DAIV FX-I9G90レビュー!RTX4090搭載のクリエイターPC

※当サイトは広告・アフィリエイトプログラムにより収益を得ています。

マウスコンピューターの「DAIV FX-I9G90」は写真編集や映像制作など様々な高負荷の作業を処理できる高性能デスクトップパソコンです。第13世代 CPU のインテル Core i9-13900K プロセッサーや GeForce RTX 4090 を搭載。クリエイター向けPCのなかでも最新の高性能スペックが魅力です。実際にRAW現像や動画編集などを行ったレビューをお伝えします。おすすめのカスタマイズ、お得な購入方法も解説します。

公式:DAIV FX-I9G90│マウスコンピューター【公式】

※発売当初は「DAIV DD-I9G90」という名前でした。2023年4月11日にマウスコンピューターの製品型番が一斉変更となり、それに伴って「DAIV FX-I9G90」に名称変更となりました。また名称変更にあわせて標準で付帯される製品保証が1年から3年に延長されています。
参考:【ご案内】製品型番一斉変更のお知らせ: |マウスコンピューター【公式】

DAIV FX-I9G90 クリエイターPC マウスコンピューター
DAIV FX-I9G90

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。Aki(@Aki_for_fun)です。

マウスコンピューターのクリエイター向け PC ブランド DAIV から特別スペックの高い「DAIV FX-I9G90」をレビューします。レビュー用にマウスコンピューター社より実機をお借りしたので、実際に写真のRAW現像や動画編集を試してみました。クリエイターPCの使い心地をお伝えします。

表:レビュー用に借りたPCのスペック・仕様

CPUインテル Core i9-13900K プロセッサー
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 4090
メモリ64GB
ストレージ M.2 SSD2TB (NVMe Gen4×4)
発売日2023年1月18日(DAIV DD-I9G90)
2023年4月11日(DAIV FX-I9G90)
型番#FXI9G90B7ACCW101DEC
公式WEBDAIV FX-I9G90│マウスコンピューター【公式】
※メモリ、ストレージは拡張・グレードアップが可能。
スポンサーリンク

DAIV FX-I9G90 クリエイター向け最上位PC

DAIV シリーズ最新かつ最高水準のモデル

マウスコンピューターの製品群のなかでクリエイター向けに販売しているブランドが「DAIV」です。2023年1月、その DAIV のデスクトップPCラインナップに新しく「DAIV DDシリーズ」が追加されました。新型ケースを採用して、これまで以上に高性能で機能的な「DAIV DD-I9G90」などのパソコンが登場しました。
参考:クリエイターPC「DAIV DD」新発売!7年ぶりとなる新型デザインの進化を旧型と比較してみた

その後の同年4月にマウスコンピューターが全ブランドの製品型番を一斉に更新。DAIV DDシリーズは「DAIV FXシリーズ」へと名前が変更されています。今回紹介する「DAIV FX-I9G90」は DAIV ブランドの中でもトップクラスの性能を持つパソコンです(以前の名前は DAIV DD-I9G90)。
参考:マウスコンピューターの標準保証が3年に延長してさらに送料無料!型番更新でより分かりやすくパソコンを選べるように

参考画像:マウスコンピューターDAIV紹介ページより作成

DAIVシリーズの位置づけ。DAIV FX-I9G90 は最上位に位置するモデル
DAIVシリーズの位置づけ。右上にいくほどハイスペックで、DAIV FX-I9G90 は最上位に位置するモデル

最新設計の DAIV FX ケース

以前までの DAIV デスクトップPCはミドルタワーのケース1種類でしたが、新しい DAIV FX シリーズではフルタワーサイズの大型ケースが採用されています。従来の DAIV らしいデザインを継承しつつも現代的な機能を備えたものにリニューアルされました。

DAIV DD-I9G90 クリエイターPC マウスコンピューター
側面にDAIVのロゴ

外観から内部まで黒で統一されており、プロフェッショナルな風格があります。フルタワーサイズなので大型のグラフィックスカードなど、高性能なパーツを搭載可能です。「DAIV FX-I9G90」は CPU にインテル Core i9-13900K プロセッサーを、グラフィックスに NVIDIA GeForce RTX 4090 を搭載しています。

ケース上部には電源ボタンやUSB、ヘッドフォン端子などのインターフェイスにアクセス可能。またハンドルとキャスターがあるのでパソコンの移動もしやすいです。

DAIV DD-I9G90 クリエイターPC マウスコンピューター
DAIV FX-I9G90│マウスコンピューター 製品外観 光学ドライブ
オプションで光学ドライブも搭載

DAIV FX シリーズや DAIV FW シリーズなどで採用されている DAIV のフルタワーケースについては次の記事で詳しく解説しています(DAIV DD が以前の名前でした)。
参考:クリエイターPC「DAIV DD」新発売!7年ぶりとなる新型デザインの進化を旧型と比較してみた

スポンサーリンク

DAIV FX-I9G90 のスペックの主な特徴

インテル最新の第13世代CPU / メモリ 64GB 標準搭載

DAIV FX-I9G90 はインテル Z790 チップセットにCore i9-13900KF プロセッサー(24コア / 8 P-cores / 16 E-cores / 32スレッド / TB時最大5.8GHz / 36MB)搭載。インテル第13世代の CPUは第12世代と比べて特にマルチスレッドの性能が大きく向上しました。CADやCAM、動画のエンコード・レンダリング、複数タスクの同時進行などマルチスレッド性能が求められるシーンで特に優れたパフォーマンスが期待できます。

またシステムメモリを標準で 64GB 搭載。オプションで 128GB に増設もできるのでパソコンに大きな負荷をかける作業をする人でも安心して使用できます。

写真編集・RAW現像を試してみましたが非常にサクサクと快適に扱うことができました。

DAIV FX-I9G90で写真編集 現像

参考までにRAW現像の書き出しにかかった時間を計測しました。複数のRAW現像ソフトで試したのでそれぞれの時間を表にしています。

表:RAW現像にかかった時間(Adobe Camera RAW)

画素数枚数書き出し時間(合計)書き出し時間(1枚平均)
2400万25枚0分4秒0.16
2500万25枚0分5秒0.2
3000万25枚0分6秒0.24
4240万25枚0分7秒0.28
Adobe Camera RAW(Adobe のPhotoshopやLightroomで使用するRAW現像エンジン)のバージョン:15.2

表:RAW現像にかかった時間(キヤノン Digital Photo Professional)

画素数枚数書き出し時間(合計)書き出し時間(1枚平均)
2400万25枚2分27秒5.88秒
3000万25枚3分32秒8.48秒
DPPのバージョン:4.17.20.0

表:RAW現像にかかった時間(DxO PhotoLab)

画素数枚数書き出し時間(合計)書き出し時間(1枚平均)
2400万25枚0分30秒1.2秒
2500万25枚0分54秒2.16秒
3000万25枚0分34秒1.36秒
4240万25枚0分51秒2.04秒
DxO PhotoLabのバージョン:6.3.1

これまでマウスコンピューターのDAIVシリーズのパソコンをレビューしてきて、同じような条件でテストしてきました。以下はキヤノンDPP4で写真(2400万画素25枚)を現像したときにかかった時間の比較です。

表:DAIVシリーズの異なる機種でRAW現像にかかった時間の比較(DPP4)

パソコンの名前CPUグラフィックス時間(合計)時間(1枚平均)
DAIV Z7 KBFD (2020)Core i7-9700KGeForce RTX 2070 SUPER3分43秒8.92秒
DAIV Z9(2020)Core i7-10700KGeForce RTX 2070 SUPER3分17秒7.88秒
DAIV Z7(2022)Core i7-12700GeForce RTX 30602分53秒6.92秒
DAIV FX-I9G90(2023)Core i9-13900KFGeForce RTX 40902分27秒5.88秒
DAIV 4P(2021/ラップトップ)Core i7-1165G7Intel Iris Xe Graphics4分51秒11.64秒
それぞれ計測時期が異なるのでDPP4のバージョンは微妙に異なります。

次にAdobe Camera RAWで写真25枚の現像にかかった時間の比較表です。

表:DAIVシリーズの異なる機種でRAW現像にかかった時間の比較
(Adobe の Photoshop / Lightroom などでRAW現像する場合)

パソコンの名前CPUグラフィックス画素数時間
DAIV Z7 KBFD (2020)Core i7-9700KGeForce RTX 2070 SUPER2400万17秒
3000万23秒
4240万35秒
DAIV Z9 (2020)Core i7-10700KGeForce RTX 2070 SUPER2400万17秒
3000万24秒
4240万38秒
DAIV Z7 (2022)Core i7-12700GeForce RTX 30602400万8秒
3000万19秒
4240万24秒
DAIV FX-I9G90(2023)Core i9-13900KFGeForce RTX 40902400万4秒
3000万6秒
4240万7秒
それぞれ計測時期が異なるのでソフトのバージョンは微妙に異なります。

比較対象が世代の違いだけでなく、クラス(i9 や i7)にも違いがあるので、どれだけ参考になるかはわかりませんが、DAIV FX-I9G90 の処理能力が高いのは明らかです。単純なRAW現像の書き出し時間だけでなく、あらゆる編集作業がスムーズで快適でした。

CPUには水冷クーラーを搭載。240mm長の大型ラジエーターで強力冷却してくれます。

グラフィックスRTX4090搭載でプロフェッショナルを支える

クリエイター向けのパソコンはグラフィックス性能に優れている点が魅力です。グラフィックスはビデオカードや GPU などと呼ばれることもありますが、つまりは映像の処理をつかさどるパーツのことです。クリエイターPCやゲーミングPCなどと呼ばれるパソコンは一般的にこのグラフィックスに性能の良いものを搭載している傾向があります。グラフィックス性能が高いと、動画編集や3D・CG制作、ゲームプレイなど映像に関わる作業を快適に行えます。

DAIV FX-I9G90 の大きな魅力は、グラフィックスに NVIDIA GeForce RTX 4090 を搭載しているところにあります。2023年5月現在、NVIDIA GeForce RTX シリーズのなかで最高ランクのグラフィックスカードです。

VGAサポートバーで大型のグラフィックスカードも支えて脱落を防いでくれる マウスコンピューター DAIV DD
大型のグラフィックスカードも DAIV のフルタワーケースならサポートバー付きでしっかり固定。
マウスコンピューター DAIV FX-I9G90
グラフィックスカード NVIDIA GeForce RTX4090
グラフィックスは映像出力ポートを備えるパーツです。DisplayPort×3、HDMI×1

NVIDIA GeForce RTX 4090のビデオメモリは24GB。ビデオメモリは映像制作のうえでひとつの目安になる性能なのですが、筆者は 4K の映像素材で快適に動画編集を行うにはビデオメモリ 8GB 以上を確保することを推奨しています。

実際にDaVinci Resolve を利用していくつか動画編集を行ってみましたが、4K動画の編集中でもコマ落ちが少なく快適でした。デコードだけでなく書き出しのエンコードも高速でした。わたしは最高でも 4K までの解像度の映像素材しか扱うことがないのですが、8Kの高解像度でも問題なく編集できるそうです。

マウスコンピューター DAIV FX-I9G90 動画編集 DaVinci Resolve
動画編集ソフト DaVinci Resolveをつかって作業の快適さをテスト

下の表はDaVinci Resolve で動画エンコードにかかった時間をまとめたものです。標準設定(書き出しのEncoderでNativeを選択)の書き出し時間と、グラフィックスの性能を利用したハードウェアアクセラレーション(書き出しのEncoderでNVIDIAを選択)の書き出し時間を比較しています。グラフィックス性能を利用することでより短時間で動画を書き出すことができました。

表:動画エンコードにかかった時間

動画の解像度エンコードにかかった時間
標準設定
エンコードにかかった時間
ハードウェアアクセラレーション
FHD30P(H.264)22秒10秒
4K30P(H.264)1分20秒36秒
4K30P(braw)1分21秒33秒
書き出した動画の尺はいずれもおよそ2分30秒、タイトルやトランジションなどの編集を加えた映像。

次の表はグラフィックスによるエンコード時間の差を比べたものです。DAIVシリーズの他機種と比較しました。テストに用いた動画素材や設定は上のものと同じ条件ですが、標準設定での結果は省略してハードウェアアクセラレーションのエンコード時間をまとめています。

動画の解像度NVIDIA GeForce RTX 4090 /
DAIV FX-I9G90 (2023)
Intel Iris Xe Graphics /
DAIV 4P (2021)
GeForce GTX 1650 Ti /
DAIV 4N (2021)
NVIDIA GeForce RTX 3060 /
DAIV Z7 (2022)
FHD30P(H.264)10秒1分9秒21秒14秒
4K30P(H.264)36秒3分19秒1分19秒54秒
4K30P(braw)33秒5分31秒1分16秒47秒
書き出した動画の尺はいずれもおよそ2分30秒、タイトルやトランジションなどの編集を加えた映像。

NVMe SSDで超高速のストレージ

DAIV FX-I9G90 のストレージは M.2 SSD 2TB (NVMe Gen4×4)を搭載。優れた性能で、ソフトの高速起動、データの高速の読み書きが可能です。

DAIV FX-I9G90 のCドライブのデータ読み書き速度 CrystalDiskMark
DAIV FX-I9G90搭載のNVMe M.2 SSD(Gen4×4)の速度計測結果

これだけのパフォーマンスが出ていれば困ることはないと思いますが、同じ 2TB の M.2 SSD で「SAMSUNG PM9A1」を選べばより高い性能を期待できます。以下の画像は以前に他の DAIV PC でSAMSUNG PM9A1 の速度を計測したときの結果です。

参考画像:SAMSUNG PM9A1 の計測結果 CrystalDiskMark

CrystalDiskMark ベンチマーク マウスコンピューター DAIV Z7 NVMe M.2 SSD Gen4×4 / SAMSUNG PM9A1
NVMe M.2 SSD(Gen4×4 / SAMSUNG PM9A1)の速度計測結果

また SSD や HDD を増設して注文することも可能です。カスタマイズの画面から好きな容量を選ぶことができます。

USB×10 有線・無線LAN が標準搭載

DAIV FX-I9G90 はインターフェイスも充実しています。

まずアクセスの良いパソコン上部に電源ボタンやオーディオ端子のほか、USB-C×1、USB-A×2 が用意されています。

DAIV FX-I9G90 インターフェイス

さらにPC背面にもUSB-C×1、USB-A×6 が備わっています。また2.5GBASE-T対応の有線LANも搭載しています。無線LANやBluetoothも対応。

DAIV FX-I9G90 インターフェイス

以上のようにUSBは合計で10口あります。詳細は下記の表の通りです。

表:USBの詳細

USB2.02 (背面 Type-A×2)
USB3.0 (5Gbps)7 (背面 Type-A×4 / 上面 Type-C×1 / Type-A×2) 
USB3.1 (10Gbps)
USB3.2 (20Gbps)1 (背面 Type-C×1) 
DAIV FX-I9G90のインターフェイス搭載。

そして映像出力は以下の通り。GeForce RTX 4090 なら10bitカラー出力にも対応しています(参考:8bitから10bitへ!写真・動画編集するなら知っておきたいPCのNVIDIAの設定)。

  • DisplayPort×3
  • HDMI×1
DAIV FX-I9G90 インターフェイス
スポンサーリンク

DAIV FX-I9G90 カスタマイズのおすすめ

購入の際にたくさん選択肢のある「カスタマイズ」について。わたしも DAIV を買うときは迷いましたが、あまりパソコンに詳しくないひとにとっては苦労する部分だと思うので解説します。

DAIV FX-I9G90 のページの「カスタマイズ・購入はこちら」というところに進むと、カスタマイズの項目が出てきます。たくさんの項目があるので、その中から特に重要な項目を上から順にピックアップします(記事執筆時点の情報を基にしており、カスタマイズのオプションは今後変更になる可能性があります)。

CPU・ファン・グリス

DAIV FX-I9G90の場合、CPU や CPUファン・クーラーは定まっており変更の余地はありません。ただし、CPUグリスを変更可能です。せっかくの超高性能PCなのでグリスのグレードアップをおすすめします。グリスによってCPUのパフォーマンスがより安定して発揮されます。おすすめは「【 高熱伝導率 】 ダイヤモンドグリス 親和産業 OC7」(¥2,090)です。

メモリ

メモリは標準で 64GB 搭載。64GBはシステムメモリとしてみると非常に大容量なのですが、このクラスのPCを購入されるのであればさらに拡張して 128GB を選ぶことをおすすめします。最近はクリエイティブなソフトの進化でさまざまなことができるようになっています。メモリに依存する機能も多くあるので仮にいま64GBで不足がなくとも余裕をみて128GBに拡張したほうが安心です。

SSD・HDD / ストレージ

SSD は必要な容量を選ぶのが良いと思います。ストレージは外付けでも対応できるのでそこまで神経質にならなくて大丈夫ですが、やはりすこしは余裕があったほうが快適です。個人的にはSSDについてはブランドにこだわる必要性は低いと考えています。カスタマイズの選択肢にあがっているSSDはどれも快適につかえる品質なので、必要な容量でコスパの良いものを選ぶと良いでしょう。

光学ドライブ

光学ドライブは標準だと非搭載です。パソコンでCDやDVDを再生したりデータを記録したいのであれば「DVDスーパーマルチドライブ」(¥4,180)を、それに加えてブルーレイも対応したいのであれば「Blu-rayディスクドライブ」(¥ 10,780)を選びましょう。

グラフィックス・モニター

グラフィックスはNVIDIA GeForce RTX 4090で決まっています。性能は文句なく最高水準なので困らないと思いますが、映像出力が DisplayPort か HDMI の2種類なので、モニターはそれに対応するものを選びましょう。カスタマイズの中にも「モニター」の項目があるのでそこから購入することもできます。お好きなものを選んでいただければ大丈夫ですが、EIZOの製品が品質に優れていておすすめです。

周辺機器 / マウス・キーボードなど

パソコン本体のほかに特に重要な周辺機器は「モニター」、「マウス」、「キーボード」です。この3つがあればとりあえずふつうにパソコンを使えるようになります。モニターは上の項目で紹介したとおりですが、マウスとキーボードは安いものでも困らないと筆者は考えています。値段がどうこうというよりは、製品のサイズが手にあっているかどうかなど、その特徴のほうが大事です。

そのほかの周辺機器としては、「スピーカー」や「ヘッドフォン」、映像配信・実況に便利な「マイク」、カメラなどのデータを取り込む「カードリーダー」などがあります。デスクトップPCには音を再生するスピーカーがないので、音を出すにはスピーカーやヘッドフォンなどが必要です。あるいはモニターにスピーカーが付属している場合もあります。

マイクはカスタマイズの項目だとあまり選択肢がないので、別途調べて購入したほうが良いと思います。カードリーダーはDAIV FX-I9G90には付属しないので、SDカードなどのデータを取り込みたい場合は別途外付けのカードリーダーを用意してください。

WEBカメラ Windows Helloデバイス

WEBカメラもパソコンと一緒に注文できます。マウスコンピューターで特におすすめしたいのは 顔認証でサインインできるようになる「CM02」というカメラが個人的におすすめです。Windows Hello というサインインシステムを利用して、ただパソコンの前に座っているだけで高速のサインインができるようになります。
参考:デスクトップPCでも顔認証サインインできるWEBカメラ「CM02」をレビュー!Windows Hello対応

もしWEBカメラの画質にこだわりたいのであればオプションには入っていませんが、ロジクールのStreamCamを個人的にはおすすめします。
参考:高画質ウェブカメラでライブ配信・収録やビデオ会議を快適に! ロジクール StreamCam C980レビュー【製品提供】

サポート・保証・出張設置サービス

DAIV FX-I9G90は標準で3年間の製品保証が付帯します。また購入後1か月までは初期不良として対応してもらえます。オプションではなく3年間の保証というのはマウスコンピューターならではのかなり優良な対応です。パソコンは重大なトラブルに限らず、小さいアクシデントがつきものです。24時間365日対応してくれるサポートデスクがあるのでぜひ活用してください。

また「出張設置サービス」も注目です。パソコンを指定の場所に設置してもらって、周辺機器との接続、インターネットやメールの設定なども行ってもらえます。これは有料のオプションですが、カスタマイズの中から選べるので気になる方はチェックしてみてください。DAIV FX-I9G90のような大型デスクトップPCはひとりだと箱から出すだけでも大変なので、出張設置は魅力的なオプションだと思います。

サポート・保証詳細:マウスコンピューターの修理・サポート&サービスについて|マウスコンピューター【公式】

製品の購入と仕様詳細

パソコンの購入・カスタマイズは次のページから行えます。
→ 公式:DAIV FX-I9G90│マウスコンピューター【公式】

以下は DAIV FX-I9G90 の仕様詳細です。こちらはカスタマイズなしの標準時の内容です。

モデル名DAIV FX-I9G90(旧DAIV DD-I9G90)
OSWindows 11 Home 64ビット
オフィスソフトウェア
CPUCPUインテル Core i9-13900KF プロセッサー
詳細24 Cores (8 P-cores 16 E-cores)コア / 32スレッド / 3.00GHz(P-cores) 2.20GHz(E-cores) / TB時最大5.80GHz(P-cores) 4.30GHz(E-cores) / 36MBスマートキャッシュ
CPUクーラー水冷CPUクーラー (240mmラジエーター)
グラフィックスグラフィックスGeForce RTX 4090
ビデオメモリGDDR6X 24GB
メモリメモリ標準容量64GB (32GB×2 / デュアルチャネル)
スロット数/最大容量/メモリ形状4 (空き×2) / 最大128GB (32GB×4) / DIMM
メモリ動作DDR5-4400
ストレージM.2 SSD2TB (NVMe Gen4×4)
SSD
ハードディスク
光学ドライブドライブ仕様
書き込み対応
チップセットインテル Z790 チップセット
カードリーダー
サウンドハイデフィニション・オーディオ
インターフェース・端子ディスプレイ4 (背面 DisplayPort×3 / HDMI×1) (DisplayPort)最大 7,680×4,320(60Hz) / (HDMI)最大 7,680×4,320(60Hz) / 1,677万色
キーボード/マウス
USB2.02 (背面 Type-A×2)
USB3.0 (5Gbps)7 (背面 Type-A×4 / 上面 Type-C×1 / Type-A×2)
USB3.1 (10Gbps)
USB3.2 (20Gbps)1 (背面 Type-C×1)
Thunderbolt™ 3
Thunderbolt™ 4
ネットワーク(LAN)1 (背面 2.5GBASE-T/1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T対応(RJ-45)×1)
無線Wi-Fi 6E( 最大2.4Gbps )対応 IEEE 802.11 ax/ac/a/b/g/n準拠 + Bluetooth 5内蔵
サウンド上面 (ヘッドホン出力・ヘッドセット/4極(CTIA準拠)×1)、背面 (マイク入力×1、ラインイン×1、ラインアウト×1、リアスピーカー×1、センター・サブウーファー×1、SPDIF/オプティカル/角型×1)
拡張スロットPCI Express ×162 (空き 0) ※上から4番目のスロットは×4動作
PCI Express ×8
PCI Express ×4
PCI Express ×13 (空き 1)
拡張ストレージベイ2.5型
3.5型シャドウ(2.5インチ共用)×2 (空き 2)
5.25型
スリム光学ドライブオープン×1 (空き 1)
電源1200W/AC 100V(50/60Hz)【80PLUS® PLATINUM】
本体寸法 幅×奥行き×高さ(mm)[本体]約220×510×525 [突起物含む]約220×530×525 
本体重量(kg)約14.0kg
BIOSパスワード対応
HDDパスワード非対応
標準付属ソフトウェア光学ドライブ用
セキュリティマカフィー リブセーフ ( 60日体験版 )
その他
付属品ディスプレイ
拡張ハードウェア
その他マニュアル類、保証書、電源コード、キャスター付属
保証期間3年間センドバック修理保証・24時間×365日電話サポート
2023年5月5日時点の情報です。今後変更になる可能性があります。
スポンサーリンク

DAIV FXシリーズ のほかのラインナップ

最後にDAIV シリーズのラインナップを紹介します。DAIV はデスクトップ・ノートどちらも含むマウスコンピューターのクリエイター向けPCブランドの総称です。この記事で紹介している「DAIV FX-I9G90」は、DAIVのデスクトップPC、かつフルタワーサイズの大型で高性能なDAIV FXシリーズに該当します。

フルタワーサイズケースを採用しているのは DAIV FX のほかに、DAIV FW シリーズがあります。DAIV FW がインテル Xeonというワークステーション・サーバー向けのCPUを採用しているのに対して、DAIV FX はインテルのCoreシリーズやAMD Ryzenシリーズを搭載していてより汎用性の高いパソコンです。

DAIV FXシリーズのラインナップは以下の表にまとめたとおりです。「DAIV FX-I9G90」に近い性能・価格帯のモデルとしては「DAIV FX-A9G90」(AMD Ryzen 9 7900X プロセッサー搭載)があります。

表:DAIV FXシリーズ一覧

Ryzen 5 7600X /
Ryzen 5 7600
Core i5-13400F /
Core i5-12400F
Ryzen 7 7700XCore i7-13700KF /
Core i7-13700
Ryzen 9 7900XCore i9-13900KF /
Core i9-12900
16GB32GB16GB32GB32GB32GB32GB64GB32GB64GB
RTX 4090DAIV FX-A9G90DAIV FX-I9G90
RTX 4080DAIV FX-I7G80DAIV FX-A9G80
RTX 4070 TiDAIV FX-A7G7TDAIV FX-I7G7T
RTX 4070DAIV FX-A7G70DAIV FX-I7G70
RTX 4060 Ti 16GDAIV FX-I7G6A
RTX 4060 Ti 8GDAIV FX-A5G6TDAIV FX-I7G6T
RTX 4060DAIV FX-A5G60DAIV FX-I7G60
RTX 3070DAIV FX-A7G70DAIV FX-I7G70
RTX 3060 TiDAIV FX-A5G6TDAIV Z7-3060Ti-WADAIV FX-I7G6T
DAIV Z7-3060Ti
DAIV Z9-3060Ti
RTX 3060DAIV FX-A5G60DAIV Z7-WADAIV FX-I7G60
DAIV Z7
DAIV Z7-AL
RTX 3050DAIV FX-A5G50DAIV FX-I5G50
DAIV Z5-WA
DAIV Z5
GTX 1650DAIV FX-A5G1BDAIV FX-I5G1B
DAIV Z3
DAIV Z3-AL
DAIV Z3(プレミアムモデル)
インテル Arc A380DAIV FX-I7I38
https://www.mouse-jp.co.jp/store/r/ra3030100/ を参考に作成
スポンサーリンク

マウスコンピューターのお得なセール情報

期間限定セール開催中!
最大40,000円OFF!!
セール期間:2024年2月14日より2024年2月28日10時59分まで

こちらもチェック → マウスコンピューターのアウトレット商品(型落ちモデルがお得!)

タイトルとURLをコピーしました