スポンサーリンク

GoPro HERO7と一緒に買うべき必要なものとあったら便利なもの・いらないもの

GoPro HERO7と一緒に買うべき必要なものとあったら便利なもの・いらないもの

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。Aki(@Aki_for_fun)です。

GoPro HERO7 Blackにおすすめの関連アクセサリーをご紹介します。GoPro(ゴープロ)が届いた時にすぐ使えるように、また快適に使えるように関連用品の情報をまとめました。必要なもの、あると便利なもの、これはなくても良いと思うものを理由付きでご紹介します。

スポンサーリンク

GoPro HERO7 Blackを買ったら付属するもの

GoPro HERO7 Blackの付属品は次のものです。

  1. HERO7 Black カメラ
  2. ザ・フレーム
  3. USB-C ケーブル
  4. サムスクリュー
  5. 充電式バッテリー
  6. マウント用バックル
  7. ベースマウント(平面)
  8. ベースマウント(曲面)

GoPro HERO7 Blackの付属品

画像引用:HERO7 Black (HERO7 ブラック)|GoPro(ゴープロ)日本総代理店タジマモーターコーポレーション

以上のものは本体と一緒についてきます。

GoPro HERO7対応SDカード

GoPro HERO7 Blackで撮影するには記録メディアが必要です。つまり「microSDカード」です。

GoPro公式の推奨品はSanDiskの「Extream」シリーズ、もしくは「Extream Pro」シリーズです。同じSanDiskから安い値段で発売されている「Ultra」シリーズは推奨品に入っていないので注意してください。

参考:GoProで動作保障されているmicroSDカード一覧|GoPro(ゴープロ)日本総代理店タジマモーターコーポレーション 

個人的な経験からいうとSDカードなどの記録メディアをケチってよかったことはありません。安いものだと突然録画が止まってしまうことがあります。GoProのようなハイスペックなカメラを使うにはSDカードも良いものにしないと撮影が快適に行えないのです。

またmicroSDカードの容量は、4K動画を撮るなら容量は64GB以上あったほうが安心。FHD撮影がほとんどだったり、まめに動画を整理できるなら32GB程度でもなんとかなるかもしれません。

基本的には容量に余裕のあるものがおすすめです。容量に余裕がないとすぐにカードがいっぱいになってしまって撮影できなくなってしまいます。なので容量で迷ったら大きい方を選ぶことをおすすめします。

SanDiskは製品保証もしてくれて安心です。購入したらサポートから製品登録しておきましょう。 → SanDisk サポート・ログイン

ちなみにGoPro HERO7はUHSⅠのみ対応でUHSⅡには非対応なので、安い方のUHSⅠでオーケー。わたしはこの64GBのものを購入しました。

予備バッテリーと充電器

GoPro HERO7 Blackのバッテリーは旧機種のGoPro6や5と同じです。GoProはあまり電池持ちがよくないので予備バッテリーも購入しておきたいですね。またGoPro HERO7にはバッテリーを個別に充電するチャージャーは付属しないのでそれも合わせて買っておきましょう。

純正バッテリー。

純正チャージャー(充電器)。バッテリーひとつと充電器がセットになっています。充電器では一度にふたつのバッテリーを充電できるようになっています。

互換バッテリーと充電器セット。こちらは非純正ですが安いです。

追記(2018年10月16日):互換バッテリーについてレビューを書きました。

GoPro HERO7 Black用に互換バッテリーと充電器を買いました。RAVPowerの「RP-PB074」です。しばらくゴープロにいれて使ってみたので商品の特徴や使い勝手についてレビューします。

また充電器にはUSBケーブルが付属するもののコンセントに差すアダプターはついてきません。必要な場合はこれも買わなければなりません。

シンプルなものだと例えばこちらのものが安くて小さくておすすめ。

この商品は現在取り扱いされていません

わたしが最近重宝しているのがこちらの10個のUSBを同時に差せるアダプター。最近はスマホやタブレット、カメラのバッテリーなどUSB充電するものが増えたので便利です。

ミニ三脚と三脚マウント

GoProを固定して撮影しておきたいときは三脚が便利です。かといって大きな三脚はせっかくのGoProの機動力を損ないかねないので避けたいところ。となるとミニ三脚の出番です。

わたしがよく使っているミニ三脚はゴリラポッドとマンフロットのPIXIシリーズです。

私の使っているおすすめのミニ三脚「JOBY ゴリラポッド」をレビューします!脚を折り曲げられる仕組みでとても便利な小型三脚です。JOBYのゴリラポッドにはたくさん種類があるのでそれぞれのモデルの比較や違いもまとめました。
人気卓上三脚のマンフロット(Manfrotto)PIXIとPIXI EVOを比較レビューします。PIXIはカメラ好きの人なら一度は見たことがあるであろう大ヒット商品です。そしてPIXI EVOはその発展版として新しく発売されました。これら両機種のメリット・デメリットを見ながらどちらがおすすめかをお伝えします。

ただし、GoProは一般的なカメラと違って三脚を取り付ける穴がないので別売りの専用マウントアダプターが必要になります。

わたしが買ったのは次のもの。アルミ製なのでプラスチックや樹脂でできているものよりは丈夫そうだと思い注文。レビューの評判も良いです。

もっと安いものもあります。

もしくは三脚とGoPro用アダプターのセットのものもあります。

保護フィルム

激しいアクティビティをしながら扱うカメラなので液晶画面やレンズを保護するフィルムを買う人も多いです。カメラは雑に扱いたいけど傷が不安、というひとは保護フィルムもあわせて買っておくと安心です。

ジンバル Karma Grip

GoPro HERO7 Blackは手ぶれ補正を行うジンバルの「Karma Grip」対応です。しかしGoPro HERO7 Blackは強力な手ぶれ補正機能の「HyperSmooth」があるので「Karma Grip」はいらないのではないかと思います。

ピークデザイン P.O.V.キットとキャプチャー

GoPro HERO7 Blackの注目機能に強力な手ぶれ補正の「HyperSmooth」と手軽にはいパーラプスを撮影できる「TimeWarp」があります。この機能を活かして撮影するならぜひGoProを衣服やカバン、乗り物に固定しておきたいところ。そこで活躍するのがピークデザインの「P.O.V.キット」と「キャプチャー」です。

Capture P.O.V. and P.O.V. Kit by Peak Design
GoPro 5最強マウントPeak DesignのCapture POVを紹介 #249
主観映像(POV撮影)用にゴープロやコンデジを固定できるピークデザインの「P.O.V.キット」がバージョンアップして9月28日より発売されます。そのほかアンカーやアンカーリンクス、クラッチなどカメラストラップも同時にアップデートされたものが新発売です。
ピークデザイン(Peak Design)のクラウドファンディングに出資して新製品を先行入手しました。特に「キャプチャー(Capture)V3」が素晴らしかったの...

まとめ アクセサリーを準備してGoProを快適に使おう

GoPro HERO7発売に備えて一緒に買いたいアクセサリーを調べてまとめました。しっかり準備して備えたいと思います。

GoPro HERO7発売が待ち遠しいですね!すでに予約が殺到しているようです。

GoPro HERO7(ゴープロ7)が9月20日に発表されました。発売予定日は9月27日です。HERO7はブラック、シルバー、ホワイトの三種類があり、それぞれの性能が異なっています。GoPro HERO7の注目機能や性能の違いについて比較してお伝えします。
アクションカムのGoPro HERO7 Blackを買いました。さっそくこの新しいカメラで撮影してみたのでその作例写真や作例動画とともに、使ってみた感想や注意点をお伝えします。ゴープロを使ったのは初めてなのですがかなり感動しました。これ良いですよ。

GoPro (formerly Capture)

GoPro (formerly Capture)

GoPro, Inc.無料posted withアプリーチ

当サイトをご覧いただきありがとうございます!

「神戸ファインダー」は豊富な写真と動画で神戸の魅力を発信するブログ型情報ウェブサイトです。サイト運営者Akiが気になるカメラや関連機材についても国内外から情報を集め記事にしています。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをよろしくお願いします。
FacebookTwitterYouTubeInstagramなどでも情報発信していますのでフォローよろしくお願いいたします。シェアとフォローは下のボタンからご利用いただけます。

質問があればお気軽にコメントやSNSでお知らせください^^