スポンサーリンク

ピークデザインのカメラキューブの使い方とパッキング例

ピークデザイン(Peak Design)のトラベルラインとして発売されている「カメラキューブ」。同社のトラベルバックパック45Lと組み合わせて使ったり、単独でもカメラバッグとして使える商品です。サイズが、S、M、Lと3種類あるのでそれぞれの特徴と使い方、内容量、パッキング例などをご紹介します。

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。Aki(@Aki_for_fun)です。

トラベルバックパック45Lと一緒に関連グッズをたくさん買いました。そのなかでもメインの収納に関わるのが「カメラキューブ」です。カメラキューブをS、M、Lの全種類を手に入れたので特徴をご紹介します。

スポンサーリンク

カメラキューブの概要

ピークデザインのカメラキューブはサイズが3種類あります。スモール(S)、ミディアム(M)、ラージ(L)の3つです。カラーはブラックのみ。

ピークデザインのカメラキューブ

カメラやレンズなどの機材を収納できます。別売りの「トラベルバックパック45L」と組み合わせてバッグインバッグのような使い方ができます。

ピークデザインのトラベルバックパック45L セージ

トラベルバックパック45L

カメラキューブ スモール Sとメディアム M

カメラキューブ スモール(左)とカメラキューブ ミディアム(右)

カメラキューブ ラージ L

カメラキューブ ラージ

カメラキューブの蓋の部分は折りたたんでしまえるようになっています。

カメラキューブの蓋

カメラキューブの蓋をしたに挟み込んだ状態

こうするとバックパックに収納するときに蓋が邪魔にならなくて良いです。

トラベルバックパックにカメラキューブをセット

カメラキューブのMとLは3方向にジッパーがあるのでバックパック側面からも荷物を出し入れできます。

カメラキューブは側面も開けられる

カメラキューブにはストラップを取り付けるための穴や持ち手があるので独立したカメラバッグとしても使用可能です。

カメラキューブMとカメラストラップ「スライドライト」を組み合わせた

写真は別売りのカメラストラップ「スライドライト」を組み合わせた状態。

カメラキューブMとカメラストラップ「スライドライト」を組み合わせた

カメラキューブ ラージ

  • メーカー:ピークデザイン(Peak Design)
  • ピークデザイン販売価格:$89.95
  • 代理店「銀一」の価格:12,000 円(税抜)
  • 型番 : BCC-L-BK-1
  • 外寸 : H46 × W32 × D17cm
  • 重量 : 560g
  • 容量 : 18L

カメラキューブ ミディアム

  • メーカー:ピークデザイン(Peak Design)
  • ピークデザイン販売価格:$69.95
  • 代理店「銀一」の価格:9,200 円(税抜)
  • 型番 : BCC-M-BK-1
  • 外寸 : H32 × W32 × D17cm
  • 重量 : 420g
  • 容量 : 12L

カメラキューブスモール

  • メーカー:ピークデザイン(Peak Design)
  • ピークデザイン販売価格:$49.95
  • 代理店「銀一」の価格:6,500 円(税抜)
  • 型番 : BCC-S-BK-1
  • 外寸 : H16 × W32 × D17cm
  • 重量 : 350g
  • 容量 : 6L

カメラキューブの特徴と付属するもの

カメラキューブ スモール(S)

カメラキューブ スモール(S)の外観

カメラキューブ S

カメラキューブ S

カメラキューブ S

カメラキューブ S

トラベルバックパック45Lに取り付ける際は横向きにも縦向きにもセットできます。

トラベルバックパック45LとカメラキューブS

横向きにバックパックにセット

トラベルバックパック45LとカメラキューブS

上の写真のように横向きに入れるとバックパックの背面を開けたときに中の荷物が取り出しやすいです。

下の写真のようにバックパックの側面にセットするとカバンのサイドジッパーを開けたときに荷物を取り出せるようになります。

トラベルバックパック45LとカメラキューブS

縦向きにバックパックの側面に沿うようににセット

トラベルバックパック側面を開けた状態

ちなみにカメラキューブSはタグの部分をひっぱると簡単にジッパーを開けられるようになっています。

カメラキューブSの開け方

カメラキューブSの開け方

カメラキューブ ミディアム(M)

カメラキューブ ミディアム(M)の外観

カメラキューブ M

カメラキューブ M

カメラキューブ M

カメラキューブ M

カメラキューブMをトラベルバックパック45Lにセットすると次の写真のようになります。

トラベルバックパックにカメラキューブMをセット

トラベルバックパックにカメラキューブMをセット

カメラキューブ ラージ(L)

カメラキューブ ラージ(L)の外観

カメラキューブ L

カメラキューブ L

カメラキューブ L

カメラキューブ L

カメラキューブ L

カメラキューブLをトラベルバックパック45Lにセットすると次の写真のようになります。

トラベルバックパックにカメラキューブLをセット

トラベルバックパックにカメラキューブLをセット

カメラキューブに付属するもの

カメラキューブには取り外し可能な「中仕切り」(ディバイダー)とポケット、固定用のクリップ、ピークデザインのステッカーが付属します。

カメラキューブスモール S と中仕切り

カメラキューブ スモール

カメラキューブミディアム M と中仕切り

カメラキューブ ミディアム

カメラキューブラージ L と中仕切り

カメラキューブ ラージ

カメラキューブ付属のリムーバブルポケット

取り外し可能なポケット

カメラキューブにはひとつずつ取り外し可能なポケットが付属します。

カメラキューブ付属のリムーバブルポケット

ベルクロでリムーバブルな仕様

カメラキューブ付属のリムーバブルポケット

カメラキューブ付属のリムーバブルポケット

SDカードやバッテリーなど小物を収納できます。

カメラキューブ付属のステッカーとクリップ

ほかにはピークデザインのステッカーとクリップが付属します。

カメラキューブをトラベルバックパックに固定

このクリップはトラベルバックパックの中でカメラキューブを固定しておくために使います。

どれくらいの量のカメラ機材が入るのか

「トラベルバックパック45L」のメイン収納部分は3つのユニットが入るスペースがあります。ユニットひとつがカメラキューブSのサイズです。カメラキューブMはユニットふたつ、カメラキューブLはユニットみっつのサイズになります。

トラベルバックパック ユニットの図解

画像引用:Peak Design Travel Backpack45L

つまり「トラベルバックパック45L」にはカメラキューブLならひとつ、カメラキューブSならみっつ入ります。またはカメラキューブMとカメラキューブSを一つずつ入れてもジャストフィットします。

参考写真

カメラキューブSとMをトラベルバックパック45Lの中に収納

トラベルバックパック45LにカメラキューブSとMを入れた状態

カメラキューブに入る荷物の量はだいたい次のイラストのようになります。

カメラキューブのサイズと内容量

画像引用:Camera Cube | Peak Design Official Site

カメラキューブSにはカメラ1台とレンズ2本くらいが入ります。MはSの2倍のサイズ、LはSの3倍のサイズです。

実際にパッキングしてみたのでその例をご紹介します。

カメラキューブSのパッキング例

カメラキューブSのパッキング例

上の写真に入っているものは次の通り。カメラとレンズが計3本。小さい単焦点レンズ2本を仕切りで分けて重ねています。

  • カメラ EOS Kiss X9 レンズ EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM
  • レンズ EF50mm F1.8 STM
  • レンズ EF-S24mm F2.8 STM

フルサイズ一眼カメラと望遠レンズの組み合わせも収納できます。

カメラキューブSのパッキング例 フルサイズカメラと望遠レンズ

写真はEOS Rにマウントアダプター、EF70-200mm F4L IS USMの組み合わせです。

カメラキューブは深さがあるのでカメラの向きを変えてグリップが手前に来るように入れることもできます。

カメラキューブSのパッキング例 フルサイズカメラと望遠レンズ

そのほかのパッキング例

カメラキューブSのパッキング例

画像引用:Camera Cube | Peak Design Official Site

カメラキューブSのパッキング例

画像引用:Peak Design Camera Cubes – Setup & Use – YouTube

上の画像のようにドローン( Mavic2 Pro)も入るようです。

カメラキューブMのパッキング例

カメラキューブMのパッキング例

カメラキューブMはかなりたくさんの機材が入ります。上の写真の例だと次のような機材が入っています。

  • カメラEOS R マウントアダプター レンズEF70-200mm F4L IS USM
  • カメラ EOS Kiss X9 レンズ EF-S18-135mm F 3.5-5.6 IS STM
  • レンズ EF8-15mm F4L Fisheye USM
  • レンズ TAMRON 90mm F2.8 MACRO
  • レンズ SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM ART
  • レンズ EF-S 10-18mm F4.5-5.6 IS STM

そのほかのパッキング例

カメラキューブMのパッキング例

画像引用:Camera Cube | Peak Design Official Site

カメラキューブLのパッキング例

カメラキューブLについては入れるものを探すのに苦労するくらいたくさんの荷物が入ります。

カメラキューブLのパッキング例

上の写真でカメラキューブ ラージの中に入っているものが次の写真になります。

パッキングの内容

そのほかのパッキング例

カメラキューブLのパッキング例

画像引用:Camera Cube | Peak Design Official Site

わたしのカメラキューブの使い方

個人的にはカメラキューブSやMが使いやすいと感じました。正直なところわたしの場合はLサイズを使うくらい機材を持ち運ぶことがまずありません。

まだ使い始めたところですが、次のようなパッキングがわたしには合っている気がします。

トラベルバックパック45Lのパッキング例

カメラキューブSを縦向きに入れて、余ったスペースに三脚「K&F Concept TM2834」(縮長48cm)とテックポーチを入れています。

カメラキューブSの中身

サイドからカメラやレンズを取り出せて便利です。

パッキングの内容

こんな感じでカメラとレンズを入れておけます。場合によってはカメラを減らしてかわりにレンズを入れるパターンもあり。普段持ち出す機材ってこれだけあれば足りるんですよね。

これの良いところはバックパックの中にしっかりめのサイズの三脚を入れておけるところです。この荷物で出かけるときはこれまではエブリデイバックパック20Lと三脚を別に持って出かけていたのですがカバンひとつに収まるのが良いですね。

参考:ピークデザインのエブリデイバックパックに三脚はちゃんと収納できる?収まる三脚のサイズと利用上の注意点

カメラキューブの使い方についてはピークデザイン公式動画(英語)も非常に詳しいです。様々なパッキング例についても紹介されているのでぜひ見てください。

Peak Design Camera Cubes – Setup & Use

ピークデザインのトラベルバックパック45Lを買うならカメラキューブも一緒に買うことをおすすめします。わたしはとりあえず使ってみないとわからないと思い3種類ぜんぶ買いましたがふつうはひとつかふたつで大丈夫だと思います。自分の荷物の量にあったカメラキューブを選んで快適にご利用ください。

それなりにお値段がするのですがピークデザイン公式サイトでトラベルバックパック45Lと一緒に買うと割引価格で購入できてお得なのでおすすめです。

参考:Peak Designの公式オンラインショップの買い物がお得!個人輸入する方法を解説します

ピークデザインの新商品トラベルバックパック45Lが届きました。日本の正式販売より先行して手に入れることができたので、購入を検討している人向けに商品の特徴(サイズ・カラー・収納)などを紹介します。

ピークデザイン製品レビュー

ピークデザイン製品のまとめ

当サイトをご覧いただきありがとうございます!

「神戸ファインダー」は豊富な写真と動画で神戸の魅力を発信するブログ型情報ウェブサイトです。サイト運営者Akiが気になるカメラや関連機材についても国内外から情報を集め記事にしています。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをよろしくお願いします。
FacebookTwitterYouTubeInstagramなどでも情報発信していますのでフォローよろしくお願いいたします。シェアとフォローは下のボタンからご利用いただけます。

質問があればお気軽にコメントやSNSでお知らせください^^