スポンサーリンク

ピークデザインのアンカーが切れる?新製品取り替えのお知らせを日本語に翻訳します

シェアする

カメラストラップなどを販売するピークデザインPeak Design)が自社商品の「アンカー」に関して、脆弱性が認められたと発表しました。該当商品を持つ人に対しては、アンケートに答えてもらい、新たなアンカーを送付する手続きを進めています。

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。ピークデザイン製品が大好きなAki(@Aki_for_fun)です。

ピークデザインから「Product Update & Replacement Notification」というタイトルのメールが届きました。ストラップをカメラにとりつけるアンカーについて、ごく稀に摩耗が早く進む事例が確認されたため、該当商品を持つ人に対しては無料で新しいものを送るとのことでした。

追記(2018年6月8日):ピークデザインの日本販売代理店である「銀一」にて日本でのピークデザイン製品アンカーに関するアップデートの案内がされました。日本語でアンケートフォームに記入できるようになっていますので、今後はこちらから手続きされると便利かと思います。

→ Peak Designよりアンカーアップデートのお知らせ – 銀一株式会社

対応はピークデザインが一括で行うので、すでに英語のフォームに回答したかたは特に何もせずに新しいアンカーが届くのを待てば大丈夫です。

スポンサーリンク

どのアンカーが取り替え対象?

ピークデザインのアンカーの種類 v1〜v4

画像引用:2018 Anchor Update – Peak Design Support Center

取り替え対象となるのは上の画像で「V1」と「V3」のアンカー。V1は古いタイプでひとつだけマークが全然違うのでわかりやすいです。V3が今回脆弱性が見つかったタイプでヒモが細いのが特徴。V3は2017年8月からの新バージョンで、ピークデザインのスライドやリーシュなどカメラストラップ製品に付属します。

V2は交換しなくて大丈夫です。V2は中央に「pd」というロゴが刻まれているのが特徴。V3やV4だとロゴの位置がすこし下にずれています。

V4が改良を加えられたモデルでヒモがまた少し太くなりました。また「pd」というロゴが片面にしか刻まれていない点も特徴です。

ピークデザインは2018年5月22日以降、自社のウェブサイトで受注した製品についてはV4のアンカーや、V4のアンカーが付属する製品を販売しているとのこと。

アンカーのなにが問題なのか

7件の劣化が早いという事例

ピークデザインによると2018年4月に通常より早い段階でアンカーが摩耗してきている事例を7件確認。これまでV3のアンカーを100万個以上販売しており、ユーザー数に換算すると1万7千人にひとりの確率で不良品が見つかっています。

不良品の発生割合としては低いものの、いかなる問題が起こることを防ぐために今回のアップデートと無償の商品取り替えを決定しました。

三角環や純正プレートに取り付ける分には問題なさそう

アンカーの摩耗が早くなるのはカメラのストラップ取り付け部の構造に影響を受けるようです。V3のアンカーでもカメラに直付けするのではなく、三角環まるい二重構造の輪っかに取り付けるのであれば特に問題はないとしています。

またピークデザインのプレートもアンカーを取り付けることを想定してデザインされているので問題ありません。

ですがどちらの場合でもV4のアンカーが届き次第その新しいアンカーに交換することをピークデザインは推奨しています。

新しいアンカーをもらうための手続き

V1とV3のアンカーを持っている人は無償でV4のアンカーを提供してもらうことができます。現状わたしの確認した限りでは、新しい商品に取り替えてもらう手続きはピークデザイン公式サイトからのみとなっています。

ピークデザイン製品の日本販売代理店は銀一がつとめています。日本語で対応してもらいたい場合は、銀一に問い合わせると良いかもしれません(対応してくれるかどうかは不明・未確認)

追記(2018年6月8日):ピークデザインの日本販売代理店である「銀一」にて日本でのピークデザイン製品アンカーに関するアップデートの案内がされました。日本語でアンケートフォームに記入できるようになっていますので、今後はこちらから手続きされると便利かと思います。

→ Peak Designよりアンカーアップデートのお知らせ – 銀一株式会社

対応はピークデザインが一括で行うので、すでに英語のフォームに回答したかたは特に何もせずに新しいアンカーが届くのを待てば大丈夫です。

(追記おわり)

わたしはピークデザインから案内のメールが届きましたが、メールがきてない人でもウェブサイトから手続きできます。

2018 Anchor Update – Peak Design Support Center

上記リンク先より赤字の「take our Anchor Update Survey」から、アンカーに関する調査と代替商品発送の手続きを行えます。

まとめ

愛用しているピークデザイン商品に欠陥が見つかったのは残念ですが、今のところ重大な問題には発展していないようです。またこうしてきちんと対応してもらえるのはありがたいですね。

わたしは昨年キックスターターで注文したスライドライトに付属したアンカーがV3で取り替え対象でした。国際便で1〜2週間ほどで新しいものが届くそうです。

とりいそぎ記事にしましたが、疑問点やなにか記事の不備がございましたらお知らせいただけるとありがたいです。

革新的なカメラ用品を作り続けるピークデザイン(Peak Design)。わたしはピークデザイン製のカメラバッグやカメラストラップなどをたくさん買って使っています。わたしがピークデザインに心酔して愛用している理由・その魅力について語ります。

愛用しているピークデザイン製品レビュー

当サイトをご覧いただきありがとうございます!

「神戸ファインダー」は豊富な写真と動画で神戸の魅力を発信するブログ型情報ウェブサイトです。サイト運営者Akiが気になるカメラや関連機材についても国内外から情報を集め記事にしています。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをよろしくお願いします。
FacebookTwitterYouTubeInstagramなどでも情報発信していますのでフォローよろしくお願いいたします。シェアとフォローは下のボタンからご利用いただけます。

質問があればお気軽にコメントやSNSでお知らせください^^

この記事をお届けした
Akiの神戸ファインダーの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
関連コンテンツ
管理人 Aki

記事を書いている人 Aki

about me

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます!管理人のAkiはカメラが大好きな神戸っ子です。

自分で撮影した写真や動画とともに神戸の魅力を発信しています。神戸のレジャー・観光・グルメ情報のほか、私が愛用しているカメラに関する情報もたくさん掲載しています。

写真は神戸のマスコットキャラクター「コーベアー」です。

サイト紹介 プロフィール サイトマップ 使用しているカメラやレンズについて Twitter Flickr Instagram Facebook YouTube
スポンサーリンク

コメント

  1. koppel より:

    ピークデザインの詳しい情報、いつもありがとうございます。
    ストラップを買い換えるにあたっていろいろ悩んだのですが、こちらの情報が
    詳しかったので、ピークデザインで統一しました。カメラ2台分とV2のハンドストラップタイプも購入。おかげさまで便利に使っています。

    私もこの記事を見て早速V4への交換品を申し込み、先日ピークデザインから発送通知が来ました。お礼を伝えたくて書き込みしました。

    また、この記事が掲載され、銀一さんが無償交換の案内を載せた直後ぐらいに、デジカメウォッチでピークデザインの工場見学記事が掲載されたのですが、ピークデザインの製品の素晴らしさばかり書いてあってV4への無償交換がアナウンスされていることが全く触れられていなかったので、この記事のURLを付けて抗議したところ、快く記事を修正していただきました。

    これからも、楽しみに拝見させていただきます。

    • aki より:

      koppel様

      コメントありがとうございます。
      神戸ファインダーのAkiです。

      当サイトの記事がお役に立てたようでなによりです!
      わたしもピークデザインは気に入ってつかっているのでユーザー・ファンが増えて嬉しいです。

      デジカメウォッチの記事いま確認しましたがたしかに追記されてますね!
      ご連絡いただきありがとうございます。
      koppel様の言葉を励みに今後も記事の執筆に励みたいと思います。
      どうぞ今後とも神戸ファインダーをよろしくお願いいたします。