EF8-15mm F4L Fisheye USMレビュー!キヤノン一眼カメラ用のすごい魚眼レンズ

キヤノンの一眼カメラ用レンズ「EF8-15mm F4L Fisheye USM」をレビューします。魚眼レンズの特徴や面白さを作例写真とともにお伝えします。EFレンズですが、マウントアダプターをつかってRFマウントやEF-Mマウントのミラーレス一眼カメラとともに使うのもおすすめです。

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。魚眼レンズ大好きなAki(@Aki_for_fun)です。

今回は使ってる人が少なそうな魚眼レンズのお話。キヤノンの一眼カメラ用レンズ「EF8-15mm F4L Fisheye USM」のレビューです。2018年9月に購入してかれこれ3年弱使っているのですが、これめっちゃおもしろいレンズなんですよ。このレンズで撮った写真もたまってきたので、作例とともに魚眼レンズの面白さや、EF8-15mm F4L Fisheye USMの特徴・魅力についてお伝えします!

スポンサーリンク

EF8-15mm F4L Fisheye USMの仕様と特徴

Canon EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM

まずはレンズの仕様の確認から。

キヤノン EF8-15mm F4L Fisheye USMの仕様

画角(水平・垂直・対角線)
180°0’〜142°0’・180°0’〜91°46’・180°0’〜175°30′
レンズ構成 11群14枚
絞り羽根枚数 7枚
最小絞り 22
最短撮影距離 0.15m
最大撮影倍率
0.17倍(8mm時)・0.34倍(15mm時)
フィルター径 後部挟み込み式
最大径×長さ
φ78.5mm×83.0mm
質量 約540g

参考:キヤノン:EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM|仕様

質量は約540g。レンズの存在感のわりにはふつうの重さのレンズです。EFマウントなのでキヤノンの一眼レフカメラはもちろん、マウントアダプターを介してミラーレス一眼カメラにも使うことができます。

EF8-15mm F4L Fisheye USMを装着した一眼カメラ

画像 左:一眼レフカメラ 右:マウントアダプターをつけたミラーレス一眼カメラ

EOS Mシリーズ(EF-Mマウント)のカメラならマウントアダプターEF-EOS Mが必要。

EOS Rシリーズ(RFマウント)のカメラならマウントアダプターEF-EOS Rが必要。

寄って撮れるレンズ

最短撮影距離はわずか15cm。センサーから被写体までの距離が15cmということなので、レンズ前面からかなりぎりぎりの位置まで被写体に近づいて撮ることができます。最大撮影倍率も0.34倍なので比較的大きく写せるレンズです。

最短撮影距離の参考画像↓

最短撮影距離 EF8-15mm F4L Fisheye USM キヤノン 魚眼レンズ

これくらい近づいてもミニEOS Kiss Mのロゴ部分「Canon」のところにピントが合っている

前玉からの距離で言うと2~3cmほどまで寄ってもピントが合います。なのでギリギリまで近づこうとするとふつうに被写体とぶつかるので注意してください。

円周魚眼と対角魚眼の両方に対応

「EF8-15mm F4L Fisheye USM」はこのレンズひとつで円周魚眼対角魚眼の二種類を使い分けることができます。

円周魚眼というのは、丸いレンズで切り取った映像がその丸いまま記録される写真のことです。

魚眼レンズ 円周魚眼の作例写真 コーベアー

円周魚眼(全周魚眼)

上の画像のように長方形の四隅に黒いケラレができる写真です。これを円周魚眼、あるいは全周魚眼と言います。フルサイズのカメラにレンズをつけて焦点距離8mmにするとこのように円周魚眼として撮影できます。APS-Cサイズのカメラだと円周魚眼にはなりません。

一方で対角魚眼は黒いケラレがない写真です。

魚眼レンズ 対角魚眼の作例写真 コーベアー

対角魚眼

フルサイズのカメラなら15mm、APS-Cサイズのカメラの場合は10~15mmで対角魚眼になります。

つまり焦点距離によって円周魚眼と対角魚眼を使い分けることができる仕組みです。「EF8-15mm F4L Fisheye USM」のようにズームできる魚眼レンズは珍しいですね。キヤノンユーザーの特権とも言えるようなユニークなレンズです。

この円周魚眼と対角魚眼の使い分けをサポートする仕組みとして、レンズにリミッター(ストッパー)が備わっています。

EF8-15mm F4L Fisheye USM 外観 キヤノン 魚眼レンズ

LIMITのスイッチをオンにすると10mmより広角側にはリングが回らなくなり固定されます。

EF8-15mm F4L Fisheye USM リミッター ストッパー

リミットをオンにすれば10mmの位置でストッパーがかかりそれ以上広角にはできなくなる。

APS-Cサイズのカメラで撮影する場合10mm~15mmで撮影すればケラレのない対角魚眼の写真が撮れます。レンズフードをつけていてもケラレはでません。

EF8-15mm F4L Fisheye USM 前玉とレンズフード キヤノン 魚眼レンズ

前玉が出っ張っているので取り扱い注意。

レンズは前に飛び出すような構造になっています。レンズの前玉をどこかにぶつけないように気をつけたほうが良いですね。

EF8-15mm F4L Fisheye USM レンズキャップ キヤノン 魚眼レンズ

レンズキャップは大きな前玉を覆えるように深さがあります。キャップの留め具が外側についているのでうっかり意図せずキャップを外してしまうことがありました。レンズを平らなところに置くときは、前玉が下にくるようにしています。これだとうっかりキャップが外れることはないです。

前玉がでっぱっているので一般的なねじ込み式のフィルターはつけられません。ですがキヤノンの場合、マウントアダプターに可変NDやPLフィルターをはめこむことができます。なのでEOS RシリーズのRFマウントのカメラを使う場合は、対応のマウントアダプターと組み合わせることでフィルターワークも可能です。

EF-EOS Rマウントアダプター 可変NDフィルター内蔵

マウントアダプターにフィルターを内蔵できる。画像は可変NDフィルター。

独特の歪みがおもしろい

魚眼レンズの面白さのひとつに独特の歪みがあります。どのように歪みが出ているのか分かりやすいように次の画像を用意しました。

方眼紙をモニターに映して魚眼レンズで撮影

これはディスプレイに方眼紙を映してそれを魚眼レンズで撮影しています。本来は縦と横にまっすぐのびているはずの線が曲線になっています。特に中央がふくらんで見えるような歪みですね。

この特徴を利用して様々な撮影を楽しむことができるので、後ほど作例写真をご紹介します。

圧倒的に広い画角

魚眼レンズの画角の広さはふつうの広角レンズの比ではありません。

まず比較として焦点距離24mm(レンズはRF24-105mm F4L IS USM)で撮った写真を見てみましょう。

画角比較 24mm 自室

画角比較 24mm

わたしの部屋です。フルサイズの標準ズームレンズを使うときにありがちな24mmの画角です。

次に同じ位置からレンズを変えてもう少し広角で撮影します。

画角比較 16mm 自室

画角比較 16mm

広角レンズのEF-S10-18mm f/4.5-5.6 IS STMをEOS Rに装着して10mmにしています。自動でクロップするので換算16mmの画角です。

次にEF8-15mm F4L Fisheye USMで15mmです。

画角比較 15mm 自室

画角比較 15mm(歪曲補正なし)

非常に画角が広くなりました。

参考までに同じ15mmの画像で歪曲を補正したものもお見せします。

画角比較 15mm 自室 DxO PhotoLabにて歪曲補正

画角比較 15mm(歪曲補正あり)

こちらの画像はRAW現像ソフトのDxO PhotoLabでレンズの歪曲補正をしました。編集ソフトを使えばお手軽に歪みを補正することができます。

スポンサーリンク

EF8-15mm F4L Fisheye USMの作例写真

つたない作例ではありますが、わたしがEF8-15mm F4L Fisheye USMで撮影した写真を掲載します。どういった写真が撮れるかや、このレンズの特徴についてレビューします。

あおって見上げるように撮る

個人的に魚眼レンズでよく撮るのはカメラを見上げるような向きにしたアングルの写真です。

魚眼レンズで撮影した桜 EF8-15mm F4L Fisheye USM作例写真

カメラ:Canon EOS KISS M Flickrで大きな写真を見る 弓弦派神社にて

枝垂れ桜があればついローアングルで撮っちゃいます。特にもぐりこむようにして撮ると魚眼レンズ特有の歪みのおかげもあって印象的になります。

彼岸花 魚眼レンズ キヤノン EF8-15mm F4L Fisheye USM 作例写真

カメラ:Canon EOS KISS M Flickrで大きな写真を見る 三宮・東遊園地にて

光条もきれいですね。画角が広いので見上げるように撮ると画角内に太陽が入ることがよくありますが安心して撮ることができます。

ダイナミックな広さと歪みによる非日常感

EF8-15mm F4L Fisheye USMは広く撮れるのがたのしいです。魚眼レンズ特有の歪みがあることで非日常感も演出できます。

大阪新世界 キヤノン 魚眼レンズEF8-15mm F4L Fisheye USM作例写真

カメラ:Canon EOS Kiss M Flickrで大きな写真を見る 大阪・新世界にて

EF8-15mm f/4L FISHEYE USMの作例写真ファミリア神戸本店のエントランス

カメラ:EOS Kiss X9 Flickrで大きな写真を見る 神戸ファミリアにて(撮影の許可をいただいています)

EF8-15mm f/4L FISHEYE USMの作例写真

カメラ:EOS Kiss X9 Flickrで大きな写真を見る 大阪・道頓堀にて

EF8-15mm f/4L FISHEYE USMの作例写真 神戸大橋夜景

カメラ:EOS Kiss M Flickrで大きな写真を見る 神戸大橋

EF8-15mm f/4L FISHEYE USMの作例写真 京都 圓光寺 竹林

カメラ:EOS R Flickrで大きな写真を見る 京都・光圓寺にて

魚眼レンズはとても画角が広いので撮影者本人が写真のなかに写り込むこともあります。

この写真はわたしの足の一部と全身の影が写真に写っています。意図せず自分が入ってしまわないように注意したほうが良いですが、あえて構図の中に組み込んでみても面白いかもしれませんね。

モノクロ

構図をより引き立てて見せるためにモノクロに仕上げるのもおすすめです。

EF8-15mm f/4L FISHEYE USMの作例写真 兵庫県立美術館

カメラ:EOS Kiss M Flickrで大きな写真を見る 兵庫県立美術館にて

EF8-15mm f/4L FISHEYE USMの作例写真 兵庫県立美術館

カメラ:EOS Kiss M Flickrで大きな写真を見る 兵庫県立美術館にて

神戸ルミナリエ モノクロ 魚眼レンズEF8-15mm F4L Fisheye USM作例写真

カメラ:Canon EOS KISS M Flickrで大きな写真を見る 神戸ルミナリエ

解像感および色収差(パープルフリンジ)

解像感や色収差について見てみましょう。まずは次の写真をご覧ください。

木々 魚眼レンズEF8-15mm F4L Fisheye USM作例写真

カメラ:Canon EOS Kiss M Flickrで大きな写真を見る

上の写真の左上の部分を拡大したものが次の写真です。キヤノンのデジタルレンズオプティマイザという補正をかけています。

魚眼レンズ キヤノン EF8-15mm F4L Fisheye USM 作例写真

デジタルレンズオプティマイザON

拡大しても比較的高い解像感だと思います。広角レンズってだいたい周辺の解像度がわるくなってスッキリしないことが多いですが、このレンズはだいぶ優秀ですね。公式ウェブサイトの仕様ページからMTF特性図を見ても線が上のほうに来ていてその性能の良さを確認できます。

次に同じ部分を補正なしで見てみましょう。

魚眼レンズ キヤノン EF8-15mm F4L Fisheye USM

補正無し

補正無しだと枝のふちに本来はないはずの紫色が見えます。このようなパープルフリンジを避けるには現像ソフトで補正をかけなければなりません。とはいえそんなに派手に出る色ではないので後からの補正で簡単に抑えることができます。カメラ本体の収差補正(レンズ光学補正)やデジタルレンズオプティマイザの設定でも補正可能です。

現像ソフトで普通の広角レンズのように加工できる

独特の歪みが特徴の魚眼レンズですが、RAW現像ソフトや画像編集ソフトでその歪みを補正することもできます。

EF8-15mm F4L Fisheye USMの場合、キヤノン純正のRAW現像ソフト Digital Photo Professional 4(DPP4)において細かく補正することができます。

DPP4 キヤノンRAW現像ソフトにてレンズの歪曲補正 Digital Photo Professional 4

DPP4の歪曲補正メニューに進むと、様々な種類の補正を選ぶことができる

この補正でどのように変化するか見てみましょう。

補正なし 方眼紙をモニターに映して魚眼レンズで撮影

補正なし

直線を重視で補正 方眼紙をモニターに映して魚眼レンズで撮影

「直線を重視」で歪曲補正

直線を重視で補正 クロップ 方眼紙をモニターに映して魚眼レンズで撮影

「直線を重視」で歪曲補正、さらに中心部分だけクロップ

距離を重視で補正 方眼紙をモニターに映して魚眼レンズで撮影

「距離を重視」で歪曲補正

周辺部を重視で補正 方眼紙をモニターに映して魚眼レンズで撮影

「周辺部を重視」で歪曲補正

中心部を重視で補正 方眼紙をモニターに映して魚眼レンズで撮影

「中心部を重視」で歪曲補正

歪曲の補正を利用した写真も紹介します。例えば次の写真は「直線を重視」で補正しました。

straight001

クロップしても良いのですが横長のアスペクト比の写真は新鮮で面白いです。

魚眼だけど魚眼の歪みにこだわる必要もないと個人的には思っています。編集の段階でふつうの広角っぽくしたほうが面白いと思うなら編集しちゃえば良いです。

ふつうに魚眼で撮ったもの↓

fisheye-janction-002

直線があったほうが面白いかもと思って直線のラインが出るように編集。ついでに色もすこし派手にしてみる↓

IMG_0079_DxO

形を見せるためにモノクロにしてみるのも良いかもと思ってあえて色を抜いてみた↓

IMG_0079_DxO-1

魚眼レンズと聞くと癖が強すぎて使いにくいイメージがあるかもしれません。その癖を楽しむのも良いですし、あえてその特徴が目だないようにしてシンプルな超広角レンズとして楽しんでも良いと思います。

スポンサーリンク

たくさんの可能性を秘めたレンズ。ぜひ使ってみて

EF8-15mm F4L Fisheye USMはなかなかほかにない新たな視点に気づくことができる楽しいレンズなのでぜひ遊んでみてほしいです。わたしももっと使い込んでみたいと思っています。

すこし高級なレンズですがふつうに中古でも売ってるのでAmazonやカメラのキタムラ、マップカメラなどでお得に買えそうなレンズを探しても良いと思います。レンタルで数日試してみるのも良いかもしれませんね。ちなみにわたしはAmazonで中古で買いました。

このレンズじゃなくてもぜひ魚眼レンズ使ってみたいと思ってもらえればうれしいです。

参考:キヤノン用魚眼レンズまとめ【CANON・SIGMA・TOKINA・SAMYANGなど】

わたしがEF8-15mm F4L Fisheye USMで撮った写真のFlickrアルバム↓

EF8-15mm F4L Fisheye USM

当サイトをご覧いただきありがとうございます!

「神戸ファインダー」は豊富な写真と動画で神戸の魅力を発信するブログ型情報ウェブサイトです。サイト運営者Akiが気になるカメラや関連機材についても国内外から情報を集め記事にしています。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをよろしくお願いします。
FacebookTwitterYouTubeInstagramなどでも情報発信していますのでフォローよろしくお願いいたします。シェアとフォローは下のボタンからご利用いただけます。

質問があればお気軽にコメントやSNSでお知らせください^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました