【要事前申し込み】「旧乾邸」特別観覧開催 2021年5月20日~5月26日

旧乾邸外観

阪神間モダニズムの名建築である「旧乾邸」(神戸市指定有形文化財)の特別観覧が2021年5月20日(木曜)~5月26日(水曜)にかけて開催されます。普段は非公開の貴重な建築を見学できる機会です。

スポンサーリンク

「旧乾邸」特別観覧について

神戸市:神戸市指定有形文化財・指定名勝「旧乾邸」特別観覧開催 より以下に引用します。

開催日時

2021年5月20日(木曜)~5月26日(水曜)

各日とも、①10時~②13時~の2回制

申込み方法

往復はがきにより受付けいたします。(事前申込みが無い場合は入館できません)

(1)記載事項

 観覧の希望日時、住所、氏名、年齢、性別、電話番号

  • 希望日時は複数記入可
  • 同時申込みは2名まで(団体受付不可)
  • 2名で申込む場合は全員の必要事項を記入してください
  • 返信用はがきに郵便番号・住所・氏名も記入してください
  • 重複申込みはできません
  • 申込者多数の場合、希望日と異なる日程で当選する場合があります

(2)送付先

旧乾邸管理会(〒658-0051 東灘区住吉本町3-3-4 住吉学園内)

(3)申込期間

2021年3月22日(月曜)~4月16日(金曜)消印有効。抽選

特別観覧にお越しの際の注意事項

  • 専用駐車場はありません。必ず公共交通機関をご利用下さい
  • バリアフリー対応となっていない箇所があります
  • 敷地内は全面禁煙です。また、館内での持ち込みによる飲食も不可です
  • 常時公開している施設ではございません
  • 新型コロナウイルス感染防止対策のため、来場前の検温やマスク着用へのご協力、また会話は控えめにお願いします
  • 来場時に検温を実施します。発熱が確認された方は来場をご遠慮いただく場合がありますので、あらかじめご了承ください
スポンサーリンク

「旧乾邸」とは

概要

旧乾邸は、乾汽船株式会社を設立した乾新治氏の自宅として、昭和10年頃に建築されました。場所は旧住吉村(現在の東灘区の一部)の山麓部。当時は多くの富豪たちが暮らした地域です。

建築家として名高い渡邊節氏が設計を担当。洋風を基調としながら巧みに和洋を折衷したデザインです。

より詳細は次の記事にて紹介しています。
20億円の豪邸「旧乾邸」に行ってきた!【阪神間モダニズムの名建築】

旧乾邸のゲストルーム

旧乾邸のゲストルーム

旧乾邸 内観 和室

旧乾邸 内観 和室

場所とアクセス

住所:神戸市東灘区住吉山手5丁目-1-30

アクセス:

  • 阪急御影駅から北東へ徒歩約10分。
  • 阪神御影駅またはJR住吉駅から市バス38系統(渦森台行)に乗り「白鶴美術館前」下車。南西へ徒歩約2分。

※駐車場はありません。

20億円の豪邸「旧乾邸」に行ってきた!【阪神間モダニズムの名建築】
神戸市・東灘区にある「旧乾邸」の観覧会に参加してきました。普段は中に入れない昭和初期の名建築ということもあり、観覧には申し込みが殺到。なんと運良く当選し観覧会に参加することができましたので、その模様を多くの写真とともに詳しくご紹介します。

 

当サイトをご覧いただきありがとうございます!

「神戸ファインダー」は豊富な写真と動画で神戸の魅力を発信するブログ型情報ウェブサイトです。サイト運営者Akiが気になるカメラや関連機材についても国内外から情報を集め記事にしています。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをよろしくお願いします。
FacebookTwitterYouTubeInstagramなどでも情報発信していますのでフォローよろしくお願いいたします。シェアとフォローは下のボタンからご利用いただけます。

質問があればお気軽にコメントやSNSでお知らせください^^

ニュース・イベント
akiをフォローする
スポンサーリンク
管理人 Aki

記事を書いている人 Aki

about me

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます!管理人のAkiはカメラが大好きな神戸っ子です。

自分で撮影した写真や動画とともに神戸の魅力を発信しています。神戸のレジャー・観光・グルメ情報のほか、私が愛用しているカメラに関する情報もたくさん掲載しています。

写真は神戸のマスコットキャラクター「コーベアー」です。

サイト紹介 プロフィール サイトマップ 使用しているカメラやレンズについて Twitter Flickr Instagram Facebook YouTube
関連コンテンツ
Akiの神戸ファインダー

コメント

タイトルとURLをコピーしました