DaVinci Resolveで動画を高速で書き出す方法とグラフィックスのおすすめ

DaVinci Resolveで動画を高速で書き出す方法とグラフィックスのおすすめ

DaVinci Resolve(ダヴィンチリゾルブ)で動画を編集して書き出すときのおすすめの設定をご紹介します。エンコードの速度を速めるにはグラフィックスやドライバーが鍵になります。ビデオカードの処理能力を活かして書き出し時間の短縮を目指しましょう。

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。ブラックマジックデザインが大好きなAki(@Aki_for_fun)です。編集を済ませて最終的に動画ファイルとして出力するときに、エンコード時間が長くかかってしまい悩んでいませんか。この方法を使えばDaVinci Resolveで動画の書き出し時間が大幅に短くなりますよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

DaVinci Resolveで動画のエンコード時間を短縮する方法

動画編集ソフトのDaVinci Resolveを使っている人におすすめの設定をご紹介します。

エンコーダーのおすすめ設定

デリバーページ左のビデオの書き出し設定の中から「エンコーダー」という項目に行きます。

DaVinci Resolve デリバー エンコーダー設定

標準設定は「ネイティブ」になっています。これを変更して「NVIDIA」や「AMD」、あるいは「Intel Quick Sync」を選びます(選べる項目はパソコンのグラフィックスやCPUによって異なります。)。

DaVinci Resolve デリバー エンコーダー設定

PCに搭載されているNVIDIAやAMDのグラフィックスの処理能力を活かしたり、インテルのIntel Quick Sync Video(QSV)という機能を活用することで、高速のエンコードを可能にします。「ネイティブ」を選ぶよりも書き出しの時間が短縮される可能性が高いです。

もしくは「エンコーダー」という項目のかわりに「可能な場合はハードウェアアクセラレートを使用」という項目があるのでこれにチェックを入れます。これでもエンコード時間の短縮が期待できます。

DaVinci Resolve デリバー ハードウェアアクセラレート 設定

これらの設定の違いで実際にエンコードの時間が変わるか計測しました。

エンコーダー 動画の解像度 エンコードにかかった時間
ネイティブ FHD30P 0分53秒
NVIDIA 0分14秒
ネイティブ 4K30P 1分7秒
NVIDIA 0分32秒
ネイティブ BRAW 4K 24p 2分26秒
NVIDIA 0分48秒

エンコーダーでNVIDIAを選択したほうがエンコード時間を半分以下に短縮できました。エンコードに用いた素材はそれぞれ2分30秒の尺の動画で簡単なテキストやトランジションなどの編集を施しています。もっと長尺の素材であればこのエンコードにかかる時間差は大きくなります。パソコンはデスクトップでCPUがインテル Core i7-9700K、グラフィックスがNVIDIA GeForce RTX 2070です(マウスコンピューターDAIV DGZ530S2-KBFD)。

エンコード時間の計測に用いたPCはCPUも比較的性能の良いものでしたが、それでもエンコーダーにNVIDIA GeForce RTX 2070を用いることで非常に高速で動画を書き出すことができました。DaVinci Resolveで動画編集する場合、パソコンのグラフィックスカードに高性能なものを搭載するとメリットが大きいです。

残念ながらDaVinci Resolve無償版だとこれらのエンコーダーの選択やハードウェアアクセラレートの使用は選べません。いまのところ有償版のDaVinci Resolve Studio限定の機能です(ブラックマジックデザインの岡野さんがおっしゃってました)。

無料版のDaVinci Resolveにはハードウェアエンコードの機能がない

無料版のDaVinci Resolveにはハードウェアエンコードの機能がない

DaVinci Resolveは無償版でも本格的な動画編集できる素晴らしいソフトですが、有償版だとこのような機能が増えてさらに魅力的になります。買い切りのソフトウェアで一度購入すればあとはメジャーアップデートも無料で適用できるので有償版はおすすめです。わたしはブラックマジックデザインのポケシネ4Kを購入したときにDaVinci Resolve Studioのライセンスがついてきたので有償版を使用しています。

参考:動画撮影用カメラならBMPCC4K!わたしがシネマカメラを買った理由

参考までにわたしが様々なノートPCで計測したエンコード時間も掲載します。計測に用いた素材の動画は上で紹介したものと同じです。

パソコンの名前とスペック 解像度 エンコーダー エンコード時間
アップル MacBook Pro
Core i7-6700HQ
Radeon Pro450
FHD30P
ネイティブ 4分14秒
ハードウェアアクセラレート 0分30秒
4K30P
ネイティブ 15分45秒
ハードウェアアクセラレート 1分49秒
マイクロソフト SurfacePro7
Core i5-1035G4
Intel Iris Plus Graphics
FHD30P
ネイティブ 9分40秒
Intel Quick Sync 1分37秒
4K30P
ネイティブ 17分39秒
Intel Quick Sync 5分13秒
マウスコンピューター DAIV 3N
Core i7-8709G
Radeon RX Vega M GH
FHD30P
ネイティブ 2分12秒
AMD 1分10秒
Intel Quick Sync 1分8秒
4K30P
ネイティブ 8分30秒
AMD 4分22秒
Intel Quick Sync 3分23秒
マウスコンピューター DAIV 4N
Core i7-10510U
GeForce MX 250
FHD30P
ネイティブ 3分7秒
Intel Quick Sync 0分47秒
4K30P
ネイティブ 13分7秒
Intel Quick Sync 2分46秒
マウスコンピューター DAIV 5D
Core i5-9400
GeForce MX 250
FHD30P
ネイティブ 1分28秒
Intel Quick Sync 0分37秒
4K30P
ネイティブ 1分56秒
Intel Quick Sync 1分26秒
マウスコンピューター DAIV 5P
Core i7-9750H
GeForce GTX 1650
FHD30P
ネイティブ 1分12秒
Intel Quick Sync 0分28秒
4K30P
ネイティブ 5分30秒
Intel Quick Sync 1分35秒
マウスコンピューター DAIV 5N
Core i7-9750H
GeForce RTX 2060
FHD30P
ネイティブ 1分9秒
NVIDIA 0分14秒
Intel Quick Sync 0分26秒
4K30P
ネイティブ 5分17秒
NVIDIA 0分58秒
Intel Quick Sync 1分40秒

ちなみに動画編集ソフトAdobe Premiere Proでも同様の機能の「ハードウェアエンコード」があるようでやはりエンコード時間を短縮できることが確認されています。つまり動画編集するならグラフィックス大事です。

参考:Premiere Proのハードウェアエンコードで動画の書き出し時間が爆速になった | でこにく

ドライバーのおすすめ設定

ご自身のパソコンにNVIDIAのグラフィックスカードが搭載されている人は、ドライバーをクリエイター向けのStudioドライバーに設定することをおすすめします。

Studioドライバーを適用することでDaVinci ResolveやPremiere Proなどのソフトの処理が効率化されるほか、10bitカラーに対応するなどクリエイターにとってメリットが多いです。

参考:Studioドライバーの詳細 NVIDIA RTX Studio

DaVinci Resolve向けに適しているドライバーなのでエンコード時間も短縮できるかもしれません。ただしわたしの環境ではエンコード時間への影響はあまりありませんでした。

2020年5月26日現在で最新のStudioドライバー(Ver.442.92 2020年4月16日リリース)
GeForce向け → NVIDIA DRIVERS NVIDIA Studio Driver
Quadro向け → NVIDIA DRIVERS Quadro Desktop/Quadro Notebook Driver Release 440 WHQL

下記のリンクからも最新のNVIDIA Studioドライバーを検索してダウンロードできます。自分の利用しているグラフィックカードを選び、ダウンロードタイプの項目で「Studioドライバー」を選択してください。

ドライバーの検索とダウンロード → NVIDIAドライバダウンロード

関連記事:8bitから10bitへ!写真・動画編集するなら知っておきたいPCのNVIDIAの設定

8bitから10bitへ!写真・動画編集するなら知っておきたいPCのNVIDIAの設定
WindowsのパソコンでNVIDIAのグラフィックボードを使っている人はぜひ10bitカラー出力の設定をして、グラフィックスやディスプレイの性能を発揮できるようにしましょう。対応のGPUやモニターを持っている人ならより写真のレタッチや映像のカラーグレーディングの際に10bitの恩恵を得ることができます。

画質を少し落としてみる

どうしても動画エンコードに時間がかかる場合は、書き出す動画の画質の見直してみましょう。

DaVinci Resolveの書き出し設定の品質は標準で「最高」が設定されています。例えばこれを「中」に落とすことでもエンコード時間は短くなります。もちろん画質も落ちるわけですが、実際にはその差が気にならないこともあります。

あるいは解像度で4Kに設定している場合はFHDに落とすこと検討しましょう。一般的な観点からするとFHDでもじゅうぶんに高画質です。

なんとなく画質を良くしたいためにあまりよく考えずに高い品質に設定して動画を書き出しているかもしれませんが、今一度設定を見直して自分が納得できるラインを探してみてはいかがでしょうか。

DaVinci ResolveにおすすめのPC・グラフィックスカード

DaVinci Resolveの処理ははパソコンのグラフィックスカードの性能に依存するところが大きいです。この記事で紹介したエンコーダーやドライバーの設定もグラフィックスに関わるもので、性能の高いグラフィックスカードを選ぶことでDaVinci Resolveでの編集作業は快適になります。

FHDの動画編集から軽い4K動画の編集をする人におすすめ

  • GeForce GTX 1650 SUPER
  • GeForce GTX 1660
  • GeForce GTX 1660 SUPER
    など

GeForce GTX 1650 SUPER搭載のおすすめパソコン → マウスコンピューター DAIV Z5

GeForce GTX 1660 SUPER搭載のおすすめパソコン → raytrek XT(レイトレック XT)7764|パソコン通販のドスパラ

4K動画やRAW動画の編集をする人におすすめ

  • GeForce RTX 2060 SUPER
  • GeForce RTX 2070
  • GeForce RTX 2070 SUPER
  • GeForce RTX 2080 SUPER
  • GeForce RTX 2080 Ti
    など

GeForce RTX 2060 SUPER搭載のおすすめパソコン → raytrek ZV(レイトレック ZV)8473|パソコン通販のドスパラ

GeForce RTX 2070 SUPER搭載のおすすめパソコン → マウスコンピューター DAIV Z9

DaVinci Resolve用途としては、NVIDIA QuadroシリーズやAMD Radeonシリーズ(Mac搭載を除く)などはあまりおすすめしません。現状Windows PCでDaVinci Resolveを使うにはGeForceシリーズのグラフィックスカードが相性が良くてコスパに優れています。

ノートパソコンのおすすめ

基本的にデスクトップPCのほうがパフォーマンスは出ますが、ノートPCでもすこし高級なクリエイター向けPCであればDaVinci Resolveで快適に動画編集できます。

NVIDIA GeForce RTX 2060搭載のノートPC → マウスコンピューター DAIV 5N

NVIDIA GeForce RTX 2060 Max-Q搭載のノートPC → ROG Zephyrus G14

Macはグラフィックスカード搭載モデルを選ぼう

Macはグラフィックスカードが搭載されているものを選びましょう。最近はインテルCPUに内蔵されているグラフィックスも悪くない性能ですが、やはり別途グラフィックスカードが載っているほうがDaVinci Resolveの使用には向いています。そういう意味ではMacBook Proでも13インチより16インチ(あるいは最近の15インチ)モデルのほうがおすすめです。

参考:16インチMacBook Pro – Apple(日本) 

関連おすすめ記事:
DaVinci Resolveの使い方を勉強するのに便利なサイトや書籍・チュートリアル動画まとめ

DaVinci Resolveの使い方を勉強するのに便利なサイトや書籍・チュートリアル動画まとめ
動画編集ソフトDaVinci Resolve(ダヴィンチリゾルブ)の使い方を学ぶのに便利なコンテンツをまとめました。公式のマニュアルや、ユーザーによる解説記事や動画、書籍、セミナーなど様々なかたちのチュートリアルコンテンツがあります。

当サイトをご覧いただきありがとうございます!

「神戸ファインダー」は豊富な写真と動画で神戸の魅力を発信するブログ型情報ウェブサイトです。サイト運営者Akiが気になるカメラや関連機材についても国内外から情報を集め記事にしています。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをよろしくお願いします。
FacebookTwitterYouTubeInstagramなどでも情報発信していますのでフォローよろしくお願いいたします。シェアとフォローは下のボタンからご利用いただけます。

質問があればお気軽にコメントやSNSでお知らせください^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました