建築一覧

水の科学博物館「さくらフェア」が2019年3月19日〜4月7日に開催!

神戸市水の科学博物館にて「さくらフェア」が開催されます。ドイツルネッサンス様式の建物と桜の花の美しい風景を堪能できるイベントです。博物館の敷地内には「奥平野舞桜(おくひらのまいざくら)」(ソメイヨシノ)など約200本の桜の木が植えられています。博物館も入館無料になります。

アサヒビール大山崎山荘美術館まで素敵な小旅行をしてきました

アサヒビール大山崎山荘美術館に行ってきました。歴史ある洋館や安藤忠雄設計の建物のなかで美術品を鑑賞することができます。それ以外にも美しく整えられた庭園や、美味しいスイーツの食べられる喫茶室など、様々な魅力のある場所です。美術館の見所や、アクセス方法、近くのおすすめのご飯屋さんなどをご紹介します。

海のそばの迷宮建築「兵庫県立美術館」へ行ってきた【安藤忠雄の設計】

兵庫県立美術館に行ってきました。子供の頃にも何度か行っているのですが改めて訪れると新たな発見があってとても楽しめる場所でした。美術好きな人はもちろん建築好きの人に訪れてほしいおすすめのスポットです。建物の見どころ・フォトスポットや、特別展「ジブリの大博覧会」の様子などをお伝えします。

これであなたも神戸通!神戸の観光スポットやカフェに詳しくなれる書籍紹介

神戸の観光スポットやカフェ・レストラン・雑貨屋さんなどに関する情報がたくさん載っているおすすめの書籍を紹介します。わたしは神戸のお店の紹介や観光案内をよくするので、ちょっとずつ神戸のローカル情報に詳しくなってきました。ネットや口コミの情報もよく参考にするのですが、特に情報が充実していて洗練されたコンテンツがあるのは本です。

新神戸の「竹中大工道具館」が建物まるごと美しい!【穴場観光スポット】

新神戸駅すぐの「竹中大工道具館」は日本唯一の大工道具ミュージアム。職人の道具と技に魅せられる博物館です。丁寧に整備された日本庭園があったり、博物館の建物の造形にも優れていて、敷地がまるごと美しい場所です。子供向けのワークショップもあるので、お子さん連れのファミリーでもおすすめです。

兵庫県公館の見学が楽しい!フランス・ルネサンス様式の建築美を堪能しよう【神戸の名建築】

明治時代に建設されたフランス・ルネサンス様式の名建築「兵庫県公館」。一般にも公開されており、中庭やなかの貴賓室・県政資料館、屋上庭園などを見学できます。兵庫県公館の建築の特徴や場所、開館時間などをお伝えします。

映画のロケ地にもなった歴史ある神戸税関!一般見学できる隠れた観光スポット

輸出入貨物や密輸を取締る神戸税関。150年もの歴史をもつ神戸税関は一般の人でも自由に見学できます。税関について学べる展示室があるほか、非常に景観に優れた建物や中庭が美しい場所です。映画のロケ地にも使われる神戸税関を写真を交えてご紹介します。

神戸の発展のカギを握るトンネル「湊川隧道」がかっこいい【毎月第3土曜日一般公開】

湊川隧道(みなとがわずいどう)というトンネルをご存知でしょうか。明治から歴史のある河川トンネルです。いまは月一回だけ一般向けに公開されていて見学可能。非常にフォトジェニックな場所として人気があります。またミニコンサートも開催されていて、その景観と音響の良さが好評を博しています。

20億円の豪邸「旧乾邸」に行ってきた!【阪神間モダニズムの名建築】

神戸市・東灘区にある「旧乾邸」の観覧会に参加してきました。普段は中に入れない昭和初期の名建築ということもあり、観覧には申し込みが殺到。なんと運良く当選し観覧会に参加することができましたので、その模様を多くの写真とともに詳しくご紹介します。

阪神間モダニズムの名建築で美術鑑賞できる「白鶴美術館」

中国の唐時代の貴重な美術品や、アンティークのペルシア絨毯などを収蔵しています。建物は昭和の名建築(阪神間モダニズム)で、美しく整備された中庭や、廊下や天井など随所にめぐらされた白鶴の文様など見所が豊富です。営業しているのは春と秋の2シーズン。