スポンサーリンク

スマホ用ジンバルSnoppa ATOMで動画の手振れ解消!世界最小・簡単操作・多機能で楽しい

スマホ用ジンバルSnoppaATOM

世界最小クラスのスマホ用ジンバル「Snoppa ATOM」が新登場しました。小型なのにパワフルにスマホを支えて動画の手振れを抑えてくれます。動画撮影をするならぜひ手に入れたい今大注目のガジェットです。

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。Aki(@Aki_for_fun)です。せっかく動画を撮ったのに映像が大きく揺れてしまっていて残念になった経験はありませんか。今回はそんな動画の手振れの問題を解決してくれる画期的な道具「Snoppa ATOM」をご紹介します。

広告会社を通じて販売元様より「Snoppa ATOM」をご提供いただきました。日本での発売に先行してレビューします。

スポンサーリンク

スマホカメラ用ジンバルとは

「ジンバル」というのはアームが回転してバランスをとる仕組みのこと。近年は特にビデオカメラ用の電動ジンバルが発展しています。ジンバル構造と電動モーターによってカメラを支え、手振れのないスムーズな動画撮影ができるようサポートしてくれます。

もともとは非常に高級でプロの映像業界くらいでしか使われていないような道具でしたが、だんだんと値段も下がってきて広く一般的に親しまれるようになってきています。「Snoppa ATOM」は特にスマホカメラをサポートするように開発された最新のジンバルです。

こちらがプロモーションビデオです ↓

SNOPPA ATOM Video Vol.1

Snoppa ATOMを実際に使ってみた

Snoppa ATOMの実力を確かめるべく神戸の南京町で撮影してみました。

下の動画はSnoppa ATOMにiPhoneXを載せて歩きながら撮影した映像です。右下の小さな枠にはGoPro HERO7 Blackで同時撮影した動画を映しています。そちらと合わせて見てもらうとどのように撮影しているのかがわかると思います。

神戸・南京町 歩き撮り スマホ用ジンバルSnoppa ATOMを使って撮影

歩きながら適当に撮影しているだけなのにかなり安定した映像になっています。これがジンバルの力です。気軽に町歩き動画が撮れて楽しいですね。実際にジンバルを使ってみるとモーターがヌルヌル動いてとても面白いです。

Snoppa ATOMの特徴

ふたつのカラー

Snoppa ATOMはブラックとピンクの2色展開です。

Snoppa ATOMはブラックとピンクの2色展開

Snoppa ATOMはブラックとピンクの2色

画像:プレスリリースより

縦・横・自撮りに対応

横向きで撮影

縦向きで撮影

Snoppa ATOMはスマホの縦向き・横向きのどちらでも使うことができます。

 Snoppa ATOM コントロールボタン

コントロールグリップのMボタンを押すことで縦と横を切り替えられます。さらにMボタンを長押しすることでスマホの向きが180度変わって自撮りできるようになります。

動画・写真撮影をサポートする機能

手振れを補正するだけでなく様々な形で撮影をサポートしてくれます。

 Snoppa ATOM コントロールボタン

先ほどの動画を見ていただくと分かるように、基本はジンバルを左右縦に振るとスマホの向きもそれにゆっくりと追従するように動きます。Snoppa ATOMはそれく加えてコントローラーのボタンを左右縦に動かすことでもカメラの向きを操作できます。

 Snoppa ATOM コントロールボタン

左右縦に動きをフォローするだけでなく、ジンバル背面のロックボタンを使うことで常に同じ方向を撮り続けるということも可能です。

また専用アプリと組み合わせるとより多様な操作が可能になります。ジンバルのボタンで録画のスタート・ストップができるのはもちろん、ズームも操作できます。メニューを開いて設定を変更することもジンバルのコントローラーだけで可能です。ジンバルの手ぶれ補正を活かしてパノラマ写真を撮ることができたり、タイムラプス撮影もできたりと非常に多機能です。

ジンバルの下には三脚穴があるので三脚や一脚にセットすることもできます。

卓上三脚にジンバルSnoppa ATOMをセット

面白いのは自動追尾機能です。人の顔や特定のものを追従するように設定できます。追従設定をしておけば自動で被写体の動きに合わせてカメラの向きを変えてくれます。例えばジンバルを三脚に設置しておくだけでステージ上のパフォーマーをフォローして撮影してくれるわけです。

この追従機能は放っておいてもジンバルが勝手に動いてくれて面白かったです。顔の追従はわりと優秀でしっかり顔を認識して追ってくれるのですが、一度障害物などで顔を見失うと見失ったままになります。再度スマホをタッチして設定しないと追従してくれないのでその点は注意が必要です。

世界最小クラスの小型ジンバル

折りたためるスマホ用ジンバル Snoppa ATOM

Snoppa ATOMの特徴は折りたたみ式になっているというところ。これはジンバルでは非常に珍しい構造です。このおかげで非常にコンパクトに収納できます。気軽に持ち歩くことができて良いですね。

無線・有線充電・外付けマイクなどに対応

これもユニークな特徴なのですがSnoppa ATOMはスマホを無線充電することができます。スマホは動画を撮っているとどうしてもバッテリーを消耗しがちですがジンバルから給電することでより長時間の利用が可能になります。

ジンバルそのものは24時間の稼働が可能なのでスマホを充電しながらでも十分な時間の運用ができます。

Snoppa ATOM 有線でスマホと接続

画像:プレスリリースより

また有線ケーブルも付属するので、無線充電に対応していない機種でも有線充電が可能です。

イヤホンで音声を確認可能

画像:プレスリリースより

さらにイヤホンをつけて音声をモニタリングしたり、外付けマイクを接続することもできます。かなり本格的な動画撮影ができるようになります。

様々なスマホ、GoProのようなアクションカムも載せられる

Snoppa ATOMは質量280〜310gのスマホを載せることができます。大型のスマホや外付けレンズなどのアクセサリーを付けてもホールド可能です。スマホの横幅は55〜90mm、厚さは9mmまで対応しています。

アクションカム GoPro HERO7 Blackも搭載可能

さらにGoProのようなアクションカムも使うことができます。ただし画面が見えなくなるのでその点は気をつけなければなりません。

他社ジンバルやアクションカムと比較してどうか

わたしがこれまで使ってきたジンバルやアクションカムと比べて感じたことについて書きます。

他社ジンバルにない魅力も

Snoppa ATOMは正直ティルト(縦)の動きがいまいちです。パン(左右)はスムーズにフォローしてくれるのですが、ティルトの動きはジンバルを傾けてもうまく追従してくれないことがあります。コントロールボタンでティルトさせるときはスムーズな動きでした。

その点ZhiyunやDJI OSMOのジンバルシリーズはスムーズにフォローしてくれます。ジンバルの基本性能においては有名ブランドに一日の長があるようです。

一方機能面においてはSnoppa ATOMがかなり健闘しています。特にボタン一つでスマホの向きを縦・横・自撮りと変えられるのは便利です。

DJI OSMO MOBILE2を使わせてもらったことがあるのですが、こちらは電源を入れる前にスマホを縦か横か決めてセットしないといけません。これがけっこう不便なんですよね。特にわたしみたいにFACE IDのiPhoneを使っているとロックの解除の際は縦向きにしないといけないので、ジンバルに横向きで固定されていると顔を傾けないといけなくなります。

スマホ用ジンバル DJI OSMO MOBILE2

スマホ用ジンバル DJI OSMO MOBILE2

スマホの無線充電ができることやコンパクトに折りたためる点もSnoppa ATOMの大きな魅力です。これは他のスマホ用ジンバルにはなかなか見られない特徴です。バッテリーが消耗しがちだったり、持ち運びに苦労するというよくある悩みをうまく軽減できています。これは本当に素晴らしいです。

Zhiyun Crane MとSnoppa ATOM

Zhiyun Crane MとSnoppa ATOM

電動3軸ジンバルZhiyun Crane Mを買いました。ムービーの撮影では写真とはまた違った映像のブレ対策が必要になります。Zhiyun Crane Mは動画...

スマホ用ジンバルかGoProか

Snoppa ATOMのようなスマホ用ジンバルを買うか、GoPro HERO7 Blackのようなアクションカムを買うかで迷うこともあるかもしれません。

ジンバルはGoProよりずっと安く導入できます。それでいて動画が安定して撮れるようになるのでとても魅力的な選択と言えるでしょう。コントローラーで録画のスタートやストップ、ズームなどを操作できるのも運用上の大きな利点です。

一方GoProの魅力はより広い画角でダイナミックに撮れるところです。そしてカメラ単体で非常に強力な手ぶれ補正が機能します。Snoppa ATOMがいかにコンパクトなジンバルといえど手軽さでいえばGoProが圧倒的に優れています。

アクションカムのGoPro HERO7 Blackを買いました。さっそくこの新しいカメラで撮影してみたのでその作例写真や作例動画とともに、使ってみた感想や注意点をお伝えします。ゴープロを使ったのは初めてなのですがかなり感動しました。これ良いですよ。
GoPro HERO7 Black
GoPro公式
Amazon
楽天市場
Yahooショッピング
カメラのキタムラ

まとめ いまスマホ用ジンバルを買うならSnoppa ATOMがおすすめ

わたしはGoPro HERO7を愛用しているので正直なところ「今さらスマホ用ジンバルって意味があるのだろうか」と疑問でした。しかし、Snoppa ATOMを使ってみたところその機能性やGoPro用のジンバルとしても使えることを知ってこれは便利で楽しいガジェットだと考えを改めました。

スマホ用ジンバルSnoppaATOM

まだ知名度の低いブランドですが、後発なため他社にない機能を加えていてとても優秀なスマホ用ジンバルと言えます。

価格は他社類似商品と似たようなものですが、クラウドファンディング中に注文すると安く買えます。2018年12月15日までの期間限定なのでお見逃しなく

クラウドファンディング期間:2018年11月9日〜12月15日

Snoppa ATOM クラウドファンディング詳細:誰でも、今すぐ動画のプロに。 世界最小クラスのジンバル「Snoppa Atom」 | PIU Crowdfunding

当サイトをご覧いただきありがとうございます!

「神戸ファインダー」は豊富な写真と動画で神戸の魅力を発信するブログ型情報ウェブサイトです。サイト運営者Akiが気になるカメラや関連機材についても国内外から情報を集め記事にしています。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをよろしくお願いします。
FacebookTwitterYouTubeInstagramなどでも情報発信していますのでフォローよろしくお願いいたします。シェアとフォローは下のボタンからご利用いただけます。

質問があればお気軽にコメントやSNSでお知らせください^^