オリエンタルホテル神戸で結婚式を挙げたよ!一日の流れを写真で紹介

※当サイトは広告・アフィリエイトプログラムにより収益を得ています。

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。Aki(@Aki_for_fun)です。 2023年10月、オリエンタルホテル神戸にて結婚式を挙げました。当日の様子を写真とともにブログでお伝えします。

スポンサーリンク

わたしたちの結婚式の一日

約5か月にわたって準備を進めていた結婚式。ついに本番を迎えました。

Aki
Aki

結婚式の写真を送ってもらえたので当日の様子をお伝えします!

Photo by Takeshi Kato, AOULEE
新婦の写真はイラストで隠しています。

10月上旬 秋晴れ

秋の空とオリエンタルホテル神戸

ほんの1週間前までは夏のような陽気を感じられる天候が続いていましたが、式本番では過ごしやすい秋晴れに。わたしたちは暑いのも寒いのもとても苦手なので、このタイミングで式を挙げることができて本当に良かったです。

ホテルに着くと掲示板に本日の宴席の予定が書かれていて、わたしたちの結婚披露宴のことがきちんと記載されていました。この日にホテルで結婚式を挙げるのはわたしたちだけ。貸し切りのような気分になれて嬉しかったです。

早朝からメイク・着付け

午前7:45、お世話になっているプランナーさんに案内されてホテル3階の控室へ向かいます。メイクや着付けを担当してくれるスタッフの方々が準備をして待ってくれていました。すでにヘアメイクリハーサルでもお世話になっていたので、また会うことができて安心しました。

オリエンタルホテル神戸 結婚式の控室にてメイクと着付け

リハーサルの内容に基づいて新婦のメイクやヘアスタイリングが進行します。ボディメイクまでほどこしてくれて、最近できてしまった虫刺され痕をきれいに隠してくれました。

わたしたちはいわゆるファーストミートはしないことにしたので、新婦も新郎も最初から同じ控室でずっと一緒に支度をしました。

オリエンタルホテル神戸 結婚式の控室にてメイクと着付け

早朝からたくさんのスタッフの方々がわたしたちの為に動いてくれていてありがたかったです。新婦だけでなく新郎のわたしの着付けもサポートしてくれましたし、ヘアスタイリングのために「床屋にもう」の理容師の方がホテルまで来てくれました。またフローリストの五十嵐さんが直々にブーケやブートニアを控室まで届けてくれました。

当日前撮り

午前9:40頃、メイクや着付けを完了。わたしたちは平日の挙式ということで、特典として「当日前撮り」をしてもらうことができました。まずはホテルの17階へ。神戸の海の景色を一望できるフロアです。ここでたくさん写真を撮ってもらいました。

トリートドレッシング ウエディングドレス Safiyaa マーメイド 結婚式 オリエンタルホテル神戸にて当日前撮り

ドレスはザ・トリートドレッシング神戸にて用意してもらったマーメイドラインのウエディングドレス。オフショルダーで花嫁の上品な美しさを表現しつつ、うしろに長くのびるトレーンが華やかさを一層引き立てます。

オリエンタルホテル神戸17階 結婚式の当日前撮り
オリエンタルホテル神戸17階 結婚式の当日前撮り

次は外に出て、ホテル周辺の旧居留地エリアにて撮影してもらいました。

新婦の靴はふだん隠れていてあまり見えないのですが、ふとしたシーンで足元が見えるのでちゃんと素敵な靴を用意していてよかったと思いました。新婦も新郎も BENIR というブランドのブライダルシューズを着用しました。

オリエンタルホテル神戸周辺旧居留地にて 結婚式の当日前撮り
オリエンタルホテル神戸 結婚式の当日前撮り

午前10:30頃、ホテルへ戻り控室の隣の「写場」にて撮影と挙式のリハーサルを行いました。

オリエンタルホテル神戸3階の写場にて 結婚式の当日前撮り

紫色の壁が印象的な部屋で、オリエンタルホテル神戸で挙式をする人たちがみんなここで写真を撮っていたのでとても楽しみにしていました。

オリエンタルホテル神戸3階の写場にて 結婚式の当日前撮り
カラーのブーケ 結婚式 五十嵐規高

ブーケはフローリストの五十嵐規高さんが手がけてくれました。カラーやランを取り入れてスタイリッシュにしつつ、すこしやわらかい表情も見えるブーケです。

オリエンタルホテル神戸3階の写場にて 結婚式の当日前撮り

挙式へ

午前11時、いよいよ挙式です。入場のまえにベールダウン。とても神聖な儀式です。

オリエンタルホテル神戸にて結婚式 ベールダウン

家族が待ってくれているチャペルへ。新郎新婦のふたりで入場しました。

オリエンタルホテル神戸のチャペルにて結婚式

入場の際は足取りに集中していたのであまりチャペルの中を見渡す余裕はなく、まっすぐ前を向いてチャペルを進みました。それでも家族が私たちを迎えてくれたのがわかってとてもうれしかったです。

挙式はキリスト教式です。牧師様や参列してくれた家族の前で夫婦の誓いを立てました。

オリエンタルホテル神戸にて結婚式

牧師様が聖書の一節を読んでわたしたちの結婚を祝福してくれました。信仰、希望、愛は特に大切で、その中でも愛が最も大事とされているという話が印象に残っています。

オリエンタルホテル神戸のチャペルにて結婚式
結婚証明書の記入。チャペルの外のテラスには緑が広がりさわやかです。

挙式をキリスト教式にするか人前式にするかを選ぶことができたのですが、厳かな雰囲気のなかで式を挙げたかったのでキリスト教式を選びました。披露宴のときにはよりリラックスした打ち解けた雰囲気で過ごすことができるので、メリハリをつけてチャペルにいる間だけでもきちんと厳粛な時間を持つことができてよかったです。

オリエンタルホテル神戸のチャペルにて結婚式

式が結んだあとはチャペルとチャペル横のテラスにて記念撮影を行いました。参列してくれた家族との写真を残すことができたほか、そのあとに新郎新婦ふたりでカップルフォトを撮ってもらいました。

オリエンタルホテル神戸のチャペルにて結婚式 当日前撮り
本番のあとなのでリラックスした表情です
オリエンタルホテル神戸のチャペルにて結婚式 当日前撮り
自然光が差し込み美しく照らされます。
オリエンタルホテル神戸のチャペルにて結婚式 当日前撮り
チャペルはどこを背景にしてもオシャレで素敵。
オリエンタルホテル神戸のチャペルにて結婚式
チャペルの床は大理石で反射が美しいです。

この日は平日で、わたしたち以外に結婚式の予定がなかったこともあり、ゆっくりとチャペルで写真を撮ることができてうれしかったです。

披露宴へ

正午より披露宴の開始です。

オリエンタルホテル神戸 結婚式の披露宴 ロイヤルボールルームイースト
オリエンタルホテル神戸 結婚式の披露宴 ロイヤルボールルームイースト
乾杯 オリエンタルホテル神戸 結婚式の披露宴 ロイヤルボールルームイースト

乾杯!

オリエンタルホテル神戸 家族婚 披露宴

家族だけが参列するささやかなパーティーだったので、わたしたちもゲストもおなじ円卓を囲んで食事を楽しみました。

披露宴では新郎のシャツとタイを替えたり、新婦のヘアスタイルを一新してより華やかな装いにしています。

ウェディングケーキ入刀 オリエンタルホテル神戸 結婚式の披露宴 ロイヤルボールルームイースト 
ケーキ入刀!
ウェディングケーキのファーストバイト オリエンタルホテル神戸 結婚式の披露宴 ロイヤルボールルームイースト

こういうウエディングケーキは大部分が模造と聞いていましたが、カットした手前の部分はどこをすくってもおいしく食べることができました。
新郎新婦でファーストバイトをしたあとは、サプライズで兄や姉に参加してもらってケーキを食べてもらいました。ほとんど演出のない式でしたがこれは楽しくできてよかったです。

披露宴会場内にデザートビュッフェを設置。10種のスイーツから好きなものをお皿にとってみんなで楽しみました。

テラス席にて デザートビュッフェ オリエンタルホテル神戸 結婚式の披露宴 ロイヤルボールルームイースト

途中でテラス席に出て記念写真。明るい時間帯の披露宴だったので自然光がたっぷりと差し込んで撮影しやすかったです。新郎新婦だけでなく、参列してくれた家族ともたくさん写真を撮ってもらいました。

披露宴は2時間ほど。参列者が家族のみの小規模な宴ということもあって、ゆっくりと食事や歓談をすることができました。

ホテル前で記念写真

披露宴が結んでゲストを見送ったあとは、ホテル前でふたりの記念写真です。

オリエンタルホテル神戸 結婚式
オリエンタルホテルの文字がかわいくてお気に入りのエントランスです。
オリエンタルホテル神戸 結婚式

たくさん写真を撮ってくれてありがとうございました!

オリエンタルホテル神戸 結婚式

以上の写真はフォトグラファーの 加藤武 様に撮影いただきました(一部の写真はこちらの都合で勝手ながらイラストで顔を隠したりトリミングしております)。素敵な写真をたくさん(600カット以上)納品してもらいました。妻の美しい姿や、わたしや参列する家族が楽しく過ごしている様子、当日の会場やスタッフさんが働いてくださっている光景など素晴らしい写真を記録していただいて大満足でした。

AOULEE カメラマン 加藤武さん
AOULEE の加藤さんに撮影してもらっている様子。

ホテルにそのまま宿泊

オリエンタルホテル神戸で結婚式を挙げる特典として当日のペア宿泊をプレゼントしてもらえました。式と披露宴を無事に結んだあとは、プランナーさんやメイク・着付けを担当してくれたスタッフさんたちに見送られてそのまま部屋へ向かいました。早朝から支度して、無事に結婚式を挙げることができたのでホテルの部屋でリラックスできてうれしかったです。

オリエンタルホテル神戸のレストランにて朝食ブッフェ
翌朝のホテルの朝食

宿泊には翌日の朝食ビュッフェもついてきたので利用させてもらいました。とても豪華で最高の朝食でした。こちらの朝食にはTWGの紅茶がたくさん用意されていて自由に飲めるのですが、「グランド ウェディング ティー」という名前のお茶があって嬉しくなってしまいました。フルーティーでおいしかったです。

オリエンタルホテル神戸 朝食のドリンク 紅茶 グランドウェディングティー

ホテルの宿泊部屋や朝食については別記事に詳しくまとめています。
参考:旧居留地のオリエンタルホテル神戸に宿泊したよ!何度も通いたくなる居心地よいホテル

スポンサーリンク

結婚式を振り返って思うこと

もともとは結婚式を挙げることにさえ消極的なわたしでしたが、しだいに乗り気になってむしろ積極的に楽しんで準備を進めるようになりました。婚姻届けを出すだけで結婚はできますが、家族に見守られるなかで夫婦の誓いを立てられたことがとてもうれしかったです。とても幸せな時間を過ごすことができました。式を結んだ今は新しい生活が始まったことをしみじみと感じています。

準備中はどのような内容の式や披露宴にするかたくさん迷うことがありましたが、いま振り返ってみるとすべてが良い決断だったと思います。まず家族婚にしたのは大正解でした。家族にはリラックスして式や披露宴を楽しんでもらえたと思います。両家の親睦を深めながら、幸せな家族写真をたくさん残せました。

平日に挙式をできたのも良かったです。この日にオリエンタルホテルで挙式をしたのはわたしたち一組だけ。ゆっくりと食事や会話を楽しめたほか、写真や動画を撮る時間もたっぷり確保できました。

カメラ LUMIX GH6 をもつ新郎
カメラを持つ新郎。控室や披露宴の際に自分で動画を撮影しました。

準備の面でいうと、プロフィールブックをつくっておいてよかったと思いました。わたしたちカップルのプロフィールはもちろん両家の家族の紹介などを書いた冊子をつくりました。披露宴が始まるまでの時間に読んでもらえて、それを話題にして話が盛り上がりました。お互いの親族が打ち解けるいいきっかけになったと思います。

カメラマンに AOULEE の加藤さんを指名したのも大正解でした。写真撮影についてはわたしのこだわりが強くて、ホテルが提携しているすべての撮影会社と話をしたうえで絶対に AOULEE にしたいと考えていました。作例写真を見たり、実際に話をさせてもらって、加藤武さんを指名。わたしの希望を妻が快く受けいれてくれて手配できたことですが、妻も式当日には「加藤さんに頼んでよかった」と大満足の様子でした。
AOULEE のウェブサイトに行くと結婚式の参考写真をたくさん見られるので結婚式を予定されている方はそちらもぜひご覧ください。

ブーケや装花も素敵でした。フローリストの五十嵐さんが、限られた予算のなかでわたしたちの希望をしっかり叶えて素敵に仕上げてくれました。

結婚式ではあらゆるところでたくさんの人に支えてもらって素敵な一日を過ごすことができました。後悔も憂いも全くなく大満足です。常にスタッフさんがわたしたちのそばに付いてくれていて、メイクやヘアスタイルを素敵に保ってくれたり、スムーズな動線をしっかり確保してもらえました。料理がおいしくて、素敵なデザートビュッフェも用意してくれました。装花などインテリアはしっかり洗練されています。さらに当日前撮りや宿泊、朝食ビュッフェなどの特典が豊富にあって、総じて満足度が高かったです。すべてのお世話になった方に感謝です。

結婚
記事を書いている人
Aki
Aki

カメラが大好きな神戸っ子ブロガー&ライター。
自分で撮影した写真や動画とともに神戸の魅力を発信しています。神戸のレジャー・観光・グルメ情報のほか、私が愛用しているカメラや撮影関連グッズ、パソコンなどガジェット情報も盛りだくさんです。

Akiをフォローする
Akiの神戸ファインダー
タイトルとURLをコピーしました