写真共有サイトFlickrが無料・有料両プランの見直し プロ向けを充実へ

スポンサーリンク

Flickr Let's be candid.

世界最大規模の写真共有サイトFlickrが、これまで提供していた無料プランと有料プランの内容見直しを発表しました。無料会員がこれまで使えていた1TBのストレージが廃止され、写真1000枚の制限が設けられることになります。有料プラン(年$49.99)は容量無制限でさらなる特典が追加される予定です。

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。Aki(@Aki_for_fun)です。写真共有サイトのFlickrが今後はその軸足をより有料プランに持っていくことを発表しました。無料会員にとってはすこしショックなニュースです。新しいFlickrのプランと今後の予定について解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

無料プランは1TB廃止で1000枚の写真に制限

Flickrは無料プランのユーザーに対してこれまで1TBの容量を提供していましたが、これを廃止して、1000枚までの写真をアップロードできるサービスに変更すると発表しました。新しい仕組みに移行するのは2019年1月8日。これ以降は総数1000を超えて写真や動画をアップロードできなくなります。

アップロードしているコンテンツが1000を超えている場合は、超過している分の写真・動画が削除されます。消される写真と動画は古いものから選ばれるとのこと。削除が進むのは2019年2月5日から。それまでの間に必要なコンテンツをダウンロードしたり、プロプランンへ移行するなど対応を決めなければなりません。

以前の1TBのストレージでは写真を1000枚以上アップロード可能だったので、事実上のサービスの低下です。アップロード可能な写真の枚数を1000枚に制限したことについてFlickrは「よりシンプルでわかりやすい仕組みを提供したい」と説明しています。

また、プロプランのメンバーのほとんどが1000枚以上の写真をアップロードしているのに対して、無料会員の97%は1000枚未満の数しか写真を投稿していないとのこと。

過去Flickrは無料会員について200枚のアップロード制限を設けていました(2013年以前)。現在のユーザーの利用状況を検討した上でこの1000枚という数を決めたとFlickrは説明しています。

参考:Why we’re changing Flickr free accounts | Flickr Blog

有料プランはより魅力的なサービスへと進化

年$49.99の有料プランユーザーについては容量や枚数の制限なく写真と動画を投稿できます。有料プロプランユーザーの主な特典は次の通り。

  • フルの解像度の写真と動画が投稿可能(容量・数量無制限)
  • 動画はひとつ10分まで(これまでは3分の制限。2019年を予定)
  • 広告表示無し
  • スマホから5Kスクリーンまでの最適化
  • 優先的なFlickrサポートシステム
  • 写真の閲覧データ解析サービスを利用可能。モバイルアプリでも確認できる予定。
  • パートナーサービスの割引(Adobeソフト、Peak Design商品、Smugmugなど)
  • 1000GBのプライベートなオンラインストレージ(自動アップロード機能あり)

有料プロプランの利用料金は年$49.99。2018年11月30日までに契約すれば最初の1年は30%オフの金額になります。この期限後も2019年1月8日までにプロプランへ移行すれば15%オフが適用されます。

AdobeソフトやPeak Design商品の割引クーポンはFlickrの「Account settings」のページから入手できます。ただでさえPeak Designの公式オンラインショップの買い物は日本よりもお得になることが多いのですが(円高だと特に安い)Flickrプロプランの人はそこからさらに20%オフになります。

現在はYahoo!のアカウントがないとログインできない仕組みですが2019年よりその入力が不要になる予定です。

まとめ Flickrはより有料プランの充実化と写真コミュニティの発展へ

今後Flickrは無料プランのサービスが制限され、有料プランユーザーのサービスがより拡充されることになります。

わたしはこれまで無料プランでFlickrを利用していて、数千枚の写真をアップロードしていました。わたしみたいな人は全無料ユーザーの3%しかいない存在だったようですね。

無料でつかっていたものが有料となるのは正直あまり好ましくありませんね。とはいえ有料プランのサービス内容を見るとその利用料金はリーズナブルなものだと思います。11月中は年額プランが30%オフになるとのことだったのでわたしはさっそくプロプランを契約しました。

有料プランの充実化は段階的に行われるので急ぐ必要はないかもしれません。ただし、写真枚数の制限は2019年1月8日で実施、2月5日より超過枚数を古い写真から削除開始の予定なのでその点についてはお気をつけください(日程はいずれもアメリカ現地時間)。

追記:写真の削除は3月12日まで延期になりました。

参考ウェブサイト:

関連記事:

写真データの管理・バックアップに便利なクラウドサービスの比較【グーグルフォト・アマゾンプライムフォト・ドロップボックス・フリッカー】
ネットやパソコン・スマホの普及にともない、最近はクラウドで写真の管理をする人が増えています。様々なオンラインストレージサービスの中から人気のGoogleフォト、Amazonプライムフォト、Dropbox、Flickrなどの特徴をまとめま...
写真・動画データの管理方法!保存とバックアップのために気をつけるポイント
たくさんの写真の管理でわたしが気を付けているポイントをご紹介します。できるだけ簡単に大量のデータを整理して、失わないようにバックアップしています。おすすめの管理方法や外付けHDD・SSD、パソコンやスマホで使える便利なソフトウェア・...

当サイトをご覧いただきありがとうございます!

「神戸ファインダー」は豊富な写真と動画で神戸の魅力を発信するブログ型情報ウェブサイトです。サイト運営者Akiが気になるカメラや関連機材についても国内外から情報を集め記事にしています。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをよろしくお願いします。
FacebookTwitterYouTubeInstagramなどでも情報発信していますのでフォローよろしくお願いいたします。シェアとフォローは下のボタンからご利用いただけます。

質問があればお気軽にコメントやSNSでお知らせください^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました