GR3実写レビュー!神戸の街で撮った作例写真で画質を確認

スポンサーリンク

リコーGR3作例写真 ストリートスナップ 夜景

GR3を購入して撮影してきたので作例写真とともにその画質についてレビューします。スナップテーブルフォト夜景撮影など様々なシーンでカメラの性能をテストしました。作例はいずれもカメラ内RAW現像で仕上げています。つまりAdobeなどのRAW現像ソフトを使っておらず撮って出しで表現できる写真ばかりです。GR3でどんな写真が撮れるのか気になる人はぜひ参考にしてください。

※ブログに掲載している写真はサイズを落としていますが、Flickrにオリジナルの写真をアップしているのでより精細な写真のクオリティを見たい方はそちらをご覧ください。ISOやシャッタースピード、絞りなどの情報もFlickrで確認できます。

※作例写真が多いためにページの読み込みに時間がかかることがあります。ロードをお待ちいただくか、一度ブックマークしておいて快適なネット環境で改めてゆっくりご覧になることをおすすめします。

神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。Aki(@Aki_for_fun)です。リコーのコンパクトデジタルカメラ「GRⅢ」を購入しました。いま話題の「最強のスナップシューター」です。どんな写真が撮れるのか気になると思うので、わたしが実際にGR3で撮った写真を紹介しながらカメラの性能についてレビューします。

今回は作例写真中心の紹介です。細かい機能や関連アクセサリーについてはまた別の記事でお伝えします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

GR3のカラーとモノクロ

イメージコントロールで作風を調整できる

わたしの好きな被写体のひとつが「葉っぱ」です。道端の植物を撮りながらGR3のイメージコントロールの調整を試してみました。
※「イメージコントロール」はキヤノンのカメラでいうところの「ピクチャースタイル」のようなもので絵の基本的な調子を決めるものです。

本当にただの道端の葉っぱなのですが、つい撮りたくなる被写体です。カメラのイメージコントロールを調整することでコントラストやシャープネス、キーなどを変更できます。1枚目の写真は少しハイキーで低コントラストに、2枚目はコントラストとシャープネスを少し強調しています。3枚目のように周辺光量を落として明暗差を演出することまでできてとても楽しいです。

しっかり解像してくっきり見えるというのも大事ですが、それだけでなく繊細な描写もできるのが嬉しいです。カリカリに映る写真だけならiPhoneなどのスマホでもレタッチしてやればそれっぽくなるのですが、解像感とやわらかさを両立させるにはやはり大型センサーが強いと思います。

GR3搭載のイメージコントロールの種類

  • スタンダード
  • ビビッド
  • モノトーン
  • ソフトモノトーン
  • ハードモノトーン
  • ハイコントラスト白黒
  • ポジフィルム調
  • ブリーチバイパス
  • レトロ
  • HDR調
  • カスタム1
  • カスタム2

それぞれのイメージコントロールをさらに彩度、色相、キー、コントラスト、コントラスト(明部)、コントラスト(暗部)、シャープネス、シェーディング、明瞭度などの項目ごとに細かく調整できます。モノトーンの場合は、調色や粒状感の設定が可能です。

充実のモノクローム

GR3はモノクロモードが充実しているのも特徴です。普通のモノクロ以外にハイコントラスト白黒や、ソフトモノトーン、ハードモノトーンなどがあります。

リコーGR3 ハイコントラスト白黒 作例写真

ハイコントラスト白黒 Flickrで大きな写真を見る

リコーGR3 ハイコントラスト白黒 作例写真

ハイコントラスト白黒 JR元町駅 Flickrで大きな写真を見る

モノクロが上手くハマると普段ただ通り過ぎるだけの道角や駅の改札口がとてもかっこよく見えます。まだまだ使いこなせているわけではありませんが試行錯誤するのが楽しいです。

リコーGR3 ソフトモノトーン 作例写真スターバックス神戸メリケンパーク店

ソフトモノトーン スターバックス神戸メリケンパーク店 Flickrで大きな写真を見る

ソフトモノトーンは豊かな諧調が美しく繊細な描写が印象的です。インパクトのある写真だけじゃなくてこういった品のある雰囲気の写真もまた良いですよね。

リコーGR3 ハードモノトーン 作例写真スターバックス神戸メリケンパーク店

ハードモノトーン 神戸海洋博物館 Flickrで大きな写真を見る

基本は28mm(フルサイズ換算)の画角ですが、クロップで35mmと50mmにすることもできます。わたしはFn(ファンクション)ボタンにクロップ機能を割り当ててすぐに画角を変更できるようにしています。単焦点レンズでも3種類の画角を自由に切り替えることができるので表現の幅が広いです。

発色が良い!マクロ撮影の解像感も良好

もちろんモノクロだけでなく鮮やかな色も出ます。春は街中にも彩りがあってウキウキしますね。

リコーGR3作例写真 菜の花と黄色い靴

菜の花と黄色い靴 Flickrで大きな写真を見る

逆光でも色のりが良くて安心してシャッターを切れます。

GR3ならマクロ撮影も思いのまま。レンズ先端から6cmほどまで寄って近接撮影することができます。ただしマクロモードの場合は6〜12cmの距離のものにしかピントが合わないので注意。この範囲の外だと永遠にAFが迷子になってしまいます。

気軽に身近なものを撮れる喜び

目立たないから気兼ねなく撮れる

GR3はとても気軽に取り出せるので本当に身近ななんでもないものを撮りたくなります。お気に入りの被写体のひとつが「影」です。

リコーGR3作例写真 影

Flickrで大きな写真を見る

シルエットが面白いんですよね。でも傍目から見ると何を撮ってるのか理解されないので、立派なカメラを構えるのはつい気がひけてしまいます。その点GR3は気軽にポケットから出してさっとシャッターを切れるので嬉しいです。そしてコントラストの調整が容易なので自分の意図をしっかり写真に反映できます。

ストリートスナップ

ライフワークのようになっているのが神戸の街並みのストリートスナップ。変わりゆく街並みを記録しようと努めています。

リコーGR3作例写真 兵庫駅

兵庫駅 Flickrで大きな写真を見る

リコーGR3作例写真 ストリートスナップ

センター街で開かれている市場 Flickrで大きな写真を見る

小さいカメラなら猫も警戒しない(気がします)。

食べ物写真・テーブルフォト

ご飯の写真も手軽に高画質で記録できます。

ほら美味しそう。これがポケットに入るコンデジで撮れちゃうのが嬉しい。

おしゃれなカフェに立ち寄ったときもカバンに忍ばせたGR3で撮影です。

静かな場面でも安心のサイレントシャッター

寺社仏閣でも失礼してパシャパシャと撮影してきました。といってもGR3は電子音をオフにすれば本当に静かに撮影できます。無音ではありませんが一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラのふつうのメカシャッターと比べるとずっと静かです。静閑なところでもカメラを取り出すことができるのは嬉しいですね。

リコーGR3作例写真 お稲荷さん

リコーGR3作例写真 お稲荷さん

背景ボケもなかなかキレイです。広角ではありますが開放F2.8で被写体に寄れば背景がボケて、被写体がくっきりと浮き上がるように撮ることができます。

リコーGR3作例写真 お寺

なかなか爽やかな色を出してくれるので使いやすいです。GRは玄人好みするカメラで写真の雰囲気にクセがあるようなイメージだったのですが、素直ですっきりな色も出るので安心感があります。

リコーGR3作例写真 お地蔵さん

リコーGR3作例写真 お寺

リコーGR3作例写真 兵庫大仏

能福寺の兵庫大仏 ポジフィルム調

リコーGR3作例写真 真光寺

時宗の有名なお寺「真光寺」にて HDR調

夜景撮影とボディ内手ぶれ補正

スローシャッターで明るさをかせぐ

GR3で夜景の撮影にも挑戦してみました。

リコーGR3作例写真 夜景

HDR調 商船三井ビルディングが見える Flickrで大きな写真を見る

ボディ内手ぶれ補正のおかげで手持ちスローシャッターも可能です。しっかりホールドすれば1/2秒くらいは手ブレせずに撮れました。

リコーGR3作例写真 南京町 夜景

中華街「南京町」 Flickrで大きな写真を見る

GR3の高感度耐性はそんなに優れてはいないと感じました。ISO感度が上がるともやっとしてあまりきれいにはなりません。しかし、GR3は広角かつボディ内手ぶれ補正搭載。手ブレせずにスローシャッターを切れるのでそもそもISOがそんなに高くなることがありません。結果的に夜の暗い場所でもきれいに撮れるように感じました。

GR3関連記事

この記事に掲載した写真はすべて神戸市内で撮りました。写真映えする神戸のフォトスポットを紹介しています。

神戸のおすすめフォトスポット!カメラを持って出かけたい観光・レジャースポットまとめ

当サイトをご覧いただきありがとうございます!

「神戸ファインダー」は豊富な写真と動画で神戸の魅力を発信するブログ型情報ウェブサイトです。サイト運営者Akiが気になるカメラや関連機材についても国内外から情報を集め記事にしています。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをよろしくお願いします。
FacebookTwitterYouTubeInstagramなどでも情報発信していますのでフォローよろしくお願いいたします。シェアとフォローは下のボタンからご利用いただけます。

質問があればお気軽にコメントやSNSでお知らせください^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました