スポンサーリンク

カメラは難しくない!お家でゆるりと始められるフォトレッスンで写真がもっと楽しく好きになれる

ゆるっと楽しむ暮らしのフォトレッスンプログラム フェリシモ ミニツク

自宅で気軽に始められるフォトレッスンをご紹介します。題して「ゆるっと楽しむ 暮らしのフォトレッスンプログラム」。写真を楽しみながら素敵に撮れるように上達したいと思っている人におすすめです。

フェリシモ スマホとデジタルカメラから始めよう ゆるっと楽しむ暮らしのフォトレッスンプログラム[6回予約プログラム]

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。Aki(@Aki_for_fun)です。写真がうまくなりたいという相談をよく受けます。人によって悩みや課題はそれぞれですが、一番悲しいのが「自分には写真のセンスがない」「カメラは難しすぎる」と思い込んでしまうことです。

たしかにカメラは奥の深い世界ですがその入り口は広くすべての人に開かれています。写真を楽しむために立派なカメラも生まれ持ったセンスもいりません。もっと大切な写真のエッセンスを教えてくれる「ゆるっと楽しむ 暮らしのフォトレッスンプログラム」をご紹介します。

※商品を取り扱っているフェリシモ株式会社様に取材のご協力をいただきました。商品の実物を見ながらこのフォトレッスンの特徴やコンセプト、利用者の声などを聞いてきました。

スポンサーリンク

家で始められるフォトレッスン

「ゆるっと楽しむ 暮らしのフォトレッスンプログラム」は、フェリシモの「ミニツク」、家でできる習い事プログラムのひとつです。月1回届く教材をもとに習い事を受けられます。基本的には届いたものをもとに自主的に学習を進める仕組みです。

1ヵ月分の教材 ゆるっと楽しむ暮らしのフォトレッスンプログラム フェリシモ ミニツク

月1回 届くのはテキストブックとフォトスタディーブック、そしてフォトペーパー20枚

「暮らしのフォトレッスン」は、忙しい主婦の人でも無理なく進められるように設計されました。忙しくてまとまった時間が取れない人でもスキマ時間を利用して楽しめるよう写真やイラスト付きでわかりやすく解説されています。

テキストで取り上げる被写体も料理や雑貨、植物など家の中で撮れるものが中心です。フォトレッスンというとどこかに通わなければいけないのが普通ですが「暮らしのフォトレッスン」なら家に居ながらにしてレッスンを始められます。

ゆるっと楽しむ暮らしのフォトレッスンプログラムの内容

画像引用:フェリシモ スマホとデジタルカメラから始めよう ゆるっと楽しむ暮らしのフォトレッスンプログラム[6回予約プログラム]

スマホでOK!センスはいらない。機械オンチでもカメラは楽しめる。

どうしたら素敵な写真が撮れるのか。初心者には分かりませんよね。人の上手な写真を目にすると「ひょっとして自分にはセンスがないのかな」と自信を無くしてしまうかもしれません。あるいは「高級なカメラがないとやっぱりダメなんだ」と諦めてしまう人もいることでしょう。

しかし、諦めないでください。「暮らしのフォトレッスン」では、フォトグラファーの三宅龍介さん監修のもと、誰でも素敵な写真を撮れるようになるプログラムが組まれています。

センスはいりません。カメラは特別なものではなくスマホで大丈夫です。このフォトレッスンはカメラの種類を問いません(強いて言えばデジタルカメラ向けのレッスンです)。

テキストの中身 ゆるっと楽しむ暮らしのフォトレッスンプログラム フェリシモ ミニツク

「暮らしのフォトレッスン」で学べることは個別具体的なカメラの操作方法というよりも、写真の撮り方が中心です。カメラの持ち方やアングル・構図、余白の取り方、光の向きなど、どんなカメラでも応用の効く大切なエッセンスをより学べるようになっています。

写真を学ぶ上で知っておいたほうが良い専門知識についてもきちんとカバーしています。そういった一見難しそうなものについてはイラストや図解付きでわかりやすく解説されているので安心です。また最近のカメラに多く搭載されているカメラの面白い機能についても紹介しているので、気軽に撮影を楽しむことができます。

テキストの中身 ゆるっと楽しむ暮らしのフォトレッスンプログラム フェリシモ ミニツク

ちなみにスマホでこのフォトレッスンを受ける人におすすめしたいアプリが「Adobe Lightroom CC mobile」です。「暮らしのフォトレッスン」ではなにか特定のアプリを推奨はしていないのですが、標準のカメラアプリだとレッスン内容を充分に活用できないので専用のアプリがあったほうが良いと思います。「Adobe Lightroom CC mobile」は無料で利用できて、本格的な撮影と編集ができます(一部の機能は有料ユーザー限定です)。

詰め込みすぎない。だから身に付く

「暮らしのフォトレッスン」で1ヶ月で学ぶ分量はテキスト20ページです。学んだことをきちんと身につけて成長していけるよう厳選された内容となっています。

6ヶ月分のテキストブック ゆるっと楽しむ暮らしのフォトレッスンプログラム フェリシモ ミニツク

月1冊に20ページというのが絶妙なバランスになっています。カメラの教材は巷にたくさんの種類がありますが、その多くが網羅的な解説ができるようたくさんの内容が1冊に詰め込まれています。一方で「暮らしのフォトレッスン」は何度も協議を重ねた末にこの分量となりました。

1回20ページの分量となったのは忙しい人でも学びやすいように設計されたフォトレッスンだからです。たくさんの内容が控えていると「勉強しよう」「本を読もう」という気持ち的なハードルが高くなってしまうもの。その点「暮らしのフォトレッスン」のテキストは誰でも気軽に手に取れるようなサイズにおさまっています。自然と手が伸びるようなこの気軽さが良いのです。

よく聞くのがせっかくカメラの本を買ったのに読まずに本棚に置きっ放しになってしまったという声です。すでに本を読む習慣がある人にとっては書籍はとても効率よく学べる道具なのですが、合わない人にとっては宝の持ち腐れになってしまいます。

※逆にバリバリ勉強できるタイプの人は書籍をうまく活用したほうが効率的でおすすめです。→ カメラを使いこなす!写真の勉強をしたい人におすすめの本まとめ

「暮らしのフォトレッスン」は月20ページ。そしてそれが半年で完結します。無理なくステップアップできるのが魅力です。

量が少ないということは必ずしも質が低いことを意味しません。テキストに書かれていることはカメラや写真を学ぶうえで大切なエッセンスが詰め込まれています。時の流れで簡単に廃れない大事なポイントがまとめられています。これはわたしもテキストを6ヵ月ぶん目を通して確認したので保証します。

全テキスト6冊 半年分 ゆるっと楽しむ暮らしのフォトレッスンプログラム フェリシモ ミニツク

  • 第1回 カメラをはじめよう カメラの役割と機能[カメラ 基本編]
  • 第2回 味の記憶をおいしく切り撮ろう 構図とアングル[料理編]
  • 第3回 感動をかわいく切り撮ろう 光とぼかし感[雑貨編]
  • 第4回 新しい目線を見つけよう 広角の楽しみ方と色[植物&風景編]
  • 第5回 表情やしぐさを素敵に切り撮ろう 動きのあるシーン撮影[子ども&ペット編]
  • 第6回 ストーリーのある風景 フォトブックを作ろう[写真コラージュ編]

様々なテーマでちょっとずつ素敵な写真の撮り方を学ぶことができます。

例えばレッスン3ではおしゃれに見える「ぼけ感」について。背景をふんわりぼかしておしゃれな雰囲気の写真の撮り方を覚えることができます。レッスン4では広角レンズでダイナミックに撮る方法を、レッスン5では動く被写体というすこし難しい内容にも挑戦します。子どもやペットの写真をブレずに撮る方法を学びます。

写真は楽しくて生活を豊かにしてくれる

「暮らしのフォトレッスン」の良いところは単に「読んで学ぶ」にとどまらず、「撮って楽しむ」まで用意されているところです。テキストだけでなく写真用の印刷紙と写真を貼って楽しめる冊子が毎月届きます。

フォトスタディーブック使用例 ゆるっと楽しむ暮らしのフォトレッスンプログラム フェリシモ ミニツク

最近はSNSで写真を楽しむ機会が増えています。それももちろん良いのですが、写真を印刷したりフォトブックを作ることもわたしたちの生活を豊かにしてくれます。

どんなフォトブックを作るかはその人の自由。ふだん食べている美味しい料理や、身近な雑貨や植物、家族やペット、自分の趣味を写真に撮るのも良いでしょう。写真は様々なかたちで楽しむことができます。

フォトスタディーブック使用例 ゆるっと楽しむ暮らしのフォトレッスンプログラム フェリシモ ミニツク

フォトカレンダー

フォトスタディーブック使用例 ゆるっと楽しむ暮らしのフォトレッスンプログラム フェリシモ ミニツク

写真日記

写真を印刷する方法・便利な道具

フォトレッスンで写真の印刷方法についてはごく簡単な説明にとどまっていたので、すこし補足説明と便利な道具の紹介をしておきます。

まず印刷方法としては大きく分けて、①自宅のプリンターで印刷する、②お店で印刷してもらう、です。

自宅にプリンターがある人はぜひ自分でプリントしてみましょう。「暮らしのフォトレッスン」には印刷用紙も付いてくるのでそれが使えます。冊子に写真を貼るときはシール状のフォトコーナーがあると便利です。

Mollytek 写真 コーナーシール 13色 24個/シート

コクヨ フォトアルバム用ビニールコーナー 400片

プリンターをこれから買う人はやはり写真印刷用に作られたプリンターを選んだ方が良いです。とはいってもプロ用のものを買わなくても大丈夫です。最近の家庭用プリンターは、紙とインクさえ適切なメーカー推奨品を使えば高い品質で印刷できます。

また最近は写真をシールにして印刷できるプリンターがありとても人気があります。

お店でプリントしてもらう場合は、アクセスの良いところを利用するか、ネットプリントの利用がおすすめです。安い金額でもなかなか良いクオリティで印刷してもらえます。ネットプリントでおすすめをひとつ選ぶなら「しまうまプリント」です。

写真プリント 1枚6円〜| 写真印刷、写真現像の【しまうまプリント】

わたしの信頼するブロガーさんもしまうまプリント推しなのでここを選んでおけば間違いなしだと思います。

参考:ネットプリントおすすめは?現像のプロと比較して選んだ安くて最高のサービスはここだ!【2018年度】

フォトレッスンの申し込みはフェリシモウェブサイトから

「ゆるっと楽しむ暮らしのフォトレッスンプログラム」はフェリシモのウェブサイトから申し込むことができます。月々1300円(+税)で、計6回続くプログラムです。一度申し込んだら原則として6ヶ月続けることになります。

初めてフェリシモで注文をする場合は、最初の商品が届くまでに3〜4週間ほどの時間がかかりますので、その点はご留意ください。

→ フェリシモ スマホとデジタルカメラから始めよう ゆるっと楽しむ暮らしのフォトレッスンプログラム[6回予約プログラム]

フェリシモでは様々な習い事のプログラムや手作り雑貨の商品もあります。合わせて申し込むと自分ががんばって作ったものを写真に撮ることでより一層楽しくなりそうですね。

【ミニツク】おうちレッスン

couturier [クチュリエ] 手づくりのときめきを、もっと身近に、くらしの中へ

まとめ カメラを、写真を、楽しもう

フォトスタディーブック使用例 ゆるっと楽しむ暮らしのフォトレッスンプログラム フェリシモ ミニツク

「あまりカメラには詳しくなくて、普段の生活が忙しい人でも学べるフォトレッスンがほしい」。そんな思いからこの「暮らしのフォトレッスン」は生まれました。

「子どもの写真をきれいに撮りたい」、「趣味の手芸品をすてきに撮りたい」、「がんばって作った料理を美味しそうに撮りたい」、そんなささやかな願いを抱いている人にこの「暮らしのフォトレッスン」はおすすめです。

写真はとても楽しく、あなたの生活を豊かにしてくれるものです。自分の写真に自信がない人も諦めずぜひ初めの一歩をふみだしてみてください。

フェリシモ スマホとデジタルカメラから始めよう ゆるっと楽しむ暮らしのフォトレッスンプログラム[6回予約プログラム]


関連記事

「カメラを始めたばかりで使いこなせない」、あるいは「イメージしたような写真が撮れない」という悩みを抱えていませんか?そんな人はぜひ本を読んで勉強してみてください...
神戸に本社がある「フェリシモ」。ふつうの通信販売とはちょっと違う独特なスタイルのサービスを提供しています。フェリシモの特徴や注目商品、神戸に根付いた活動・エピソードなどについてご紹介します。
フェリシモの裏ボアパンツ。裏地がボアになっていて履き心地よく、寒い日でも暖かく過ごせると評判の人気商品です。裏ボアパンツの口コミや特徴、買い物の際の注意点について解説します。

当サイトをご覧いただきありがとうございます!

「神戸ファインダー」は豊富な写真と動画で神戸の魅力を発信するブログ型情報ウェブサイトです。サイト運営者Akiが気になるカメラや関連機材についても国内外から情報を集め記事にしています。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをよろしくお願いします。
FacebookTwitterYouTubeInstagramなどでも情報発信していますのでフォローよろしくお願いいたします。シェアとフォローは下のボタンからご利用いただけます。

質問があればお気軽にコメントやSNSでお知らせください^^