スポンサーリンク

GoPro HERO7が新発売!手ぶれ補正がめっちゃ強力で魅力的

GoPro HERO7 Black ゴープロ7

GoPro HERO7ゴープロ7)が9月20日に発表されました。発売予定日は9月27日です。HERO7はブラック、シルバー、ホワイトの三種類があり、それぞれの性能が異なっています。GoPro HERO7の注目機能や性能の違いについて比較してお伝えします。

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。Aki(@Aki_for_fun)です。これまでGoProのようなアクションカムは興味はあってもあまり本気でほしいと思うことはなかったのですが、今回のは「これは買いでしょ」と思うカメラだったので紹介したいと思います。

GoProを買うなら公式サイトがお得!
GoPro HERO7 Blackが49,800円(2018年11月2日時点)。送料無料でSDカードもプレゼント。
→ 公式ウェブサイトでGoPro HERO7 Blackの詳細を確認・購入
スポンサーリンク

GoPro HERO7の注目機能

HyperSmooth 最強の手ぶれ補正機能

GoPro HERO7 Blackは「HyperSmooth」という新機能を搭載。これまでで最高レベルの手ぶれ補正です。語るよりも見てもらったほうが早いですね。次の動画をご覧ください。

GoPro6のときでも非常に強力な手ぶれ補正が搭載されていましたが、より強力な手ぶれ補正になっています。これは驚愕です。

「HyperSmooth」がすごいのは手ぶれ補正がこの小さなカメラひとつで完結しているところです。ふつうはジンバルという道具を使ったり、編集ソフトで手ぶれ補正をかけるなどして揺れを抑えるのですが、GoPro HERO7 Blackならそのような面倒な手間はいりません。わたしはジンバルを使って動画撮影することがあるのですが、けっこうセッティングが大変なんですよね。お手軽かつ強力な手ぶれ補正の「HyperSmooth」はめちゃくちゃ魅力的です。

キャッチコピーは”Shaky Video is Dead.” 手ブレする動画の時代は終わったと宣言しています。

TimeWarpビデオ タイムラプス×手ぶれ補正

「TimeWarp」という機能も注目です。動きながらタイムラプスを撮影する、いわゆる「ハイパーラプス」と呼ばれる動画を手軽に撮れる機能。下の動画の00:33-00:39のあたり。

TimeWarpビデオは“魔法の絨毯”に乗っているようなエフェクトで、スピードアップした動画の撮影が可能になります。美しい風景でのドライブ、海へのダイブ、街を歩くといったシーンが、揺れを抑えた短いクリップへと形を変えます。TimeWarpビデオは長時間の体験をコンパクトにまとめ、さらに、浮いているかのような動画の滑らかさによって見るものを惹きつけます。

初のライブストリーミング対応

Facebook、Twitch、YouTubeでのライブ配信に対応。

スーパーフォト

動画だけでなく写真性能も進化。「スーパーフォト」という機能が搭載されて、特に難しい設定をすることなく高画質の写真を撮れるようになっています。

ブラック・シルバー・ホワイトの比較

  • HERO7 Black(国内正規販売価格:税込53,460円)
  • HERO7 Silver(国内正規販売価格 税込41,580円)
  • HERO7 White(国内正規販売価格 税込31,860円)

基本的に今回の目玉機能はフラッグシップモデルの「HERO7 Black」に搭載されています。「HERO7 Silver」や「HERO7 White」は機能を省いた廉価版です。

HERO7 Black

HERO7 Black(国内正規販売価格:税込53,460円)

最高の性能を誇るフラッグシップモデル

GoPro HERO7 Black ゴープロ7

  • HyperSmooth ビデオ安定化機能 – ジンバルを使用しているかのようなビデオスタビライゼーション。
  • ライブストリーミング – ライブ配信を行いながら、その動画を HD 画質で SD カードに保存が可能。
  • TimeWarp ビデオ – 安定感抜群のタイムラプスビデオ。最大で 30 倍までスピードを上げることが可能。
  • SuperPhoto – カメラがシーンを検出し、自動的に HDR、ローカルトーンマッピング、マルチフレームノイズリダクションなどを適用。プロフェッショナルが撮影したような写真撮影が可能に。
  • ポートレートモード – 縦向きの撮影に対応。Instagram Stories などへ簡単にシェア。
  • 進化したオーディオ – オーディオを再設計。ダイナミックレンジが広がったことに加え、新しいメンブレン(膜)の採用によりカメラをマウントした状態での振動音などを軽減。
  • 直感的なタッチインターフェース – シンプルなユーザーインターフェースと2インチのタッチディスプレイで、縦向 き・横向きの撮影も思いのままに。
  • 顔・笑顔+シーン検出 – HERO7Black は顔、表情やシーンタイプを認識。GoPro app の QuikStory による自動編集の際にこれらの情報を活用することで今まで以上に素晴らしいビデオを作成。
  • ショートクリップ – 録画時間を 15 秒、30 秒に制限したクリップを撮影。より早くスマートフォンに転送し、編 集やシェアが可能に。新しいユーザーや子どもにも適した機能。
  • 写真タイマー – セルフィーやグループショットの際に便利なカウントダウンタイマーを搭載。
  • 驚くほどの高画質 – 4K60 ビデオ、12MP 写真。
  • Ultra Slo-Mo – 1080p240 で撮影した動画は 8 倍のスローモーションで再生が可能。
  • 優れた耐久性と防水性 – ハウジングなしで 10m の防水性。スマートフォンを持っていけない場所でも活躍。
  • 音声コントロール – 音声コマンドは 14 カ国語に対応し、ハンズフリーでも操作可能
  • スマートフォンへの自動転送 – GoPro app と接続すると、自動的に写真や動画をスマートフォンへ転送。すぐにシェアすることが可能に。
  • GPS パフォーマンスステッカー – スピード、距離、高さなどをトラック。GoPro app でビデオにこれらの情報を動画にステッカーとして追加することが可能。
  • タッチズーム – 画面のタッチ操作でズームが可能。
機能満載ですね。個人的に重要だと思ったポイントに下線をひいておきました。

HERO7 Silver

HERO7 Silver(国内正規販売価格 税込41,580円)

4K30P撮影可能なベーシックモデル

GoPro HERO7 Silver ゴープロ7

HERO7 White

HERO7 White(国内正規販売価格 税込31,860円)

1080P(FHD)60P撮影可能なエントリーモデル

GoPro HERO7 White ゴープロ7

性能比較

比較表

HERO7 White HERO7 Silver HERO7 Black
写真 10MP 10MP (HDR) 12MP(SuperPhoto)
動画 FHD60p 4K30p 4K60p
バッテリー 内臓 内臓 取り出し可能
防水性能(ハウジングなし)
2-inch タッチスクリーン(タッチズーム機能付き)
動画手ぶれ補正 Standard Standard HyperSmooth
音声認識コントロール
音声による起動 ×  ×
Auto Offload to Your Phone
タイムラプス動画
スローモーション 2x 2x 8x
ライブストリーミング × ×
スーパーフォト × ×
TimeWarp Video × ×
GP1 Chip × ×
GPS ×
QuikStories
Advanced Metadata × ×
Protune(細かいカメラの設定) × ×
Karmaとの互換性 × ×
Super Suit (Protection + Dive Housing) との互換性 × ×

まとめ GoPro HERO7 Blackがすごく良い

GoPro HERO7 Blackは、前機種の4K60p・FHD120pという基本の動画性能を引き継ぎつつ、動画の手ぶれ補正や写真の画質が進化しています。手軽に持ち運べて、防水で丈夫なカメラがこれだけハイスペックだと撮れる映像の幅が広がって楽しみですね。個人的には本気で購入検討中です。

GoProというとスポーツなど激しいアクティビティをする人向けのカメラという印象がありますが、そういった人だけでなく気軽に写真や動画を楽しみたい人にちょうど良いカメラだと思います。一眼カメラは画質が良いのですが案外使いこなすのが大変です。一方でGoProならお手軽に撮影できるので、ちょっとした町歩きや旅行の際にとても向いていると思います。

HERO7 SilverやHERO7 Whiteはいずれも目玉機能のHyperSmooth、TimeWarp Video、スーパーフォトに対応していないのが残念です。価格が安いのでとりあえずGoProを試してみたいという人にはちょうど良いかもしれません。

GoPro HERO7プロモーション動画

GoPro: Introducing HERO7 Black in 4K – Shaky Video is Dead
GoProを買うなら公式サイトがお得!
GoPro HERO7 Blackが49,800円(2018年11月2日時点)。送料無料でSDカードもプレゼント。
→ 公式ウェブサイトでGoPro HERO7 Blackの詳細を確認・購入
GoPro HERO7 Blackにおすすめの関連アクセサリーをご紹介します。GoPro(ゴープロ)が届いた時にすぐ使えるように、また快適に使えるように関連用品の情報をまとめました。必要なもの、あると便利なもの、これはなくても良いと思うものを理由付きでご紹介します。
アクションカムのGoPro HERO7 Blackを買いました。さっそくこの新しいカメラで撮影してみたのでその作例写真や作例動画とともに、使ってみた感想や注意点をお伝えします。ゴープロを使ったのは初めてなのですがかなり感動しました。これ良いですよ。

参考:GoPro HERO7 Black – 驚異的に滑らかな 4k ビデオ

当サイトをご覧いただきありがとうございます!

「神戸ファインダー」は豊富な写真と動画で神戸の魅力を発信するブログ型情報ウェブサイトです。サイト運営者Akiが気になるカメラや関連機材についても国内外から情報を集め記事にしています。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをよろしくお願いします。
FacebookTwitterYouTubeInstagramなどでも情報発信していますのでフォローよろしくお願いいたします。シェアとフォローは下のボタンからご利用いただけます。

質問があればお気軽にコメントやSNSでお知らせください^^