スポンサーリンク

ピークデザイン製品が壊れた!保証サービスの実体験レポート【生涯保証・無償で新品交換】

ピークデザインの保証内容と利用方法 Peak Design

ピークデザインPeak Design)は全製品に無期限の保証を提供しています。欠陥があったり不具合が生じたときでも返品や交換をしてもらえるので安心です。実際に保証サービスを受けることになったので保証の内容や手続きの方法について説明します。

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。Aki(@Aki_for_fun)です。

愛用しているピークデザインのエブリデイバックパックのジッパーが壊れてしまいました。残念と思いつつ製品保証のことを思い出し保証申請を出すことに。素晴らしい対応だったので、その経緯をまとめておこうと思います。

スポンサーリンク

エブリデイバックパックが壊れた

わたしはカメラとパソコンを持ち出すことが多く、そんなときはピークデザインのエブリデイバックパック20Lを使っています。

愛用すること約一年八ヶ月。ついにサイドポケットのジッパーが壊れてしまいました。

ピークデザインのエブリデイバックパックのジッパーが破損

ピークデザインのエブリデイバックパックのジッパーが破損

壊れた当時はカバンにたくさんの荷物をつめていて逆サイドに三脚まで収納していました。ジッパーの開け閉めのときに無理な力がかかっていたのだと思います。

大好きなカバンなので壊れたことがショックだったり、ちょっと乱雑に扱ってしまったことを反省したりしました。

しかし、確かピークデザインには製品保証があるはず!ピークデザイン製品はたくさん持っているものの不具合が起きたのは初めてなので、どうやって保証を受ければ良いのか調べることにしました。

保証の対象となる条件と注意点

まず、保証の対象となる条件について確認しましょう。
参考:Warranty | Peak Design

保証の期限は無期限

気になる保証期間についてですがピークデザイン製品は全商品が無期限の製品保証付きです。

ピークデザインの保証に関するページを見ると次のような記述があります。

It’s our mission to make the best things. Not good, not great, but literally the best products in their respective categories. It is also our mission to not create any unnecessary waste. That is why every single Peak Design product comes with a no-hassle, no-rhetoric lifetime guarantee. When you spend your hard-earned money on our products, you can do so with confidence that your gear will always be fully-functional and defect-free. You can also rest assured that we will do everything in our power to keep your product in use and out of a landfill.

内容を翻訳・要約すると次のようになります。

ピークデザインが目指すものは「良い製品」ではなく「最高の製品」です。大切なお金を私たちの商品に使ってくれる人に対して、余計な出費を負担させるわけにはいきません。その道具に対しての不安を一切取り払うことを私たちの使命としています。安心して商品をお使いいただけるよう全力を尽くします。だからこそ、ピークデザイン製品は例外なくすべて生涯保証です。

いや〜かっこいいですね。ここまで言い切るのはすごい。ピークデザイン全商品に対して無期限の保証サービスを受けることができます。なのでいつ買ったとか、保証の期限切れがどうとかいう心配はいりません。

機能を損なう不具合かどうかが保証対象の分かれ目

保証対象になる条件は「製品が正しく機能しないか欠陥があること」です。

If any part of your Peak Design product becomes non-functioning or defective, we will repair or replace it with a fully-functioning item in the same or better condition.

つまり、商品の機能に影響が出ないような擦り傷や、布の磨耗などは保証の対象外です。見た目がすこし古びたくらいでは保証サービスの受付けはされません。

わたしみたいにカバンのジッパーが壊れた時は、カバンとしての機能を損なっているので保証対象です。何年もがっつりと使い込んだ場合でも壊れたら壊れた理由に関係なく保証サービスで受け付けてくれます。

保証内容は製品交換

保証内容ですが、ピークデザインは基本的に代替製品と交換するかたちで対応しています。新しいものを送ってくれるので、こちらも古い不具合のある商品を送ります。

新しく届くものは同じ商品か、改善されたより良い性能の商品になるそうです。

交換品として送られてくるのは、一度開梱されたものや再整備品の中から新品同様の性能・状態であると確認されたものになります。交換品で届いたものももちろん無期限の保証対象です。

必要なものは購入の証明となるもの

ピークデザイン製品にはとくに保証書は付属しませんが、保証サービスを受けるときは購入したことがわかる自分の名義付きの購入証明書類が必要になります。何かしらオンラインショップで購入した場合は購入したときに届くメールでOKです。

保証の窓口は主に二つ

保証サービスを受けたい時に連絡する窓口としては主にふたつあります。

  • 銀一
  • ピークデザイン

このふたつであれば、どこで購入したかは関係なく保証申請を受けつけてくれます。

銀一

銀一はピークデザインの日本代理店を務めています。

日本語で対応してもらいたい場合は銀一が確実でおすすめです。

注意点としては送料がかかること。新しくもらえる商品の送料も、古い商品を送る送料も必要になります。

お問い合わせ(入力ページ) | 銀一(ginichi)|プロフェッショナル映像機材・撮影用品専門店

ピークデザイン

ピークデザインに保証申請する場合は、”Lifetime Warranty | Peak Design“のページにアクセスして”BEGIN WARRANTY CLAIM”から手続きを進めます。

参考画像

"Lifetime Warranty | Peak Design"より"BEGIN WARRANTY CLAIM"

英語で質問に答えていくことで手続きを進めます。英語というハードルはありますが、送料はすべてピークデザインが負担していくれるというメリットがあります。

わたしは送料がお得になるので、ピークデザインに保証申請することにしました。

ピークデザインの保証申請方法

ピークデザインの保証申請フォーム

ピークデザインで保証申請する場合、様々な質問に答えることになります。そんなに難しくはないのですが、数が多いので英語が苦手な人は途中で諦めそうになるかもしれません。すこしでも作業をサポートできるように質問の内容について日本語で補足説明します。

※途中で製品の不具合の様子を伝える画像(もしくは動画)をアップする項目があるのでそれを用意しておくとスムーズに手続きが行えます。

まず質問項目を一通り確認すると以下の通り。
※わたしがエブリデイバックパックの保証を申請したときに答えた項目です。商品が異なると質問内容が異なるかもしれません。

  1. 名前
  2. メールアドレス
  3. 二択「製品に問題はないが返品」or「製品に不具合があるので保証を受けたい」
  4. 製品のカテゴリーを選択
  5. a製品選択 bサイズカラー選択
  6. ストラップの伸縮に関する問題かどうか
  7. どこで買ったか
  8. 注文番号
  9. 購入証明(メールなど)をアップロード
  10. QCコードは何か
  11. 商品の問題は何か
  12. 問題について記述
  13. 問題に関する写真・動画のアップ
  14. 名前の確認
  15. 住所と連絡先(15〜21)
  16. 追記事項(22)

このうち答えるのがすこし難しそうな項目について解説します。

Q3「該当するほうを選んでください」

ピークデザインの保証に関する質問 Q3

Aは「製品には異常がないが返品したい」、Bは「商品が故障、あるいは欠陥があったので保証サービスに従って代替品が欲しい」。なのでわたしのように製品が壊れた場合はBを選択します。

Q6「製品の異常はストラップの伸縮調整機能に関わるものかどうか」

ピークデザインの保証に関する質問 Q6

ピークデザインのストラップの伸縮調整アジャスターについてよく問い合わせがあるようで、それに関する問題かどうかの確認です。わたしの場合はジッパーの問題なのでCの「NO」を選択。ストラップを含めて複数の問題がある場合はBを選びましょう。

参考:Why is my strap slipping? – Peak Design Support Center

Q8「注文ナンバー(order number)はなにか」

ピークデザインの保証に関する質問 Q8

注文ナンバー(order number)を答えます。

番号は、ピークデザイン公式ウェブサイトから購入した場合、注文確認のメールに記載されています。ほかのお店で買った場合は、メールかレシートに記載されているそうです。

Q9「購入証明書類のファイルをアップロードしてください」

ピークデザインの保証に関する質問 Q9

商品を購入したことの証拠となるメールの文書や、レシートをアップロードします。わたしはEメールをPDFに保存してそれをアップしました(メールの印刷からPDFに保存を選べます)。

オンラインでの注文の証拠書類をアップする場合は、書類に必ず自分のフルネームと、Eメールアドレス、商品を届けた住所、商品詳細の情報が記載されている必要があります。

Q10「商品のQCコードは何ですか?」

ピークデザインの保証に関する質問 Q10

商品のQCコードを記入します。なにそれ?という感じですが心配いりません。商品のパッケージや、商品そのものに記録されているのですが、見つからなければ空欄でも大丈夫です。

QCコードの探し方についてはこちらを参照 → Peak Design QC Code Finder – Peak Design Support Center

例えば「1F1 1234」のように書きます。エブリデイバックパックの場合、ポケットの中に隠れているタグに記載されていました。

Q11「バッグやポーチの不具合に関して最も当てはまるものを選択してください」

ピークデザインの保証に関する質問 Q11

不具合が何かを伝える質問項目です。

  • A 商品が到着したときに品物が痛んでいた
  • B 到着した商品に欠陥、変形、部品の欠落があった
  • C 見た目上の問題がある
  • D 破けていたり、切れていたり、壊れている
  • E 部品がなくなっている
  • F 犬が商品に怯えている
  • G そのほか

わたしはDを選択しました。

Q12「商品の問題について記述してください」

ピークデザインの保証に関する質問 Q12

文章で商品の不具合について説明する項目です。英語が苦手な人はGoogle翻訳のようなサービスを用いると良いでしょう。ちなみに商品の不具合について写真や動画をアップできるので、ここの項目についてそこまで神経質にならなくても大丈夫だと思います。

ピークデザインの保証に関する質問 Q12 答えを記入

わたしも簡単に「向かって右側のジッパーが壊れている」と書きました。

このようにして全ての質問に答えます(なにか質問があればこのページ下のコメントなどでお知らせください。わたしにできる範囲で質問にお答えします)。

ピークデザインの保証申請が完了

すべての質問に答えるとピークデザイン社員のすてきな集合写真が出てきました。これでとりあえず手続きは完了です。

このあとメールが届いて発送手続きを進めてくれます。

あとはメールの指示に従って、古い商品をピークデザインのベトナム工場に発送することになります(住所はピークデザインから届くメールに書かれています)。60ドル以内の送料におさまるようにして、指定の住所まで送ります。

その後支払った送料がわかる書類をメールでピークデザインに送ると、かかった金額をPayPal(ペイパル)で支払ってくれます。荷物ひとつにつき2ドルの手数料が差し引かれます。

まとめ ピークデザインは保証もすごい

ピークデザインの保証は無期限なので、メーカーがなくならない限り永遠に製品を使うことができます。製品の欠陥だけでなく使用にともなう不具合も対応してくれる素晴らしいものです。また原則として追加でお金を支払う必要もありません。いたれりつくせりですね。

保証の手続きが簡単なのは銀一さんにお願いする方法です。送料はかかりますが、正規の代理店という安心感があります。日本語で手続きできるので便利です。

お問い合わせ | 銀一(ginichi)|プロフェッショナル映像機材・撮影用品専門店

ピークデザインに直接申請すれば送料はかかりません。英語が苦手な場合は当サイトの解説を参考に保証申請していただければと思います。

Warranty | Peak Design

わたしは今回初めてピークデザインの保証サービスを受けることになりましたが、対応が素晴らしくて感動しました。対応も迅速だったので8月20日に交換品が出荷されて29日に届く予定です。今後の進捗でなにか補足説明できそうなことがあれば追記する予定です。

追記:予定より早く26日に新しいエブリデイバックパックが届きました。

参考画像:荷物の輸送記録

ピークデザイン エブリデイバックパック 代替品の発送記録

空便で送ってくれたようで香港から1週間足らずで届きました。愛用のカバンだったのですぐに手元に到着してとても嬉しかったです。

ピークデザインのエブリデイバックパックの袋

エブリデイバックパックの新旧比較

左が新しいバックパックで右がもともと持っていた壊れたバックパック。こうして並べてみると古い方は色あせてますね。けっこう使い込んでいたんだなぁとしみじみ思いました。

この後古いバックパックを郵便局に持って行って指定されたベトナムの住所へ発送。国際郵便は伝票を英語で書くくらいで日本の郵送とほとんど変わらない手続きです。

送料が3900円かかったので領収書の写真とともにそのことをメールでピークデザインに伝えるとペイパルでお金を振り込んでくれました。荷物ひとつにつき2ドルの手数料が必要になるとのことで、3770円のお金が返ってきました。

これにて無事手続き完了!国際的に保証サービスの手続きを進めるのは今回が初めての経験でしたが、意外と簡単にできました。丁寧で迅速に対応してくれたピークデザインに感謝。

ピークデザイン公式ショップから個人で直輸入すると間に業者が入らないぶんお得に買えることがあります。また日本のショップにない複数商品の特別セットがあってこちらもお得です。参考:Peak Designの公式オンラインショップの買い物がお得!個人輸入する方法を解説します

古いアンカーを使っている場合はご注意ください。新しいものに交換してもらえます。

カメラストラップなどを販売するピークデザイン(Peak Design)が自社商品の「アンカー」に関して、脆弱性が認められたと発表しました。該当商品を持つ人に対しては、アンケートに答えてもらい、新たなアンカーを送付する手続きを進めています。

ピークデザイン製品レビュー

ピークデザイン製品のまとめ

カメラやレンズの保証・修理に関する記事

大切なカメラを購入まもなく壊してしまったので、カメラやレンズの保証・保険について調べてみました。自然故障であれば多くの場合メーカー保証で対応してもらえますが、うっかり落としてしまったり、事故で壊れてしまうようなときは特別なサービスが必要です。
キヤノンのレンズを落として壊してしまいました。大切なレンズなので修理に出すことに。カメラやレンズの修理に関して、どれくらいの料金や時間(日数)がかかるのか、どこで修理してもらえるのか、わたしの体験をふまえて解説します。

当サイトをご覧いただきありがとうございます!

「神戸ファインダー」は豊富な写真と動画で神戸の魅力を発信するブログ型情報ウェブサイトです。サイト運営者Akiが気になるカメラや関連機材についても国内外から情報を集め記事にしています。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをよろしくお願いします。
FacebookTwitterYouTubeInstagramなどでも情報発信していますのでフォローよろしくお願いいたします。シェアとフォローは下のボタンからご利用いただけます。

質問があればお気軽にコメントやSNSでお知らせください^^