スポンサーリンク

森林植物園までハイキングコースを歩いてみた!楽しくて登山初心者にもおすすめ

シェアする

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。特別運動が得意なわけではないけれど何故か長距離歩くのがけっこう好きなAkiです。

先日神戸市立森林植物園までとんど焼きを見に行ってきました。その際ハイキングコースを歩いてみたので、どのようなコースだったのか写真を交えながらご紹介します。
とんど焼きの様子はこちらで写真や動画とともご紹介しています。
https://kobefinder.com/tondoyakikobeshinrin2017/

森林植物園の紹介はこちらです。とても広くてアジサイ園は特に見事でおすすめです。
https://kobefinder.com/kobeshinrinshokubutsuen/

スポンサーリンク

通ったルート

行き

ルート:新神戸→布引の滝→市ケ原→トゥエンティークロス→森林植物園東門

実際に歩いた時間:約1時間30分(通常2時間とされています)

初心者にも優しいハイキングコースと言われていて森林植物園のHPによると120分かかる道のりであるとされています。私は長い休憩は挟みませんでしたが、ところどころキレイな景色の場所で写真を撮りながら歩きました。ちなみに森林植物園の東門から正門へは20分くらいの距離になります。当日のとんど焼きは正門より外側にあるスポーツ広場だったので植物園に着いてからがすごく遠かったです。

新神戸駅の裏側からコースのスタート。

滝や歌の碑があります。

途中で猫に出会うことも。

見晴台など、神戸の景色がよく見える場所がいくつかあります。

ロープウェーが見える場所も。

道中にはダムもあります。

基本的に危ない場所はありませんが、すこし急な階段や、水が流れているところを石や橋で渡るようなところがあります。

あじさい広場もあったので梅雨のシーズンには美しいあじさいが見られると思います。森林植物園のあじさい園もとても見事です。分岐点には標識があるので特に地図を見る必要もなく歩くことができました。冬でも美しく感じる景色が多かったので緑あふれる季節にはもっと楽しいのではないかと思います。

帰り

ルート:森林植物園→谷上

実際に歩いた時間:約45分(通常50〜60分とされています)

帰りはできるだけ楽をしたくて北の谷上駅へぬける山田道を歩きました。ほとんどがなだらかな下り道で気楽なハイキングでした。基本的にまっすぐな道で途中住宅地へぬける道や、弓削牧場への分岐点があるくらいです。谷上駅から新神戸や三宮方面へもどれます。

持ちもの

カメラ

いつものCanon EOS Kiss X6iをおともに。Kissシリーズは軽くてこういうお出かけにもちょうど良いです。

お手軽な一眼レフカメラを買うならKiss X7や、9000Dがおすすめです。

Peak Design Backpack 20L

昨年末購入したカメラ用カバンでとても気に入っています。お弁当やカメラ、レンズなど余裕で入って使いやすかったです。

レビュー記事を書きました。

エブリデイバックパック(Everyday Backpack)はピークデザイン(Peak Design)というカメラ用品ブランドが作るリュック型最新カメラバッグです。このエブリデイバックパックを...

Peak Design Capture Pro

カバンの背負うベルトの部分にカメラを取り付ける器具です。わざわざカメラをカバンの中から出したりしまったりすることなくハイキングを楽しめて快適でした。おすすめです。でも普通の肩掛けストラップでも困らないと思います。

Peak Design Shell

カメラ用防水カバー。雨や雪の対策に持って行きましたが天候よく出番はありませんでした。

チョコレート

エネルギー補充に。ハイキングの途中で食べるチョコレートは格別です!

まとめ

景色が良くて、道のりも大変すぎず楽しかったです。神戸でハイキングを楽しみたいならおすすめですね。沢を渡る箇所があるので雨天など増水時にはお気をつけください。子ども連れなど初心者の人でも楽しみやすいコースだと思います。

当サイトをご覧いただきありがとうございます!

「神戸ファインダー」は豊富な写真と動画で神戸の魅力を発信するブログ型情報ウェブサイトです。サイト運営者Akiが気になるカメラや関連機材についても国内外から情報を集め記事にしています。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをよろしくお願いします。
Facebook、Twitter、YouTube、Instagramなどでも情報発信していますのでフォローよろしくお願いいたします。
シェアとフォローは下のボタンからご利用いただけます。