スポンサーリンク

一眼カメラから浮気しそうなiPhoneXの高性能カメラ!神戸の観光地で写真と動画を撮ってみた

シェアする

iPhone Xで風景写真やポートレートモードを使った物撮りなどを試してみました。普段一眼カメラを使っている人間から見たiPhone Xのカメラ性能についてレビューします。本記事にアップしている写真と動画はすべてiPhone Xで撮影・編集しています。

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。最近iPhone Xを買ったばかりのAki(@Aki_for_fun)です。新しいおもちゃを手にしてずっと遊んでいます。

参考:iPhoneXを購入日にゲットできることに!予約した方法と購入理由

顔認証のFace IDや、ホームボタンが無くなった新しいUIなど、様々な点で注目度の高いスマホです。なかでも私にとって一番気になるのはやはりカメラの性能です。さっそく写真や動画を撮ってきました。

スポンサーリンク

神戸でスナップ

神戸の街をぶらぶら歩きながら撮影してみました。撮影したのちにiPhoneのアプリで軽く画像加工しています。撮影や編集に用いたアプリは後ほどご紹介します。

生田神社

kobesnap-iphonex (15)
kobesnap-iphonex (17)

神戸・三宮にある生田神社。これだけしっかり映ると信頼してつかえるカメラになりそうです。旅行のときなど荷物を少なくしたいときはiPhoneXでさっと撮影、という感じで良いかもしれません。

池の写真はデュアル(望遠)レンズで撮影しています。確かにデフォルトの広角レンズと比べると望遠なのですが、普段の人間の視野に近い標準画角なので使いやすいです。

生田神社 生田神社は兵庫県神戸市にある1800年以上の歴史をもつ神社です。縁結びの神社として有名。神戸・三宮の繁華街のすぐ近くにありながらも生田神社周辺は静けさが漂います。三宮や元町まで来た...

兵庫県公館

kobesnap-iphonex (4)
kobesnap-iphonex (5)
kobesnap-iphonex (8)
kobesnap-iphonex (6)

こちらは兵庫県公館。ドラマやCMの撮影に用いられることもあるだけあって写真映えします(参考:兵庫県公館|神戸公式観光サイトFeelKOBE)。

iPhone Xのカメラはインテリアの撮影にも使えますね。二枚目の花の写真はアプリ「Camera+」のマクロモードで撮りました。マクロ写真もこの程度ならiPhoneで撮れてしまいます。

相楽園

kobesnap-iphonex (9)
kobesnap-iphonex (10)
kobesnap-iphonex (14)

兵庫県公館からすこし坂を登った先の相楽園。日本庭園が美しい場所です。このときは菊花展をやっていました。

二枚目の菊の写真はポートレートモードで撮影。庭園の写真はアプリで色が濃く出るように加工しています。

相楽園 神戸の都市公園で唯一の日本庭園です。元町の繁華街から北へ足をのばした兵庫県庁近くに位置し、静謐(せいひつ)な空間が広がっています。飛石や石橋、池や滝などで形作られる「深山幽谷(しんざ...

ハッサム住宅

kobesnap-iphonex (11)
kobesnap-iphonex (18)
kobesnap-iphonex (12)
kobesnap-iphonex (13)

相楽園の中にあるハッサム住宅が内部公開されていました。花とカーテンのクロースアップはポートレートモードで撮影。きれいに背景がボケていてまるで一眼カメラで撮ったかのような写真に。

空やテーブルに光が反射した部分などは白飛びしています。ハイライトの階調の乏しさは少し残念かもしれません。今回は撮影・編集をiPhoneで完結させていますが、RAWで撮影して後からパソコンでレタッチしてやればもう少しなんとかなるかもしれません。

ファーマーズマーケット

kobesnap-iphonex (1)
kobesnap-iphonex (2)
kobesnap-iphonex (3)

動画

動画も少し撮ってみました。撮影・編集・アップロードまですべてiPhoneで行っています。ちなみにサムネイルもiPhoneで作った画像です。

4K撮影ができたりスローモーション動画が撮れるのは嬉しいですね。今回の動画はすべて手持ち撮影の映像ですが、本体が小さいのでジンバルに載せた撮影も快適です。

撮影・編集に使ったアプリ

デフォルトで入っている標準カメラアプリ以外には、「Camera+」で撮影しました。

画像の加工には、iOS用の「Adobe Lightroom CC」を使いました。

動画の撮影にはFiLMiC Proが便利です。

FiLMiC Pro
FiLMiC Pro
Price: ¥1,800+

iOS用のiMovieを使えばiPhoneで動画の編集・アップロードができます。

iMovie
iMovie
Price: Free

まとめ

今回の撮影で感じたiPhone Xのカメラの特徴は次の通り。

  • 風景写真きれい!手前から奥までピントの合った写真を撮りたいとき、特に室外の明るい場所での写真の画質は一眼カメラにも匹敵。
  • ポートレートモード食べ物などの物撮りでも活躍!背景ボケはきれいに撮れるときとたまに失敗して不自然な写真になることがある
  • 暗い室内や明暗差の激しいところでの撮影は、暗部の解像度やハイライトの階調が良くない。しかしLightroomなど画像編集アプリ手軽にレタッチして改善できるのはiPhoneの強み。スマホサイズで見るだけならほとんど気にならないレベル。

厳しめに見て弱点を挙げるとするなら、白飛びしやすいところが気になります。微妙な階調や自然なボケ味など細部にまでこだわった写真作品を撮りたいときは一眼カメラを用いた方が良いです。

またiPhoneの望遠レンズは一眼カメラで言うところの標準画角なので本当に遠くのものを撮りたいときや、圧縮効果をつかった絵作りがしたいときは一眼カメラで専用のレンズを用いるべきです。

と言っても確かに一眼カメラと比べると差はあるものの、この携帯性を考えるとiPhone Xのカメラは驚きの高性能です。特に、撮影してその場でレタッチ、さらにシェアまで行えるという利便性は一眼カメラを超えています。普段一眼カメラで写真を撮っている私から見てもiPhone Xは積極的に使いたくなる魅力があります。ストリートスナップやテーブルフォトにはiPhone Xは最適のカメラかもしれません。

今後はiPhone Xで撮った夜景写真や一眼カメラとの比較などを記事にする予定です。どうぞお楽しみに。

iPhone Xを予約しました。大人気の機種で予約が殺到しているようですが、ラッキーなことに発売日の11月3日に手に入ることになりました。どのように予約したのか、どのモデルを購入したのか、購入理由など...
話題の「iPhone X」。非常に高性能化した一方で歴代最高価格のiPhoneとなりました。値段が高いので購入を迷っている人も多いのではないでしょうか。私なりにしばらく冷静に考えてみたところ「iPho...

ちなみにiPhone Xを買ってから普段の通信をLINEモバイルにしました。安い通信料金ながら今のところ快適に使えています。LINEやツイッター、インスタグラム、フェイスブックなどでの通信が無制限(カウントフリー)となるのでSNSをよく使う人におすすめです(参考:LINEモバイル)。


LINEモバイル 音声通話SIMエントリーパッケージ

当サイトをご覧いただきありがとうございます!

「神戸ファインダー」は豊富な写真と動画で神戸の魅力を発信するブログ型情報ウェブサイトです。サイト運営者Akiが気になるカメラや関連機材についても国内外から情報を集め記事にしています。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをよろしくお願いします。
FacebookTwitterYouTubeInstagramなどでも情報発信していますのでフォローよろしくお願いいたします。シェアとフォローは下のボタンからご利用いただけます。

質問があればお気軽にコメントやSNSでお知らせください^^

この記事をお届けした
Akiの神戸ファインダーの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする

関連コンテンツ
関連コンテンツ
スポンサーリンク