マウスコンピューターDAIV 6Nレビュー!高性能で薄型の16インチノートパソコン

マウスコンピューターのノートパソコンDAIV 6N、および DAIV6 シリーズをレビューします。16型の大型ディスプレイを搭載しながらも、薄型軽量に仕上げられたスタイリッシュなPCです。また動画編集やRAW現像などのクリエイティブワークを行えるように高性能なグラフィックスを備えていることも特徴。いま注目の高性能ノートPCです。

期間限定セール開催中!
最大65,000円OFF!!
セール期間:2022年9月28日より10月12日10時59分まで

こちらもチェック → マウスコンピューターのアウトレット商品(型落ちモデルがお得!)

マウスコンピューターDAIV 6Nレビュー!高性能で薄型のノートパソコン

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。Aki(@Aki_for_fun)です。マウスコンピューターから16インチサイズのハイスペックノートPCが新たに発売されました。性能とデザインのバランスが優れていて、いわばWindows版 MacBook Pro のようなパソコンです。さっそく実機をお借りしてしばらく使わせてもらったので、その使い心地をレビューするとともに、おすすめのカスタマイズや機種の選び方について解説します。

※本記事の執筆に際してマウスコンピューター社よりレビュー用にPCをお借りしています。

スポンサーリンク

DAIV 6シリーズの概要

マウスコンピューターDAIV 6Nレビュー!高性能で薄型のノートパソコン
マウスコンピューター DAIV 6N 動画や画像の編集などが快適に行えるクリエイター向けノートパソコン

公式ウェブサイト:DAIV 6シリーズ|マウスコンピューター【公式】

DAIV 6シリーズの魅力

  • 16インチ 16:10(2560×1600)高精細で広々としたディスプレイ
  • sRGB比 100% 色表現に優れた見やすいパネル
  • 薄型で持ち運びやすい
  • 軽量かつ丈夫なマグネシウム合金製(本体重量約1.49~1.65kg)
  • インテル最新の第12世代CPU搭載
  • 高性能なグラフィックス搭載(種類を選べる)
  • 予算・ニーズに合わせてカスタマイズできる幅が広い
  • USB-CやUSB-A、HDMI、SDカードスロットを搭載した充実のインターフェイス
  • Thunderbolt 4 対応
  • 持続力のあるバッテリー(約12時間)
  • USB PDで充電・給電可能
  • シルバーを基調としたスタイリッシュで美しいデザイン
  • 書類作成はもちろん画像編集、写真のRAW現像も快適に行える処理能力
  • 10キー搭載のキーボード
  • 広々としたトラックパッド(誤操作防止機能付き)
  • Windows Hello 顔認証対応
  • 1年保証・24時間サポート

マウスコンピューター DAIV 6シリーズには以下の種類が用意されています。パソコンの外観や操作性については共通していて同じですが、搭載されているパーツが異なり性能や価格に差があります。

  • 「DAIV 6H」 ハイエンド 4K動画編集や3DCGなど高負荷の作業に。
  • 「DAIV 6N」 スタンダード 動画編集やRAW現像、3DCAD作業に。
  • 「DAIV 6P-RT」 プライマリー イラスト制作や写真編集などの作業に。
  • 「DAIV 6P」 プライマリー Web、DTP、モバイルワーク時の軽作業に。

製品一覧:DAIV 6シリーズ|マウスコンピューター【公式】

本記事では DAIV 6N を例に、このDAIV 6シリーズを紹介します。

表:レビュー用に借りたPCのスペック・仕様

CPUインテル Core i7-12700H プロセッサー
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 3060 Laptop GPU
インテル UHD グラフィックス
メモリ16GB
ストレージ512GB (NVMe対応)
サイズ幅353.7×奥行き245.3×高さ18.5(mm)
質量約1.64kg
※購入の際に各種パーツをカスタマイズ可能です。
スポンサーリンク

外観・操作性

マウスコンピューター クリエイター向けノートパソコン DAIV 6N 製品外観

DAIV 6シリーズはシルバーを基調としたシンプルながらも美しいデザインのノートパソコンです。ケースはマグネシウム合金製、軽量かつ堅牢な素材でモバイルPCに適しています。

実際に目にした印象はまるで「アップル MacBook Pro」。後ほど処理性能についても言及しますが、まさにWindows版 MacBook Proといったような位置づけの機種です。シンプルでスリムなデザインでありながら、中身はハイスペックのPCに仕上げられています。

薄型・軽量で持ち運びやすいサイズ

DAIV 6N は薄型のパソコンなのでカバンに収納しやすいです。また大型で高性能なPCとしては比較的軽いので日常的に持ち出してパソコンを使いたい人にも向いています。

公式ウェブサイトの製品紹介ページでも「ライトなボディに、ヘビーなパワーを」のコピーが掲げられています。高性能なパソコンが必要で、かつ持ち運べるラップトップが希望という人に DAIV 6 シリーズのパソコンは適しています。

DAIV 6 シリーズの本体寸法:幅353.7×奥行き245.3×高さ18.5 (mm)

表:DAIV 6 シリーズの重さ

パソコン名本体重量
DAIV 6H約1.65kg
DAIV 6N約1.64kg
DAIV 6P-RT約1.55kg
DAIV 6P約1.49kg
※カスタマイズで選ぶ部品によって重量は変動します。

ディスプレイ

16型ディスプレイを搭載しています。横縦比は16:10、解像度は 2560×1600 WQXGAです。高精細で広々としたディスプレイなので快適に作業が行えて、映像や画像をきれいに鑑賞できます。

16インチディスプレイ マウスコンピューター DAIV 6N

映り込みが少なくて見やすいノングレアタイプのパネルを採用。色表示も筆者の見た印象としては自然で適切なものでした。色域はsRGB比で100%。

16インチディスプレイ マウスコンピューター DAIV 6N
見やすい色表示

キーボードとトラックパッド

16型で筐体が大きいぶん、キーボードやトラックパッドも広々として大きなものです。

キーボード トラックパッド マウスコンピューター クリエイター向けノートパソコン DAIV 6N
キーボードおよびトラックパッド

キーの配置は一部特殊で、筆者は慣れるのにやや時間がかかりました。エンターキーの下にPageUp(上方向キー)があるのが違和感。そこにはシフトキーがあったほうが個人的にはうれしい配置でした。

キーボードのテンキー マウスコンピューター クリエイター向けノートパソコン DAIV 6N
10キー搭載

DAIV 6シリーズのキーボードには10キーが搭載。ノートパソコンで10キーを使える機種は限定的なので10キーが欲しいユーザーにとってはとてもうれしいポイントです。ただし、ややキーの配列に癖があって「右キー」が数字の「1」の下に配置されています。一般的には「1」の下に「0」のキーがあるものが多いのでやや使いにくく感じるかもしれません。

トラックパッド マウスコンピューターDAIV 6N
右上と左上のボタンでトラックパッドの反応を制御できる

トラックパッドが広すぎて誤操作を招くときは、有効範囲を左半分に制限することが可能(右上のボタン)。あるいはトラックパッド全体を一時的にオフすることも可能です(左上のボタン)。

トラックパッドの隅のところを二回タップすることでこのオン/オフを切り替えできます。2回タップで機能する仕組みなのでこのオンオフ機能が勝手に作動してしまうこともありませんでした。手の大きな人はトラックパッドの有効エリアを左半分で運用してもよいかもしれません。

インターフェイス(USB・HDMIなど)

DAIV 6シリーズのインターフェイスはシンプルながらも充実しています。

  • USB-A × 2
  • USB-C × 2
  • SDカードスロット × 1
  • ヘッドホン出力
  • HDMI × 1

USB-Aの規格はいずれもUSB3.0 (5Gbps)。USB-Cは左側面のものがUSB3.1 (10Gbps)、右側面のものがThunderbolt 4です。ふたつあるUSB-C端子はDisplayPort Alt mode に対応しており、映像出力としても使用可能。

HDMI と各USB-C の映像出力はいずれも最大 4K 3,840 × 2,160 (60Hz)で出力できます。外部出力3つを同時に行うことができて、最大で4画面のディスプレイに同時に映像を映すことが可能です。

SDカードリーダーは UHS-I 対応。

WEBカメラ

WEBカメラ搭載でWindows Hello 顔認証サインインにも対応。

バッテリー・電源アダプター&ケーブル

DAIV 6Nのバッテリー持続時間は、約11.5時間。ハイスペックのPCはバッテリーが長持ちしない傾向にありますが、DAIV 6シリーズは従来機種よりも長持ちするように改善されています。

表:DAIV 6シリーズのバッテリー持続時間

パソコン名バッテリー持続時間
DAIV 6H約 11.5時間
DAIV 6N約 11.5時間
DAIV 6P-RT約 12.5時間
DAIV 6P約 12.5時間

電源アダプターは従来品より軽量化されています。パソコンを持ち出して使いたい人にはうれしい改善ポイントです。

さらに軽量化することもできて、オプションで電源ケーブルのショートタイプを選択できます。電源ケーブルをよりコンパクトにできて持ち運びしやすくなります。

DAIV 6シリーズオプションの電源ショートケーブル
画像右はオプションで選べるショートタイプのACケーブル。画像左が標準付属のACケーブル。

注意点としては、このショートケーブルは場面によっては使いにくいことがあります。短くなるのは電源アダプターの箱からコンセント側にのびるケーブルなので、カフェのテーブルなどでは短すぎて届かなかったり重たいアダプター部分をぶら下げるようなかたちになってしまいます。

DAIV 6シリーズオプションのショートコード
ショートケーブルは軽量で楽な反面、短すぎて使いにくく感じるときもある。

ケーブルの尺を短くおさめるのであればPCに近い側のケーブルをもうすこし短くなるように設計してほしかったです。

スポンサーリンク

本格的な写真RAW現像や動画編集も可能

クリエイター向けPCのDAIV 6シリーズは処理性能が優秀です。試しにわたしが普段行っているような写真のRAW現像や動画編集をDAIV 6Nで行いました。

写真編集の際は露出やシャープネス、色相、輝度、彩度などの編集内容がすぐに反映されて快適です。動画編集も4Kサイズの素材を用いても特に不快な処理の重さを感じずに作業できました。

クリエイティブ性能テスト

参考までにRAW現像や動画のエンコードでファイルを書き出しにかかった時間を以下に掲載します。

表:RAW現像の書き出しにかかった時間

RAW現像ソフト写真の画素数書き出しトータル時間(25枚)書き出し時間(1枚平均)
Digital Photo Professional2400万3分28秒8.32秒
3000万4分49秒11.56秒
DxO PhotoLab2400万0分42秒1.68秒
3000万0分38秒1.52秒
4240万1分15秒3秒

書き出しの画質と画像サイズは各種ソフトウェアの最高・最大品質。RAWファイルのカメラはキヤノンEOS Kiss M、キヤノンEOS R、ソニーa7R4。

表:動画の書き出しにかかった時間

動画の解像度エンコードの種類書き出しにかかった時間
FHDnative35秒
Intel Quick Sync20秒
NVIDIA14秒
4K パターンAnative2分39秒
Intel Quick Sync1分6秒
NVIDIA53秒
4K パターンBnative2分0秒
Intel Quick Sync1分0秒
NVIDIA1分2秒
4K パターンCnative2分40秒
Intel Quick Sync1分0秒
NVIDIA50秒

※動画の尺はいずれも2分半ほど。
エンコードでnativeはDaVinci Resolveの無償版でもつかえる通常の方式。Intel Quick Sync、およびNVIDIAはグラフィックスの処理能力を活用したエンコード方式。有償版のDaVinci Resolve Studioで使える。参考:DaVinci Resolveで動画を高速で書き出す方法とグラフィックスのおすすめ
「FHD」はFHD(1920×1080)30Pで、テキストやトランジションなど軽い編集を加えた動画。素材となった動画ファイルの撮影カメラはキヤノンEOS Kiss M。「4K パターンA」は4K(3840×2160)30Pでやはり同様の簡単な編集をした動画。撮影カメラはキヤノンEOS R。「4K パターンB」は4K(3840×2160)24Pで、カラーグレーディングや映像のブレ補正を施した動画。編集素材はBMPCC4Kのbrawファイル。「4K パターンC」は4K(3840×2160)30Pで、カラーグレーディングのほか、Fusionの動きのあるテキストを加えた動画。編集素材はBMPCC4Kのbrawファイル。

ほかのPCとの性能テスト比較

DAIV 6Nの性能がより分かりやすいように、ほかのPCで同じ処理を行ったときのデータと比較してみましょう。

表:各PCの処理能力の比較

パソコンの名称写真の現像時間 ※1動画のエンコード時間 ※2
DAIV 6N1分15秒50秒
DAIV 4N 20213分21秒1分16秒
DAIV 4P 20212分9秒5分31秒
DAIV Z7 (2022)1分14秒47秒
DAIV Z5 (2022)1分32秒1分2秒

※1 DxO PhotoLab で 4240万画素の写真25枚のRAW現像にかかった合計時間。
※2 DaVinci Resolve 「4KパターンC」の映像をエンコードでMP4に書き出し。エンコードは各PCが最速で行える形式(主にグラフィックスを用いたハードウェアエンコード)を採用。

書き出し時間だけで言えばデスクトップパソコンのDAIV Z7、DAIV Z5と同等の性能を発揮しています。

表:比較に行ったPCのスペック

パソコンの名称CPUグラフィックス
DAIV 6NCore i7-12700HGeForce RTX 3060 Laptop
DAIV 4N (2021)Core i7-1165G7GeForce GTX 1650 Ti Laptop
DAIV 4P (2021)Core i7-1165G7Intel Iris Xe Graphics
(dGPUなし)
DAIV Z7 (2022)Core i7-12700GeForce RTX 3060
DAIV Z5 (2022)Core i7-12700GeForce GTX 1650
スポンサーリンク

DAIV 6シリーズのラインナップと目的別おすすめ

たくさんの種類があるDAIV 6シリーズ。そのラインナップの詳細と、購入の際の選び方について解説します。

DAIV 6 シリーズの概要

DAIV 6シリーズは以下の4つの種類があります。

  • DAIV 6H
  • DAIV 6N
  • DAIV 6P-RT
  • DAIV 6P

各々なにが違ってなにが同じなのか。簡単に説明すると外観はどれもまったく同じで、中身のパーツがそれぞれ異なります。

中身が異なることで性能に差があり、価格にも違いがでます。特にグラフィックス(GPU)という映像処理に係るパーツが異なり、その違いに基づいて名称が分けられています。メモリやストレージ(SSD)はどの種類でもカスタマイズで調整可能です。

PCのケースは同じなので、ディスプレイやキーボード、トラックパッドはシリーズで共通して同じものです。USB や HDMI などのインターフェイスも同じです。

DAIV 6シリーズの各モデルの詳細

DAIV 6HDAIV 6NDAIV 6P-RTDAIV 6P
おすすめ用途 ※14K動画編集や3DCGなど高負荷の作業に。動画編集やRAW現像、3DCAD作業に。イラスト制作や写真編集などの作業に。Web、DTP、モバイルワーク時の軽作業に。
CPUCore i9-12900HCore i7-12700HCore i7-12700HCore i7-12700H
グラフィックスGeForce RTX 3070 Ti LaptopGeForce RTX 3060 LaptopGeForce RTX 3050 Ti LaptopdGPUなし
インテル Iris Xe
本体重量 ※2約1.65kg約1.64kg約1.55kg約1.49kg
バッテリー持続時間約11.5時間約11.5時間約12.5時間約12.5時間
定価(税込) ※3369,800円269,800円239,800円199,800円

※1 公式ウェブサイトに記載の「おすすめ用途」より引用。
※2 標準構成での本体重量です。付属品およびケーブル類の重量は含みません。またカスタマイズで選択される部品により重量は増減します。

※3 記事執筆時点の標準構成の価格です。またカスタマイズやオプションの選択、期間限定セールによって価格は変動します。

DAIV 6H」は最もスペックの優れた高級モデルです。映像制作などで重たい処理をする人、とにかくパソコンの性能にこだわりたい人に向いています。
DAIV 6N」はスタンダードモデル。標準に位置する機種ですが、本格派の高性能PCです。動画や写真の編集などクリエイティブな作業を快適に行いたい人に適しています。
DAIV 6P-RT」と 「DAIV 6P」は、上位モデルの高性能路線を踏襲しながらもよりお買い求めやすい価格に抑えたバランスに整えられています。

動画編集や写真のRAW現像、イラスト制作などのクリエイティブな作業をしたい人はDAIV 6HDAIV 6NDAIV 6P-RTの中から選ぶことをおすすめします。DAIV 6Pはこの中では唯一dGPUを載せていないモデルで他のモデルと比べると性能が下がります。一般的な書類作成やWeb検索、動画視聴などの用途であればDAIV 6Pは適しています。

公式ウェブサイト:DAIV 6シリーズ|マウスコンピューター【公式】

DAIV 6シリーズの選び方

用途別におすすめを紹介します。

動画編集・3DCG制作したい人 → DAIV 6HDAIV 6N

写真編集・イラスト制作したい人 → DAIV 6NDAIV 6P-RT

DTP(音楽制作)については筆者は専門外ですが、主にCPUに依存する作業なのでDAIV 6Pをおすすめします。

DAIV 6シリーズはゲーミングPCという位置づけではありませんが、ゲームプレイも可能です。ゲーム目的であればDAIV 6HDAIV 6Nなどをおすすめします。

また上記のような特別な用途がない場合で、DAIV 6シリーズのディスプレイやキーボードなどが気に入った人にはDAIV 6Pをおすすめします。DAIV 6Pは特別なグラフィックスは搭載していませんが、高性能なCPUを搭載しているのでクリエイターやゲーマー以外の一般ユーザーであれば快適に使えると思います。書類を作成したり、ウェブ検索したり、動画視聴、WEB会議などの目的で使うのであればDAIV 6Pがコスパに優れています。

各PCは通常の販売品以外に、「プレミアムモデル」の販売があります。プレミアムモデルは標準構成の段階でメモリやストレージが通常品よりもアップグレードされています。セールなどで一部の機種が割安に買えることもあるのでそれぞれをよくご確認ください。

DAIV 6HDAIV 6H
プレミアム
DAIV 6NDAIV 6N
プレミアム
CPUCore i9-12900HCore i7-12700H
グラフィックスGeForce RTX 3070 Ti LaptopGeForce RTX 3060 Laptop
メモリ32GB64GB16GB32GB
SSD1TB (NVMe Gen4×4)2TB (NVMe Gen4×4)512GB (NVMe)1TB (NVMe Gen4×4)
定価(税込) 369,800円429,800円269,800円299,800円
公式WEB製品詳細製品詳細製品詳細製品詳細
記事執筆時点の標準構成の価格です。またカスタマイズやオプションの選択、期間限定セールによって価格は変動します。
DAIV 6P-RTDAIV 6P-RT
プレミアム
DAIV 6PDAIV 6P
プレミアム
CPUCore i7-12700HCore i7-12700H
グラフィックスGeForce RTX 3050 Ti LaptopdGPUなし
インテル Iris Xe
メモリ16GB32GB16GB32GB
SSD512GB (NVMe)1TB (NVMe)512GB (NVMe)1TB (NVMe)
定価(税込) 239,800円269,800円199,800円229,900円
公式WEB製品詳細製品詳細製品詳細製品詳細
記事執筆時点の標準構成の価格です。またカスタマイズやオプションの選択、期間限定セールによって価格は変動します。

筆者おすすめのモデルとお得な買い方

個人的に特におすすめなのはDAIV 6NやDAIV 6P-RTをメモリ32GBに増設するか、それぞれのプレミアムモデルも含めてチェックして、そのときセールになっている機種を選ぶという方法です。メモリは標準構成の16GBでも特に支障ありませんが、32GBあるとより快適で長く使えると思います。

もちろん予算に余裕があるのであればDAIV 6Hもよいのですが、だいぶ価格が上がるので、価格と性能を総合的に見るとDAIV 6NやDAIV 6P-RTあたりがバランスが良いです。コストパフォーマンスの観点からも魅力的です。随時開催されているセールを利用すればとてもお得に購入できます。

DAIV 6Pは一般用途であればふつうにおすすめですが、写真や動画の編集で用いるのであればやはり上記の構成が適していると思います。

公式ウェブサイト:DAIV 6シリーズ|マウスコンピューター【公式】

タイトルとURLをコピーしました