8bitから10bitへ!写真・動画編集するなら知っておきたいPCのNVIDIAの設定

WindowsのパソコンでNVIDIAのグラフィックボードを使っている人はぜひ10bitカラー出力の設定をして、グラフィックスやディスプレイの性能を発揮できるようにしましょう。対応のGPUやモニターを持っている人ならより写真のレタッチや映像のカラーグレーディングの際に10bitの恩恵を得ることができます。

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。Aki(@Aki_for_fun)です。

Windows PCで写真や動画を編集している人、特に色を編集する人におすすめの設定を紹介します。対応の製品を持っている人は映像出力を10bitに変更することができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

10bitカラーとは(30bitカラーとは)

そもそも10bitカラーとはどういうことを意味するのでしょうか。

私たちが目にしているディスプレイはRGB(Red、Green、Blue)の3つのカラーの組み合わせで表現されています。一般的なディスプレイは各色に0~255の256段階の階調があります。これが8bitカラーです(2の8乗で256)。RGBそれぞれの色に256段階の色の数があるのでその組み合わせで約1677万色の色を表現できます(256×256×256=16,777,216色)。8bitカラーはRGB各色の合計になるので24bitカラーと呼ばれることもあります。

一方で映像制作に用いられるようなディスプレイの場合、より諧調が豊かな10bitカラーの表現が可能なものがあります。つまりRGB各色に0~1023の1024段階の階調があります(2の10乗)。RGB各色で10bitの1024階調あるので、約10億7374万色もの色を再現可能です(1024×1024×1024=1,073,741,824)。8bitカラーが24bitカラーと呼ばれることがあるように、10bitカラーも30bitカラーと表記されることがあります。

10bit 8bit
階調 1024 256
色の数 約10億7374万 約1677万

8と10の違いだとあまり差はなさそうなのですが、約1600万色と約10億7300万色の違いなので8bitと10bitでは再現可能な色の数に大きく差があります。色数が豊かになることによって、トーンジャンプしない繊細な色変化の表現が可能になります。

階調が破綻してしまっている画像↓

8bitの階調が荒いイメージ

bit深度が浅いと階調飛びしてしまう

階調が豊かに表現されている画像↓

10bitの階調が豊かなイメージ

bit深度が深いとなめらかなグラデーションになる

上の画像は分かりやすいように用意した画像なので実際に8bitと10bitだけでここまで劇的に変化することはありませんが、豊かな階調の映像表現には10bitカラーが向いています。10bitのほうがよりなめらかなグラデーションが表現できます。

参考:10bitカラー編集環境を構築編 | ドスパラボ日記 from ドスパラ札幌店

参考:【映像素材】8Bitフォーマットと10Bitフォーマットに違いはあるのか – とあるビデオグラファーの備忘録的ブログ

10bitカラーには対応のグラフィックカードが必要

10bitカラーの出力を行うにはパソコンがそれに対応していなければなりません。10bit対応のGPUが必要です。

QuadroだけではなくGeForceでも10bit対応に

以前は10bitカラーはごく一部の高級ビデオカードでなければ対応できませんでした。しかしNVIDIAは2019年7月に自社のGeForceシリーズのグラフィックカードでも対応できるようになったと発表(参考:Latest NVIDIA Studio Driver Now Available: Supercharge your favorite creative apps)。Quadroシリーズに加えて、安価で一般的なグラフィックスでも10bitカラーを扱えるようになりました(10bitに対応した最初のStudioドライバー→ NVIDIA DRIVERS NVIDIA Studio Driver)。

10bitカラーに対応したグラフィックカード

製品サポートリスト
※今後変更になる可能性あり

  • NVIDIA Quadro シリーズ
  • NVIDIA TITAN シリーズ:
    NVIDIA TITAN RTX, NVIDIA TITAN V, NVIDIA TITAN Xp, NVIDIA TITAN X (Pascal)
  • GeForce RTX 20 シリーズ:
    GeForce RTX 2080 Ti, GeForce RTX 2080 SUPER, GeForce RTX 2080, GeForce RTX 2070 SUPER, GeForce RTX 2070, GeForce RTX 2060 SUPER, GeForce RTX 2060
  • GeForce 16 シリーズ:
    GeForce GTX 1660 SUPER, GeForce GTX 1650 SUPER, GeForce GTX 1660 Ti, GeForce GTX 1660, GeForce GTX 1650
  • GeForce 10 シリーズ:
    GeForce GTX 1080 Ti, GeForce GTX 1080, GeForce GTX 1070 Ti, GeForce GTX 1070, GeForce GTX 1060, GeForce GTX 1050 Ti, GeForce GTX 1050

NVIDIAで10bitカラーに設定する方法

10bitカラーで出力するには対応のグラフィックスを搭載しているだけではダメで、設定が必要になります。NVIDIAのユーザー向けに設定方法を解説します。

対応のグラフィックカードかを確認

ご自身のPCのグラフィックカードが何か分からない場合は、Windowsの「設定」 から「ディスプレイの設定」→「ディスプレイの詳細設定」→「ディスプレイのアダプターのプロパティを表示」で確認できます。

ディスプレイの設定から搭載しているグラフィックカードを確認

ディスプレイの設定から搭載しているグラフィックカードを確認できる

NVIDIA Studioドライバーの適用

NVIDIAは現在ゲームプレイ向けのGame Readyドライバーのほか、写真編集・映像制作などをするクリエイター向けのStudioドライバーを提供しています。10bitカラー出力させるにはこのStudioドライバーを適用させます。

参考:Studioドライバーの詳細 NVIDIA RTX Studio

ドライバーの検索とダウンロード → NVIDIAドライバダウンロード

上記のリンクからご自身の利用しているグラフィックカードを選び、ダウンロードタイプの項目で「Studioドライバー」を選択します。指定の条件で検索することで最新のNVIDIA Studioドライバーをダウンロードできます。

※2020年5月15日現在で最新のStudioドライバー(Ver.442.92 2020年4月16日リリース)
NVIDIA DRIVERS NVIDIA Studio Driver

ダウンロードしたファイルを展開してStudioドライバーを適用します。

NVIDIA Studioドライバーの適用

GeForce Experienceでドライバーを確認できる

NVIDIAコントロールパネルで10bpcに設定

デスクトップで右クリックをして「NVIDIAコントロールパネル」を選択します。左のメニューから「ディスプレイ」の「解像度の変更」を選びます。その画面から「NVIDIAのカラー設定を使用」を選択。出力の色の深度で「10bpc」を選択します。最後に「適用」をクリックして完了です。

NVIDIAコントロールパネルの設定

ディスプレイや素材のデータも10bitに対応する必要がある

PCのGPUだけでなく映像を映し出すディスプレイも10bitカラーに対応していなければなりません。クリエイター向けに販売されているカラーマネジメントモニターであれば10bitカラーに対応しているディスプレイが多いです。

参考:写真にこだわるなら良いディスプレイが必要!カラーマネジメントモニターの選び方

わたしの使用しているディスプレイだとBenQ PV270は10bitに対応していますがLG 27 UK850-Wは8bitにしか対応できません。

LG 27 UK850-Wの仕様を見ると「表示色 約10.7億色」となっておりこれは一見10bitに対応しているように見えるのですがどうもFRCという疑似的なカラー表示を行っているようです。

参考:第4回 同じ色数でも画質が違うヒミツ――液晶ディスプレイの「最大表示色/LUT」に迫る | EIZO株式会社

編集する写真や動画のデータも10bitに対応した素材でなければいけません。写真の場合だとRAWなら10bitに対応しますが、JPEGの画像編集では8bitにしか対応できません。

動画も10bit収録した素材でなければ10bitカラーの恩恵を得ることはできません。例えばわたしが使っているBMPCC4Kのようなカメラであれば10bit収録可能です。

参考:動画撮影用カメラならBMPCC4K!わたしがシネマカメラを買った理由

 

以上10bitカラーとそれに関するパソコンの設定の解説でした。参考になれば幸いです。色々と気をつけて書いたつもりですがなにか説明におかしいところがあればご指摘いただけるとありがたいです。

当サイトをご覧いただきありがとうございます!

「神戸ファインダー」は豊富な写真と動画で神戸の魅力を発信するブログ型情報ウェブサイトです。サイト運営者Akiが気になるカメラや関連機材についても国内外から情報を集め記事にしています。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをよろしくお願いします。
FacebookTwitterYouTubeInstagramなどでも情報発信していますのでフォローよろしくお願いいたします。シェアとフォローは下のボタンからご利用いただけます。

質問があればお気軽にコメントやSNSでお知らせください^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました