スポンサーリンク

新世代ミラーレスカメラ「EOS Kiss M」登場!瞳AFや4K撮影など新機能満載

シェアする

キヤノンから新しいミラーレスカメラ「EOS Kiss M」が発表!これまでキヤノンの一眼レフカメラの人気シリーズ名だった「Kiss」ですが、今回初めてミラーレスカメラにその「Kiss」の名前を関する製品が登場しました。様々な新機能を搭載して「EOS Kiss M」はキヤノンのカメラの歴史の新しい1ページを開く画期的なカメラとなっています。注目の性能をご紹介します。

EOS Kiss M ホワイト

当記事の画像はキヤノン公式ウェブサイトのEOS Kiss M紹介ページより引用しています。

追記(2018年2月28日):キヤノンのショールームに行って実際にカメラを触ってきたので、その感想や注目の機能について書きました。

キヤノンから新しく発表されたEOS Kiss M。ミラーレスカメラとして初めて「Kiss」の名前がついたカメラで新機能も盛りだくさん。とっても気になるカメラなのでキヤノンのショールームに実物を触りに行ってきました!じっくりと使わせてもらったので詳しい性能や使い勝手についてお伝えします。EOS Kiss Mプレビューです!
スポンサーリンク

EOS Kiss Mの基本性能

新映像エンジンDIGIC8搭載

EOS Kiss Mは有効画素数約2410万のAPS-Cサイズセンサーを搭載。これは最近のキヤノンのカメラの多くが採用しているセンサーです。カメラの基本性能を左右する映像エンジンは「DIGIC8」という新しいものになりました。このDIGIC8のおかげでオートフォーカス(AF)の性能や、画質が向上しています。

ホワイトがかわいい!

カラーはブラックホワイトの2種類。商品の紹介画像ではホワイトバージョンが多く登場しています。デザインとしてはPowershot G1X MarkⅢやEOS M5によく似ています。

タッチ&ドラッグ・バリアングルモニター

EOS Kiss Mは電子ビューファインダー(EVF)を標準搭載。ファインダーを覗きながらタッチスクリーンでAFポイントを移動できる「タッチ&ドラッグ」機能に対応しています。

EOS Kiss M タッチ&ドラッグ

またキヤノンのミラーレスカメラとしては初めてバリアングルモニターを搭載しました。

EOS Kiss Mのここが新しい!

非常にたくさんの新機能が搭載されています。ここでは私の注目した代表的な機能を紹介します。

測距エリア拡大

AFの測距エリアがセンサーの横約88%、縦約100%に拡大されました。AF測距点の数は最大133点にも及びます。EOS M5など過去のミラーレスカメラでは測距エリアが横約80%、縦約80%でした。

EOS Kiss MのAF範囲

拡大したAF測距エリアはレンズによっては対応していないものがあります。主な対応レンズは、EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM、EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM、EF-M28mm F3.5 Macro IS STM、および最近のEF・EF-Sレンズです(EF・EF-Sレンズは別途マウントアダプターが必要)。

より詳細な対応レンズの一覧については下記リンクよりご確認ください。

参考:canon-eos-m50-lens-af-compatibility.pdf

AFの精度向上!瞳AFにも対応

キヤノンの近年のカメラはデュアルピクセルCMOS AFという素晴らしく高性能なAF機能を備えています。EOS Kiss Mでは新しい映像エンジンのDIGIC8によって、このAF性能がさらにパワーアップしました。

キヤノン公式ウェブサイトによると「被写体や背景との距離情報を活用することで、誤認識や誤追尾の発生を抑え、背景と同系色の被写体への追尾能力が向上しました。」とのこと。

さらにEOS Kiss Mは瞳AFもできるようになりました。人の顔の目を自動で検出してそこにピントを合わせてくれます。ポートレート撮影で非常に役立つ機能です。

EOS Kiss Mの瞳AF

なお、連写速度はAF追従で約7.4コマ/秒、AF固定で約10コマ/秒。

サイレントシャッター

EOS Kiss Mはサイレントシャッター機能を搭載。一眼レフカメラにも静音シャッターはありましたが、それは少し静かなだけでカメラの構造上どうしても音がしました。EOS Kiss Mではミラーがない構造を活かしてより音のしないサイレントシャッター撮影が可能になっています。

EOS Kiss M サイレントモード

新RAWフォーマット CR3

EOS Kiss Mは、新しいRAWフォーマット[.CR3]を導入。通常のRAW撮影に加え、データサイズを小さくしたC-RAWの撮影が可能になります。C-RAWではデータサイズがおよそ40%カットされるとのこと(参考:Canon EOS M50 preview – | Cameralabs および Canon EOS M50 review – first looks – YouTube)。

またデータ軽量化と処理速度のアップによって連続撮影可能枚数も16枚に向上しているそうです(参考:EOS Kiss Mパンフレット)。

4K・ハイフレームレート動画

「EOS Kiss M」はキヤノンのAPS-Cサイズカメラとして初めて4Kを撮れます。

EOS Kiss M(海外名称:EOS M50)で撮影した4K映像

EOS M50 Panning in 4K

EOS M50 Panning in 4K

Gordon Liang氏のレビューによると4K撮影の際は1.56倍にクロップされるとのこと(参考:Canon EOS M50 preview – | Cameralabs および Canon EOS M50 review – first looks – YouTube)。もしここに電子手ぶれ補正機能を加えるとさらにクロップされて最大で2.2倍ものクロップ映像になってしまいます。

フレームレートは、4Kだと24P、FHDだと最高60P、HDだと最高120Pに対応。120Pのハイフレームレートに対応したカメラはキヤノンとしては非常に希少です。これによりスローモーション動画も撮れるようになりました。

残念ながら4K撮影の際はAFの方式がコントラストAFという少し精度の低いものになります。キヤノンが誇るデュアルピクセルCMOS AFが4K撮影の際は使えません。

また4Kで撮影した動画からは写真を切り出すことが可能です。そのほかEOS Kiss Mには外部マイクを接続する端子も搭載していたり、マニュアルフォーカスの際に便利なピーキング機能もあります。

販売日程・価格

EOS Kiss Mの発売日は2018年3月23日を予定。

レンズキットも充実しており、「EF-M15-45 IS STM レンズキット」や、「EF-M18-150 IS STM レンズキット」、標準ズームと望遠レンズがセットになった「ダブルズームキット」、そして標準ズームとEF-M22mm F2 STMがセットになった「ダブルレンズキット」などがあります。

販売価格はカメラのキタムラの予約価格でボディ単体が71,140円です。個人的には性能のわりに安いと思います。各種レンズキットの価格は下記リンクよりご確認ください。

製品名/ショッピングサイト Amazon 楽天市場 Yahoo! カメラのキタムラ
 EOS Kiss M ブラック ボディー 商品リンク 商品リンク 商品リンク 商品リンク
 EOS Kiss M ブラック 15-45レンズキット 商品リンク 商品リンク 商品リンク 商品リンク
 EOS Kiss M ブラック 18-150レンズキット 商品リンク 商品リンク 商品リンク 商品リンク
 EOS Kiss M ブラック ダブルズームキット 商品リンク 商品リンク 商品リンク 商品リンク
 EOS Kiss M ブラック ダブルレンズキット 商品リンク 商品リンク 商品リンク 商品リンク
 EOS Kiss M ホワイト ボディー 商品リンク 商品リンク 商品リンク 商品リンク
 EOS Kiss M ホワイト 15-45レンズキット 商品リンク 商品リンク 商品リンク 商品リンク
 EOS Kiss M ホワイト 18-150レンズキット 商品リンク 商品リンク 商品リンク 商品リンク
 EOS Kiss M ホワイト ダブルズームキット 商品リンク 商品リンク 商品リンク 商品リンク
 EOS Kiss M ホワイト ダブルレンズキット 商品リンク 商品リンク 商品リンク 商品リンク

参考ウェブサイト:

追記(2018年2月28日):キヤノンのショールームに行って実際にカメラを触ってきたので、その感想や注目の機能について書きました。

キヤノンから新しく発表されたEOS Kiss M。ミラーレスカメラとして初めて「Kiss」の名前がついたカメラで新機能も盛りだくさん。とっても気になるカメラなのでキヤノンのショールームに実物を触りに行ってきました!じっくりと使わせてもらったので詳しい性能や使い勝手についてお伝えします。EOS Kiss Mプレビューです!

こちらの記事もおすすめ

キヤノンのミラーレスカメラEOS Kiss Mと一眼レフカメラEOS Kiss X9。どちらも初心者向けによくおすすめされる注目機種です。どちらを買うべきなのか...
キヤノンから新しいミラーレスカメラ「EOS Kiss M」が発表!これまでキヤノンの一眼レフカメラの人気シリーズ名だった「Kiss」ですが、今回初めてミラーレス...
キヤノン一眼レフ向けのEFレンズの豊富さは有名ですが、一方でミラーレスカメラのEOS-Mシリーズだからこそ使えるレンズもあります。ミラーレスカメラ用のレンズの情...
キヤノンのミラーレスカメラのEOS M5とEOS M6。それぞれ2016年と2017年に発売された最新機種で、性能と操作性に優れ人気があります。キヤノンミラーレ...

当サイトをご覧いただきありがとうございます!

「神戸ファインダー」は豊富な写真と動画で神戸の魅力を発信するブログ型情報ウェブサイトです。サイト運営者Akiが気になるカメラや関連機材についても国内外から情報を集め記事にしています。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをよろしくお願いします。
FacebookTwitterYouTubeInstagramなどでも情報発信していますのでフォローよろしくお願いいたします。シェアとフォローは下のボタンからご利用いただけます。

質問があればお気軽にコメントやSNSでお知らせください^^