神戸・岡本の梅の名所四選 2〜3月が見頃でおすすめ

スポンサーリンク

古来から岡本は日本を代表する梅の名所です。「梅は岡本、桜は吉野」と言われるほど、神戸の岡本は梅の名所として知られています。春が近づく2月から3月にかけてが梅の花の見頃。梅がきれいな岡本のおすすめスポットを紹介します。

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。Aki(@Aki_for_fun)です。

神戸市東灘区の岡本といえば、昔ながらのお屋敷があったり、駅のまわりは石畳できれいに整備されていたりして、おしゃれで上品な町です。そんな岡本には由緒正しい梅の名所がいくつかあります。春の初めにおすすめの行楽スポットをご紹介します。梅林のピクニックのあとは岡本の街でで買い物やお茶を楽しむのもおすすめですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

岡本梅林公園

定番はこちらの岡本梅林公園。阪急岡本駅から歩いて10分ほど歩いた小高い場所にある梅林です。梅の木は約200本。見晴らしも良く、比較的気軽に行ける場所なので特におすすめです。

岡本梅林公園からの景色

岡本梅林公園の梅並木

様々な種類の梅が植えられています。それぞれ見ごろの時期が微妙にずれるので、2月上旬から約1か月と長期にわたって梅の花を楽しむことができます。例年2月下旬にはお祭りが開催され大勢の人でにぎわいます。メジロやヒヨドリなどの野鳥も梅に誘われてやってきます。

2019年のイベント情報と開花状況

2019年2月24日には「摂津岡本梅まつり」が予定されています。午前10時より開催。甘酒を1000人ぶん無料でふるまうほか、各所で梅の解説ガイドや物販があります。例年多くの人でにぎわいます。人が多いので梅をゆっくり見るのであればお祭り以外の日のほうがおすすめです。

摂津岡本梅まつり 2019年2月24日 日曜日 午前10時より

梅まつりの様子の動画