スポンサーリンク

梅雨は紫陽花の季節!アジサイの撮影方法・上手な写真を撮るコツ

シェアする

まもなく紫陽花が見ごろを迎える梅雨の季節です!そこで紫陽花の写真を上手に撮る方法・コツについて考えてみました。非常に魅力的な被写体の紫陽花をステキに撮れるよう研究してみましょう。
スポンサーリンク

紫陽花の写真の撮影方法・テクニック

複数の紫陽花を並べて撮る

ふつう紫陽花の花は複数並んで咲いていることが多いので、まずはキレイに咲いている紫陽花を2つ、3つくらい選んで撮影してみましょう。

複数の花が映る場合、普通は手前の花にまず目が行きます。そのためピントの位置は最も手前の紫陽花に合わせるのが基本です。また二つや三つの紫陽花をフレーミングする際は紫陽花が真横に並ぶより、上の写真のように三角形を描くような配置にしたり、花が斜めに並ぶように配置すると安定した写真になります。

これは前ボケを作って奥の紫陽花にピントを合わせています。このように奥の紫陽花に主題を持っていきたい場合は、手前の紫陽花を大きくぼかす必要があります。しっかり寄って、かつF値を小さくする(絞りを開く)ことで手前の紫陽花をぼかすことができます。

ひとつの紫陽花をフィーチャーして撮る

今度は紫陽花をひとつだけピックアップして撮影するパターンについて考えてみましょう。

紫陽花

この作例では背景がすっきりとした場所を選び紫陽花を撮影しています。主役が画面中央に来る日の丸構図ですが、茎の部分が斜めに入っていたり、葉っぱのおかげで写真に少しリズムがついています。

紫陽花をひとつだけ撮影するときも基本は手前にピントを持ってきます。上の写真だと一番手前に大きく見える装飾花の部分にピントが来ています。ここがピンボケしてしまうとなんとなく落ち着かない写真になってしまいます。

紫陽花 黒背景

これは暗いところが背景になるようにフレーミングしました。黒バックだと花や葉の色がよく映えます。ピントは左手前の装飾花のところにきています。

紫陽花 横から少しハイアングル気味に撮影

ひいて撮影する際は背景に何が見えるときれいかを考えましょう。上の作例では若干見上げ気味に撮影して、木の葉っぱから差す光が玉ボケとして映るように撮影しています。景色の良いところへ行った際は、このように広角で撮影して風景と合わせてみると良いですね。

紫陽花

マクロレンズで撮影した作例です。ちょっと甘いですがこれも左手前にピントが来ています。似たような形の花で画面が埋め尽くされていますが、左手前にピントがきていて、その花の部分だけ開いておしべ・めしべが見えているので、おのずとそれがこの写真の主題であることが分かるようになっています。

紫陽花 前ボケ

前ボケをいれることでも印象的な写真になります。レンズのすぐ前に葉っぱやほかの花を置いてその奥に主役となる花がのぞき見えるようにして撮影します。F値を小さく、絞りを開いて撮るとボケを大きくできます。

紫陽花 奥にラインが見える

高い位置から見下ろすように撮る

紫陽花 俯瞰撮影

真上から俯瞰で撮影しています。このように撮影すると紫陽花の形がよく分かりますね。

上の写真はもう少し絞るか、花がはみ出るくらいアップで撮影しても良かったかもしれません。絞れば葉っぱの形や葉脈、水滴がもう少し存在感が出ます。アップで撮れば主役としての花がよりわかりやすくなり迫力もでます。下の写真がアップで撮った作例です。どちらかというと花がはみでるくらいまで寄った方がよく撮れることが多いです。

紫陽花

紫陽花 ローアングルで撮影

こちらの写真はあえて葉っぱを手前に入れてのぞき込むような視点を演出しました。

紫陽花を上から撮影

低い位置から見上げるように撮る

今度は逆にしゃがみこんで低い位置から見上げるように紫陽花を撮影してみます。こうすると光が上から差し込んで花びらに透明感が出ます。

紫陽花 ハイアングルで撮影

また背景が明るくなることで葉っぱの形もよく見えます。

紫陽花と蜘蛛

青空と紫陽花

晴れた青空と紫陽花の組み合わせも清々しくてきれいですよ。花が暗くなってしまうときはストロボを使うか、露出をプラスに補正してあげましょう。

マクロレンズで撮る

花と言えばマクロ撮影です。特に紫陽花は寄って撮ると面白いですよ。

紫陽花の花 マクロ撮影

マクロ撮影の際は手振れがしやすいので注意しましょう。コツとしては同じ構図で連続してシャッターをきることです。ある程度のシャッタースピードがあればどれかはぶれずに撮影できています。あとでパソコンでじっくりチェックしながら良い写真を選別すれば大丈夫です。

紫陽花 マクロ撮影

もしくは三脚をつかうという選択肢もあります。ただし三脚を使うとだいたんな構図の調整が難しくなるので、慣れないうちは苦労します。より手軽な一脚を使ってみるのも良いです。

紫陽花 マクロ撮影

マクロレンズを使ったことがありますか?撮影がとても楽しくなるレンズなのでカメラを始めたら最初に買ってほしいくらいおすすめのレンズです。この記事では、マクロレンズとはどのような魅力あるレンズなの...

虫や小動物と合わせて撮る

これもマクロレンズを活用した撮影です。花とその場にいる虫や動物をセットで撮ってみましょう。

紫陽花と蜘蛛

カタツムリやカエルを見つけられたらぜひ撮りましょう。小さな生き物を見逃さないよう注意深く観察するくせをつけておくと良いです。

ローキー・ハイコントラストで撮る

花の写真はどちらかというと、露出を上げてハイキーのふんわりとした印象に仕上げることが多いです。しかし、紫陽花に関しては梅雨の時期の花ということもあり、少し露出を下げたローキーな雰囲気もよく合います。

紫陽花 ローキー 露出マイナス補正

雨の日の紫陽花 ローキー

紫陽花 雨

紫陽花 ローキー

紫陽花 マクロ撮影コントラスト強め

上の写真はマクロレンズで撮ったものを少し露出を下げてコントラストを強く設定しています。神秘的でかっこいい雰囲気になりました。

紫陽花 アナベル

紫陽花

またホワイトバランスを白色蛍光灯など青みの強いものに設定すると雨の日の雰囲気を出しやすいです。

面白い形の紫陽花を探して撮る

ハート形の紫陽花

紫陽花はいろいろな種類・形・色があります。こんなハート形の紫陽花もありますよ。

コアジサイ

これはコアジサイ。額紫陽花から額を取ってしまったような紫陽花ですね。

雨の日に撮る

傘と紫陽花

雨の日は花や葉っぱに水滴がついて情緒ある姿を見せてくれます。また水たまりがあれば目線を低くして良い感じの映り込みがないか探してみると面白いでしょう。傘を差す人と花をフレーミングして撮影するのも撮影テクニックのひとつです(ちなみにこの作例写真はピント位置と絞りの設定を失敗した例です。手前の紫陽花が目立つにも関わらずピンボケしていてなんとなく安定しません…)。

雨に濡れた紫陽花の葉

雨に濡れた紫陽花の葉がきれいだったので撮影しました。主役が葉にある場合は紫陽花の花がはみ出るくらいに大胆にフレーミングしてあげたほうが分かりやすい写真になります。

注意したいのはカメラ機材は基本的に水に弱いということ。雨の中の撮影の際はケアを怠らないようにしましょう。

私が使っているカメラ用防水カバー

この防水カバーについてはサブブログで紹介記事を書きました。そのうちこのサイトでも詳しく書きたいと思います。
参考:雨のなか桜を撮影!おすすめのカメラ用防水カバー「Shell」(ピークデザイン) – 食いしんぼうカメラマンAkiのブログ

追記:レビュー書きました!

カメラ用防水カバー「ピークデザインシェル」をご紹介します。シンプルに見えてよくできている多機能なカバーです。雨・雪の日や、水場での撮影が快適になりますよ! Peak Design...

私が使っている防水カメラバッグ

レビュー記事も書いています。

エブリデイバックパック(Everyday Backpack)はピークデザイン(Peak Design)というカメラ用品ブランドが作るリュック型最新カメラバッグです。このエブリデイバックパックを...

もし水滴でレンズが汚れたらクリーニングしてあげましょう。

まとめ
様々な表情を見せてくれる紫陽花。写真の撮りがいのある魅力的な被写体です。撮るアングルやピントの位置に気を配ると良い写真が撮れると思います。マクロレンズを持ってる人はぜひ使いたいですね。個人的な課題としてはたくさんの紫陽花が咲いている場所をいかに魅力的に撮影できるかにトライしてみたいと思っています。皆さんもぜひ紫陽花の撮影を楽しんでください^^

紫陽花

関連記事(撮影機材や撮影スポットの紹介)

この記事の写真のほとんどはマクロレンズ(タムロン90mm)で撮影しています。マクロレンズに興味のある方は次の記事をご覧ください。花の撮影に大活躍するのはもちろん様々な被写体に使える楽しいレンズですよ!

マクロレンズを使ったことがありますか?撮影がとても楽しくなるレンズなのでカメラを始めたら最初に買ってほしいくらいおすすめのレンズです。この記事では、マクロレンズとはどのような魅力あるレンズなの...

紫陽花の花を撮るなら紫陽花がたくさん咲いている場所に行きましょう。神戸と神戸近郊の撮影スポットを次の記事で紹介しています。

紫陽花がきれいな場所をまとめました。紫陽花が見ごろを迎えるのは早いもので5月下旬。遅いもので6月下旬ころまで見ごろのものもあります。紫陽花のシーズンになると神戸の街中でも鉢に植えられた紫陽花を...

撮影のお出かけに便利なピーデザインのカメラグッズ。お気に入りのアイテムについてレビュー記事を書いています。

カメラを購入したときに付いてくるストラップに不満ありませんか?露骨にメーカーのロゴが入っていたり、一度カメラに取り付けるとなかなか外しづらくて面倒。そんなカメラストラップの弱点を解消する「ピークデザイ...
カメラの撮影が趣味の人は外で撮影を楽しむときにカメラの出し入れが面倒に感じることはありませんか?ピークデザインの「キャプチャーカメラクリップ」をカメラの出し入れがスムーズで楽になりますよ。キャプチャー...
エブリデイバックパック(Everyday Backpack)はピークデザイン(Peak Design)というカメラ用品ブランドが作るリュック型最新カメラバッグです。このエブリデイバックパックを...
カメラ用防水カバー「ピークデザインシェル」をご紹介します。シンプルに見えてよくできている多機能なカバーです。雨・雪の日や、水場での撮影が快適になりますよ! Peak Design...

当サイトをご覧いただきありがとうございます!

「神戸ファインダー」は豊富な写真と動画で神戸の魅力を発信するブログ型情報ウェブサイトです。サイト運営者Akiが気になるカメラや関連機材についても国内外から情報を集め記事にしています。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをよろしくお願いします。
FacebookTwitterYouTubeInstagramなどでも情報発信していますのでフォローよろしくお願いいたします。
シェアとフォローは下のボタンからご利用いただけます。

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
関連コンテンツ
関連コンテンツ
スポンサーリンク