スポンサーリンク

海のそばの迷宮建築「兵庫県立美術館」へ行ってきた【安藤忠雄の設計】

兵庫県立美術館

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。Aki(@Aki_for_fun)です。

兵庫県立美術館に行ってきました。子供の頃にも何度か行っているのですが改めて訪れると新たな発見があってとても楽しめる場所でした。美術好きな人はもちろん建築好きの人に訪れてほしいおすすめのスポットです。建物の見どころ・フォトスポットや、特別展「ジブリの大博覧会」の様子などをお伝えします。

スポンサーリンク

安藤忠雄設計の美術館

美術館なので展示を鑑賞するのが基本の楽しみ方ですが、兵庫県立美術館は建物も見所がいっぱいで面白い場所となっています。

建物を設計したのは、日本を代表する建築家・安藤忠雄氏。単に美術作品を展示するだけでなくさまざまな芸術の融合の場として設計されているそうです。

兵庫県立美術館 円形テラス

まず、こちらが兵庫県立美術館のシンボルとなっている「円形テラス」です。

兵庫県立美術館 円形テラス 螺旋階段

この螺旋階段が有名なので美術館に来たことがない人でも写真を目にしたことがあるかもしれません。

兵庫県立美術館 円形テラス 螺旋階段

兵庫県立美術館 風のデッキ

こちらは「風のデッキ」。ガラス張りの建物と、光と影のラインが印象的ですね。

兵庫県立美術館 海のデッキ

ここは「海のデッキ」。北側には美術館のメインの建物が、南側には海を望むことができます。

兵庫県立美術館のウェブサイトに興味深いことが書いてありました。

目の前に広がる海とこの巨大迷路のような建物が一体となり様々な光の変化を演出します。訪れる時間や季節によって様々に変化する美術館、迷うことも不便さもまた変化していくこの美術館建築の仕掛けを見つける楽しさなのです。

引用:芸術の館 兵庫県立美術館 / hyogo prefectural museum of art artm

たしかに直線や円形でわかりやすい設計に見えて、非常に立体的で踏み入れると迷ってしまうような建物です。自然の光による陰影まで考えて設計されているのが面白いですね。

※企画展の入り口のところも格好良い空間なのですが写真撮るの忘れてました。

カフェやレストランもあります。

兵庫県立美術館のカフェ「フォルテシモ」にてサンドイッチ400円

こちらはカフェ「フォルテシモ」で食べたサンドイッチ(400円)。

特別展も楽しい!「ジブリの大博覧会」

わたしが行ったときは「ジブリの大博覧会」が行われていました。

開催期間:2018年4月7日(土)~7月1日(日)

→ ジブリの大博覧会 ~ナウシカからマーニーまで~ | 読売テレビ

ジブリの大博覧会

「ジブリの大博覧会」めっちゃ面白かったです。個人的には宮崎駿さんの企画書や、各ジブリ映画のポスター、広告戦略に関しての鈴木敏夫さんやコピーライター糸井重里さんのメモ書きなどが興味深かったです。

展示の多くは写真を撮れないのですが一部撮影が可能な場所もありました。そのうちのひとつが天空の城ラピュタに登場する飛空挺。

ジブリの大博覧会 天空の城ラピュタに登場する飛行船の展示

動画も撮ってみました。

ジブリの大博覧会 天空の城ラピュタに登場する飛行船の展示

ジブリの大博覧会 天空の城ラピュタに登場する飛行船の展示

海近くの公園と一体の設計

兵庫県立美術館 南側

兵庫県立美術館の南側です。

兵庫県立美術館 ヤノベケンジ《Sun Sister》 なぎさ

このオブジェは「Sun Sister」と呼ばれるもの。

兵庫県立美術館は海に面しています

ご覧のように兵庫県立美術館は海に面しています。

兵庫県立美術館 東側

兵庫県立美術館の東側です。

兵庫県立美術館 西側 なぎさ公園

こちらが兵庫県立美術館の西側になります。この海に面した木々のあるところが「なぎさ公園」です。兵庫県立美術館はこの海のそばの公園と合わせて設計されたそうです。

アクセス

兵庫県立美術館

  • 開館時間:10:00~18:00(入場は17:30まで)
    ※特別展会期中の金曜日と土曜日は夜間開館 10:00~20:00(入場は19:30まで)
  • 休館日:月曜日(祝休日の場合は翌日)
    年末年始(12月31日、1月1日)
    メンテナンス休館(2019年1月2日~1月10日)
  • 住所:〒651-0073 兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1丁目1−1
  • アクセス:阪神岩屋駅から徒歩約8分、JR灘駅から徒歩約10分。
    阪神とJRの駅からはまっすぐ南へ歩いていけば良いのでわかりやすいです。

駅から南へと歩いていくとこの建物が見えてきます。

兵庫県立美術館

そのほかのアクセス情報詳細

近くのおすすめ観光スポット

人と防災未来センター

人と防災未来センター 外観

兵庫県立美術館のすぐそばには「人と防災未来センター」があります。阪神・淡路大震災を経験した神戸ならではの場所ですね。

そのほか山側に足をのばせば「王子動物園」や「横尾忠則現代美術館」があります。

ぜひ兵庫県立美術館とあわせて行ってみてください。

神戸の観光スポットやカフェ・レストラン・雑貨屋さんなどに関する情報がたくさん載っているおすすめの書籍を紹介します。わたしは神戸のお店の紹介や観光案内をよくするので、ちょっとずつ神戸のローカル情報に詳しくなってきました。ネットや口コミの情報もよく参考にするのですが、特に情報が充実していて洗練されたコンテンツがあるのは本です。

建築の撮影には超広角レンズが大活躍でした。

超広角レンズの使い方について、作例とともに紹介します。超広角レンズの魅力と上手な撮影方法・コツ、そしておすすめの広角レンズをお伝えします! 神戸フ...

当サイトをご覧いただきありがとうございます!

「神戸ファインダー」は豊富な写真と動画で神戸の魅力を発信するブログ型情報ウェブサイトです。サイト運営者Akiが気になるカメラや関連機材についても国内外から情報を集め記事にしています。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをよろしくお願いします。
FacebookTwitterYouTubeInstagramなどでも情報発信していますのでフォローよろしくお願いいたします。シェアとフォローは下のボタンからご利用いただけます。

質問があればお気軽にコメントやSNSでお知らせください^^

この記事をお届けした
Akiの神戸ファインダーの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

関連コンテンツ
関連コンテンツ
管理人 Aki

記事を書いている人 Aki

about me

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます!管理人のAkiはカメラが大好きな神戸っ子です。

自分で撮影した写真や動画とともに神戸の魅力を発信しています。神戸のレジャー・観光・グルメ情報のほか、私が愛用しているカメラに関する情報もたくさん掲載しています。

写真は神戸のマスコットキャラクター「コーベアー」です。

サイト紹介 プロフィール サイトマップ 使用しているカメラやレンズについて Twitter Flickr Instagram Facebook YouTube
スポンサーリンク