スポンサーリンク

EOS Rと一緒に買うレンズは何が良い?RFレンズとEFレンズから選んでみた

シェアする

EOS R 予約開始

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。Aki(@Aki_for_fun)です。

キヤノンのフルサイズミラーレス一眼カメラ「EOS R」を買うことにしました。いざカメラを買うとなるとレンズもやはり必要です。いざどのレンズを買おうかと考えてみると非常に悩ましたかったので、わたしのレンズ選びで調べたことや考えたことをお伝えします。RFレンズだけでなく、EFレンズも選択しに入れて検討しています。

スポンサーリンク

RFレンズどれを買う?

2018年9月時点で発表されているRFレンズの種類は以下の4本です。

  • RF 28-70mm F2L USM
  • RF 50mm F1.2L USM
  • RF 35mm F1.8 Macro IS STM
  • RF 24-105mm F4L IS USM

各レンズの仕様については「キヤノンRFマウント用レンズまとめ|魅力的なレンズが続々」にまとめました。

実際にこれらのレンズを買うかどうかを考えてみましょう。

RF 28-70mm F2L USM と RF 50mm F1.2L USM

まず「RF 28-70mm F2L USM」と「RF 50mm F1.2L USM」について。この二本のレンズは非常に優れたレンズですが値段も飛び抜けて高いです。いずれもEOS Rより価格が高い高級レンズなので実際に購入する人はごく限られた人だと思います。使ってみたい気持ちはありますが、わたしは買いません。

RF 35mm F1.8 Macro IS STM

「RF 35mm F1.8 Macro IS STM」は興味のある人が多いのではないでしょうか。

35mmの単焦点レンズでF1.8、手ぶれ補正付きで最大撮影倍率が0.5倍のマクロレンズです。これまでフルサイズ向けの類似レンズとしては「CANON EF35mm F2 IS USM」や「TAMRON SP 35mm F/1.8 Di VC USD」などがありました。新しいRFレンズはスペックシートを見る限りこれらのレンズの上位互換です。

値段は実売価格6万1千円ほどで比較的安く、5千円のキャッシュバックもあります。性能が良くて価格もこなれているのである意味誰もが買いたくなる撒き餌レンズです。実際にEOS Rに装着して撮影してみましたがコンパクトなサイズで使い勝手が良く感じました。わたしは買います。

RF 24-105mm F4L IS USM

標準ズームレンズの「RF 24-105mm F4L IS USM」は定番的なポジションなので誰もが「とりあえず買っておきたい」レンズかと思います。

しかし、実際にEOS Rの購入を考えると本当にこの「RF 24-105mm F4L IS USM」が必要なのか迷うところです。例えばすでにEFマウントで標準ズームレンズを持っている人ならマウントアダプターを買えばそれをEOS Rで使うことができます。キヤノン純正のマウントアダプターは優秀なのでEFレンズでも特に困ることはないはずです。

わたしはフルサイズ向けの標準ズームレンズは持っていないのですが、新たに買うにしてもEFレンズなら中古市場も充実していてもっと安価に手に入れることができます。標準ズームレンズについてはRFレンズを買うか、EFレンズを買うかとても迷います。

EOS R用の標準ズームレンズをEFマウント含めて選ぶ

標準ズームレンズに何を買うか、改めて他にどんな選択肢があるのかリストアップして比較検討することにしました。

主な候補をまとめると次の通り。

  • CANON RF 24-105mm F4L IS USM
  • CANON EF24-70mm F4L IS USM
  • CANON EF24-70mm F2.8L II USM
  • TAMRON SP24-70mm F2.8 Di VC USD G2
  • SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM Art
  • CANON EF24-105mm F4L IS II USM
  • CANON EF24-105mm F4L IS USM
  • CANON EF24-105mm F3.5-5.6 IS STM

EFマウントレンズをEOS Rに装着するには別途マウントアダプターを用意する必要があります。

CANON RF 24-105mm F4L IS USM

やはり普通に選ぶなら「RF 24-105mm F4L IS USM」が第一候補でしょう。「RF 24-105mm F4L IS USM」のメリットをまとめると次の通り。

  • Lレンズで唯一ナノUSMを搭載(高速で静かなAF)
  • 静止画撮影で5段分の強力な手ぶれ補正(デュアルセンシングIS)
  • 動画撮影で電子手ぶれ補正と合わせた5軸手ぶれ補正利用可(コンビネーションIS)
  • カメラ内でデジタルレンズオプティマイザを反映できる(RFレンズ限定機能)
  • ファインダーのフレームレートで「高速表示」を選択可能(RFレンズ限定機能)
  • コントロールリング付き
  • 2万円キャッシュバックあり


キヤノン RF24-105mm F4L IS USM 《2018年10月下旬発売 発売日にお渡し》

カメラのキタムラ:RF24-105mm F4L IS USM

CANON EF24-70mm F4L IS USM

キヤノンのフルサイズ一眼レフカメラ用レンズでとても人気があるのが「EF24-70mm F4L IS USM」です。小型軽量で手振れ補正付き、さらに最大撮影倍率0.7倍のマクロモードがあるのが魅力。

CANON EF24-70mm F2.8L II USM

キヤノンの標準ズームレンズの中で最高画質を誇るのが「EF24-70mm F2.8L II USM」。手ぶれ補正がないのが残念ですがだからこそ映りが良いレンズです。F2.8通しなのも大きなメリット。

TAMRON SP24-70mm F2.8 Di VC USD G2

マウントアダプターさえあればキヤノン製以外のEFレンズも一応装着可能です。動作保証されていないのが懸念ですが、おそらくEOS Rでも使えるはずです(使えない可能性もあります)。

F2.8通しでありながら「EF24-70mm F2.8L II USM」より安くてしかも手ぶれ補正付きなのが魅力です。

SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM Art

シグマ製の標準ズームレンズも定評があります。やはり動作保証対象外ですが、F2.8通しで手ぶれ補正が付いています。

CANON EF24-105mm F4L IS II USM

現在キヤノンのフルサイズ一眼レフカメラ用でもっとも定番なのが「EF24-105mm F4L IS II USM」です。

CANON EF24-105mm F4L IS USM

地味にお買い得なのが旧型の「EF24-105mm F4L IS USM」です。F4通しで手ぶれ補正付きのLレンズでありながら、中古で安く買えます。予算が限られているなら要チェックのレンズです。

CANON EF24-105mm F3.5-5.6 IS STM

予算的に厳しいなら「EF24-105mm F3.5-5.6 IS STM」もあり。非Lレンズなのでほかのレンズと比べるとスペック的に見劣りしますが手堅くまとめられた標準ズームレンズです。

わたしがEOS R用に選んだレンズは

EOS Rと一緒にどのレンズを買うか考えてみました。最終的にわたしが選んだレンズは「RF 24-105mm F4L IS USM」と「RF 35mm F1.8 Macro IS STM」です。

標準ズームレンズはEFレンズでも良いのではないか、あるいはそもそも買う必要がないのではないかとも考えました。しかし、新たなEOS Rシステムを代表するレンズとなるであろう「RF 24-105mm F4L IS USM」を使ってみたいと思い買うことにしました。また改めて調べてみるとこの記事にも書いたようなRFレンズならではのメリットがあるようなのでそれも楽しみです。

「RF 35mm F1.8 Macro IS STM」はとても使い勝手が良さそうなレンズなのでこれもまた楽しみですね。あとEFレンズやEF-Sレンズをすでに何本か持っているのでそれらを使えるように「コントロールリング マウントアダプター EF-EOS R」も買うことにしました。

以上、私なりのレンズ選びでした。同じくEOS R購入を検討されている人の参考になれば幸いです。

追記(2018年9月13日):あ、あとここに書いてないレンズで前から欲しかったEFレンズを買い足しました。フルサイズのカメラで使ってみたかったレンズです。変わり種のレンズなのでそのうちこれもご紹介します。


[3年保険付]キヤノン EOS R フルサイズミラーレス一眼ボディー『2018年10月下旬発売』[02P05Nov16]

わたしはカメラのキタムラで予約しました。 → カメラのキタムラ EOS R特集ページ

ついに、ついに発表されたキヤノンのフルサイズミラーレスカメラ。その名も「EOS R」です。キヤノンユーザーのわたしはもう気になって仕方ないです。明らかになった情報やわたしが注目したポイントをまとめます(随時更新)。

ちなみにキヤノンのフルサイズ一眼カメラ購入を考えている人はEOS 5D MarkⅣやEOS 6D MarkⅡがだいぶ値下がりしているのでこちらも狙い目です。わたしはEOS Rが一番自分好みのカメラなのでこれを選びましたが、一眼レフカメラもまだまだ魅力的だと思います。特にレンズのことも考えて予算を組むならEOS 6D MarkⅡはいまとてもお買い得ですね。

当サイトをご覧いただきありがとうございます!

「神戸ファインダー」は豊富な写真と動画で神戸の魅力を発信するブログ型情報ウェブサイトです。サイト運営者Akiが気になるカメラや関連機材についても国内外から情報を集め記事にしています。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをよろしくお願いします。
FacebookTwitterYouTubeInstagramなどでも情報発信していますのでフォローよろしくお願いいたします。シェアとフォローは下のボタンからご利用いただけます。

質問があればお気軽にコメントやSNSでお知らせください^^

この記事をお届けした
Akiの神戸ファインダーの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
関連コンテンツ
管理人 Aki

記事を書いている人 Aki

about me

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます!管理人のAkiはカメラが大好きな神戸っ子です。

自分で撮影した写真や動画とともに神戸の魅力を発信しています。神戸のレジャー・観光・グルメ情報のほか、私が愛用しているカメラに関する情報もたくさん掲載しています。

写真は神戸のマスコットキャラクター「コーベアー」です。

サイト紹介 プロフィール サイトマップ 使用しているカメラやレンズについて Twitter Flickr Instagram Facebook YouTube
スポンサーリンク