スポンサーリンク

EOS Rを購入1週間で壊したのでカメラの保証・保険について真剣に考えてみた

大切なカメラを購入まもなく壊してしまったので、カメラやレンズの保証・保険について調べてみました。自然故障であれば多くの場合メーカー保証で対応してもらえますが、うっかり落としてしまったり、事故で壊れてしまうようなときは特別なサービスが必要です。

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。Aki(@Aki_for_fun)です。買ったばかりのカメラとレンズを壊してしまいました。非常に悲しく辛いわたしの体験談をお伝えします。そして今後万が一カメラやレンズが壊れてしまったときにできるだけ負担を減らせるように対策を考えました。

スポンサーリンク

フルサイズカメラEOS Rと交換レンズRF24-105mm F4L IS USMが壊れた

今回お亡くなりになったものはキヤノンのフルサイズミラーレス一眼カメラ「EOS R」と交換レンズの「RF24-105mm F4L IS USM」です。どちらも高級なものなのでふたつあわせて35万円くらいします。2018年10月25日の発売と同時に手に入れたものでとても嬉しい買い物でした。あろうことかそんな大切なものが購入してわずか1週間で激しく破損することとなってしまいました。

まさかの事故でレンズが折れる

壊れた理由は事故。事故の内容については相手のこともあるのであまり詳しく書くのは避けますが、撮影中にモノがカメラに当たって大きな衝撃を受けそのまま落下しました。

事故で壊れてしまったカメラEOS Rとレンズ

見るも無残にレンズが根元から折れてしまったわたしのEOS R

写真のようにレンズが根元から折れてしまいました。それ以外の外観の傷はほとんどなくて、おそらく落下よりも最初の衝撃のほうが深刻なダメージを与えたのではないかと思います。わたし自身はちょっと痛い思いをした程度で特に大きな怪我がなかったのが不幸中の幸いといったところでした。この衝撃がもし自分の頭に当たっていたらと思うとぞっとします。

まったく想像もしないような出来事で、事故直後は混乱と心の疲弊で正直何もできるような状態ではなくなってしまいました。まさか大切なカメラとレンズが一瞬の事故でこんなことになるなんて。よりにもよって非常に高級で、買ったばかりのものがです。人生何が起こるか本当にわかりません。

カメラとレンズの状況・修理見積もり

事故を起こした相手と今後の対応について話した後、一度帰宅してしばらく休憩。心を落ち着け頭を整理してから、カメラとレンズを修理の見積もりに出すことにしました。

キヤノンのサービスセンターに持ち込んだのですが、このとき窓口の人に事故のことの話を聞いてもらってちょっと気が楽になりました。こういうショックな出来事のときは誰かに話を聞いてもらえると助かりますね。

レンズの修理料金見積書 約7万6千円

見積もりの結果、カメラの修理料金が約1万7千円、レンズの修理料金が約7万6千円で、計9万3千円ほど必要となることがわかりました。ちなみにこれはキヤノンフォトサークル会員の特典で2割引になった価格です。通常なら11万6千円くらいかかるので非常に重大な破損です。

しかも、発売されたばかりの製品ということで現状では修理に必要な部品がないとのこと。レンズRF24-105mm F4L IS USMについては修理納期未定となってしまいました。

示談交渉の末に補償の結論がでる

以上の修理見積もりの内容をもとに事故を起こした相手に補償を請求することにしました。最終的にこちらの要求が通り、カメラEOS Rの修理代金を全額補償、さらにレンズは新しいものを購入してもらいこれも相手に全額負担してもらうことになりました。

言葉で書くと簡単ですが、この間非常に精神的に消耗する交渉がありました。時間的にもコストが大きく、補償の内容が決まるまで2週間くらいかかっています。とても大変でした。




カメラやレンズの保証・保険について

最終的にお金の自己負担はしない方向で結論がでたものの、二度と同じような経験をしたくないので保証や保険について改めて考えてみることにしました。

カメラ・レンズのメーカー保証

まず最初に確認したいのがメーカー保証です。なにか特別なことをしなくても大抵のカメラメーカーは製品保証サービスを提供しています。

具体的な保証内容はお手持ちの保証書などでご確認いただきたいのですが、だいたいの場合が初期不良や自然故障に対する保証です。つまり事故や落下、水濡れ、地震、火災などで不具合が起きた場合は保証の対象にならず有料です。ふつうに使っていたのに問題が発生したときはメーカー保証で無償修理してもらえます。

キヤノンのカメラやレンズの保証内容もごく普通の保証なので、今回のわたしの事故のようなケースでは対応してもらえませんでした。そのかわりキヤノンフォトサークル会員(年会費5,400円)というものに入っていれば修理料金が2割引になります。

参考:キヤノンフォトサークル

カメラのメーカー保証で優秀なのはソニーです。有料のオプションではありますが、長期ワイド保証というものに加入すれば、破損、水ぬれ、火災など、偶然な事故の際にも無料で修理が受けられるようになります。

ソニー製品を買う人はソニーストアで購入し、この長期ワイド保証を利用することをおすすめします

参考:

購入店舗の保証サービス

カメラやレンズをお店で買う際にその店舗が独自で提供している保証サービスがあります。これはお店によって内容が全然違うので確認が必要です。

カメラのキタムラ

例えばわたしがEOS Rを買ったカメラのキタムラの場合、「5年間保証」という有料の保証サービスがあります。これはメーカーが提供している保証内容を5年に延長するようなもので自然故障をカバーしてくれます。落下や水没などのいわゆるショック品については保証してくれないので注意が必要です。

参考:5年間保証|カメラのキタムラネットショップ

ヨドバシカメラ

ヨドバシカメラでは、店舗で購入した場合「延長保証(ゴールドポイントワランティ)」に加入することができます(ネットショッピングは対象外)。これも基本的には自然故障があった場合に修理料金を店舗が負担してくれます。保証期間は5年ですが、2年目以降は保証限度額が下がります。また修理代金を保証してくれるのは一度だけなのであまり魅力的なサービスではありません。

参考:ヨドバシ.com – 保証

ただし、ヨドバシカメラの場合、「ゴールドポイントカード・プラス」というクレジットカードを使って購入するとお買い物がより安心になります。こちらだと購入から180日間であれば破損、盗難、水没などの事故でも1事故100万円まで補償してしてくれます(カメラの場合。品目によって補償される期間・金額が異なります)。入会費も年会費もかからないので、もしヨドバシカメラで買い物するのであればこの「ゴールドポイントカード・プラス」の利用をおすすめします。

参考:ゴールドポイントカード・プラス GOLD POINT CARD + | 株式会社ゴールドポイントマーケティング

さらに追加で有料の「プレミアム会員」になれば、先ほどの補償が購入から365日に延長されます。しかもヨドバシカメラ以外でもVisa加盟店での購入したものなら同様の365日間の補償対象になります。

参考:プレミアム会員特典 ゴールドポイントカード・プラス GOLD POINT CARD +

クレジットカードに付帯する保険

クレジットカードを使っているひとはそのカードに付帯する保険サービスについても確認しておくと良いです。

クレジットカードによっては、「携行品損害保険」だったり、「ショッピングプロテクション」、「お買物安心保険」、「ショッピング補償」などの名前で、購入した商品に対する損害を補償してくれることがあります。

※上で説明したヨドバシカメラの「ゴールドポイントカード・プラス」のサービスもクレジットカードに付帯する保険の一例です。

Amazon Mastercardの場合

わたしはAmazon Mastercardクラシックを使って買い物をしていたので、その保険内容について調べてみました。

Amazon Mastercardは、三井住友カード株式会社がAmazon.co.jpと提携し発行しているクレジットカードです。お買物安心保険(動産総合保険)というのが付帯して、Amazon Mastercardクラシックなら100万円まで、Amazon Mastercardゴールドなら300万円まで補償してくれます。

お買物安心保険が適用されるためにはいくつか条件があります。ひとつは商品の購入から90日間であることです。わたしは購入から1週間ほどだったので、保険の対象になるかと思ったのですが残念ながらもうひとつの条件に合わず補償してもらえませんでした。

それは3回以上の分割払いかリボ払いの場合のみ対象となるという条件です。わたしが使っているのはAmazon Mastercardクラシックなのですが、お買物安心保険を適用してもらうためには3回以上の分割払いかリボ払いが必要になります。わたしは一回払いだったのでダメでした。

しかし、Amazon Mastercardゴールドならこういった制限はありません。普通に一回払いでもお買物安心保険によって、事故や落下などで壊してしまったものを補償してもらえます。1事故につき3,000円の自己負担額だけで済みます。

参考:お買物安心保険(動産総合保険)|クレジットカードの三井住友VISAカード

Amazon Mastercardクラシック 三井住友カード株式会社

Amazon Mastercardゴールド 三井住友カード株式会社

ゴールドカードのほうが保険を含めて様々なサービスが充実しています。ということでこれを機にゴールドカードへの切り替えを申し込みました。

Amazon MastercardクラシックからAmazon Mastercardゴールドへの切り替え申込書

Amazon MastercardゴールドにはAmazonプライム会員の利用料金も含まれているので、Amazonをよく利用するひとにとっては年会費の負担も少なく利用しやすいです。

調べてみるとAmazon Mastercardゴールドの年会費は「マイぺいスリボ」の申し込みで大きく値引きされることや、リボ支払額の設定を上限(月可能支払い限度額)に設定すれば実質1回払いで手数料を負担せずに利用できることなどもわかりました。このあたりはググるとたくさん情報が出てきます。

参考:

ヤフーカード

ヤフーカード (Yahoo! JAPANカード)も最近人気があるようなので調べてみました。こちらもやはり90日間のショッピングガード保険があります。ヤフーショッピングやヤフオクだけでなく、どこで買っても補償されます。

購入金額が1万円以上の商品が対象で、期間中最大100万円まで補償してくれます。事故負担額は1回の事故につき3000円です。

さらに有料のプラチナ補償に入るとより充実したサービスが受けられます。こちらは18種類もの補償がついてくるので詳細が気になる方は下記リンクをご参照ください。

楽天カードの場合

わたしは楽天カードも利用しているのでこちらの付帯保険についても調べました。

楽天カードの場合は「海外旅行傷害保険」があります。海外旅行中の出来事であれば「携行品損害」として補償を受けることができます。

国内のことについてまでは保険の対象とならないのが残念ですが、楽天会員限定で利用できるお得な保険サービスがあったのでそちらについて次の項目でご紹介します。

落下や水濡れ、事故に対応できる保険・保証サービス

楽天の保険

楽天会員限定で利用できる「楽天超かんたん保険」があります。とても手軽に保険を利用できるのが魅力です。

いくつかプランがあるのですが、楽天市場で購入したものを補償してもらえる「お買い物あんしんプラン」や、外出中の事故や落下、盗難のときに補償してもらえる「持ち物サポートプラン」がカメラ・レンズに関する保険に向いているようです。

それぞれ節約コース、標準コース、充実コースなどと料金体系が分かれているのも良いですね。負担金額に応じて補償してもらえる限度金額も変わります。

参考:

持ち物サポートプラン<節約コース(本人型)>【超かんたん保険】【保険】

持ち物サポートプラン<標準コース(本人型)>【超かんたん保険】【保険】

持ち物サポートプラン<充実コース(本人型)>【超かんたん保険】【保険】

わたしはこの持ち物サポートプランを今後利用するつもりです。

また楽天銀行講座保有者限定の「少額あんしん保険」もあります。携行品プランなら盗難・破損・火災などでカメラ・レンズが壊れたときも補償してもらえます。

参考:携行品プラン | 楽天銀行のお客さま専用少額あんしん保険 – 月140円~の楽天銀行口座保有者さま限定オプションサービス

Amazonの保証

Amazonで購入するカメラ・レンズについても有料の保証サービスがあります。事故保証プランなら落下、水没、火災など様々なシーンの破損にも対応してもらえます。

参考:カメラ・ビデオカメラ 3年 事故保証プラン (落下・水濡れ等にも対応/対象製品税込価格 40,000円~44,999円)

しかし、どうも利用できる商品が限定的なところがネックです。そこでこのAmazonで加入できるヤマトロジティクスの事故保証プランについて調べてみました。

クロネコ延長保証サービス

「クロネコ延長保証 家電 プレミアム」なら事故などで壊れてしまったカメラも補償してもらえます。注意点としては製品を購入の際に申し込まなければならないということ、どこで販売しているかわかりにくいということです。

まとめ 万が一が起こることを前提にカメラ・レンズを扱おう

調べてみると非常にたくさんの保険・保証サービスがあることがわかりました。この記事ではわたしにとって身近なものを中心にまとめましたが何かおすすめの保険・保証サービスがあればコメントなどで教えてもらえると幸いです。

保険によっては購入から90日間だけ保証してくれるものが多いです。90日と聞くと短く感じるかもしれませんが、カメラを落として壊してしまう事例の多くが購入まもなく操作に慣れていないときに起こるようです。なので90日とはいえ有用と言えそうです。

それにわたしみたいに万が一のケースもあります。事故が起こるととにかく体が無事だったとしても精神的に激しく疲弊します。精神的な支えとしても保険は有益です。買ってまもないときに大事なカメラ・レンズを壊してしまうととても悲しいので、ぜひお気をつけください。

壊れたレンズ RF24-105mm F4L IS USM

キヤノンのレンズを落として壊してしまいました。大切なレンズなので修理に出すことに。カメラやレンズの修理に関して、どれくらいの料金や時間(日数)がかかるのか、どこで修理してもらえるのか、わたしの体験をふまえて解説します。
キヤノンのフルサイズミラーレス一眼カメラ「EOS R」を購入しました。発売日の10月25日に我が家にもやってきました。まだ使い始めですが、手元に届いてしばらく使ってみて感じたカメラの操作性や撮れる写真の印象についてお伝えします。
ピークデザイン(Peak Design)は全製品に無期限の保証を提供しています。欠陥があったり不具合が生じたときでも返品や交換をしてもらえるので安心です。実際に保証サービスを受けることになったので保証の内容や手続きの方法について説明します。

当サイトをご覧いただきありがとうございます!

「神戸ファインダー」は豊富な写真と動画で神戸の魅力を発信するブログ型情報ウェブサイトです。サイト運営者Akiが気になるカメラや関連機材についても国内外から情報を集め記事にしています。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをよろしくお願いします。
FacebookTwitterYouTubeInstagramなどでも情報発信していますのでフォローよろしくお願いいたします。シェアとフォローは下のボタンからご利用いただけます。

質問があればお気軽にコメントやSNSでお知らせください^^