マウスコンピューターDAIVとコラボモデルを発売!わたしの理想のパソコンを作ってもらいました

マウスコンピューターのクリエイター向けブランドPC「DAIV」と神戸ファインダーのコラボレーションパソコンが登場しました!写真や動画の編集に適した高性能パソコンを特別にお買い求めやすい価格でお届けします。初心者から上級者までカバーできるように3種類のデスクトップパソコンを用意しました。

マウスコンピューター クリエイター向けPCブランドDAIV と神戸ファインダーのコラボパソコン

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。Aki(@Aki_for_fun)です。神戸で暮らしながら写真や動画を撮り、このブログでカメラや神戸に関する情報を発信しています。

そんなわたしにとってパソコンは大切な仕事道具です。文章を書くにも、写真や動画を編集するにもパソコンが必要。なのでパソコンにはこだわりがあるのですが、今回マウスコンピューターさんのご協力でわたしの考える理想的なパソコンを「神戸ファインダーコラボモデル」として開発・販売してもらえることになりました。

  • エントリーモデル DAIV-DGZ530E1-KBFD 109,800円
  • ハイスタンダードモデル DAIV-DGZ530S1-KBFD 219,800円
  • プロフェッショナルモデル DAIV-DQZ530H1-KBFD 319,800円

※価格は税抜き表示です。

コラボモデルのパソコンの型番にはKOBE FINDERを表す「KBFD」の文字が入っています(^^)
いずれもクリエイター用PCとして非常に高性能なデスクトップパソコンです。カメラファンの読者の皆様が楽しく映像作品制作に没頭できるよう、高性能パソコンをコラボモデル限定のお得な価格でご用意しました。

マウスコンピューター公式ウェブサイトのコラボモデル紹介ページはこちら → 神戸ファインダー × マウスコンピューターDAIV コラボモデル

マウスコンピューター DAIV デスクトップ

なぜマウスコンピューターのDAIVなのか

クリエイターのニーズを満たす高性能PC

わたしがマウスコンピューターDAIVを選んだ理由は主に4つあります。ひとつは写真や動画の編集など高度な作業をしっかり行えるパソコンだからです。フォトグラファーやビデオグラファーなどクリエイターが行う編集作業には高い性能のパソコンを必要とします。DAIVはすでに多くのプロの現場で用いられていてその性能は折り紙つき(参考:CREATOR’S VOICE|「DAIV」を利用した様々な分野のクリエイターの声)。特にコラボパソコンのうち「ハイスタンダードモデル」や「プロフェッショナルモデル」のようなハイスペックなパソコンを取り扱えるのはDAIVだからこそです。

マウスコンピューター DAIV デスクトップ

脱着式のフロントパネル

美しいデザイン

もうひとつはわたしがDAIVを実際に使ってみて欲しいと思える機能・デザインを備えていたからです。クリエイター向けのパソコンはさまざまなメーカーから販売されているのですが、意外と保守的でトラディショナルなデザインが多く、物足りなさがあります。せっかくパソコンのように高い買い物をするなら特別感がほしいものです。DAIVはシンプルながら高級感と機能性を兼ね備えており、所有欲を心地よく刺激してくれます。

マウスコンピューター DAIV デスクトップ

SDカードリーダーを標準搭載

安心のサポート

サポート体制がしっかりしていることも大きな要因です。パソコンを国内生産しているマウスコンピューターは、サポートセンターやコールセンターも国内に拠点を置き自社で運営しています。毎日24時間、電話とLINEで対応してくれています。わたしも実際に何度かお世話になり丁寧な対応をしてもらい助かりました。パソコンの技術的な問題については初心者のわたしにはわからないのでプロのサポートは大変心強いです。パソコンの故障はもちろんですが、ソフトウェアのトラブルやパソコン購入の相談など幅広いサポートをしてくれます。

DAIVデスクトップのフロント リムーバブルディスクベイ

カスタマイズでリムーバブルハードディスクベイや光学ドライブも搭載可能

働く人に惚れ込んだ

そして最後の要因はマウスコンピューターで働く人たちです。神戸ファインダーではありがたいことに様々な企業の方々と接する機会を持ちました。レビュー依頼のメールをいただくこともあれば、取材でお世話になった人も多いです。これまでたくさんの人と接してきましたが中でも特にマウスコンピューターで働く人たちは気持ちの良い人が多かったです。挨拶をきちんとしてくれたり、メールのレスポンスが早かったり、様々な対応が誠実でした。共にプロジェクトに取り組む上でこの上ないパートナーです。こうしてコラボパソコンを発表できることになってとても嬉しく思います。

マウスコンピューター DAIV デスクトップ

キャスター付きで移動しやすい

DAIV×神戸ファインダーコラボパソコン

それではいよいよマウスコンピューター DAIVと神戸ファインダーのコラボレーションパソコンをご紹介します!「エントリーモデル」、「ハイスタンダードモデル」、「プロフェッショナルモデル」の3つがあります。それぞれにこだわりがあるので詳しくご案内します。また、マウスコンピューターはBTOパソコンメーカーなので全モデルをカスタマイズして注文可能です。おすすめのカスタマイズも紹介しているので参考にしてください。

エントリーモデル これから本格的な写真編集に挑戦したい人にぴったり!

DAIV 神戸ファインダー コラボパソコン エントリーモデル

これから本格的に写真編集に挑戦していきたい人にぴったりのエントリーモデル。RAW現像を問題なく行える水準のスペックを維持しながら、できるだけ価格的なハードルを下げたパソコンです。

モデル名 DAIV-DGZ530E1-KBFD
価格 109,800円(税抜き)
CPU インテル Core i5-8400 プロセッサー
空冷CPUファン
グラフィックス NVIDIA GeForce GTX1050
メモリ 16GB
ストレージ SSD 240GB
電源 500W-Bronze
カードリーダー マルチカードリーダー USB2.0
備考 キャスター付き

CPUには「インテル Core i5-8400 プロセッサー」、グラフィックスには「NVIDIA GeForce GTX1050」と、コストパフォーマンスに優れた高性能パーツを搭載。さらに標準で16GBのメモリやカードリーダーを搭載するなど、写真編集を快適に行えるよう設計されています。

これだけしっかりとした性能を備えながら、価格的にはDAIVの最小構成として販売されている「DAIV-DGZ530E1-S2」よりも安い値段で買うことができます。コスパ抜群のパソコンです。

カスタマイズについてですが、まず検討してもらいたいのがパソコンそのもののカスタマイズよりもディスプレイへの投資です。このデスクトップパソコンは4Kモニターにも対応するグラフィックスを搭載していて、写真編集用の高性能ディスプレイを活用できます。せっかく低価格でお買い得なパソコンなので、浮いた予算でちょっと性能の良いディスプレイの導入を考えてみてください。

参考:写真にこだわるなら良いディスプレイが必要!カラーマネジメントモニターの選び方

すでに良いディスプレイを持っていて、まだ予算が残っているならパソコンのカスタマイズを検討しましょう。ストレージの増設や、カードリーダーのアップグレードなどがおすすめです。もしWiFiを使うなら無線LAN拡張カードをつけてください(有線LAN端子は標準で搭載済みです)。基本価格をかなり安くしてもらっているのでCPUをアップグレードしてもまだお買い得です。

RAW現像したいけど、初心者だからまだあまりお金をかけられないという人はぜひこのコラボパソコンの「エントリーモデル」を使ってみてください。写真編集入門に非常におすすめです。

参考:神戸ファインダー×DAIV コラボモデル 紹介ページ|マウスコンピューター公式ウェブサイト

DAIV-DGZ530E1-KBFD カスタマイズ・お見積
マウスコンピューター公式ウェブサイト

DAIV デスクトップ 正面 電源

右上のつまみが電源スイッチ。車のキーを回してエンジンをかけるイメージでデザインされた

ハイスタンダードモデル 高画素写真や4K動画もパワフルに編集できる!

DAIV 神戸ファインダー コラボパソコン ハイスタンダードモデル

高画素写真やフルHD4K動画を難なく編集できるハイスタンダードモデル。高性能なカメラで撮影した重たいデータも快適に扱えるパソコンです。写真だけでなく動画編集まで行えるバランスに優れた性能に仕上がっています。

モデル名 DAIV-DGZ530S1-KBFD
価格 219,800円(税抜き)
CPU インテル Core i7-9700K プロセッサー
空冷CPUファン
グラフィックス NVIDIA GeForce RTX 2070
メモリ 32GB
ストレージ M.2 SSD 256GB(NVMe/PCI Express接続)
M.2シールド付き
HDD 2TB
電源 700W-BRONZE
カードリーダー マルチカードリーダー USB3.0 UHS-Ⅱ対応
備考 キャスター付き

第9世代のCPU「インテル Core i7-9700K プロセッサー」と、NVIDIAから2018年10月に登場したばかりのグラフィックス「GeForce RTX 2070」を搭載。ストレージにはSSDの中でも特に高性能な「M.2 SSD(NVMe/PCI Express接続)」を採用しました。最新のテクノロジーを結集したいまの時代らしい高性能パソコンです。

マウスコンピューターDAIVで「RAW現像向けPC」や「DaVinci Resolve推奨モデル」として販売されている「DAIV-DGZ530S3-SH2-RAW」(229,800円)という人気のパソコンがあります(これの旧型にあたる「DAIV-DGZ520H1-SH2-RAW」はCP+2018でも展示されました)。なんとハイスタンダードモデルはこれのほぼ上位互換と呼べるようなスペックです。しかも価格はコラボモデルの方が安い!マウスコンピューターさんに大奮発してもらった限定モデルです。

コラボモデルの中では真ん中のランクに位置しますがこれはただのスタンダードモデルではありません。現代のリッチな写真・動画ファイルに対応できるワンランク上のパソコン「ハイスタンダードモデル」です。

いまわたしが一番現実的に使いたいと思う性能と価格帯のパソコンでもあります。写真のRAW現像はもちろんのこと、4K動画の編集もできます。それでいて値段も高すぎない絶妙なバランス。写真も動画も撮りたいわたしのような人に向いているパソコンです。

これからの時代、もっと動画編集のニーズが高まります。現在多くのデジタルカメラが写真だけでなくムービーカメラとしても非常に高性能になってきています。スマホでも4K動画が撮れる時代です。GoProのようなアクションカムを使う人も増えました。

4Kに対応したディスプレイ、テレビが普及してきて、動画配信サービスにも4Kのコンテンツが登場しています。NHKは4Kや8Kの放送を開始しました。いま写真しか撮ったり編集しない人でもこれから動画に挑戦する人が増えるはず。動画の楽しさも知っているわたしとしては、ぜひ動画を撮影・編集するひとが増えてほしいと願っています。もっともっと動画が盛り上がることを鑑みて動画編集もパワフルに行えるパソコンにしました。

カスタマイズするなら水冷クーラーがおすすめです。水冷クーラーは効率的に熱を下げてくれて、しかも静音なのがメリット。パソコンの性能が良いぶん熱も発生するので、予算に余裕があればクーラーにもこだわりたいです(参考:水冷CPUクーラー搭載モデル特集|パソコン・BTOパソコンの通販ショップ マウスコンピューター)。

またはCPUをアップグレードして「インテル Core i9-9900K プロセッサー」にすると良いかもしれません。このCPUは本当に高性能で使うと感動します(CPUをアップグレードするにはCPUファンを水冷クーラーにする必要があります)。標準搭載のCPUでも十分高性能ですが、予算に余裕があるならパソコンの頭脳であるCPUをグレードアップするのは手堅い選択だと思います。

参考:神戸ファインダー×DAIV コラボモデル 紹介ページ|マウスコンピューター公式ウェブサイト

DAIV-DGZ530S1-KBFD カスタマイズ・お見積
マウスコンピューター公式ウェブサイト

DAIV デスクトップ 背面

プロフェッショナルモデル これぞ理想のクリエイター向けPC!

DAIV 神戸ファインダー コラボパソコン プロフェッショナルモデル

パワフルな処理能力で本格的なニーズにも応えるプロフェッショナルモデル。写真や映像制作の業務用途としても使える水準のパソコンを用意しました。クリエイター用パソコンとして理想的なスペックをまさかの格安価格で手にすることができます。

モデル名 DAIV-DQZ530H1-KBFD
価格 319,800円(税抜き)
CPU インテル Core i9-9900K プロセッサー
水冷クーラー
グラフィックス NVIDIA Quadro P4000
メモリ 64GB
ストレージ M.2 SSD 256GB(NVMe/PCI Express接続)
M.2シールド付き
HDD 3TB
電源 700W-BRONZE
カードリーダー マルチカードリーダー USB3.0 UHS-Ⅱ対応
備考 キャスター付き

最高級のCPU「インテル Core i9-9900K プロセッサー」(8コア16スレッド)と、10bitカラーにも対応できるグラフィックス「NVIDIA Quadro P4000」を搭載。メモリは64GBで不安を残しません。処理能力においても、色・映像表現においても、記憶容量においても隙のないスペックです。

このプロフェッショナルモデルは憧れのスペックを詰め込んだマシーンです。性能的には完全に業務レベル。その道の第一線で活躍するプロが扱うような性能になっています。いつかこんなパソコンを買いたい。そんな夢を込めました。

「ロマンは大事」。マウスコンピューターの工場見学に行ったときに開発担当の社員が語った言葉です。とても印象に残っています。性能にこだわりすぎてACアダプターがお弁当箱みたいに大きくなってしまうパソコンを作るメーカーです。そんな会社と最高のクリエイター用パソコンを考案できてとても嬉しく思います。

しかも実は一番お買い得なパソコンなのがこのプロフェッショナルモデル。この価格帯になってくるとどうしても必要とするユーザーの層が限定的になります。当たり前ですが、パソコン購買層のボリュームを見ればもっと安い価格のパソコンが人気です。高いパソコンはあまり売れないので種類も少ないです。そのためあまり価格的に挑戦したモデルもありませんでした。今回はコラボモデルということで特別に大幅プライスダウンしてもらいました。本当にめちゃくちゃお買い得なのでパソコンが好きなお友だちがいれば「こんなパソコンあったよ」とぜひ教えてあげてください。

カスタマイズするなら保証を3年に延長、安心パックサービス追加するなどがおすすめ。ハイスペックで高級なパソコンなので長く安心して使いたいですよね。光学ドライブが必要なひとはカスタマイズで追加することができます。

参考:神戸ファインダー×DAIV コラボモデル 紹介ページ|マウスコンピューター公式ウェブサイト

DAIV-DQZ530H1-KBFD カスタマイズ・お見積
マウスコンピューター公式ウェブサイト

DAIV デスクトップ キャスターと電源

コラボモデルのこだわりと開発秘話

作業に集中できる性能を優先

コラボモデルでは本当に心からおすすめできると思ったものを提案しています。せっかく写真や動画を編集するためのパソコンを買うのなら性能で妥協したくありません。ユーザーが快適に編集作業に集中できるようなスペックを確保することを大事にしました。

エントリーモデルの価格を見てください。109,800円。1万の位が飛んでいてちょっと中途半端な価格だと思いませんか?こんな価格になったのはパソコンのスペックをまず第一に考えたからです。

単純に商売のことだけを考えれば値段を決めてからパソコンの性能を決めるという選択肢もありました。例えば99,800円など価格を設定して、その価格から逆算してパソコンのスペックを決めるという方法です。このほうが価格的なインパクトは強くて商売的には良いかもしれません。

しかし、どう考えてもその価格ではわたしの考えるRAW現像用パソコンの性能水準を満たすことができません。メモリは値段が高騰するので節約したいところですが16GBのラインを割るわけにはいきません。写真編集を快適に行うにはCPUもグラフィックスもこれより下の水準にするわけにはいかない。

これだけのスペックは絶対に必要だというラインを決めてから、マウスコンピューターさんに無理を言って限界まで価格を下げてもらいました。これはコラボモデル限定の特別価格です。DAIVのほかのモデルや他社のクリエイター向けPCと比較してもらっても非常にコストパフォーマンスに優れています。

マウスコンピューター DAIV デスクトップ

なぜデスクトップなのか

今回のコラボモデルは3種類ともデスクトップ型です。なぜデスクトップにしたかというとパソコンのパフォーマンスにこだわりたかったから。コラボモデルの設計までにいくつものパソコンをレンタルさせてもらいました。そのなかで特に快適に使えたのがDAIVのデスクトップパソコンだったのです。こんなにスムーズでスピーディーに編集ができるんだと感動しました。デザインもわたし好みです。

もちろんノート型は持ち運べて便利です。DAIVはノートパソコンも良いものが多いのですが、とはいえ様々なニーズを考えると絶対にこれと言えるほどの選択肢に絞り込めないのが現状です。いまわたしがどんなパソコンなら欲しいか、そして読者の方々にどんなパソコンを使ってもらいたいかを考えると、性能に優れたデスクトップという結論にいたりました。

参考:デスクトップとノート型のどちらを選ぶべき?クリエイター用パソコンとしての長所・短所

これがわたしのおすすめパソコン

コラボモデルの開発にいたるまで、マウスコンピューターの工場まで行って実際にパソコンを組み立てている現場を見学させてもらったり、開発者のお話を聞いて勉強させていただきました。DAIVの担当者はパソコンについての知識はもちろん、写真や動画の編集環境について造詣が深くとても勉強になりました。

マウスコンピューター 工場見学 パソコンを組み立てている様子

長野県飯山市のマウスコンピューター工場にて パソコンを組み立てている様子

いちユーザーの観点からも納得のパソコンになるよう様々なパソコンをレンタルして実際の使い心地も検証しました。いまのトレンドやパソコン事情を知るために、家電量販店やパソコンショップにも足を運んで取材しました。わたし自身パソコンのことを研究したのはもちろん、パソコンのプロとも相談してこのコラボモデルを設計しました。性能良し、価格良し、と胸を張って言えます。これがわたしのおすすめパソコンです。

マウスコンピューターDAIV×神戸ファインダーコラボモデル
公式ウェブサイト

コラボモデル一覧表

モデル名 DAIV-DGZ530E1-KBFD DAIV-DGZ530S1-KBFD DAIV-DQZ530H1-KBFD
価格(税抜き) 109,800円 219,800円 319,800円
CPU Core i5-8400
空冷CPUファン
Core i7-9700K
空冷CPUファン
Core i9-9900K
水冷クーラー
グラフィックス GeForce GTX1050 GeForce RTX 2070 Quadro P4000
メモリ 16GB 32GB 64GB
ストレージ SSD 240GB M.2 SSD 256GB(NVMe対応)
HDD 2TB
M.2 SSD 256GB(NVMe対応)
HDD 3TB
電源 500W-Bronze 700W-BRONZE 700W-BRONZE
カードリーダー マルチカードリーダー USB2.0 マルチカードリーダー USB3.0 UHS-Ⅱ対応 マルチカードリーダー USB3.0 UHS-Ⅱ対応

マウスコンピューター購入の際の注意点とおすすめカスタマイズ

マウスコンピューター 人気BTOパーツベスト5

参考ウェブサイト