イルミネーション撮影が楽しくなるレンズGIZMON BOKEH Illuminatorレビュー

玉ボケの形が変わるちょっと面白いレンズを買いました。その名も「GIZMON BOKEH Illuminator」。玉ボケが星形やハート型、さらには”LOVE”の文字に変わってしまうユニークな製品です。夜景撮影のおともにおすすめ。

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。Aki(@Aki_for_fun)です。夜景撮影が楽しくなりそうだと思ってついつい買ってしまいました。

GIZMON Bokeh Lens Illuminator ボケレンズ イルミネーター (EOS Mマウント)
GIZMON

GIZMON BOKEH Illuminatorとコーベアー

小さな筒のなかに一眼カメラ用のレンズと関連アクセサリーが詰められています。

GIZMON BOKEH Illuminator の内容・付属物

中身を出すとこんな感じ

スポンサーリンク

GIZMON Bokeh Lens Illuminatorとは

GIZMON Bokeh Lens Illuminator レンズ本体

レンズ本体

GIZMON Bokeh Lens Illuminatorは35mmF1.6のマニュアル単焦点レンズとアクセサリーがセットになっています。レンズ自体は普通のものなのですが、レンズ前面にフィルター(ディスク)を装着することでイルミネーションなどの光の形を好きに変えて撮れてしまうというものです。

参考写真

GIZMON Bokeh Lens Illuminatorで撮った写真

ふつうは丸い形になる光が星形に。

ちなみに上の写真は下の画像の場所を撮っています。

GIZMON BOKEH Illuminator 参考写真

ミラーレス一眼カメラ用

GIZMON Bokeh Lens Illuminatorのレンズはとても小さい

わたしが購入したのはキヤノンEF-Mマウント(EOS M)用です。レンズ本体はとても小さくてEOS Kiss MのキットレンズEF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STMよりも小さいです。

GIZMON Bokeh Lens Illuminatorは様々なマウントのカメラ向けに販売されています(フルサイズには非対応)。

  • キヤノン EF-Mマウント用
    使えるカメラ:EOS Kiss M、EOS Mシリーズなど
  • マイクロフォーサーズ
    使えるカメラ:
    OLYMPUS PEN E-Pシリーズ, PEN Lite E-PLシリーズ, PEN-F, OM-Dシリーズなど
    PANASONIC Gシリーズ, GHシリーズ, GFシリーズ, GXシリーズ, GMシリーズなど
    Blackmagic Design Pocket Cinema Camera 4K ,6Kなど
  • ソニー Eマウント用
    使えるカメラ:NEXシリーズ, α5000シリーズ, 6000シリーズなど
  • 富士フイルムXマウント用
    使えるカメラ:X-Proシリーズ, X-Eシリーズ, X-Aシリーズ, X-Tシリーズ, X-Hシリーズなど
  • ニコン1マウント用
    使えるカメラ:Nikon 1 シリーズなど

参考:GIZMON Bokeh Lens Illuminator / ギズモショップ – GIZMOSHOP

使い方

GIZMON Bokeh Lens Illuminatorは様々なパーツで構成されているのでまずそれを組み上げます。

GIZMON BOKEH Illuminatorの取り扱い説明書とアクセサリーを全部装着したレンズ

レンズ本体にマウントアダプターと、ステップアップリング、フィルターなどを装着します。

 

 

GIZMON BOKEH Illuminator に付属する様々なディスク・フィルター

ディスクと呼ばれる様々な型が付属するので、この中から自分の好きな形のディスクを選びます。

GIZMON BOKEH Illuminatorを装着したキヤノンEOS Kiss M

ディスクをレンズに装着した様子

好みのディスクをフィルターに取り付ければ準備完了です。あとは街灯やイルミネーションを探して撮影しましょう。

作例写真

EOS Kiss MとGIZMON BOKEH Illuminatorで写真を撮ってきたのでご紹介します。

GIZMON BOKEH Illuminator の作例写真

音符形

玉ボケの部分の形が変わるので撮影のコツとしてはメインの被写体の背景になにか光るものがくるように構図を決めます。そして絞りリングをF1.6にすれば撮りやすいです。

GIZMON BOKEH Illuminator の作例写真

ハート形

あるいは単純に光にレンズを向けててきとうにピントを外してやればOKです。↓

GIZMON BOKEH Illuminator の作例写真

ハート形

GIZMON BOKEH Illuminator の作例写真

星形

GIZMON BOKEH Illuminator の作例写真

雪の結晶形

GIZMON BOKEH Illuminator の作例写真

動物の足跡形

GIZMON BOKEH Illuminator の作例写真

LOVEの文字

このように通常であれば丸い玉ボケが装着したディスクと同じ形になります。

基本的にはF1.6で撮ればボケの明かりの形は大きくなります。またフィルターを回すことで形の傾きを調整できます。普通のレンズでは撮れないような写真がたくさん撮れて楽しかったです。

スポンサーリンク

ほかのレンズにつけたりディスクの自作もできるよ

GIZMON BOKEH Illuminatorのフィルターは径が52mmなので同じサイズのレンズであればほかのものにも装着して自由に撮影を楽しむことができます。ただし画角の端のほうが黒くなってしまうことがあります(EF-S24mm F2.8 STMがちょうど52mm径だったのでつけてみたのですが端っこのほうにが黒くなりました。ですがちゃんとボケの形は変わりました)。

径が異なるレンズでもステップアップリングやステップダウンリングをはさむことでフィルターを装着できるようになりますね。実際のところGIZMON BOKEH Illuminatorにも”37mm→52mm”のステップアップリングが含まれています。

ちなみにボケの形の変化というアイデアは特に新しいものではありません。昔から知られている撮影技法なので、自分で型をつくって撮影するということもできます。例えば英語ですがわたしの好きなYouTubeチャンネル”Christpher Frost Photography”でも解説されています(2013年にアップされた動画です)。

ギズモショップのサイトでも自作ディスクについて解説があります。

→ GIZMON Bokeh Lens Illuminator – ギズモショップ

スポンサーリンク

夜景撮影のおともにおすすめ!

GIZMON Bokeh Lens Illuminatorの良いところはボケの形を変えるために必要なものがすべてそろっているところです。さまざまな型のディスクを選んで遊べますし、ちゃんとレンズもついてくるので対応したカメラボディさえ持っていればすぐに撮ることができるようになります。

F1.6という明るいレンズと豊富な種類のディスクがそろって価格が1万円未満なのでお得感がありますね。アイデアしだいで写真や動画の撮影がとても面白くなるので試してみる価値はあるのではないでしょうか。

GIZMON Bokeh Lens Illuminator ボケレンズ イルミネーター (EOS Mマウント)
GIZMON

当サイトをご覧いただきありがとうございます!

「神戸ファインダー」は豊富な写真と動画で神戸の魅力を発信するブログ型情報ウェブサイトです。サイト運営者Akiが気になるカメラや関連機材についても国内外から情報を集め記事にしています。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをよろしくお願いします。
FacebookTwitterYouTubeInstagramなどでも情報発信していますのでフォローよろしくお願いいたします。シェアとフォローは下のボタンからご利用いただけます。

カメラ機材紹介
akiをフォローする
スポンサーリンク
管理人 Aki

記事を書いている人 Aki

about me

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます!管理人のAkiはカメラが大好きな神戸っ子です。

自分で撮影した写真や動画とともに神戸の魅力を発信しています。神戸のレジャー・観光・グルメ情報のほか、私が愛用しているカメラに関する情報もたくさん掲載しています。

写真は神戸のマスコットキャラクター「コーベアー」です。

サイト紹介 プロフィール サイトマップ 使用しているカメラやレンズについて Twitter Flickr Instagram Facebook YouTube
関連コンテンツ
Akiの神戸ファインダー
タイトルとURLをコピーしました