スポンサーリンク

トラベルバックパック45L第一印象レビュー!ピークデザインらしい旅行用カバン

ピークデザインの新商品トラベルバックパック45Lが届きました。日本の正式販売より先行して手に入れることができたので、購入を検討している人向けに商品の特徴(サイズ・カラー・収納)などを紹介します。今回は概要の紹介で、使用して感じた感想はしばらくしてから改めて書きます。

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。Aki(@Aki_for_fun)です。キックスターターでまとめ買いしたピークデザインの新商品が届きました。

ピークデザインのトラベルラインまとめ買い 袋がたくさん

圧巻の量ですよね。新しく登場したトラベルラインの商品を全部買ったのですごい数でした。箱から出して並べるのも大変です。この記事ではトラベルラインの目玉である「トラベルバックパック45L」(Travel Backpack 45L)をご紹介します。

スポンサーリンク

トラベルバックパック45Lの概要

ピークデザインのトラベルバックパック45Lとコーベアー

  • 名称:トラベル バックパック 45L
  • メーカー:ピークデザイン(Peak Design)
  • ピークデザイン販売価格:$299.95
  • 代理店「銀一」の販売価格 : 40,000円(税抜)
  • 型番 : BTR-45-BK-1(ブラック)、BTR-45-SG-1(セージ)
  • 外寸 : H56 × W33 × D23-29cm
  • PC 収納部 : H40 × W30 × D2.5cm
  • 重量 : 2.05kg
  • 容量 : 30-45L

トラベルバックパックの外観の特徴

カラーは2色 ブラックとセージ

カラーはブラックとセージの2種類です。わたしはセージカラーを買いました。緑っぽい色です。光のあたり具合でグレーっぽくも見えます。

ピークデザインのトラベルバックパック45L セージ

ピークデザインのトラベルバックパック45L セージ ピークデザインのロゴ

Peak Designのロゴ

ピークデザインのトラベルバックパック45L セージ

ピークデザインのトラベルバックパック45L セージ

ピークデザインのトラベルバックパック45L セージ

ピークデザインのトラベルバックパック45L セージ

サイズは収縮・拡張する構造 最大容量45L

「トラベルバックパック45L」は名前にある通り45Lまでの分量の荷物を収納できます。しかし、荷物の量に応じてカバンの大きさを変えられる仕組みになっています。

ピークデザインのトラベルバックパック45Lの大きさ30Lの状態

30L

ピークデザインのトラベルバックパック45Lの大きさ35Lの状態

35L

ピークデザインのトラベルバックパック45Lの大きさ45Lの状態

45L

このように同じカバンでも30L、35L、45Lの3種類のサイズになります。カバンの上部が押し込めるようになっているほか、圧縮・拡張用のジッパーを開け締めすることでサイズが変わります。

45Lと聞くとすごく大きなカバンのようにも感じますが小さくすることができるので20Lサイズのバックパックと並べてもそこまで大きな差はありません。

トラベルバックパック45Lとエブリデイバックパック20L ピークデザイン

トラベルバックパック45Lとエブリデイバックパック20L ピークデザイン

トラベルバックパック45Lとエブリデイバックパック20L ピークデザイン

トラベルバックパック45Lとエブリデイバックパック20L ピークデザイン

それぞれのカバンを最大サイズで並べると次のようになります。

トラベルバックパック45Lとエブリデイバックパック20L ピークデザイン

さすがに最大サイズになるとトラベルバックパックはとても大きいです。

胸ベルト・腰ベルト(チェストベルト・ヒップパッド)

胸のところと腰のところにベルトが付いていてサポートできる構造になっています。

ピークデザインのトラベルバックパック45L 胸ベルト 腰ベルト

ピークデザインのトラベルバックパック45L セージ 胸ベルト

腰ベルトとショルダーパッドはしまっておくこともできます。

出し入れできる腰ベルト ヒップパッド

この腰ベルトとショルダーパッドを収納

腰ベルトには小さなポケットと、キャプチャーやレンジポーチを取り付けるための通し穴があります。

トラベルバックパック45Lの腰ベルト ヒップパッド

トラベルバックパック45Lの腰ベルト ヒップパッド

実際使うとしたらキャプチャーの向きは写真と逆のほうが良いと思います。

ピークデザインのトラベルバックパック45L 胸ベルト 腰ベルト

 トラベルバックパックの収納の特徴

メイン収納には側面・背面・前面からアクセス可能

カバンのメイン収納部には側面と背面、さらに前面からもアクセスできる構造です。

サイドポケット ピークデザインのトラベルバックパック45L

カバンの側面を開けた状態

背面からのメイン収納 ピークデザインのトラベルバックパック45L

カバンの背面を開けた状態

前面のポケット

カバン前面のポケット

カバン前面は二重の収納構造です。これがまずひとつめのポケット。ここもけっこうたくさんの物が入ります。45Lサイズに拡張したときはここの収納が広がることになります。

前面のポケット

前面からのメイン収納 ピークデザインのトラベルバックパック45L

もうひとつジッパーを開けるとメイン収納が見えます。

パッキングツールと組み合わせると便利

ピークデザインからトラベルバックパック45Lと組み合わせる「パッキングツール」と呼ばれる様々な関連グッズが販売されています。

ピークデザインのパッキングツール

画像引用:Travel Bags | Peak Design Official Site

これらの商品と組み合わせるとトラベルバックパック45Lがより便利になります。

カメラキューブMとトラベルバックパック45L

こちらは「カメラキューブM」をバックパックに入れています。

カメラキューブMとトラベルバックパック45L

カメラキューブには中仕切りがあってカメラやレンズを収納できるようになっています。この仕切りは取り外して自由に位置を決めることができます。

カメラキューブSとMをトラベルバックパック45Lの中に収納

トラベルバックパックにはカメラキューブMとカメラキューブSがちょうどおさまるようになっています。カメラキューブLはこのふたつを合わせたサイズなのでひとつでトラベルバックパックのメイン収納にすっぽりおさまります。

カメラキューブMとエブリデイスリング5Lをトラベルバックパック45Lの中に収納

ピークデザインのエブリデイスリング5LもカメラキューブMとセットでおさまります。

サイドポケットとカメラキューブS

カメラキューブにはカバン側面からもアクセスできます(写真はカメラキューブS)。

カメラキューブを固定

カメラキューブはカバンの中でずれないようクリップで固定できる構造になっています(追記:よくよく見ると写真のクリップの金具ちゃんとはまってないですね。わかりづらいですけど金具をかけるところはちょっと段になっていて押し込むとカチッとはまります)。

他にもパッキングツールはたくさんあるので今後別の記事で紹介します。

ピークデザインのトラベルラインとして発売されている「カメラキューブ」。同社のトラベルバックパック45Lと組み合わせて使ったり、単独でもカメラバッグとして使える商品です。サイズが、S、M、Lと3種類あるのでそれぞれの特徴と使い方、内容量、パッキング例などをご紹介します。

パソコンも収納可能

パソコン収納ポケットピークデザインのトラベルバックパック45L

パソコンを入れる収納ポケットはカバンの背面のところにあります。写真は見やすいように背面のジッパーを全部あけていますがカバンの上部だけジッパーを開けて取り出すことも可能。

パソコン収納ポケットピークデザインのトラベルバックパック45L

収納できるパソコンのサイズは15インチ。MacBook ProはもちろんマウスコンピューターのDAIVシリーズのようなぶ厚めのクリエイター向けPCでも入りました。ポケットの内側にはタブレット用の収納ポケットもあります。

トラベルバックパックに収納できるパソコンとタブレットのサイズ

画像引用:Peak Design Travel Backpack45L

三脚も収納可能

トラベルバックパックのサイドポケットにはペットボトルや三脚を収納できます。

サイドポケットに三脚を収納

上の写真の三脚は「K&F Concept TM2235」(縮長33cm)。

サイドポケットに三脚を収納

こちらの写真の三脚は「K&F Concept TM2834」(縮長48cm)。

固定用のヒモ

固定用のヒモはカバンのおしりのところから取り出せます。

ヒモも収納できる

このヒモは使わないときは隠しておけます。このポケットのところは磁石で閉じるようになっています。

このように三脚はサイドポケットに入れられますが、邪魔になりやすいので個人的にはカバンの中にしまうほうが安全だと思います。

三脚をメインポケットに収納

小さい三脚「K&F Concept TM2235」(縮長33cm)なら横向きでも入ります。

三脚をメインポケットに収納

大きい方の三脚「K&F Concept TM2834」(縮長48cm)だと横は無理ですが縦に入ります。

エブリデイバックパック20Lの三脚収納と比べると余裕がありますね(参考:ピークデザインのエブリデイバックパックに三脚はちゃんと収納できる?収まる三脚のサイズと利用上の注意点)。」

隠しポケット

ピークデザインはカバンにギミックを盛り込む特徴があって、トラベルバックパックにもそういう傾向がみられます。そのひとつが隠しポケット。たぶん普通に使っていると持ち主でも気づかないようなポケットがあります。

トラベルバックパック45Lの隠しポケット

カバン側面にスマホを入れられるくらいのポケットがあります。

トラベルバックパック45Lの隠しポケット

背面のところにもカードを入れられるポケットがあります。一応ここはわかりやすいようにタグが付いていて、持ち主の名前や連絡先を書くカードが入っていました。

まとめ トラベルバックパックは多機能でかっこいい

トラベルバックパック45Lの特徴

画像引用:Peak Design Travel Backpack45L

写真を多めにトラベルバックパックの特徴についてご紹介しました。たくさんの荷物が入るようになっていてまさに旅行向けのカバンです。カメラやレンズはもちろん、パソコンも入るし、さらに着替えなどを入れる充分なスペースもあります。個人的には見た目もかっこよくて気に入りました。これから使うのが楽しみです。またしばらくしてから使用した感想についてレビューを書く予定です。

パッキングツールについてはいま使い心地を試しているところですが、少なくともカメラキューブは一緒に買った方が良いですね。あとはテックポーチやウォッシュポーチがよくできていると感じました。

ちなみにこの記事で紹介しきれていない機能がいくつかあるのですがピークデザインの公式動画ではかなり網羅的に紹介されています(英語)。

Travel Backpack 45L – Setup & Use

例えばバックパックの盗難防止機能(14:42から)やカバンの外に上着や三脚をくくりつける機能(12:26から)なども紹介されています。

ピークデザインのトラベルバックパック45Lや関連グッズのパッキングツールを持って1泊2日の旅行に行ってきました。実際に使ってみた感想(いわゆるレビューとか口コミ)をお伝えします。
ピークデザインから新製品が発売されます。今回新しく登場したのは「トラベルバックパック」をはじめとした旅行用品(トラベルライン)です。この新商品は2018年7月よりキックスターターやピークデザイン公式ウェブサイトで先行して注文を受け付けていました。ついに日本でも2018年12月9日より発売されることが正式に決定しました。
ピークデザインのトラベルラインとして発売されている「カメラキューブ」。同社のトラベルバックパック45Lと組み合わせて使ったり、単独でもカメラバッグとして使える商品です。サイズが、S、M、Lと3種類あるのでそれぞれの特徴と使い方、内容量、パッキング例などをご紹介します。

ピークデザイン製品レビュー

ピークデザイン製品のまとめ

当サイトをご覧いただきありがとうございます!

「神戸ファインダー」は豊富な写真と動画で神戸の魅力を発信するブログ型情報ウェブサイトです。サイト運営者Akiが気になるカメラや関連機材についても国内外から情報を集め記事にしています。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをよろしくお願いします。
FacebookTwitterYouTubeInstagramなどでも情報発信していますのでフォローよろしくお願いいたします。シェアとフォローは下のボタンからご利用いただけます。

質問があればお気軽にコメントやSNSでお知らせください^^