スポンサーリンク

GoPro HERO7を買ったので第一印象レビュー!簡単にきれいな動画が撮れて感動しました

アクションカムのGoPro HERO7 Blackを買いました。さっそくこの新しいカメラで撮影してみたのでその作例写真や作例動画とともに、使ってみた感想や注意点をお伝えします。ゴープロを使ったのは初めてなのですがかなり感動しました。これ良いですよ。

GoProを買うなら公式サイトがお得!
GoPro HERO7 Blackが49,800円(2018年11月2日時点)。送料無料でSDカードもプレゼント。
→ 公式ウェブサイトでGoPro HERO7 Blackの詳細を確認・購入
スポンサーリンク

大人気のGoPro HERO7 Blackがやっと届いたので開封

GoPro HERO7 Black第一印象レビュー

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。Aki(@Aki_for_fun)です。

発売日から二日経った9月29日の夜、ついにわたしのもとにも届きました。「GoPro HERO7 Black」です。予約が殺到したようですぐに在庫切れ。納期待ちのお店が多かったようですね。発売日当日に使っている人たちを羨ましく眺めながら今か今かと待っておりました。

GoPro HERO7 Black パッケージの中身

GoPro HERO7 Blackを開封 パッケージ中身

パッケージを開けて中身を確認すると上の写真のようになります。GoPro本体とバッテリー、充電用のUSBケーブル、フレームとその関連アクセサリー、ステッカー、使用説明書などです。

GoPro関連アクセサリーを事前に用意

GoPro HERO7 Black 関連アクセサリー

追加で買い揃えたアクセサリーを合わせるとこちらの写真のようになります。記録メディアはmicro SDカードです。わたしは「SanDisk microSDカード 64GB Extreme Pro」を購入。そのほか充電器と予備バッテリー、三脚用のマウントアダプター、キャリングケースなどを用意しました。

わたしが購入したものや、そのほかGoProと合わせて使うと便利なアクセサリー類については次の記事で解説しました。

GoPro HERO7 Blackにおすすめの関連アクセサリーをご紹介します。GoPro(ゴープロ)が届いた時にすぐ使えるように、また快適に使えるように関連用品の情報をまとめました。必要なもの、あると便利なもの、これはなくても良いと思うものを理由付きでご紹介します。

思った以上にGoProは操作がしやすい

最初にGoPro HERO7 Blackを手にして思ったのは「小さい」ということ。スマホよりもずっと小柄なゴープロ。いざ自分で持ってみるととてつもなく小さく感じました。わたしは普段一眼カメラで大きなレンズをつけて撮影することが多いのでなおさら印象的でした。

カメラはシンプルな形でボタンはふたつのみ。「電源/モード選択ボタン」と「シャッターボタン」だけです。あまりにシンプルですこし心もとなく感じましたが、GoProはタッチパネルなので物理ボタンが少なくても困りません。

メニューの表示も非常にわかりやすくてかなり洗練されています(使いながらよくできてるなーと感心)。ほとんど説明書を読む必要なく操作を覚えることができました。

GoPro7で動画を撮ってみた

さあ、いよいよ撮影です。台風が過ぎた後の快晴の神戸を歩きながら撮影してきました。

強力な手ぶれ補正とビビッドな発色

GoPro HERO7 Blackの目玉機能のひとつが「HyperSmooth」(ハイパースムース)。つまり強力な手ぶれ補正です。ふつう歩いたり走ったりしながら動画を撮るときはジンバルという道具を使うのですが、GoPro HERO7 Blackなら「もうジンバルはいらない」のだとか。その噂の手ぶれ補正機能を歩き撮りして試してみました。

sumiyoshigawa-walk

普通に歩きながら手持ちで撮影しています。カメラそのものはもっと大きくアップダウンしていたはずなのですが、録画された動画は(もっといえば撮影中の画面も)ほとんど揺れていません。これは素晴らしい。

そして青空の色が気持ち良いですよね。GoProのカメラは鮮やかな色が出やすくなっているようです。トンネル下の暗いところとその先の明るい景色という強いコントラストがある場所でもうまくバランスよく撮れています。環境音の聞こえも悪くありませんね。

GoPro HERO7 Black TimeWarp Stairs down

もうひとつ見てほしいのがこちらの階段を下りながら撮影した映像です。これはカバンのベルトに適当に固定した状態で撮っているのですが、驚くほどブレが抑えられています。まるでエスカレーターに乗っているみたいな動きです。

TimeWarpが楽しい

GoPro HERO7 Blackは「Time Warp」(タイムワープ)というお手軽にハイパーラプス動画が撮れる機能がすごく面白いです。要は歩きながら撮れるタイムラプス動画。

楽しくてたくさん動画撮っちゃいました。神戸の観光名所で撮ってきた作例の動画をぜひご覧ください。まずは生田神社から。

GoPro HERO7 Black TimeWarp IkutaShrine 生田神社 神戸

次は南京町です。

GoPro HERO7 Black TimeWarp China Town 南京町 神戸

Time Warp動画は、2倍速、5倍速、10倍速、15倍速、30倍速から選べます。上のふたつの動画は5倍速で撮影、下のメリケンパークの動画は10倍速で撮影しています。

GoPro HERO7 Black TimeWarp Meriken Park メリケンパーク 神戸

いかがでしょう。上の映像はただ歩きながら撮っただけの動画です。ソフトでブレや色を補正したりはしていません。タイトルと音楽をつけただけのほぼ素材のまま(動画編集ソフトはFilmora)。

即席POV Kit

オリジナルPOV Kit GoPro HERO7 Black

撮影の際は上の写真のようにカバンのベルトにGoProを固定しました。これで手ぶらで町歩き動画を撮ることができます。

使っているパーツは、ピークデザインのキャプチャーと、ベルボンの自由雲台と、雲台マウント用のGoProアダプターです。

本当はピークデザインのキャプチャーとP.O.V. Kitのふたつだけ買えばそれで良いのですが、まだ注文したP.O.V. Kitが届いていないので、こうやって手持ちのカメラ用品で即席のPOVキットを作りました。GoProの手ぶれ補正が強力なおかげでこの雑なセットでも良い感じの映像が撮れました。

主観映像(POV撮影)用にゴープロやコンデジを固定できるピークデザインの「P.O.V.キット」がバージョンアップして9月28日より発売されます。そのほかアンカーやアンカーリンクス、クラッチなどカメラストラップも同時にアップデートされたものが新発売です。

GoPro7で写真を撮ってみた

どちらかというと動画のイメージが強いGoPro HERO7 Blackですが写真ももちろん撮れます。撮ってきた作例写真をご覧ください。

※こちらに掲載している画像はWeb用として画質を落としています。写真をクリックするとFlickrが開くのでオリジナルの写真はそちらでご確認いただけます。

スーパーフォトは手軽に高画質

GoPro HERO7 Blackには「スーパーフォト」(Super Photo)という機能が備わっています。オートで撮れるHDR写真です。シャドウからハイライトまでバランスよく写るので、黒つぶれや白飛びが少なくなっています。

GoPro HERO7 Black 作例写真 スーパーフォト

GoPro HERO7 Black 作例写真 スーパーフォト

今回掲載している写真はすべてスーパーフォトで撮影しています。鮮やかな色が印象的ですね。アウトドアアクティビティ中の撮影を想定されていることもあってか、青空や木々の緑が美しいです。

GoPro HERO7 Black 作例写真 スーパーフォト

GoPro HERO7 Black 作例写真 スーパーフォト

これくらい気持ち良い写真が撮れるならストリートスナップに活用できると感じました。小さくて非常に持ち運びの楽なカメラですからスナップにはうってつけです。広角レンズを活かして街並みや自然風景を記録するのに向いていると思います。

テーブルフォトはすこし苦手かも

GoPro HERO7 Black 作例写真 スーパーフォト

一方で食べ物の写真はすこしパッとしない印象です。近くのものを撮るには画角が広角すぎるので、もう少しデジタルズームして撮影してもよかったかもしれません。

GoPro HERO7 Black 作例写真 スーパーフォト

GoPro HERO7 Blackは間違いなく買って正解

実を言うとわたしはこれまでGoProのようなアクションカムにはあまり強い関心はありませんでした。スポーツをするわけでもなく、あまりアウトドアにも興味がないので自分には向いていないと思っていました。

しかし、GoPro HERO7 Blackのプロモーションビデオを見たとたん「これは欲しい」と俄然興味を持つようになりました。わたしが以前から挑戦していたジンバルを用いたスムーズな動画撮影が手軽に行えるというではないですか。そして実際に使ってみると期待通りのカメラです。これは買ってよかった。

GoPro HERO7 Blackは旅行や普段のちょっとしたお出かけでも活躍してくれるカメラだと感じました。広い画角なのでその場の雰囲気や、家族・友人との記念撮影が撮りやすいです。また写真も動画も細かい設定や、難しい道具を使うことなく手軽にきれいに撮れるのが素晴らしいですね。今後もこのカメラでたくさん撮影していきたいと思います。

追記(2018年11月2日):GoProを買うなら公式サイトが値段が安く、さらに64GBのmicroSDカードも付属するのでお得です。

GoPro公式サイトならGoPro HERO7 Blackの価格は49,800円(2018年11月2日時点)。送料もかからずこの金額で購入できます(Amazonやカメラのキタムラだと53,460円になっていることが多いです。わたしもこの金額で購入してしまったので安い公式サイトで買えば良かったとちょっと後悔してます。てっきり公式サイトは税別価格で実際の購入金額はもう少し高くなると思っていたのですが、公式サイトならシンガポールとの取引となり日本への配送であれば消費税などの税金を追加で支払う必要がないそうです。参考:GoPro配送規約)。

商品は注文から2〜3日でお届け。これにGoProで使える記録メディアもおまけで付くのですぐに使えますね。

参考:公式ウェブサイトでGoPro HERO7 Blackの詳細を確認・購入

追記(2018年12月4日):期間限定で「GoPro 3-Way カメラ マウント」がGoPro HERO7 Blackのおまけで付いてきます!GoProを持ちやすくなるカメラグリップとして使えたり、延長アームで自撮り棒になったり、三脚としても使えちゃう便利な道具です。9,400円(2018年12月4日時点)もするものがセットで付いてくるなんてすごいお得ですね。というか正直いまから買う人がうらやましくて仕方ない…

2018年11月30日〜12月16日(1:00 p.m. UTC、日本時間午後9時まで)の期間限定なのでお見逃しなく!GoPro公式サイト限定のキャンペーンです。

追記(2018年12月7日):上記のキャンペーンは好評につき在庫がなくなってしまったそうです。そのため予定より早くキャンペーンが終わってしまいました。

GoPro HERO7 Black
GoPro公式
Amazon
楽天市場
Yahooショッピング
カメラのキタムラ
GoPro HERO7(ゴープロ7)が9月20日に発表されました。発売予定日は9月27日です。HERO7はブラック、シルバー、ホワイトの三種類があり、それぞれの性能が異なっています。GoPro HERO7の注目機能や性能の違いについて比較してお伝えします。
GoPro HERO7 Blackにおすすめの関連アクセサリーをご紹介します。GoPro(ゴープロ)が届いた時にすぐ使えるように、また快適に使えるように関連用品の情報をまとめました。必要なもの、あると便利なもの、これはなくても良いと思うものを理由付きでご紹介します。

そのほか関連記事

当サイトをご覧いただきありがとうございます!

「神戸ファインダー」は豊富な写真と動画で神戸の魅力を発信するブログ型情報ウェブサイトです。サイト運営者Akiが気になるカメラや関連機材についても国内外から情報を集め記事にしています。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをよろしくお願いします。
FacebookTwitterYouTubeInstagramなどでも情報発信していますのでフォローよろしくお願いいたします。シェアとフォローは下のボタンからご利用いただけます。

質問があればお気軽にコメントやSNSでお知らせください^^