動画撮影用カメラならBMPCC4K!わたしがシネマカメラを買った理由

スポンサーリンク

BMPCC4K ポケシネ4K

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。Aki(@Aki_for_fun)です。

「Blackmagic Pocket Cinema Camera 4K」(通称BMPCC4K・ポケシネ4K)を買いました。性能やスペックについて紹介しながら、なぜわたしがこのシネマカメラを購入したのかその理由についてお伝えします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Blackmagic Pocket Cinema Camera 4Kの概要

名称は「Blackmagic Pocket Cinema Camera 4K」。とても長い名前なので普段は略称の「BMPCC4K」と表記されることが多いです。略しても長いので口頭だと「ポケシネ4K」と呼ばれることもあります。

「BMPCC4K」はBlackmagic Designというメーカーが作るカメラです。Blackmagic Designは日本の東京や大阪にもオフィスがあります。Blackmagic Design社は動画編集ソフトの「DaVinci Resolve」を開発していることでも有名です。

「BMPCC4K」は「Blackmagic Pocket Cinema Camera」の後継機種です。「BMPCC4K」や「BMPCC」などこれらポケットシネマカメラシリーズは、その優れた性能のためプロの映像制作の現場でも用いられています。

ブラックマジックデザイン ポケットシネマカメラ

ポケットシネマカメラが使用された映画

画像:[セミナー]徹底解説!Blackmagic Pocket Cinema Camera 4K – YouTubeより引用

「BMPCC」は「アベンジャーズ」や「ジェイソン・ボーン」などの洋画のほか、「トゥーヤングトゥーダイ(TOO YOUNG TO DIE!)若くして死ぬ」、「予告犯」などの邦画作品での使用事例もあります。

映画撮影に用いられる性能がありながらもポケットシネマカメラは価格が安いので、映像制作を学ぶ若手や学生などにも人気があります。またマイクロフォーサーズマウントのレンズ交換式カメラなので様々なレンズを組み合わせることができます。

参考:Blackmagic Pocket Cinema Camera 4K | Blackmagic Design

BMPCC4Kの特徴!手軽なのに本格派のシネマカメラ

RAW動画が撮れる

「BMPCC4K」はCinema DNGやBlackmagic RAWなどのRAW動画を撮ることができます。つまりどういうことか簡単に言うと、広いダイナミックレンジをもち、柔軟なカラーグレーディングに対応した映像が撮れます。静止画の世界では広く親しまれているRAWファイルですが、BMPCC4Kは動画でもRAWを扱えるわけです。

BMPCC4Kのすごさがわかる動画といえば映像作家・鈴木佑介さんが製作したこちらのミュージックビデオ「Foglamp」。

CP+で鈴木さんがこの映像について話してくれたのですが、カラーグレーデイングによって四季の変化や、日が落ちる時間の変化を表現しているのだとか。夕日をバックにした極端な逆光でも破綻することなく美しい映像に仕上がっています。動画を撮影・編集している人ならわかると思うのですが、これだけ明暗差の激しいシーンでディティールを保ち高画質な映像にできるのはすごいことです。

作例と素材:Blackmagic Pocket Cinema Camera 4K – ギャラリー | Blackmagic Design

Blackmagic RAWが画期的

BMPCC4KはRAW動画が撮れると説明しましたが、特に素晴らしいのはメーカーが独自開発したRAWコーデックの「Blackmagic RAW」です。2018年9月のIBCというイベントで発表され、その画期的な新フォーマットが大きな注目を集めました。謳い文句は「極めてモダンな新しいコーデック 高画質、高性能の世界最速RAWフォーマット」。

Blackmagic RAWのメリットをまとめると次の通り。

  • ファイルサイズが小さい
  • 快適に編集できる(パソコンへの負荷が小さい)
  • 画質が良い

従来のRAW動画(Cinema DNG)は、極端にファイルサイズが大きくなり処理も重たくなることがネックでした。いくら画質が良くても扱いづらいのでRAW動画はさほど普及せず、ごく一部のプロやハイアマチュアの人たちのみのニッチな世界でした。

Blackmagic RAWでは従来のRAW動画が抱えていた無駄な部分を削ぎ落として作ったまったく新しいコーデックなので、軽くて扱いやすいデータでありながら画質面でも妥協のないう優れた仕様になっています。詳しい理屈については動画でBlackmagic Design社の人が解説してくれていますので気になる人は参考リンクをご覧ください。

参考:[セミナー] 技術者が解説!Blackmagic RAW – YouTube
参考:Introducing Blackmagic RAW – YouTube

BMPCC4Kでも2019年3月のアップデートで「Blackmagic RAW」を収録できるようになりました。

Blackmagic RAW コーデック比較表

RAW動画のデータレート比較表

画像:[セミナー] 技術者が解説!Blackmagic RAW – YouTubeより引用

わたしも実際にBMPCC4Kで4K30PのRAW動画(8:1圧縮)を撮影してパソコンで編集してみたのですが、ごく普通の動画ファイルと同じような感覚でさくさく編集できることに感動しました。パソコンがさくさく動いて、しかもカラーグレーディングの自由度が高いので編集しがいがあります。BMPCC4Kは撮るのも楽しいですが、そのあとの編集がさらに楽しいです。

4K60P・FHD120Pのハイフレームレート撮影可能

BMPCC4KはDCI-4K(4096 x 2160)の解像度で撮ることができて、クロップされることなくそのままの画角で収録できます。また4Kの場合60P、FHDなら120Pのハイフレームレート撮影も可能。つまりスローモーション動画も表現できます。

わたしの持っているキヤノンEOS RやEOS Kiss Mでは最高4K(3840×2160)30P/24PやFHD60Pまでしか撮れません。しかも4Kで撮ると画角が狭くなる仕様です。こうして比べるとBMPCC4Kは非常に優れた性能であることがよくわかります。

タイムラプス動画も撮れる

BMPCC4Kはタイムラプス動画を撮れます。ちなみに静止画も撮れます。

デュアルネイティブISOで暗いところでも高画質

BMPCC4KはデュアルネイティブISOを採用しています。ISO400とISO3200が基準ISO。最大ISOは25,600。

BMPCC4KのデュアルネイティブISO

デュアルネイティブISOの図 Blackmagic Pocket Cinema Camera 4Kマニュアルより引用

わたしはデュアルネイティブISOの技術的なところはよく理解できていないのですが、明るいところでも低照度のところでも広いダイナミックレンジを確保できるようです。原則的には低いISOのほうが映像のノイズが少なくなりますが、ISO1000とISO1250ならISO1250のほうが高画質に撮れるなど、すこし独特な仕組みでもあります。このあたりについてはマニュアルや下の動画をご参照ください。

SSDに収録できる

BMPCC4Kと外付けSSDのサンディスク Extreme Portable SSD

BMPCC4Kと外付けSSDのサンディスク Extreme Portable SSD

BMPCC4Kの良いところはUSB-Cで接続した外付けドライブに直接動画を記録できる点です。動画収録では大きな容量と高速なデータの読み書きができる記録メディアが必要です。CFastやUHS-ⅡのSDカードでも良いのですが、外付けのSSDならより安く容量を確保できます。またSSDなら録画後にそのままパソコンに接続してすぐに編集にとりかかることも可能です。

対応の外付けSSDには「SanDisk Extreme Portable SSD」や「Samsung Portable SSD T5」などがあります。BMPCC4Kで初めて使うメディアは撮影前にフォーマットすることをおすすめします。

BMPCC4K撮影の画面

画面下の収録可能時間が表示されているところをタッチしてフォーマット画面に進む

参考:BMPCC4Kの推奨記録メディアまとめ!不具合の原因はSDカードやSSDかも

「SanDisk Extreme Portable SSD」ならストラップ穴があるのでそこにネジを通してカメラ上部に固定することができます。

「Samsung Portable SSD T5」はスマホホルダーで固定するかリグを組んで専用のホルダーに入れて使うことが多いようです。

BMPCC4Kと外付けSSDのSamsung Portable SSD T5

BMPCC4Kと外付けSSDのSamsung Portable SSD T5

記録メディアについては次の記事により詳しくまとめました。

BMPCC4Kの推奨記録メディアまとめ!不具合の原因はSDカードやSSDかも
Blackmagic Pocket Cinema Camera 4K(BMPCC4K)で使える記録メディアの情報をまとめました。メーカー推奨品のリストや、わたしが使っているSSD、および使用上の注意点についてお伝えします。

価格が安い

BMPCC4Kの税抜定価147,800円、税込約16万円です。この性能のカメラとして考えると破格です。もっと高級な一眼カメラでもRAW動画を撮れるカメラはほとんどありません。

DaVinci Resolve 有料版ライセンスがついてくる

BMPCC4Kはただでさえ格安のカメラなのですが、カメラを購入すると同社の動画編集ソフト「DaVinci Resolve Studio」有料ライセンスが付属します。普通に買うと3万5千円ほど。ハリウッド映画制作にも用いられている本格派の動画編集ソフトです。

DaVinci Resolve 有償ライセンスがBMPCC4Kに付属

DaVinci Resolve 有償ライセンスがBMPCC4Kに付属

モニターが大きくて見やすい

BMPCC4Kは一般的な一眼カメラと比べると横長の形状でモニターがとても大きいです。

BMPCC4K撮影風景 ポケシネ4Kはモニターが大きい

実際に撮影してみてもこの大きなモニターは使い心地が良く感じました。特にヒストグラムを表示しながらでも無理なく撮影できるのはさすが動画用のカメラといったところです。ふつうの一眼カメラでヒストグラムを撮影中に表示するとモニターを占める割合が大きくて邪魔に感じます。

またこのモニターはタッチパネルなので指で触って直感的なメニュー操作ができます。

マイクロフォーサーズならEFレンズ資産が活かせる

BMPCC4Kはマイクロフォーサーズマウントです。MFTの豊富なレンズ群を使えるのはもちろん、マウントアダプターの利用でEFレンズなど他のマウントのカメラ向けのレンズも装着できます。わたしはキヤノンの一眼カメラユーザーでEFレンズをたくさん持っているので、そのレンズが使えるのはとても助かります。

しかもただのマウントアダプターだけでなく、フォーカルレデューサー機能付きのアダプターもあります。これはレンズを間に挟むことで画角が少し広くなる器具です。またF値もすこし明るくなります(公式説明では1段分明るくなる)。

例えば「Commlite CM-AEF-MFT Booster 0.71X」は比較的安価ながら電子接点付きなので人気のあるマウントアダプターです。EFレンズは電子接点がないと絞りの制御ができないのでアダプターを買う際はご注意ください。

試しに「SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM Art」を装着してみたところ、開放F値がF1.8からF1.3と1段明るくなりました。画角はマイクロフォーサーズの場合フルサイズ換算すると焦点距離2倍になりますが、0.71倍のフォーカルレデューサー機能があるので、約25mm〜約50mm相当となります。F1.3通しでこの画角をカバーできるとなると非常に優秀ですよね。
※F1.8が1段明るくなるとF1.2かF1.3でカメラによって表示が変わるかもしれません。BMPCC4KはF1.3でした。
※BMPCC4Kのクロップファクターは厳密に言うと2倍よりすこし小さくて1.9倍ほどだそうです。

参考:CM-AEF-MFT Boosterの動作確認済みレンズリスト

Commlite CM-AEF-MFT Booster 0.71XとSIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM Art

BMPCC4Kに「Commlite CM-AEF-MFT Booster 0.71X」と「SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM Art」を装着

「Commlite CM-AEF-MFT Booster 0.71X」はアルカスイス互換の三脚座付き。

バッテリーがキヤノン LP-E6

レンズだけでなくバッテリーもキヤノンの一眼カメラ用の「LP-E6(LP-E6N)」を使えます。わたしが持っているEOS Rと同じものなのでバッテリーを使いまわすことができて便利です。

アクセサリーとの接続でさらにパワーアップ

BMPCC4Kはインターフェイスもほかの一眼カメラとは異なった特徴があります。高品質な外部マイクを接続できるミニXLRコネクタがあったり、フルサイズのHDMI、USB-Cなども備えています。

また専用のケージが様々なメーカーから発売されており、リグを組むことができます。

リグを組んだBMPCC4K




BMPCC4Kを購入する前の注意点

魅力的な性能の「Blackmagic Pocket Cinema Camera 4K」ですが、購入にあたっていくつか注意しておいたほうが良いポイントがあります。

ボディ内手ぶれ補正はない

「Blackmagic Pocket Cinema Camera 4K」にボディ内手ぶれ補正はありません。手ブレを防ぐには、補正機能付きのレンズを使ったり、三脚やジンバルなどを用いることになります。

わたしは手ぶれ補正機能付きのレンズ「オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO」をBMPCC4K用に買いました。

オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO」強力な手ぶれ補正と広いズームレンジが魅力

またわたしはVelbon(ベルボン)の一脚でぶれを軽減するようにしています。

AFはシングルAFのみ

「Blackmagic Pocket Cinema Camera 4K」は基本的にはオートフォーカス(AF)はないものとして扱うことになります。一応AFの機能はあるものの、ボタンを押したときに合わせるだけのシングルAFです。連続的にフォーカスを合わせてくれるコンティニュアスAFはありません。

カメラ任せでお手軽にピントを合わせたい人にBMPCC4Kは向いていません。特にマウントアダプターを使ってレンズを装着するとAFが効かない可能性が高いです。

ちょっと良いパソコンがないと編集が大変

「Blackmagic Pocket Cinema Camera 4K」はRAW動画など、豊富な情報を備えた形式の動画を記録できる点が魅力です。そのぶん動画データの容量は相応に大きくなります。そして大きいデータを扱うにはパソコンも高性能なものが必要になります。

パソコン本体に15万円は予算が欲しいところ。幸いBlackmagic RAWのおかげで編集環境のハードルはずいぶん低くなりました。以前であればもっと高級なパソコンが必要でした。マウスコンピューターのDAIVやアップルのMacBook Proなどで普通に編集できています。編集ソフトはやはりDaVinci Resolveが最適です。

メーカーによってはDaVinci Resolveの動作を保証した推奨パソコンを発売しています。

参考:DaVinci Resolve推奨モデル マウスコンピューターのクリエイター向けPC DAIV
参考:カラーコレクション向けパソコン (DaVinci Resolve 動作確認済み) | パソコン工房【公式通販】

マウスコンピューターDAIVとコラボモデルを発売!わたしの理想のパソコンを作ってもらいました
マウスコンピューターのクリエイター向けブランドPC「DAIV」と神戸ファインダーのコラボレーションパソコンが登場しました!写真や動画の編集に適した高性能パソコンを特別にお買い求めやすい価格でお届けします。初心者から上級者までカバーできるよう...

カラーグレーディングするならモニターが大事

「Blackmagic Pocket Cinema Camera 4K」は基本的には編集して作品に仕上げることを前提としたカメラです。特にRAW動画に関してはカラーグレーディングが必須。カラーグレーディングするならパソコンだけでなくモニターもちゃんとしたものを使わないとあまり意味がありません。

マスターモニターと呼ばれるリファレンス用のモニターを用意しましょう。わたしもグレーディング用にカラーマネジメントモニターを使っています。

写真映像編集向けディスプレイBenQ PV270レビュー!安定した映りが魅力のカラーマネジメントモニター
BenQのカラーマネジメントディスプレイPV270をレビューします。映像編集だけでなく写真編集用途としても優れたモニターです。ハードウェアキャリブレーション対応、Adobe RGB99%カバー、わずか5分で安定した映りになるバックラ...

記録メディアにお金がかかる

「Blackmagic Pocket Cinema Camera 4K」で最大のネックは記録メディアでしょう。動画は静止画と比べて容量が大きいです。だんだんとデータがたまってしまい、記録メディアやストレージにお金がかかります。Blackmagic RAWのおかげでだいぶ容量は小さくなっているものの、データの管理のことも考えておかないと後々困ったことになるでしょう。

これはわたしの経験的な話ですが、記録メディアにお金をかけるのは気持ち的につまらないものです。パソコンやモニターは作業の快適さを大きく左右するのでここは意欲的にお金をかける気になります。特にモニターは映像表示の肝となるところですから、映像制作する人なら多少の出費は惜しまないでしょう。しかし、記録メディアはとても地味な道具なので、ここにお金をかけてテンションが上がる人は少ないと思います。それでもデータを管理するSDカードやドライブの確保は重要なので覚悟を決めましょう。

幸い最近は記録メディアやストレージの値段が下がってきています。特にBMPCC4Kの場合、外付けSSDの活用がもっともおすすめです。容量に対して価格が安いですし、そのまま編集することができて便利です(ただしバックアップはとっておくべき)。わたしはサンディスクのExtreme Portable SSDを使っています。

外付けSSDの決定版!サンディスク エクストリーム ポータブルSSD購入レビュー
外付けSSDとしてSanDisk(サンディスク)エクストリーム ポータブルSSDを購入しました。持ち運びしやすいコンパクトな外付けドライブです。SSDなのでデータ転送速度がとても速くて、データ破損のリスクも小さいので安心快適です。 ...

バッテリーがたくさんいる

バッテリーLP-E6が1個で収録可能時間は1時間弱といったところでしょうか。内蔵バッテリーだけで長時間の撮影は困難です。長い時間ロケ撮影するならバッテリーをたくさん用意しましょう。

わたしの場合普段から使っているカメラがあまり電池持ちしないので意外とバッテリーの問題は気になりませんでした。「BMPCC4Kはバッテリーが持たない」とさんざん聞いていたのでびくびくしていたのですが、EOS Kiss M、GoPro7、GR3などに慣れていると案外バッテリー持つじゃないかという印象です。とはいえ一般的にはバッテリー持ちが悪いとされているのでご購入の際は注意してください。

わたしはRAVPowerの互換バッテリーをBMPCC4KやEOS Rで使っています。今のところ不具合はありません。




映像制作に真剣に向き合うならBMPCC4Kは最高のカメラかも

「BMPCC4K」は本体価格が安く、レンズも手頃に入手可能なものが豊富です。また編集ソフトのライセンスが付属して、新コーデックのBlackmagic RAWのおかげで編集環境のハードルも下がりました。プロ仕様の映像製作環境がアマチュアでも手の届くところまでやってきたと言えます。

シネマカメラなので、ふつうのビデオカメラや一眼カメラに慣れているとBMPCC4Kは少し癖があって扱いにくいかもしれません。しかし、そのぶんほかのカメラでは実現できないような映像制作を行える夢のあるカメラです。

わたしはキヤノンのEOS Kiss X6iで一眼動画を始めました。当時は学生でお金もないのでRAW動画なんて夢のまた夢でした。その時代でもキヤノンの一眼カメラ (5D3など)とサードパーティー製のソフトウェアMagic Lanternを使ってRAW動画を撮る人たちもいましたが、自分には縁のないものと思っていました(そもそも一眼レフを買えただけで満ち足りていたのでそれ以上の欲もありませんでした)。

ですがしだいにカメラやレンズ、三脚、NDフィルターなどの関連アクセサリーが充実してきて、パソコンやモニターも良いものが手元にそろってきました。次に挑戦するならより本格的な動画撮影。そんなことを考えてたところ、BMPCC4Kという手頃なシネマカメラやBlackmagic RAWという画期的なRAWコーデックが登場しました。これは欲しい!大変そうだけどどうせ挑戦するなら難しくて勉強のしがいがあるもののほうが良い。そしてBMPCC4Kを注文しました。

大人気のカメラということで注文から納品まで時間がかかるとの話を聞いていました。わたしの場合は2019年の1月に注文して約2ヶ月後にわたしのもとに届きました。これからたくさん撮影していきたいと思います。

わたしが初めてBMPCC4Kで撮影した動画

参考:BMPCC4Kで撮影した動画|神戸ファインダー – YouTube

関連記事

当サイトをご覧いただきありがとうございます!

「神戸ファインダー」は豊富な写真と動画で神戸の魅力を発信するブログ型情報ウェブサイトです。サイト運営者Akiが気になるカメラや関連機材についても国内外から情報を集め記事にしています。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをよろしくお願いします。
FacebookTwitterYouTubeInstagramLINE@などでも情報発信していますのでフォローよろしくお願いいたします。シェアとフォローは下のボタンからご利用いただけます。

質問があればお気軽にコメントやSNSでお知らせください^^

コメント

  1. おかだ より:

    Blackmagickdesignはオーストリアでは
    アメリカではないですよ

    • aki aki より:

      おかだ様

      神戸ファインダーのAkiです。
      失礼しました。
      確認したところ本社はオーストラリアにあるようです。
      ご指摘ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました