一眼動画撮影の必須アイテム可変NDフィルターをレビュー!【K&F Concept提供】

スポンサーリンク
可変NDフィルターを新しく手に入れました。NDフィルターはカメラに取り込む光の量を減らすことで映像表現の幅を広げてくれます。今回使ったのはK&F Conceptの可変NDフィルター。減光量を自由に調節できます。使い方や利用上の注意点などをレビューします。

K&F Concept 可変NDフィルターレビュー

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。Aki(@Aki_for_fun)です。K&F Concept様から可変NDフィルター72mmを提供いただきましたのでレビューします。

72mmフィルター 可変式ND2-ND400 +クリーニングクロス – K&F Concept

スポンサーリンク
スポンサーリンク

K&F Concept 可変NDフィルター 商品概要

K&F Concept 可変NDフィルター

パッケージは比較的シンプルで、黒い外箱の中に白いケースとNDフィルター本体が入っています。おまけでクリーニング用のクロスも付いてきました。

K&F Concept 可変NDフィルター 外観

これがNDフィルターです。ネジが切ってあって、レンズの前面に取り付けられるようになっています。

可変NDフィルターをレンズに装着

このフィルターは回すことで減光量を調節できます。公式ウェブサイトの商品情報によるとND2〜ND400の間で調節可能。数字が大きいほどしっかり減光します。

下の動画を見ていただくと分かりますが、フィルターを回すとフィルターの色の濃さが変わります。黒く濃くなるほど取り込む光の量が減ります。

なぜNDフィルターを使うのか

日中の明るい場所でスローシャッター

NDフィルターを使うことで明るい日中でもスローシャッターを切ることができます。スローシャッターを利用すると、例えば滝の水の流れを線のように写したり、花びらが水面を流れている様子をぶらして写せます。

fujifilm-xt2011
sakura hanaikada02

上のふたつの写真はKenkoのNDフィルターを用いて撮影しました。

絞りを開いて動画を撮る

またNDフィルターは動画を撮る際にも大活躍します。日中に動画撮影を行う際は簡単に露出オーバーになってしまいます。特に絞りを開いて撮影する際はNDフィルターを用いないと映像が露出オーバーですぐに真っ白になってしまいます。

そこでこの可変NDフィルターを用いることで柔軟に露出を調整することができます。試しにこのK&F Conceptの可変NDフィルターを用いて動画を撮影してみました。NDフィルターのおかげで絞りF1.8で被写界深度の浅い映像を撮ることができました。