ピークデザインのフィールドポーチV2を買ったのでV1と比較レビュー

3.5

Peak Design(ピークデザイン)のフィールドポーチがリニューアルされてV2になりました。さっそく購入して使っています。もともと持っていた旧型のV1と比較しながらなにが変わってどう違うのか、ポーチの特徴についてレビューします。

ピークデザイン フィールドポーチV2 Peak Design Field Pouch V2

V2↓

V1↓

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。ピークデザイン大好きなAki(@Aki_for_fun)です。

愛用しているフィールドポーチが新しくリニューアルされてV2になったのでさっそく購入しました。しばらく使ってみたので、その使い心地や旧型のV1からどのように変わったのかレビューします。

スポンサーリンク

フィールドポーチ FIELD POUCHの基本仕様

ピークデザイン(Peak Design)のフィールドポーチは、スマホや財布などの小物を持ち運ぶのに便利なカバンです。カメラバッグの用途としても考えて作られているのでコンデジや小さめのミラーレス一眼カメラやレンズ、SDカード、バッテリーなどを収納しやすいポケットが用意されています。

フィールドポーチV2

型番 BP-BK-2 (Black),
BP-MN-2 (Midnight),
BP-CH-2 (Charcoal)
定価 ¥7,700(税込)
ピークデザイン公式販売価格 $44.95 or ¥5,000(+送料)
外寸(高さ×幅×奥行) H25 × W27 × D10.92 cm(最大時)
H19 x W24 x D1 cm(最小時)
重量 170g
容量 最大3L
付属物 フィールドポーチ本体
キャリーストラップ
保証 生涯保証
発売日 2021年6月22日、国内販売8月10日~

フィールドポーチV1

型番 BP-BL-1 (Charcoal), BP-BR-1 (Tan),
BP-AS-1 (Ash), BP-BL-1 (Black)
定価 ¥6,600(税込)
ピークデザイン公式販売価格 $39.95 (+送料)
外寸(高さ×幅×奥行) H25 × W27 × D10.92 cm(最大時)
H19 x W24 x D1 cm(最小時)
重量 155g
容量 最大3L
付属物 フィールドポーチ本体
アンカー×2
保証 生涯保証

参考:フィールドポーチ FIELD POUCH – Peak Design | ピークデザインのある暮らし

スポンサーリンク

フィールドポーチV2の主な特徴

ミニマルなポーチからコンパクトなカメラバッグに変身できる

フィールドポーチは比較的小ぶりなサイズなので、イメージ的にはサコッシュにちかいかもしれません。財布やスマホなどのちょっとした小物を持ち運ぶのに便利です。

一方でフィールドポーチは荷物の量にあわせてサイズが大きくなるような構造になっています。そのため小型の一眼カメラくらいなら収納できるほどのサイズになります。

ピークデザイン フィールドポーチV2 Peak Design Field Pouch V2

ポケットをとめる位置を変えることで高さの調節ができる。

フィールドポーチのサイズは中の荷物の量で変化

中に入れる荷物の量が少なければコンパクトなサイズに。一方でたくさん荷物を詰め込むこともできる。

ピークデザイン フィールドポーチV2 Peak Design Field Pouch V2

小分けに整理して収納できる。

ピークデザイン フィールドポーチV2 Peak Design Field Pouch V2

荷物の収納例

ピークデザイン フィールドポーチV2 Peak Design Field Pouch V2

最大限の高さにしたときのフィールドポーチのサイズ。ストロボはスタンドを外せば縦向きに入る。70-200mm F4のズームレンズはぎりぎり入らないくらい。

ピークデザイン フィールドポーチV2 Peak Design Field Pouch V2

小型のミラーレス一眼カメラ(キヤノンEOS Kiss M)は収納可能。

ピークデザイン フィールドポーチV2 Peak Design Field Pouch V2

レンズは中くらいのサイズなら2本入る。画像ではSIGMA18-35mm F1.8とCANON EF-S18-135mmのズームレンズを入れています。

ひとつのカバンでミニマルなポーチから、小型カメラバッグとしてまで使えるのがフィールドポーチの魅力です。

個人的にはあまり厚みのない荷物の収納に使っています。タブレットだとAmazon Fire HD8がちょうどすっぽり収まります。

小物整理に便利なポケットがたくさんあります。バッグインバッグのような使い方もおすすめです。

ピークデザイン フィールドポーチV2 Peak Design Field Pouch V2

フィールドポーチV2のポケット

ポケットの構造はV2とV1で微妙に変化しています。V1にはSDカードを個別に収めるような小さいポケットはなくもう少し大きめなポケットばかりで構成されています。

フィールドポーチV1のポケット

フィールドポーチV1のポケット

肩掛けストラップ付属、ウエストポーチにも

ピークデザインのフィールドポーチV2では肩掛けできるようにストラップが付属します。V1では別売りのカメラストラップを用意しなければなりませんでしたが、V2では追加の出費なく肩掛けして使えるようになりました。

ピークデザイン フィールドポーチV2 Peak Design Field Pouch V2

付属のストラップを取り付けた様子

ピークデザイン フィールドポーチV2 Peak Design Field Pouch V2

ストラップ取付部分の比較。左がV2。右はV1でアンカーが付属するもののストラップは別売り。

ウエストポーチのようにして使える構造です。

ベルトを通したフィールドポーチ

ベルトを通せるスリーブがあります。これはV2もV1も同じ。

ピークデザイン フィールドポーチV2 Peak Design Field Pouch V2

ウエストポーチとして使えます。

キャプチャーでカメラ・レンズを外付け

ピークデザインのキャプチャーを取り付けるためのスリーブがあるので、別売りのキャプチャーやレンズキットなどと組み合わせることでカメラやレンズをポーチの外側に取り付けることも可能です。

ピークデザイン キャプチャーを付けたフィールドポーチV2 Peak Design Field Pouch V2

キャプチャーでカメラをポーチの側面に取り付けできる。

旧型のV1ではキャプチャー用を取り付けられる場所がポーチの中央一か所でしたが、新型のV2ではポーチの側面二か所になりました。

ピークデザイン キャプチャーを付けたフィールドポーチV2 Peak Design Field Pouch V2

キャプチャー取付位置の比較。左がV2、右がV1。

キャプチャーでカメラをつけたときの重量バランスはV1の中央のほうが安定しているように感じます。しかし、カメラの取り出しやすさでいうと横についていたほうが便利です。ピークデザインのほかのカメラバッグもキャプチャーの取り付け位置はV2と同様に側面部分になっています。カバンを斜め掛けにしたときはキャプチャーはこの位置のほうが使いやすいと思います。

「キャプチャー」は別売りです。

参考:ピークデザインのキャプチャーV3を買ったよ!新旧製品の比較・互換性とプロパッドの必要性について

ピークデザイン フィールドポーチとレンズキットでレンズを外付け

フィールドポーチにレンズを外付け

レンズを取り付けたい場合は「キャプチャー」と「レンズキット」の両方が必要です。

参考:レンズキット LENS KIT – Peak Design | ピークデザインのある暮らし 

カラー・デザインがV2世代にリニューアル

カラーバリエーションがリニューアルされました。チャコール、ミッドナイト、ブラックの3種類です。

画像:フィールドポーチV2のカラー

画像:フィールドポーチV1のカラー

V1とV2では同じチャコールでもわずかに色合いが異なります。

フィールドポーチV2 チャコール ピークデザイン

V2のチャコールカラーは茶色の皮素材が合わせられていて、ステッチの糸はチャコールと同系統にまとめられている。V1では赤色のステッチでした。

個人的にはこのチャコールのカラー・デザインはとても好きです。だからこそ買いました。

スポンサーリンク

フィールドポーチV2を買うべきか

V1とV2の違いまとめ

V1からV2で変わったポイントは次の通りです。

  • カラーバリエーション
  • キャプチャーのスリーブの位置
  • 肩掛けストラップの有無
  • ポケットの構造

フィールドポーチをV1をすでに持っている人がわざわざ買い替えるメリットは少ないかもしれません。ストラップが最初から付属するのは実用面では大きな変化だと思いますが、V1を持っていてストラップがほしいだけならリーシュなどのストラップを買ったほうが良いでしょう。

参考:全部欲しくなる!ピークデザインのカメラストラップまとめ【Peak Design】

カラーバリエーションは好みの問題なのでV1でもV2でもどちらでも好きなほうを選べば良いと思います。V1にしかないカラーは在庫が切れるともう手に入らないので旧型デザインのほうが好みの場合は早めの入手をおすすめします。

大きさは変わっていません。ポケットの構造は異なりますが収納できる荷物の量には変わりないと見てよいでしょう。

価格・どこで買うべきか

価格でいうとV2のほうがちょっと高いです。ピークデザイン製品は公式サイトで個人輸入すれば安くなりますが、フィールドポーチ単品購入の場合、送料込みだと国内価格とほぼ変わりません。フィールドポーチ以外にもなにかまとめ買いするなら公式サイトを使う価値がありそうです。わたしは国内販売より先にほしかったので公式サイトで注文して手に入れました。

参考:Peak Designの公式オンラインショップの買い物がお得!個人輸入する方法を解説します

わたしがフィールドポーチV2を買った理由は主にふたつ。もともとフィールドポーチを気に入っていたから、V2のチャコールデザインが好みだったからです。V2でストラップが標準で付属することになったので、より人にもおすすめしやすい商品になりました。小型のポーチを探している人はぜひ検討してみてください。

わたしはスマホ、財布、コンデジくらいの気軽なお出かけ用カバンとして使うことが多いです。あるいは荷物が多い時のサブバッグとしても便利ですね。貴重品だけ入れたり、フィルターや予備バッテリーを入れたり、交換レンズを入れたり。なにかちょっとだけ収納できる大げさじゃないカバンとしてとても魅力的だと思います。

お買い物・価格確認リンク表

フィールドポーチV1
ジェットブラック PeakDesign Amazon 楽天市場 Yahoo カメラのキタムラ
チャコール PeakDesign Amazon 楽天市場 Yahoo カメラのキタムラ
アッシュ PeakDesign Amazon 楽天市場 Yahoo カメラのキタムラ
ヘリテージタン PeakDesign Amazon 楽天市場 Yahoo カメラのキタムラ
フィールドポーチV2
ブラック PeakDesign Amazon 楽天市場 Yahoo カメラのキタムラ ビックカメラ
チャコール PeakDesign Amazon 楽天市場 Yahoo カメラのキタムラ ビックカメラ
ミッドナイト PeakDesign Amazon 楽天市場 Yahoo カメラのキタムラ ビックカメラ

V2↓

V1↓

当サイトをご覧いただきありがとうございます!

「神戸ファインダー」は豊富な写真と動画で神戸の魅力を発信するブログ型情報ウェブサイトです。サイト運営者Akiが気になるカメラや関連機材についても国内外から情報を集め記事にしています。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをよろしくお願いします。
FacebookTwitterYouTubeInstagramなどでも情報発信していますのでフォローよろしくお願いいたします。シェアとフォローは下のボタンからご利用いただけます。

質問があればお気軽にコメントやSNSでお知らせください^^

ピークデザイン
akiをフォローする
スポンサーリンク
管理人 Aki

記事を書いている人 Aki

about me

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます!管理人のAkiはカメラが大好きな神戸っ子です。

自分で撮影した写真や動画とともに神戸の魅力を発信しています。神戸のレジャー・観光・グルメ情報のほか、私が愛用しているカメラに関する情報もたくさん掲載しています。

写真は神戸のマスコットキャラクター「コーベアー」です。

サイト紹介 プロフィール サイトマップ 使用しているカメラやレンズについて Twitter Flickr Instagram Facebook YouTube
関連コンテンツ
Akiの神戸ファインダー

コメント

タイトルとURLをコピーしました