スポンサーリンク

ニコンZ7を触ってきた!全国店舗とファンミーティングで展示中

シェアする

9月14日からカメラ屋さんでニコンのフルサイズミラーレス一眼カメラZ7の展示が始まっています。またニコンファンミーティングも東京、大阪、そのほか日本各地で順次開催。わたしもお店やファンミーティングでニコンZ7の実機を触ってきたのでその感想をレポートします!

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。Aki(@Aki_for_fun)です。

ニコン期待の新型ミラーレスカメラZ7。これがお店やイベントで撮影体験できるようになっています。EOS Rを予約したキヤノンユーザーのわたしにとっても興味がある注目のカメラです。さっそくカメラの実物を触ってきたので、その感想をお伝えします。

スポンサーリンク

ニコンZ7の展示機を触れる場所

全国の先行展示特別店舗

2018年9月14日より全国の対象店舗にてニコンのミラーレスカメラZ7が展示されています。

参考:Nikon Z 7を店頭で先行展示 | ニコンイメージング

わたしは神戸・元町のカメラのカツミ堂さんでニコンZ7を使わせてもらいました。神戸だとほかにヤマダ電機 LABI三宮でも展示されているそうです。

カメラのカツミ堂 神戸・元町

ニコンZ7 先行展示 カメラのカツミ堂

カメラのカツミ堂は比較的空いていてゆっくりとカメラを触ることができてよかったです。

ニコンファンミーティング

お店だけでなくイベントでもニコンZ7を試用することができます。

ニコンファンミーティング2018 | ニコンイメージング

わたしは大阪のニコンファンミーティングに行ってきました。ニコンユーザーではないので少し肩身が狭かったです。

ニコンファンミーティング大阪

ニコンファンミーティング大阪 会場入りで求められるプロフィールステッカー

入場するときにプロフィールステッカーの記入を求められます。来場者の皆さんはグリーンのステッカーを自分の服に貼っていました。個人的には踏み絵で試されてる気分でして、ニコン以外のカメラやレンズを書く勇気がでませんでした。

ファンミーティングの良いところはゲストによる講演やセミナー、グッズ販売、プロフィールフォトコーナーなどがあるところです。

ニコンファンミーティング大阪のミニセミナー

わたしは上田晃司さんの動画撮影に関するセミナーを拝聴しました。面白かったですよ。

ニコンファンミーティング Z7撮影体験コーナーの列

人が多いのでZ7の撮影体験は少し待つ必要があります。

ニコンファンミーティングでタダでもらえるお土産

うちわやステッカーをお土産としていただきました。これは無料でもらえるので嬉しいですね。




ニコンZ7を実際に触ってみた感想

小さくて軽い、持ちやすい

ニコン フルサイズミラーレス一眼カメラZ7を手に持った様子

ニコンZ7の第一印象は「小さくて軽い」です。キヤノンのEOS Rをさわった時は意外と重いと思ったのですが、ニコンの場合は標準ズームレンズがコンパクトなためにトータルではかなり小さく感じました。

ニコンの一眼レフD850とミラーレスZ7

となりにあったD850と比べるとやはり軽い。Z7はグリップ感も良好です。

NIKKOR Z 24-70mm f/4 S 焦点距離70mmの状態

レンズの「NIKKOR Z 24-70mm f/4 S」は70mmだと鏡筒がこれくらい伸びて

NIKKOR Z 24-70mm f/4 S 焦点距離24mmの状態

24mmだとこれくらいです。24mmでも伸びた状態なので不思議に思ったのですが、このままより広角側に強めに回すと鏡筒が短くなってコンパクトに収納できます。なにかボタンを押す必要はなく強めに回すだけでレンズを収めることができる仕組みです。

ファインダーが見やすい!

ニコンZ7の背面 ボタンやファインダー

ファインダーの見やすさは感動的でした。EVFでもここまで自然な印象に仕上がるのだと驚きました。様々な高級ミラーレス一眼カメラのEVFを見てきましたが単純な見た目だけならZ7が一番だと思います。

ただし個人的にはファインダーのサイズがほんの少し大きすぎるとも思いました。わたしはもう少しファインダーが小さい方が映像や設定は見やすいです。あとEOS Rのように縦位置で構えたときに設定の表示も自動で縦に切り替わってほしいですね。

ファインダーの映像はカクカクしないで見やすかったです。

AFはやい、動画もいける

ニコンZ7外観

ニコンZ7で特に良いと思ったのはそのAF性能です。これぞ高速AF。一眼レフにも負けません。

ニコンZ7とマウントアダプターFTZ、AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED

驚いたのは「マウントアダプターFTZ」を介して一眼レフカメラ用レンズ「AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED」を使ってもAFが快適に動作したことです。なんの不自由も感じませんでした。このクオリティは素晴らしいですね。「一応使える」というレベルではなく、アダプターの存在を感じさせないレベルです。

また動画撮影も試してみましたが、ライブビュー時のAF性能はニコン史上最高レベルと言って良いと思います。ニコンはD850でようやく動画や静止画のライブビュー撮影のAFスピード・精度が他社と競えるレベルになりました。それまでのニコンのカメラのライブビューはお世辞でも褒められたものではありません。ですが、Z7の動画AFならソニーやキヤノンのミラーレスとも遜色ないのではないでしょうか。

まとめ 実際に触るとすごい良いカメラ

ニコンのZ7やZ6発表イベント直後は、カメラファンの反応はあまりよくありませんでした。「値段が高すぎる」、「カードスロットひとつは許されない」などなどいろんな声を聞きました。そしてキヤノンからEOS Rが発表されるとニコンのZシリーズはさらに存在感が薄まってしまいました。

しかし、実際にさわってみると「良いじゃんこのカメラ」というのが素直な感想です。

カメラとしてはやっぱり良くできてるんですよね。撮影のしやすさにはかなりこだわった仕上げになっていると思います。持ちやすくてファインダーも見やすい。AFも優れているのでカメラとして根幹となる部分は実によくできています。

画質はきちんと見たわけではありませんが、ニコンですから信頼して大丈夫でしょう。また一眼レフ用のFマウントレンズを快適に使えるのも素晴らしいです。ニコンファンなら買って後悔しないカメラと言えるのではないでしょうか。

現在Z7やZ6はカメラのキタムラなどで予約受付中。発売後すぐに使いたいなら早めの予約が大事ですね。

ニコン初のフルサイズミラーレス一眼 『 Z 7・Z 6 』 予約開始! | カメラのキタムラネットショップ

個人的な好みで言うとZ7よりZ6のほうのレンズキットがかなりコスパ良好で魅力に感じます。わたしはEOS Rを予約していますが、ニコンのレンズキットは正直うらやましいです。

ニコンから新しいフルサイズミラーレスカメラ「Z7」と「Z6」が発表されました。8月23日13時からの発表会見は全世界に向けてライブストリーム配信。わたし...
ニコンのフルサイズミラーレスカメラはZマウントです。Z7やZ6などのカメラで使えるNIKKOR Zレンズの情報をまとめました。

当サイトをご覧いただきありがとうございます!

「神戸ファインダー」は豊富な写真と動画で神戸の魅力を発信するブログ型情報ウェブサイトです。サイト運営者Akiが気になるカメラや関連機材についても国内外から情報を集め記事にしています。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをよろしくお願いします。
FacebookTwitterYouTubeInstagramなどでも情報発信していますのでフォローよろしくお願いいたします。シェアとフォローは下のボタンからご利用いただけます。

質問があればお気軽にコメントやSNSでお知らせください^^