スポンサーリンク

EOS R正式発表!わたしは買うよ待望のキヤノンのフルサイズミラーレスカメラ

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。Aki(@Aki_for_fun)です。

ついに、ついに発表されたキヤノンのフルサイズミラーレスカメラ。その名も「EOS R」です。キヤノンユーザーのわたしはもう気になって仕方ないです。明らかになった情報やわたしが注目したポイントをまとめます(随時更新)。

スポンサーリンク

価格・発売日など

発売日:2018年9月12日 10時予約開始・10月下旬発売予定

追記(2018年9月20日):EOS Rの発売日は2018年10月25日に決まりました。

価格:237,500円(キヤノンオンラインショップ発売価格)

EOS R 購入キャンペーンで最大4万5千円キャッシュバックです。

キヤノンオンラインショップは特典付きの販売があるのですが、それの金額を考慮しても割高のようです。

わたしはカメラのキタムラで予約するつもりですしました。 → カメラのキタムラ販売ページ

EOS Rの外観・操作性

キヤノン EOS R フルサイズミラーレスカメラ

  • 新たにマルチファンクションバー搭載
  • RFレンズにコントロールリング搭載
  • バリアングルモニター
  • タッチアンドドラッグによる測距点の移動
  • カメラ上部にドットマトリクス表示パネル搭載で各種設定を確認可能

追記(2018年9月7日):EOS Rの実機を触って来ました。

キヤノン フルサイズミラーレス一眼カメラ EOS R 外観

やっぱり大きいです。ソニーのα7系も使ったことがあるのですが、握った感じがEOS Rのほうがずっと大きく感じます。

参考画像:EOS RとEOS Kiss Mのサイズ比較

EOS RとEOS Kiss Mのサイズ比較

EOS Kiss Mとサイズを比べてみました。Kiss Mとは見た目の大きさも手に持ったときの重量感も全然違います。

ミラーレスといえどEOS Rに小ささや軽さは求めない方が良いと思います。レンズとの組み合わせにもよりますが、大きくて重たいカメラだとわたしは思いました(質量660g)。一眼レフのフルサイズと比べれば小さいのでしょうが、「ミラーレス=軽くて小さい」と思っていると合わないと思います。

EOS Rのグリップ部分

グリップはやっぱり深めでした。悪くないと思いました。最高ともいいがたいですが重たいレンズでもホールドできるようながっしりとしたつくりです。わたしが試せたレンズはRF24-105mm F4L IS USM とRF35mm F1.8 IS STM MACRO。

ファインダーは大きくて見やすかったです(わたしはEOS Kiss Mのファインダーでも普通に見やすいと感じるのでファインダーに対するハードルは低い方だと思います)。最近のミラーレスカメラはEVFが優秀で良いですね。個人的にはもう一眼レフにこだわる必要はないと感じています。光学ファインダーも楽しいんですけど、これからはEVFのほうが良いですね。

マルチファンクションバーは新鮮で面白いです。便利そうだとも思うし、ちょっと慣れが必要だとも思いました。様々な機能を割り当てられるので使いこなせば活躍しそうです。

フォーカスポイントの移動はタッチアンドドラッグ方式。EOS M5やEOS Kiss Mと同じですね。これは快適に測距点の移動ができるのでわたしは好きです。

そしてモードダイヤルがないのが斬新ですね。ここの使い勝手もすこし気になります。ボタンを押してモードを切り替えるようなのですが、MやAvなどダイヤルを回すのに慣れているのでこの操作性はすこし不安です。

全体的な見た目は昔ながらの一眼レフにそっくりですが、実際の操作系を見てみるとミラーレスカメラとして新たに設計されている印象です。良い意味で古い考え方にとらわれずに意欲的にデザインされていると感じました。そのぶん少し慣れるのに時間がかかる気がするので購入してじっくり使うことができたら改めて評価したいです。

≪EOS R≫ EOS R/RFレンズ 操作性紹介 【キヤノン公式】

EOS Rの基本スペックまとめ

カメラの基本的な性能・仕様

  • 有効画素数:3030万画素(総画素数:3170万画素)
  • センサーサイズ:フルサイズ
  • 映像エンジンDIGIC8
  • EVF:有機EL、0.71倍
  • 測距点:最大5,655点
  • 測距輝度範囲:EV-6~18(常温23℃・ISO 100、F1.2レンズ使用時)
  • デュアルピクセルCMOS AF
  • ISO感度:100~40000(拡張ISO:50,51200,102400)
  • シャッター速度:1/8000~30秒、バルブ
  • 連写性能:最高8コマ/秒(サーボAF時:最高5コマ/秒)
  • 動画:4K30p、FHD60p、HD120p
  • 背面液晶:3.15型 210万ドット タッチパネル バリアングル
  • 記録媒体:SD/SDHC/SDXCカード
  • バッテリー:LP-E6N/LP-E6
  • 撮影可能枚数の目安:常温(+23℃)約370枚/低温(0℃)約350枚
  • USB充電は、電源アダプターPD-E1を使うとカメラ内充電可能。ただしバッテリーパックLP-E6N使用時のみ。LP-E6では不可。
  • サイズ:135.8(幅) x 98.3(高さ) x 84.4(奥行き)mm
  • 重さ:660g(バッテリー・メモリーカード含む)・580g(本体のみ)
  • マウント:RFマウント、内径54mm、フランジバック20mm、12ピン

参考:キヤノン:EOS R | 仕様

EOS Rの気になるポイント

画質

有効画素数3030万のフルサイズセンサーと最新の映像エンジンDIGIC8ということで、撮れる映像のクオリティは高いものが期待できそうです。

実際に使われた人の声を聞くとEOS 5D Mark4と同じかEOS Rのほうが少し良いくらいではないか、とのこと。

EOS Rの作例写真:Canon EOS R sample gallery: Digital Photography Review

ハワイで行われたEOS R発表会で実機を触った人の感想:Canon EOS R Quick Review & GIVEAWAY! – YouTube

サイズ

  • サイズ:135.8(幅) x 98.3(高さ) x 84.4(奥行き)mm
  • 重さ:660g(バッテリー・メモリーカード含む)・580g(本体のみ)

ミラーレスカメラということで、一眼レフカメラのEOS 5D MarkⅣやEOS 6D MarkⅡと比べると小さなサイズで、質量も軽くなっているようです。

ただし、あくまでフルサイズ一眼レフと比較すれば相対的に小さいだけなので、カメラのなかでは大型の部類と言えます。また実用面で考えると組み合わせるレンズしだいで総合的な重量やサイズは大きく変わります。

レンズについては後述しますが、比較的コンパクトなものから超大型のものまであります。

最大5655の測距点と幅広いAFエリア

測距点の数はなんと最大5655点。AFエリアは最大で横88%、縦100%と非常に広くなっています。一眼レフではありえないようなAFの自由度の高さです。

電池持ちは普通?

  • バッテリー:LP-E6N/LP-E6
  • 撮影可能枚数の目安:常温(+23℃)約370枚/低温(0℃)約350枚
  • USB充電は、電源アダプターPD-E1を使うとカメラ内充電可能。ただしバッテリーパックLP-E6N使用時のみ。LP-E6では不可。

カメラボディを購入したときに付いてくるバッテリーは「バッテリーパックLP-E6N」です。

USB充電ができるのは嬉しいですね。専用のアダプターが必要というのがすこし気がかり。市販のモバイルバッテリーなども使えるともしものときに安心なのですがそういったことが可能かどうかは不明です。

ボディ内手ぶれ補正はなし(電子補正はあり)

動画撮影の際は電子手ぶれ補正を使えますが、ボディ内の空間手ぶれ補正は搭載していません。

キヤノンとしては今後のカメラにボディ内手ぶれ補正を搭載する可能性があると言っています。

ボディ内手ぶれ補正機構を搭載するとなると、大きさやコスト、発熱などの課題を乗り越えなければなりません。EOS Rに関しては、さまざまなことを検討したうえでこういう仕様になりました。もちろん、ボディ内手ぶれ補正機構を載せないということではありません。カメラの性格などを判断して選択していきます。

ボディ内手ぶれ補正の搭載も検討、キヤノンに聞くEOS R開発秘話 (1) EOS R開発のキーマンが開発秘話を語る | マイナビニュース」より引用

つまりボディ内手ぶれ補正の開発はしっかり進めているということでしょうね。今後もレンズの補正だけにするのかと心配していたのですこし安心しました。

ファインダーの性能

  • EVF:有機EL、0.71倍
  • 測距点:最大5,655点
  • 測距輝度範囲:EV-6~18(常温23℃・ISO 100、F1.2レンズ使用時)

C-RAWが使える

RAW撮影では通常のRAWだけでなくデータが軽量化されたC-RAWの記録が可能。

わたしは基本的にすべてRAWで撮影しているのですが、EOS Kiss Mで搭載されたこのC-RAW記録はデータをずいぶんと軽量化できて大変助かっています。EOS Rでもこの機能が搭載されて嬉しいです。

瞳AF搭載

ワンショットAFのときだけですが瞳AF機能が使えます。

サイレントシャッター

無音のサイレントシャッターで撮影できます。ミラーレスカメラらしい機能ですね。

防塵防滴

キヤノンの従来の上位機種のように防塵防滴構造になっています。

ミラーレスカメラはセンサーが汚れやすい弱点がありますが、EOS Rでは電源を切ると自動的にシャッターが閉まる仕組みが整えられています。レンズ交換時などに外部からのゴミやホコリの侵入を防ぎCMOSセンサーを保護します。すごい!

動画

  • 4K30P。4KはUHD(3840 x 2160)
  • FHD60P
  • HD120P

FHDで120Pが撮影できないのは残念!ALL-IとIPBを選択可能。

4K撮影時は画角がクロップされるとのこと。だいたいEOS 5D MarkⅣと同じくらいで1.7ほどのクロップになると報告されています(公式にはどの程度のクロップになるかアナウンスなし)。

また動画のHDR撮影では記録サイズが制限されます。RFレンズ・EFレンズではFHD、EF-SレンズではHD撮影しかできません。
※追記・訂正(2018年9月14日):「マウントアダプターとEF-SレンズのクロップモードではHD撮影しかできません」と記載していたのですが、HDになるのはHDR撮影のときだけのようです。お詫びして訂正いたします。

動画のクロップに関しては次の動画がわかりやすいです。11:51から動画撮影テストをしています。最初はFHDです。24mmで手ぶれ補正ありで撮影。そして12:29でおなじレンズの焦点距離のまま4Kに切り替えています。13:13からはEF-S10-18mmの超広角レンズにつけかえて10mmで撮影しています。

上の動画ではRFレンズ24mmFHDの画角に対して、EF-Sレンズ10mm4Kの画角のほうがすこし広いように見えますね。動画ではEF-Sレンズの10mmだと4K撮影時は17mm相当の画角になると言っています。

追記(2018年10月17日):キヤノンショールームでEOS RにマウントアダプターでEF-Sレンズをつけて動画撮影を試してみました。FHDと4Kで画角の変化を比べてみたのですが、ほとんど変わっていないようでした。一応数値でいうとEF-Sのクロップが1.6倍で、4Kによるクロップがだいたい1.7倍とのこと。EOS Rで4Kを撮る人で手軽に広角撮影したい場合はEF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STMのようなEF-Sレンズを試してみると良さそうです。

Canon Log標準搭載。

イヤホンジャック有り。

EOS MOVIEのウェブサイトではさっそくEOS Rで撮影された動画を見ることができます。

SDカード

記録メディアはSDカード。シングルスロット。UHSⅠおよびUHSⅡに対応。




マウントはRF 気になるレンズは?

期待の高まるRFレンズラインナップ

2018年9月5日時点で発表されているRFレンズの種類は以下の4本です。

  • RF 28-70mm F2L USM
  • RF 50mm F1.2L USM
  • RF 35mm F1.8 Macro IS STM
  • RF 24-105mm F4L IS USM

レンズについては「キヤノンRFマウント用レンズまとめ|魅力的なレンズが続々」で詳しくまとめました。個人的にRF 35mm F1.8 Macro IS STMがめっちゃ欲しいです。

マウントの互換性?

EF-MレンズはRFマウントで使えません。

マウントアダプターを使えば一眼レフカメラ用のEFレンズやEF-Sレンズも使えるようになります。これは嬉しい!

RFレンズのコントロールリング

RFレンズにはズームリング、フォーカスリングのほかに「コントロールリング」を搭載。ISOや絞り、露出補正などをレンズのリングで調整することができます(機能は任意のものを割り当てることが可能)。

個人的にこれがめっちゃ嬉しいです。わたしは富士フイルムのミラーレスカメラの操作性が好きなのですが、その理由の一つがフジノンレンズの絞り環。レンズ側で絞りを調節できるのがすごく使い勝手がよくて、楽しかったんですよね。とても心地よい撮影体験でした。それをキヤノンのカメラでも再現されるのかと思うと楽しみです。

まとめ EOS R買う?

EOS Kiss Mをめっちゃ気に入って使っているのですが、Kiss Mは良くも悪くも気軽に使えるエントリーモデルのカメラです。EOS Rはその弱点を克服してより操作性や画質にこだわったカメラに仕上がっています。

特にマウントアダプターが素晴らしいですね。単にEFレンズを使えるようにするだけでなく、コントロールリングやドロップインフィルターを使えるという付加価値が生まれました。これで積極的にEFレンズを用いる理由が生まれたわけです。わたしは以前からフルサイズのカメラで使いたいと思っていたEFレンズが何本かあるので、それをEOS Rでよりパワーアップさせて使えるかと思うと楽しみです。

一方で動画撮影機能では他社と比較して見劣りする部分が目立つようになりました。ハイフレームレート撮影はHD120Pが限界。4KはDCI-4KではなくUHDでしかも画角が大きくクロップされる。フルサイズのバリアングルカメラで4Kが撮れるという点、マウントアダプターでフィルターをドロップインできる点以外は、動画面での魅力が薄い印象を受けました。

総合的に見るとキヤノンらしい画質と操作性のフルサイズミラーレスカメラでワクワクします。まだ実物を見ていないものの、わたしはこれ買うことにしました。楽しく使えそうなカメラなので、実際に購入してじっくり使い込んでみたいです。

追記:色々と評判を見ているとかなり評判が良いので発売日に手に入れるには早めに予約しておいたほうが良さそうですね。人気のカメラは場合によっては何ヶ月か入荷待ちになることがあるので注意が必要です。

レンズ選びについて記事にまとめました → EOS Rと一緒に買うレンズは何が良い?RFレンズとEFレンズから選んでみた

EOS Rに組み合わせて使うストラップなどのアクセサリーをどうするか考え中です。

EOS Rの体験会を兼ねたイベントが全国11カ所で開催されます。

追記(2018年9月30日):9月29日に大阪会場のEOS R体験会に行ってきました → EOS Rについてキヤノンさんに詳しく聞いてきた!大阪プレミアムセッションレポート

EOS R SYSTEM誕生キャンペーン」と題した購入キャンペーンも実施。

EOS R SYSTEM誕生キャンペーン

特製ストラップやオリジナルミニチュア、最大4万5千円のキャッシュバックなどの特典があります。

EOS R SYSTEM誕生キャンペーン 特製皮ストラップ

EOS R SYSTEM誕生キャンペーン EOS R オリジナルミニチュア

参考ウェブサイト:

外観についてはこちらのウェブサイトが他のカメラと比較しながら見られてわかりやすいです。

→ Canon R vs Canon 5D Mark IV Comparison Review

当サイトをご覧いただきありがとうございます!

「神戸ファインダー」は豊富な写真と動画で神戸の魅力を発信するブログ型情報ウェブサイトです。サイト運営者Akiが気になるカメラや関連機材についても国内外から情報を集め記事にしています。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをよろしくお願いします。
FacebookTwitterYouTubeInstagramなどでも情報発信していますのでフォローよろしくお願いいたします。シェアとフォローは下のボタンからご利用いただけます。

質問があればお気軽にコメントやSNSでお知らせください^^

コメント

  1. kuranosuke より:

    いつも楽しく拝見しております。
    神戸在住のkuranosukeです。

    個人的に動画の4Kクロップがネックなのですが、EF-Sレンズを使用しクロップモードにした場合、EFレンズよりも広角で使えるのではと少し期待をしてたのですが、以下通り、4Kは不可能なようですね。

    >マウントアダプターとEF-SレンズのクロップモードではHD撮影しかできません。

    この情報はメーカーへ問い合わせ等されたのでしょうか?
    あまり他のサイトでも見かけないので。
    週末大阪のサービスセンターへ寄れたら聞いてみますが、これが事実なら残念ですが今回は見送りです。。

    • aki より:

      kuranosuke様

      コメントありがとうございます。
      神戸ファインダーのAkiです。
      ご質問の点に関しましてはキヤノン公式サイトの仕様書を見ながら書きました。ですが改めて見るとすこし勘違いしていたところがあったようです。
      本文をいま追記・訂正させていただいたのですが、EF-Sレンズを使うだけであればHDにはなりません。
      EF-SレンズでHDR撮影をしようとすると記録サイズがHDに制限されるようです。
      なのでEF-Sレンズでも4K撮影は可能なはずです。
      念のためわたしも再度公式に尋ねて確認してみますが、おそらくこの認識であっていると思います
      (仕様書には「EF-Sレンズ使用時、動画クロップ時:HD」と書いてあり、その二行前に「HDR動画撮影時」とあります。おそらくHDRかつEF-Sレンズという意味だと思います)
      情報を確認できないまま記載してしまい申し訳ありません。

      また、EF-Sレンズで4K撮影の際にどの程度クロップされるのかは未確認です。
      EFーSレンズを使用すると自動で1.6倍のクロップがかかり、4K撮影時はそこからさらにクロップされるのではないかと思います。
      となるとEFレンズよりEF-Sレンズの方が広角になるとは言い難いです。
      より安価に広角を実現するという意味ではEF-Sレンズの利用価値はあるかもしれません。

      (一部追記):EOS 5D Mark4ではシグマのEF-S用レンズをつけて4K撮影に使うという話を聞いたことがあります。
      この場合はカメラに自動クロップ機能がないので、4KのクロップだけでちょうどよくEF-Sレンズを広角として利用できるそうです。
      EOS Rでも仮にEF-S用の自動クロップをオフにできるのであれば4K撮影にもうまく利用できるかもしれません。(追記おわり)

      以上がご質問に対するご回答となります。
      いつも神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。
      今後ともよろしくお願いいたします。

      Aki