パソコンは自作が安いって本当?自作PCのメリットとBTO・半自作との比較

スポンサーリンク

パソコンを安く買うにはどうすれば良いのか。お店やメーカーの選択も大事ですが、パソコンの場合はそれ以前に自作やBTOといった方法についても考えたいところです。よく自作パソコンは安いと言われますが本当でしょうか。自作やBTOのメリット・デメリットについて比較検討しました。

パソコンの中身 CPU

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。Aki(@Aki_for_fun)です。理想のクリエイターPCを求めて日々研究中です。

パソコンを購入するときに気になるのが値段です。どうしても高い買い物になってしまうぶんできるだけ安くすませたいですよね。

「安くパソコンを購入するなら自作がおすすめ」とよく言われるのですが、パソコンを自作するとはどういうことなのでしょうか。この記事ではよく勘違いされがちな自作パソコンのメリットとデメリットについて解説します。多くの人にとっては自作よりもBTOで購入したほうが安心で費用を抑えらるのでおすすめです。

※本記事は基本的にデスクトップパソコンを購入する場合の話です。ノートパソコンの場合、自作やカスタマイズが難しいです。

※わたし自身はパソコンを自作したことがないので、自作PCについてはパソコンの専門家や自作経験者にインタビューして調べています。自作の経験はありませんが、自分でパーツの選定を行なったパソコンをメーカーから販売させてもらったり、パソコン関係の取材を重ねているので一般の人よりはパソコンに詳しいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

パソコンを自作する

自作パソコンとは

そもそもパソコンを自作するとはどういうことでしょうか。パソコンを自作するとは「自分でパソコンのパーツを仕入れて自ら組み立てること」です。

つまり自作パソコンの場合、「パーツの選定」と「パーツの組み立て」という主にふたつの工程があります。そして、忘れられがちなのですが「パソコンのメンテナンス」も自分で行います。これら3つの工程を自分で行うことが自作パソコンの醍醐味と言って良いでしょう。

「パソコンを自作」と聞くとすごく高度で難しそうなイメージを持つかもしれませんが、基本的にやっていることは「自分で選んだパーツを組み立てるだけ」です。実際に自作している人たちの話を聞くと高級なプラモデルような感じとのこと。

自作パソコンのメリット

パソコンを自作するメリットは主に次のようなものが考えられます。

  • 好みの性能にできる
  • 好みのデザインにできる
  • 予算を抑えられる可能性がある
  • パソコンに詳しくなれる

スペックやデザインなど自分の好きなものを選べる

最初のふたつは分かりやすいですね。パーツを自分で決めるので自分の求める性能のCPUやグラフィックスを選ぶことができます。搭載できるメモリの量も融通がききます。ゲーム用だったり、RAW現像やイラスト制作用だったり、自分のパソコンの使い方に合わせて好きな性能に仕上げられます

最新のCPUを搭載するロマン…

またパソコンを自作する人たちが特にこだわるのがケースです。要はパーツを入れる箱ですが、普段目にするのはこのケースなので、デザインにこだわりたい人は自分でケースを仕入れます。パーツのカスタマイズだけなら、なにも一から自作する必要はなくメーカーから購入してもできるのですが、自作PCならケースやマザーボードから選ぶことができます。これは自作パソコンの大きな魅力です。

わたしの知り合いでもblancoo houseのタケナカナミさんが好みのケースで作ったパソコンを紹介されていました。

自作はお金の節約になる

多くの人が期待するのがコストパフォーマンスでしょう。組み立て作業を自分で行うので、その作業にかかる金額的コストがかかりません。そのため普通にメーカーで同様のスペックのパソコンを買うのと比べると安上がりになることがあります。

しかし、このコストの面はすこし注意が必要です。ひとつは好みのパーツが安く手に入るとは限らないということ。パーツの価格は需要と供給に左右されますから欲しいパーツが必ずしも安いわけではありません。逆にメーカーの方が大量に仕入れるのでパーツひとつあたりのコストを抑えられていることもあります。またパソコンを自作する人はこだわりが強いので、自分のロマンためにパーツを選び結果的にすごくお金がかかってしまったり、本来不要なパーツも含まれて割高になってしまうという話もよく聞きます。

単純に購入価格だけ見ると自作パソコンが安いのかは留保が必要です(クリエイターPCの自作例をいくつか見ましたがメーカーの価格とあまり変わりませんでした)。むしろ自作パソコンのコストパフォーマンスは、その後のメンテナンスや複数のパソコンの運用を考えたときにメリットが大きくなります

パソコンを自作すると何が良いかというと、パーツ単位で新調できることです。パソコンの自作ができる人は、使っているうちにパソコンの性能に不満が出た場合、パソコンをまるごと新調するのではなく、特定のパーツだけを入れ替えたり、増強することができます。一部のパーツを替えるだけであれば普通にパソコンを買い換えるよりずっと安くすみます。

複数のパソコンを持っている人ならパーツを流用することもできます。色々とカスタマイズを試しているうちにパーツが余ることがあるので、それを別のPCに使いまわしたりします。必要なパーツだけを買い換えて維持できるのは自作パソコンのメリットと言えるでしょう。パーツ単位なら金額も小さいので、人によっては経費として処理しやすいというメリットもあります。

パソコンに詳しくなる

パソコンを自作しようとすると、必然的に調べごとを重ねて知識がつきます。だんだんとパソコンに対する理解が深まると、何に気をつければ自分の望むパフォーマンスが出るのかわかるようになってきます。

普通パソコンを使うだけだと、どういったパーツがどういう処理に影響しているのか知りませんよね。また何をしたら壊れるのかもよくわかっていないので気づけば「何もしていないのにパソコンが壊れた」なんてこともあるでしょう(実際よくある話)。

パソコンのパーツ選びや組み立てを通じて、パソコンの構造・弱点を知ることができます。理解を深めることで今後パソコンを賢く利用できるようになるでしょう。最近は子どもの勉強のためにパソコンを自作してみるという人もいるそうです。

自作パソコンのデメリット

パソコンを自作する場合のデメリットや気をつけたほうが良い点をまとめると次のようになります。

  • 知識が必要
  • 性能がきちんと発揮されるかわからない
  • 時間がかかる(組み立てとリサーチ)
  • 破損や保証面でのリスク
  • 意外とコスパがよくない
  • OSはWindowsでデスクトップ型に限定

リサーチと実践に手間がかかる

パソコンを自作するにはある程度専門的な知識が必要です。パソコンがどのようなパーツで構成されていてどのように接続するのか知っていなければ自作できません。ケースやマザーボードによって接続できるパーツが制限されるので、どのパーツが使えるかリサーチが必要です。価格のチェックも大切でしょう。

またCPUやグラフィックスなどの性能を正しく発揮するには熱対策や電源など全体のバランスについて気を配らなければなりません。高性能なパーツを載せるだけでは良いパフォーマンスが出るとは限らないのがパソコンの難しいところです。

またパソコンに関する技術は発展が目覚しいので、情報を常にアップデートしなければなりません。例えば、メモリには世代(種類)があるので、古いものは最近のマザーボードにさせなかったり、さしても効果がないということがあります。こういった情報についてもきちんと調べなければなりません。自作パソコンには何かと手間がかかるのは間違いありません。

自作初心者には下記のような雑誌が基礎知識の勉強におすすめです。うまくポイントが抑えてあってわかりやすかったです。

もう少しマニアックな書籍もいろいろあるようです。ネットで知識をかいつまむだけだと必要な情報を見逃しかねないので本で勉強するのは良いと思います。

壊したら自己責任

メーカーのパソコンを購入すれば製品保証があるので、万が一壊れてしまっても保証の範囲内なら無償でサポート受けることができます。一方自作パソコンは自己責任で行います。パーツ単位では保証もありますが、自分のミスで壊してしまっては保証を受けられません。

パソコンの組み立ての際は静電気や湿気が大敵です。無理にパーツをはめようとして物理的に破損させてしまうこともあります。何万円もするパーツを壊してしまうリスクがあることを覚悟しましょう(そうならないように入念な下調べが必要)。そして故障の際は自分で原因を特定して、自力でそれを解決しなければなりません。

案外安くない

パーツを自由に選べるといっても素人は技術的なことまで理解できないので結局ブランドで選ぶことが多いです。そうなると価格は必ずしも安くなりません。また上で書いたように手間がかかるので時間のコストを考えると必ずしもお得とはいいがたいです。

メリットの項目でも補足説明したように、大きなパソコンメーカーは大量購入でパーツを安く用意できるぶん販売価格も抑えられているという側面があります。繰り返しになりますが、単純な初期投資の価格だけでは自作が安いとは限りません。

自作はWindowsデスクトップPC

自作パソコンのノウハウは古くからありますが、基本的にOSはWindowsで、デスクトップ型に限定されます。ノートパソコンの自作例もあるようですが大半はデスクトップです。

どんな人に自作PCは向いている?

自作パソコンが向いているのは、パソコンが好きで、パソコンの構造について調べたり作業することを楽しめる人です。わからないことがあった時に自分で調べて対応することができるならパソコンの自作をしてみる価値はあるでしょう。手間はかかりますが、市販のパソコンにはなかなか無いようなオリジナルパソコンを作れます。運用の仕方しだいではコストを安く抑えることも可能です。

ただし、初心者が安さだけを求めて自作するのはおすすめできません。知識が必要で手間もかかるので「自作PCは趣味の領域」とも言われています。自分の責任で取り組めて、自作の過程やその後のメンテナンスもやっていける(楽しめる)人が自作パソコンに向いています。




初心者が良いパソコンを安く買う方法

自作はハードルが高いけれど、できるだけ自分好みの性能・デザインのパソコンを安く買いたい場合はどうすれば良いのでしょうか。そんな人には「半自作」や「BTO」(”Build To Order” 受注生産)という購入方法があります。自作のメリットを取り入れつつ、初心者でも手軽にパソコンを運用する方法です。半自作もBTOも同じようなものですが、ここでは区別してご紹介します。

半自作とは

半自作とは、例えば自分でパソコンのパーツを選び、組み立てを専門家に依頼する方法です。場合によってはパーツの選定もプロのサポートを受けながら行います。もしくは、メーカーで安くてシンプルなパソコンを購入してから、それとは別に購入したパーツを自分で組み込むというパターンもあります。

「半自作PC」についておそらく明確な定義はないのですが、自作と単純な完成品の購入の間にあるような方法のことを一般的に半自作と呼んでいます。自作PCの場合、パーツの選定、組み立て、メンテナンスの三要素をすべて自分で行いますが、その一部をプロに任せるのが半自作です。

半自作でよくあるのは信頼できる個人や業者に作業を委託するというパターンです。自分の好みのパーツを選んで組み立ててもらいます。わたしの知り合いでも自分の好みのパソコンを詳しい人に依頼して組み立ててもらったという人がいました。

個人に依頼する場合はその人との関係が大切です。何かしら不具合が起こった時に気軽に相談できる間柄なのかどうかはよく考えたほうが良いと思います。自分にとっても相手にとってもその後のサポートについてどうするかはよく確認しておいたほうが良いでしょう。パソコンメーカー(特にBTOパソコンメーカー)に依頼するという方法もあります(参考:PC組立代行サービス | TSUKUMO ツクモ)。

あとは「サイコム」も半自作の購入方法として有名です。サイコムは「BTOパソコンメーカー」なのですが、しばしば半自作PCの例として言及されることがあります(BTOは半自作のような仕組みなので後ほど解説します)。

サイコムの良いところは、①パーツの種類が豊富でブランドがわかる、②使えない組み合わせのパーツが注文の際にわかる、③サポートがある(サイコムで買ったパーツを使用した場合のみ)などです。

完全な自作と違ってプロのサポートを受けられるのが大きな魅力ですね。ただしパーツの選定は自分で理解していないとけっきょく値段でしか選べなくなってしまうのである程度知識は必要です。

参考:BTO パソコン(PC)の【@Sycom】(サイコム)

サイコムはユーチューバーの瀬戸弘司さんも利用したそうです。こちらの動画ではパーツの解説もしてくれているので、パソコンの構造のイメージや、自作・半自作のイメージがわくと思います。