。
FacebookTwitterYouTubeInstagramなどでも情報発信していますのでフォローよろしくお願いいたします。シェアとフォローは下のボタンからご利用いただけます。

質問があればお気軽にコメントやSNSでお知らせください^^