2020年11月16日~30日 Peak Design 年に1回のビッグセールブラックフライデー開催中!! → Peak Design Official Website 参考:Peak Designの公式オンラインショップの利用方法を日本語に翻訳して解説

レンズフィルターのイライラを解消!フィルター径を気にせず使える可変ステップアップリング「REVORING」がすごい

REVORING レンズフィルター用可変ステップアップリング

NDフィルターやCPLフィルターなどのカメラレンズ用フィルターを使う人におすすめの商品「REVORING」を紹介します!「REVORING」はレンズフィルター用可変ステップアップリングです。ひとつのリングで径の異なるレンズに装着してフィルターを取り付けることができます。

REVORING: A Unique Variable Adapter and VND & CPL
Photography & Videography made simple with one camera lens filter on multiple thread size lenses. | Check out 'REVORING: A Unique Variable Adapter and VND & CPL...

クラウドファンディングの期間:2020年6月29日~8月8日

追記:Kickstarterでのプロジェクトが8月8日で終了となり、現在はINDIEGOGOで新たにプロジェクト実施中です。
参考:REVORING: A Unique Variable Adapter and VND & CPL | Indiegogo

※本記事の掲載画像はH&Yがメディア向けに提供している素材を利用しています。

H&Y 可変ステップアップリング REVORING

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。Aki(@Aki_for_fun)です。

とても魅力的なカメラ用品を見つけたのでご紹介します。最近海外のメディアやインフルエンサーがこぞって紹介しているのですが、日本ではまだあまり知られていないようなので詳細を日本語に翻訳してお伝えします。いま注目のクラウドファンディングのプロジェクトです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

レンズ径を変えられるステップアップリング「REVORING」

紹介したいのは香港のフィルターメーカーH&Yが作る「REVORING」という「可変ステップアップリング」です。

カメラ用レンズは種類ごとに直径の大きさが異なります。なので複数の異なるレンズにフィルターを付けようとすると複数のサイズのフィルターを用意したり、あるいはアダプターとしてフィルター径に合わせたステップアップリングというものを用意しなければなりません。

ステップアップリングとNDフィルター PLフィルター

ステップアップリングとNDフィルターの数々。様々なレンズに合わせるためにたくさんの数が必要になる。

しかし、フィルターは一枚あたりの金額が小さくないので各レンズごとに買うとなると費用がかさみます。またステップアップリングは価格は安いですがそれぞれのサイズをそろえようとするとゴチャゴチャになって煩雑です。わたしもあまり好きになれないでいました。

そんな問題を解決してくれるのがH&Yが開発した可変ステップアップリング「REVORING」です。

REVORING レンズフィルター用可変ステップアップリング

絞り羽根のようにフィルター径を調節できる

一般的なステップアップリングはフィルター径が固定で決まっていますが、それに対して「REVORING」は径を調節できるブレードを内蔵しているので異なるサイズのレンズに装着することができます。

REVORING レンズフィルター用可変ステップアップリング

同じリングを異なる径のレンズに装着できる

可変ステップアップリングは次の34種類です。

  • 37-49mm REVORING
  • 46-62mm REVORING
  • 67-82mm REVORING
  • 52-72mm REVORING ← New!!
追記:プロジェクトに支援金がたくさん集まった結果、「52-72mm REVORING」が選べるようになりました。装着できるフィルターのサイズは77mmです。価格はHK$234(US$30相当)。

つまりこの3種類のリングがあるだけで37mm~82mmまでの径のレンズにすべて対応することができます。またそれぞれのリングに装着できるフィルターの大きさは「37-49mm REVORING」が52mm、「46-62mm REVORING」が67mm、「67-82mm REVORING」が82mmです。

手持ちの好きなフィルターを取り付けることができます。REVORINGがあれば1~3枚のフィルターを用意するだけで大多数のレンズに対応できます。

現在H&YがKickstarterでクラウドファンディングを実施しており、資金が集まれば「52-72mm REVORING」(フィルター径77mm)や「82-95mm REVORING」(フィルター径95mm)などのタイプの開発も予定しているそうです。

製品写真

37-49mm Revo-Ring

37-49mm REVORING

46-62mm REVORING

46-62mm REVORING

67-82mm REVORING

67-82mm REVORING

可変ND+CPLフィルターの一体型タイプもあるよ

先ほど紹介したのはフィルターを取り付けるアダプターでしたが、可変ND(ND3~ND1000)とCPLのフィルターが組み込まれたタイプもあります。

REVORING 可変ND+CPLフィルターの一体型タイプ

ステップアップリングと同様に次の3種類があります。

  • 37-49mm VND+CPL
  • 46-62mm VND+CPL
  • 67-82mm VND+CPL

また集まる出資金しだいで「82-95mm VND+CPL」も開発予定です。

可変NDの範囲はND3~ND1000、つまり1.5段分から約10段分の減光調整ができます。CPLについては日本の「日東電工」社の偏光フィルムを採用。操作がしやすいようにNDにもCPLにもガイドピンを取り付けられます。

ガイドピン REVORING 可変ND+CPLフィルターの一体型タイプ

ガイドピンでフィルターを回して調整できる

このフィルターには指紋の汚れが付きにくく、水をはじくナノコーティングが施されています。なにか汚れが付いてしまってもクロスで簡単にふき取ることができる仕様です。

ドイツ「Schott」社のB270というガラスを採用していて、余計な光の反射が発生しないようなコーティングもされています。16mmの広角から400mmの望遠までフィルターによる解像感の低下が起きないように設計されているとのこと。

有名ユーチューバーやカメラメディアにレビューが掲載

海外の有名なユーチューバーや映像制作者、メディアなどがH&YのREVORINGを紹介しています。たくさんあるので主なものをピックアップしました。英語ですが参考としてご覧ください。

公式プロモーション動画↓

cinema5Dの紹介動画↓

Philip Bloomのレビュー動画↓

わたしの好きな映像作家のPhilip Bloomが絶賛していたのが個人的には購入の決め手になりました。彼のレビュー動画によればH&Yの可変NDフィルターによる色転びや、解像感の低下、X状の色むらなどは無かったとのこと。

Kai Wのレビュー動画↓

Gordon Laingのレビュー動画↓

メディアの記事

Kickstarterで支援して商品を手に入れる方法

「REVORING」を開発する「H&Y」はKickstarterにてクラウドファンディングのプロジェクトを起こして出資金を募っています。出資者に対する返礼品として「REVORING」が贈られるという仕組みです。

Kickstarter初心者向けにいくつか補足説明をしておきます。

まず価格について。少し複雑なのがこのプロジェクトの支援金は香港ドルで支払うという点です。香港ドルは広く認知されているUSドルとは異なる通貨です。香港ドルではわかりにくいのでキャンペーンページにはUSドルでの価格も併記されています。

製品名
Kickstarter価格
香港ドル
Kickstarter価格
USドル
予定通常販売価格
USドル
37-49mm REVORING HK$180 $23 $35
46-62mm REVORING HK$196 $25 $35
52-72mm REVORING New!! HK$234 $30
67-82mm REVORING HK$234 $30 $40
37-49mm REVORING VND + CPL HK$1085 $139 $184
46-62mm REVORING VND + CPL HK$1124 $144 $189
67-82mm REVORING VND + CPL HK$1163 $149 $199

セット販売価格は下記の通りです。

製品名
Kickstarter価格
香港ドル
Kickstarter価格
USドル
予定通常販売価格
USドル
REVORING
3点セット
HK$585 $75 $110
REVORING VND +CPL
3点セット
HK$3199 $410 $572
REVORING 3点セット
および
REVORING VND +CPL
3点セット(計6点)
HK$3666 $470 $682

1 USドルを108円で換算すると以下のようになります。

製品名 Kickstarter価格
日本円
予定通常販売価格
日本円
37-49mm REVORING ¥2,484 ¥3,780
46-62mm REVORING ¥2,700 ¥3,780
52-72mm REVORING New!! ¥3,240
67-82mm REVORING ¥3,240 ¥4,320
37-49mm REVORING ND + CPL ¥15,012 ¥19,872
46-62mm REVORING ND + CPL ¥15,552 ¥20,412
67-82mm REVORING ND + CPL ¥16,092 ¥21,492
REVORING
3点セット
¥8,100 ¥11,880
REVORING VND +CPL
3点セット
¥44,280 ¥61,776
REVORING 3点セット
および
REVORING VND +CPL
3点セット(計6点)
¥50,760 ¥73,656

Kickstarterのページにて自分の欲しい商品(リワード)を選び、その金額をクレジットカードで支払えば手続き完了です。ここの金額は香港ドルで表記されています。およその日本円の金額もそこにあわせて小さく表記されます。

追記:質問をいただいたので具体例を示して補足します↓

———-

もし「37-49mm REVORING」がひとつ欲しい場合は、「HK$180以上のプレッジ」を選択して手続きを進めます。もし、「46-62mm REVORING」がひとつ欲しい場合は、「HK$180以上のプレッジ」を選択してそこの金額にHK$196と入力します。「67-82mm REVORING」が欲しい場合は、そこの金額にHK$234と入力します。

もし可変NDやCPLが内蔵されているタイプのものがほしいときは、「HK$1085以上のプレッジ」を選択して、じぶんが欲しいサイズの金額を入力します。

追記おわり。

———-

出資の期限は2020年8月8日までです。商品の発送は2020年11月を予定しています。

もし標準で用意されているセット以外の組み合わせで購入したい場合は、ほしいものをまずひとつ選びそこに金額を追加することで商品を追加できます。追加の場合の金額表は以下の画像を参照ください。

REVORING 商品追加注文金額表

 

また出資の段階では送料は計算されていません。後から送料が決まって追加で請求されます。日本への送料は10~15 USドルの見込みですが、できるだけ安くなるように努力するとのことです。送料は後ほどメールで送られてくるアンケートでお知らせしてもらえます。

過去にPeak DesignのKickstarterプロジェクトの際にも利用方法を書いているのでこちらも参考になるかもしれません。基本的な利用の流れは同じです。
参考:Peak Designトラベル三脚をお得に買う方法!Kickstarterの購入手続きを日本語で翻訳解説

個人的に特に注目したREVORINGのメリット

わたしがこのREVORINGに惹かれた主な理由をまとめると次のとおりです。

  • フィルターの装着がかなり楽になりそう
  • ビルドインタイプはNDの可変幅が広い
  • フィルター径が小さいタイプもあるのがうれしい
  • コスパが良い

正直フィルターって付け替えが面倒くさいんです。レンズによってサイズが変わるのでいちいちレンズの径を確認してそれに合うフィルターやステップアップリングを用意していました。それがこれだけ簡潔にまとめられるなら願ったりかなったりです。

わたしは特に可変NDフィルターをよく使うのですが、このH&Yの可変NDはND3から始まってND1000まで使えるのがうれしいです。特にND3というのはかなり小さい減光量から使えることを意味します。可変NDは撮影中は基本的につけっぱなしにしておきたいので、多少暗い場所でもそのまま使えるのはありがたいです。ND1000というのも十分すぎるレベルです。わたしはせいぜいND400もあれば事足りると思います。

フィルター径が小さいタイプがあるのも嬉しいですね。これまではどうしても大は小を兼ねるという方針で、フィルターは大きめのものを買ってステップアップリングで調整していたのですが、これだとアンバランスなんですよね。REVORINGなら良い具合のバランスになりそうです。

そして何よりコスパが良い。レビューを見る限りフィルターの質も良好です。このクオリティのものがこのKickstarterの価格で手に入るならかなりお得です。先行出資するメリットはあると思いました。

ということでわたしはこのREVORINGのプロジェクトに出資しました!ほかにも興味のある方の参考になれば幸いです。なにかわからないことがあればコメント欄よりお知らせください。可能な範囲でお答えいたします。

参考までに現在わたしが使っているステップアップリングや可変NDフィルターも紹介しておきます。もっと高級な製品が多いのですが今のところそこそこ安めのやつで運用しています。↓

当サイトをご覧いただきありがとうございます!

「神戸ファインダー」は豊富な写真と動画で神戸の魅力を発信するブログ型情報ウェブサイトです。サイト運営者Akiが気になるカメラや関連機材についても国内外から情報を集め記事にしています。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをよろしくお願いします。
FacebookTwitterYouTubeInstagramなどでも情報発信していますのでフォローよろしくお願いいたします。シェアとフォローは下のボタンからご利用いただけます。

質問があればお気軽にコメントやSNSでお知らせください^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました