キヤノンEOS R5・EOS R6やRFマウント用レンズなど新商品多数発表!

キヤノンEOS R5・EOS R6やRFマウント用レンズなど新商品多数発表!

キヤノンが2020年7月9日21時にフルサイズミラーレス一眼カメラ「EOS R5」および「EOS R6」、そして新型RFレンズ、テレコンバーター、新型バッテリーなど多数の新商品を発表。新製品情報をまとめました。

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。EOS Rを発売日に買ったAki(@Aki_for_fun)です。

キヤノンがフルサイズミラーレス一眼カメラに関する新製品を多数発表しました。事前に発表イベントを行うと告知してからの発表ということで大きな注目を集めました。気になる新製品の情報をまとめました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フルサイズミラーレス一眼カメラ

フルサイズミラーレス一眼カメラの「EOS R5」と「EOS R6」が新登場です。

EOS R5 EOS R6
有効画素数 約4500万画素 約2010万画素
センサーサイズ フルサイズ
映像エンジン DIGIC X
記録メディア デュアルスロット
CFexpressカード(Type B)/ SDメモリーカード(UHS-II対応)
デュアルスロット
SDメモリーカード(UHS-II対応)
EVF 0.5型
約576万ドット
0.5型
約369万ドット
連続撮影速度 電子シャッター撮影時:AF/AE追従で最高約20コマ/秒
メカシャッター/電子先幕撮影時:最高約12コマ/秒
AF 「デュアルピクセル CMOS AF II」
人物の瞳・顔・頭部検出に対応。
動物(犬/猫/鳥)の瞳・顔・全身検出に対応し、被写体の捕捉率を向上。
低輝度合焦限界 EV-6 EV-6.5
ボディ内手振れ補正 あり(最高約8段分)
動画記録サイズ 8K30P
4K120P
4K60P
FHD120P
発売日 2020年7月30日発売 2020年8月下旬発売予定
参考価格(税別) 46万円 30万5千円

EOS R5

3540万画素の静止画をチャプチャーできる8KDCIシネマティック動画に対応した4500万画素フルサイズセンサーミラーレスカメラ『EOS R5』

参考:キヤノン:EOS R5 | 概要 

発表イベントでは「5」の系譜をたどり、キヤノンの5Dシリーズを念頭において開発されたカメラであると伝えられました。

キヤノンオンラインショップ販売価格で46万円(税別)。2020年7月下旬発売予定。

 EOS R5 フルサイズミラーレス一眼カメラ

 EOS R5 フルサイズミラーレス一眼カメラ

 EOS R5 フルサイズミラーレス一眼カメラ

  • 新開発の有効画素数約4500万画素フルサイズCMOSセンサーの高速信号読み出しと、新映像エンジン「DIGIC X」の高速処理、高性能な「RFレンズ」により、EOSシリーズ史上最高の解像性能を実現した高画質と高速連写を両立。
  • 新CMOSセンサーの高速信号読み出しと新映像エンジンの高速処理により、「デュアルピクセルCMOS AF II」としてAF性能が向上。「顔+追尾優先AF」設定時の測距エリアは、画面の最大約100%(縦)×最大約100%(横)の範囲へ拡大。さらに静止画撮影時には、AFフレームは、最大1053分割のエリアから自動で選択。
  • 人物の瞳・顔・頭部検出に対応。「EOS R」と比較して、より小さな瞳や横顔の検出性能が向上。さらに、動物(犬/猫/鳥)の瞳・顔・全身検出に対応し、被写体の捕捉率を向上。
  • EV-6の低輝度合焦限界を達成。肉眼では被写体の視認が難しい暗い環境下でも高精度なピント合わせを実現。
  • 「デュアルピクセルCMOS AF II」と「RFレンズ」の駆動制御の最適化により、最高約0.05秒の高速AFを実現。
  • 「EOS-1D X Mark III」に搭載したAFアルゴリズムを採用。シーンに合わせて「被写体追従特性」「速度変化に対する追従性」があらかじめ初期設定された「Case1~4」と、被写体に合わせて自動で設定が切り替わる「Case A(Auto)」により快適な撮影を実現。
  • 電子シャッター撮影時は、AF/AE追従で最高約20コマ/秒の高速連写を実現。野生動物との対峙やゴルフの試合会場などのシーンにおいてシャッター音を気にせず撮影が可能。
  • メカシャッター/電子先幕撮影時は、最高約12コマ/秒の高速連写を実現。
  • 約576万ドットの有機ELパネルを採用した視野率約100%の高精細な電子ビューファインダー(EVF)を内蔵。表示フレームレートを「119.88fps(なめらかさ優先)」に設定することで、動体の追いかけやすさが向上。
  • 「DIGIC X」により、静止画撮影時に常用で最高ISO51200(拡張 ISO:102400相当)を実現。動画では常用ISOが25600、拡張ISOが51200に対応。
  • 人間の視覚特性に基づく「HDR PQ」方式での静止画/動画記録に対応。RAW現像ソフトウエアで行っていたHEIF(10bit)記録をカメラ内で実現。
  • RAW現像時のオートライティングオプティマイザ機能へ、新たに「顔ライティング補正」を追加。顔のコントラストが高いときに、自動的に顔の明るさを補正することが可能。
  • レンズの収差などを補正する「デジタルレンズオプティマイザ」に「強め」を追加。
  • CMOSセンサーの高速信号読み出しと、新映像エンジン「DIGIC X」の高速処理により、世界初の8K/30P動画の内部記録を実現。8KでRAWデータ(12bit)による動画の内部記録にも対応。
  • 4K/120Pハイフレームレート動画の撮影を実現し、滑らかな映像を撮影することが可能。
  • 8Kの豊富なデータから、高画質な4K動画を生成可能。クロップ(切り出し)なしのオーバーサンプリングによる4K/30P動画を実現。
  • 動画撮影時間は最大29分59秒まで。8K RAWと8K/30Pでは機材の温度上昇のため約20分が限界(環境温度23度の場合)。
  • 8K/4K/フルHD撮影において、「デュアルピクセルCMOS AF II」による滑らかなAFを実現。
  • キヤノン独自のLogガンマ「Canon Log」を生かした階調豊かな映像表現が可能。
  • EOSシリーズで初めて、手ブレに連動して撮像素子を動かす補正機構をボディー内に採用。水平回転軸/縦回転軸/回転軸/左右/上下の5軸でのボディー内手ブレ補正を実現。手ブレ補正機構が搭載されていないレンズでも、カメラとレンズの組みわせに応じて広角から望遠まで快適な撮影が可能。
  • レンズ側の光学式手ブレ補正機構と、ボディー内の手ブレ補正機構の協調制御により、世界最高8.0段の手ブレ補正を実現。望遠撮影や手持ち撮影といった手ブレの発生しやすい撮影環境でも快適な撮影が可能。動画撮影時には、ボディー内とレンズ内の手ブレ補正機構の協調制御に加え、動画電子 ISの併用も可能。
  • スマホなどの携帯端末へのWi-Fi/Bluetooth(R)による接続に対応。EOSシリーズで初めて、カメラ内蔵のWi-Fiとして5GHz帯の無線LAN規格に対応し、高速で安定した通信が可能。
  • FTP、FTPSに加え、ワイヤレスファイルトランスミッター「WFT-R10B」使用時はSFTPでの転送が可能となり、新しい認証・暗号化通信技術に対応した安全性に優れる通信を実現。
  • カメラから「image.canon」への画像自動転送機能を搭載。「image.canon」を経由して、「GooglePhotos」や「Adobe Creative Cloud」(メンバーシッププラン)へ静止画を自動転送可能。
  • シャッター耐久50万回を達成したシャッターユニットを搭載。電源オフ時のシャッター幕の開閉を選択可能。
  • 防じん・防滴構造を採用し、水滴や砂じんのカメラ内部への侵入を抑制。さらに、堅牢(けんろう)性と軽量化を両立する高剛性のマグネシウム合金製ボディーにより、高い信頼性を確保。
  • CFexpressカード(Type B)とSDメモリーカード(UHS-II対応)のデュアルスロットを搭載。
  • 直感的なAFフレーム選択操作が可能なマルチコントローラーを搭載。
  • USB-PDによる給電・充電に対応。

EOS R6

2000万画素の高性能CMOSとDIGIC Xにより、ハイスピードアクションスポーツ撮影から4Kシネマティック動画の撮影まで簡単に行える『EOS R6』

参考:キヤノン:EOS R6 | 概要 

EOS R6は「フルサイズミラーレスの新標準」を謳ったカメラです。

キヤノンオンラインショップ販売価格で30万5千円(税別)。レンズキットは34万5千円です。2020年8月下旬発売予定。

 EOS R6 フルサイズミラーレス一眼カメラ

 EOS R6 フルサイズミラーレス一眼カメラ

 EOS R6 フルサイズミラーレス一眼カメラ

 EOS R6 24105STMレンズキット フルサイズミラーレス一眼カメラ

EOS R6 24105STMレンズキット フルサイズミラーレス一眼カメラ

 EOS R6 24105STMレンズキット フルサイズミラーレス一眼カメラ

EOS R6 24105STMレンズキット フルサイズミラーレス一眼カメラ

  • 「EOS-1D X Mark III」搭載のセンサーを基にカスタマイズした有効画素数約2010万画素のフルサイズCMOSセンサーを搭載。CMOSセンサーの高速信号読み出しと新映像エンジン「DIGICX」の高速処理、高性能な「RF レンズ」により、高画質と高速連写を両立。
  • 電子シャッター撮影時は、AF/AE追従で最高約20コマ/秒の高速連写を実現。野生動物との対峙やゴルフの試合会場などのシーンにおいてシャッター音を気にせず撮影が可能。
  • メカシャッター/電子先幕撮影時は、最高約12コマ/秒の高速連写を実現。
  • 新CMOSセンサーの高速信号読み出しと新映像エンジンの高速処理により、「デュアルピクセル CMOS AF II」としてAF性能が向上。「顔+追尾優先AF」設定時の測距エリアは、画面の最大約100%(縦)×最大約100%(横)の範囲へ拡大。さらに静止画撮影時には、AFフレームは、最大1053分割のエリアから自動で選択。
  • 人物の瞳・顔・頭部検出に対応。「EOS R」と比較して、より小さな瞳や横顔の検出性能が向上。さらに、動物(犬/猫/鳥)の瞳・顔・全身検出に対応し、被写体の捕捉率を向上。
  • EOSシリーズで初めて、EV-6.5の低輝度合焦限界を達成。肉眼では被写体の視認が難しい暗い環境下でも高精度なピント合わせを実現。
  • 「デュアルピクセル CMOS AF II」と「RF レンズ」の駆動制御の最適化により、最高約0.05秒の高速AFを実現。
  • 「EOS-1D X Mark III」に搭載したAFアルゴリズムを採用。シーンに合わせて「被写体追従特性」、「速度変化に対する追従性」があらかじめ初期設定された「Case1~4」と、被写体に合わせて自動で設定が切り替わる「Case A(Auto)」により快適な撮影を実現。
  • CMOSセンサーによるノイズの低減と映像エンジンによるノイズリダクション性能の向上により、静止画撮影時は、最高102400の常用ISO感度を実現。
  • 人間の視覚特性に基づく「HDR PQ」方式での静止画/動画記録に対応。RAW現像ソフトウエアで行っていたHEIF(10bit)記録をカメラ内で実現。
  • RAW現像時のオートライティングオプティマイザ機能へ、新たに「顔ライティング補正」を追加。顔のコントラストが高いときに、自動的に顔の明るさを補正することが可能。
  • レンズの収差などを補正する「デジタルレンズオプティマイザ」に「強め」を追加。
  • 約369万ドットの有機ELパネルを採用した視野率約100%の高精細な電子ビューファインダー(EVF)を内蔵。表示フレームレートを「119.88fps(なめらかさ優先)」に設定することで、動体の追いかけやすさが向上。
  • EOSシリーズで初めて、手ブレに連動して撮像素子を動かす補正機構をボディー内に採用。水平回転軸/縦回転軸/回転軸/左右/上下の5軸でのボディー内手ブレ補正を実現。手ブレ補正機構が搭載されていないレンズでも、カメラとレンズの組み合わせに応じて広角から望遠まで快適な撮影が可能。
  • レンズ側の光学式手ブレ補正機構と、ボディー内の手ブレ補正機構の協調制御により、世界最高8.0段の手ブレ補正を実現。望遠撮影や手持ち撮影といった手ブレの発生しやすい撮影環境でも快適な撮影が可能。
  • 動画撮影時には、ボディー内とレンズ内の手ブレ補正機構の協調制御に加え、動画電子 ISの併用も可能。
  • クロップ(切り出し)なしのオーバーサンプリングによる4K/60P動画を実現し、画質劣化の原因となるモアレやノイズを低減した繊細な映像表現が可能。
  • フルHD/120Pのハイフレームレート動画による滑らかな映像表現を実現。
  • 4K/フルHD撮影において、「デュアルピクセル CMOS AF II」による滑らかなAFが可能。
  • 映像制作機器「CINEMA EOS SYSTEM」で実績のあるキヤノン独自のLog ガンマ「Canon Log」を搭載。暗部のつぶれやハイライトの白トビを緩やかに抑えることで、撮影後の編集や加工作業の自由度が高い映像記録が可能。
  • スマホなどの携帯端末へのWi-Fi/Bluetooth(R)による接続に対応。
  • カメラから「image.canon」への画像自動転送機能を搭載。「image.canon」を経由して、「Google Photos」や「Adobe Creative Cloud」(メンバーシッププラン)へ静止画を自動転送可能。
  • シャッター耐久30万回を達成したシャッターユニットを搭載。電源オフ時のシャッター幕の開閉を選択可能。
  • 防じん・防滴構造を採用し、水滴や砂じんのカメラ内部への侵入を抑制。さらに、外装には軽量かつ高剛性のポリカーボネート樹脂を採用し、信頼性と機動性を両立。
  • SDメモリーカード(UHS-II 対応)のデュアルスロットを搭載。
  • 直感的なAFフレーム選択操作が可能なマルチコントローラーを搭載。



バッテリー

LP-E6NH

バッテリー LP-E6NH

バッテリー LP-E6NH

容量2130mAhにアップした新型バッテリー「LP-E6NH」。従来の「LP-E6N」との互換性もあります。キヤノン公式ページのEOS R5の仕様にはファインダー撮影[なめらかさ優先]設定時で常温(+23℃)の場合、約220枚撮影可能と記載されています。
一方CNET Japanの記事によると700枚撮影可能とあります。 

対応カメラ:
EOS R5/EOS R6/EOS R/EOS Ra/EOS 5Ds R/EOS 5Ds/EOS 5D Mark IV/EOS 5D Mark III/EOS 5D Mark II/EOS 6D Mark II/EOS 6D/EOS 7D Mark II/EOS 7D/EOS 90D/EOS 80D/EOS 70D/EOS 60D/EOS 60Da/

参考:キヤノン:バッテリーパックLP-E6NH|一眼レフカメラ/ミラーレスカメラ|EOS 

バッテリーチャージャーは従来と同じ「バッテリーチャージャー LC-E6」が使えます。

ちなみにEOS Rは従来の「LP-E6N」(容量1865mAh)でファインダーでの撮影可能枚数が約350枚、ライブビュー撮影で約370枚です。

ワイヤレスファイルトランスミッター WFT-R10B

「ワイヤレスファイルトランスミッター WFT-R10B」は縦位置バッテリーグリップ機能を備えたEOS R5用のワイヤレスファイルトランスミッターです。無線LANの通信準拠規格はIEEE 802.11acをサポートし、通信品質を向上させるMIMO(multiple-input and multiple-output)に対応。高速通信を実現しています。EOS UtilityのEOS Network Setting Toolを使ってパソコン上で通信や接続の設定が可能。EOS R5本体と同等の防塵・防滴機構も保持しています。

キヤノン バッテリーグリップ WFT-R10

キヤノン バッテリーグリップ WFT-R10

バッテリーグリップ BG-R10

[「バッテリーグリップ BG-R10」はEOS R5やEOS R6用のバッテリーグリップです。バッテリーパック LP-E6NH/LP-E6N/LP-E6を2個取り付け可能。EOS R5・EOS R6本体と同等の防塵・防滴性能を保持しています。

キヤノン バッテリーグリップ BG-R10

キヤノン バッテリーグリップ BG-R10




RFマウント用交換レンズ

RF85mm F2 Macro IS STM

RF85mm F2 Macro IS STM キヤノンRFマウント用マクロレンズ 短焦点レンズ

RF85mm F2 Macro IS STM

RF85mm F2 Macro IS STMの仕様

焦点距離 85mm
手振れ補正 あり 最大約5.0段分
フィルター径 67mm
最大径×長さ φ78×90.5mm
質量 500g
最短撮影距離 0.35m
最大撮影倍率 0.5倍
最小絞り
レンズ構成 11群12枚(UDレンズ1枚含む)
絞り羽根枚数 9枚 (円形絞り)
レンズフード ET-77
発売日 2020年10月下旬

RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM

RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM キヤノンRFマウント用望遠レンズ

RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM

RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USMの仕様

焦点距離 600mm
手振れ補正 あり 最大5段分
フィルター径 77 mm
最大径×長さ φ93.8 mm x 207.6 mm
質量 1,370 g (三脚座を除く)
最短撮影距離 0.9 m (広角端)
最大撮影倍率 0.33x (望遠端)
最小絞り 32-51
レンズ構成 14群20枚(スーパーUDレンズ1枚、UDレンズ6枚含む)
絞り羽根枚数 9枚 (円形絞り)
レンズフード ET-83F
発売日 2020年9月下旬

参考:キヤノン:RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM|概要 

RF600mm F11 IS STM

憧れの超望遠をお手頃価格で提供することをコンセプトに開発されたレンズのひとつです。

RF600mm F11 IS STM キヤノンRFマウント用望遠レンズ

RF600mm F11 IS STM

RF600mm F11 IS STMの仕様

焦点距離 600mm
手振れ補正 あり 最大5段分
フィルター径 82mm
最大径×長さ φ93 mm x 199.5 mm(沈胴時) / 269.5 mm (撮影時)
質量 930g
最短撮影距離 4.5 m
最大撮影倍率 0.14倍
最小絞り F11(固定)
レンズ構成 7群10枚(DOレンズ含む)
絞り羽根枚数 なし
レンズフード ET-83F
発売日 2020年7月下旬

参考:キヤノン:RF600mm F11 IS STM|概要 

RF800mm F11 IS STM

憧れの超望遠をお手頃価格で提供することをコンセプトに開発されたレンズのひとつです。

RF800mm F11 IS STM キヤノンRFマウント用望遠レンズ

RF800mm F11 IS STM

RF800mm F11 IS STMの仕様

焦点距離 800mm
手振れ補正 あり 最大4段分
フィルター径 95mm
最大径×長さ φ101.6 mm x 281.8 mm (沈胴時) / 351.8 mm (撮影時)
質量 1,260g
最短撮影距離 6.0 m
最大撮影倍率 0.14倍
最小絞り F11(固定)
レンズ構成 8群11枚(DOレンズ含む)
絞り羽根枚数 なし
レンズフード ET-101
発売日 2020年7月下旬

参考:キヤノン:RF800mm F11 IS STM|概要 

テレコンバーター

Extender RF1.4x

キヤノンRFマウント用テレコンバーター Extender RF1.4x

2020年7月下旬発売予定。

Extender RF1.4x 対応レンズ:

  • 「RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM」
  • 「RF600mm F11 IS STM」
  • 「RF800mm F11 IS STM」

Extender RF1.4x の仕様:

  • レンズ構成:4群7枚
  • サイズ:φ71.2 mm x 20.3 mm(マウント基準) / 40.6 mm(全長)
  • 重さ:225 g

Extender RF2x

キヤノンRFマウント用テレコンバーター Extender RF2x

2020年7月下旬発売予定。

Extender RF2x 対応レンズ:

  • 「RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM」
  • 「RF600mm F11 IS STM」
  • 「RF800mm F11 IS STM」

Extender RF2x の仕様

  • レンズ構成:5群9枚
  • サイズ:φ71.2 mm x 39.3 mm(マウント基準) / 60.6 mm(全長)
  • 重さ:340 g

 

キヤノンRFマウント用レンズまとめ!フルサイズミラーレス一眼カメラ向けの魅力的なレンズが続々

キヤノンRFマウント用レンズまとめ!フルサイズミラーレス一眼カメラ向けの魅力的なレンズが続々
キヤノンのミラーレス一眼カメラEOS RやEOS RP、EOS R5、EOS R6などで使うことのできるRFレンズ。キヤノンのフルサイズのミラーレス一眼カメラのRFマウント専用に設計されています。どんな種類があるのか作例写真とともにまとめました。

ショッピングサイト価格確認表

EOS R ボディ Amazon 楽天市場 ヤフーショッピング カメラのキタムラ ビックカメラ
RF35mm F1.8 IS STM Amazon 楽天市場 ヤフーショッピング カメラのキタムラ ビックカメラ
RF24-105mm F4L IS USM Amazon 楽天市場 ヤフーショッピング カメラのキタムラ ビックカメラ
RF24-240mm F4-6.3 IS USM Amazon 楽天市場 ヤフーショッピング カメラのキタムラ ビックカメラ
マウントアダプター EF-EOS R Amazon 楽天市場 ヤフーショッピング カメラのキタムラ ビックカメラ
マウントアダプター EF-EOS R(コントロールリング) Amazon 楽天市場 ヤフーショッピング カメラのキタムラ ビックカメラ
EOS RP
ブラック ボディ Amazon 楽天市場 ヤフーショッピング カメラのキタムラ ビックカメラ
RF35mmレンズキット Amazon 楽天市場 ヤフーショッピング カメラのキタムラ ビックカメラ
マウントアダプターキット Amazon 楽天市場 ヤフーショッピング カメラのキタムラ ビックカメラ
RF35mmレンズ+マウントアダプターキット Amazon 楽天市場 ヤフーショッピング カメラのキタムラ ビックカメラ
ゴールド マウントアダプターSPキット Amazon 楽天市場 ヤフーショッピング カメラのキタムラ ビックカメラ
 RF35mmレンズ + マウントアダプターSPキット Amazon 楽天市場 ヤフーショッピング カメラのキタムラ ビックカメラ

当サイトをご覧いただきありがとうございます!

「神戸ファインダー」は豊富な写真と動画で神戸の魅力を発信するブログ型情報ウェブサイトです。サイト運営者Akiが気になるカメラや関連機材についても国内外から情報を集め記事にしています。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをよろしくお願いします。
FacebookTwitterYouTubeInstagramなどでも情報発信していますのでフォローよろしくお願いいたします。シェアとフォローは下のボタンからご利用いただけます。

質問があればお気軽にコメントやSNSでお知らせください^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました