ニコンZ7・Z6は売れる!期待の新型フルサイズミラーレスカメラが登場

スポンサーリンク

ニコン フルサイズミラーレスカメラのZ7・Z6を発表

ニコンから新しいフルサイズミラーレスカメラ「Z7」と「Z6」が発表されました。8月23日13時からの発表会見は全世界に向けてライブストリーム配信。わたしを含む多くのカメラファンが興奮しながらそのプレゼンテーションに注目しました。カメラの概要とわたしの所感について書きます。

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。Aki(@Aki_for_fun)です。

いや〜ついに発表されましたね、ニコンのフルサイズミラーレスカメラ!ネットでカメラ発表のライブ放送を見るのがすごく楽しかった。ツイッターも同時に開いていたのでたくさんの人と一緒に視聴してる感じがすごくよかったです(お昼だったので見ている人も多かった)。

注目のカメラなのでカメラの概要をまとめながら私の感想を書いてみようと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フルサイズミラーレスカメラ2機種を同時発表!

ニコンフルサイズミラーレスカメラ Z7 Z6

発表されたのは2機種。高画素モデルの「Z7」と高速連写モデルの「Z6」。操作性は基本的に一緒で外観の違いはロゴくらいのようです。

外観比較参考ウェブサイト:Camera Size – Nikon Z7 & Z6

ニコン Z7はボディの価格が393,660円(税込・カメラのキタムラ予約価格)、2018年9月下旬発売予定。

ニコン Z6はボディの価格が245,430円(税込・カメラのキタムラ予約価格)、2018年11月下旬発売予定。

F0.95を実現する55mmの大口径Zマウント

これら新しく登場したミラーレスカメラのマウントは「Zマウント」。内径55mmの大口径マウントで、F0.95のレンズも使うことができるようになります。

Fマウントレンズが使える互換性!

ミラーレスカメラのZマウントでは専用のマウントアダプターを用いることで、これまでニコンの一眼レフで使っていたFマウントレンズも使えるようになります。Fマウントレンズの性能を余すことなく実現できるようで期待大です。

ニコン マウントアダプター FTZ [レンズ側:ニコンF ボディ側:ニコンZ]|交換レンズアクセサリー|カメラのキタムラネットショップ

小型なのに持ちやすい

実際にZ7やZ6を使ったという人の動画をいくつか見ましたが、多くの人が言っているのが「小型で持ちやすい」ということ。ミラーがない分小型になっており、しかもその一方でグリップがしっかりしているので、小さいのに持ちやすいカメラになっているようです。このあたりはソニーのフルサイズカメラとうまく差別化されているのではないでしょうか。

ジェットダイスケさんは動画のなかでニコンのD850が小型化したような印象と語っています。